いや、マジでデカイってば・・・。

モデルチェンジするたびに、クルマってばドンドン大きくなりますよね。

大きく、そして重く。


つい先日、87年式の930ポルシェを触る機会に恵まれましたが、
余裕で5ナンバーサイズなんですよね~。
乗り込んだ瞬間に、

  「小さっ!」

って脊髄反射のように言ってしまうぐらい小さいのです、昔のクルマは。



X5 G05 (1)
そんなこんなで、

どーーーーーーーん!!


新型BMW・X5(G05)

でかいね~~~。
全長 4935  全幅 2005  全高 1770

ほぼ5mの長さと、2m超えの車幅。
どこに行くのに使うのか・・・。
八尾の住宅地とか、すれ違いもできやしねぇ・・・。


さてさて。
そんな巨大な純白のX5さん。

今回の作業はオーディオとは無縁の作業なんですが~。



X5 G05 (3)
純正で地デジも装着されていますが。

あえての後付けインターフェイスをインストール。
7世代目に突入した「i Drive」もすでに、
AVインターフェイスが用意されています。
しかも、大きな声では言えませんが、テレビナビキャンセラー機能も
内蔵されていたりなんかしちゃったりします。

ただし!
永続的に利用できるわけではありません。
現状のバージョンではキャンセラーとして利用できていますが、
今後の「i Drive」側のプログラム更新でどうなるかは不透明なのです・・・。


地デジチューナーも同時に取り付けし、純正の感度の悪さを
補っています。

横長の特殊なモニターなので、画像のような2画面で使うのが
一番自然で機能的~。



それにしても、G05のインターフェイス取り付け・・・・
くっそめんどくせー作業です (-_-)

メンドクセー作業を丁寧に行うのがプロショップ。
あんな部品やこんな部品。
え!?ここも外さなきゃダメなの!?
って、マジでこんな取り付け方なん!?

・・・・・・。
・・・。

マジでちた。



X5 G05 (2)
レーダー探知機も必須のアイテムの一つですよね~。

ユピテルの専売店モデル Z996を取り付け。
大きくなり続けるレーダー業界において、
モニターを小型化してきたニクイやつ。


ユピテルの専売店モデル(一部除く)の特徴は、
やはり、インストーラー目線の設計に尽きると思います。

ダッシュボード上にポン置きでしか設置できないのでは、
輸入車に対して「付けるな!」と宣告しているようなモノ。

輸入車のダッシュボードはレザーが巻かれているケースが多いのですが、
その接着剤が、レーダー取り付け用の両面テープに負けるのです。
取り付け後しばらくたってから、レーダーを取り外すと、
テープの形にレザーが浮いてしまうこともよくあります。

そんなみっともないことにならないように、
極力ダッシュ上への取り付けは避けたいのですあります。

あらゆる取り付け方に対応できる、専売店モデルは
ややこしいクルマの強い味方なのです。

あと、これも結構大事なんですが、電源ケーブルや通信ケーブルの長さ、
接続カプラーの位置、形状とかね。




今回設置した場所は、メーター横のナイスな場所。
エアコンの吹き出し口にも干渉しませんし、
視認性も操作性もイイ感じなのです。



X5 G05 (4)
ホイールスペーサーを取り付けて、極力パツパツに。

H&R製のスペーサーで信頼性も精度も抜群。



X5 G05 (5)
リア側も御覧の通り。

車検・・・・は、どうかなぁ・・・。





あ、エアサス車なのでジャッキアップするときは要注意ですぞ~。


でかい!かっこいい!それってつまり、X5!!

いや、個人的にはでかすぎますけど、X5さん。

いいんです。
セレブどもは狭い道とか通りません。
セレブん家の駐車場は広いんです。
ええ。

ちなみにですが、我が家も駐車場は広いですよ~。
好きな場所に自由に8台ぐらいは駐車できます。
砂利ですけど・・・。



X5 audio (1)
純白のX5。

眩しすぎて直視することもできません。
それこそ、夏の終わりの海で出会った、麦わら帽子のあの子のよう。
いや、誰やねん?って話ですが。



X5 audio (2)
垂涎のシステム、ガッツリハイレゾドップリシステム。

純正の質感を損なうことなく、圧倒的な高音質環境にしちゃいましょ~。


ドア下部ポケットを大幅に加工して、6インチウーファーを取付。
スピーカーは、みんな大好き!モレル・イレイト6MWTi。

鳴らしにくいコトで定評のあるユニットですが、
システムトータルでコーディネイトする場合は、オススメできます。
ちゃんと鳴らせる環境下で使ってあげないと、
なかなかその真価を発揮させにくいのです。

今回は、DSP-PRO+BRAX・X4で鳴らしますので、
イレイトであってもなんとかなります。



X5 audio (3)
ミラー裏にモレル・スプリーモ ピッコロⅡを埋め込み加工。

純正と見紛うようにペイントで仕上げてあります。
質感の高さも、精度も抜群なのであります。

ん~・・・。
それにしても、このユニットの美しいこと。
DLSどもに煎じて飲ませて、煮てさ、焼いてさ、食ってさ。




X5 audio (4)
Aピラーに埋め込み加工したスコーカー、モレル ・ CDM880Ⅱと
組み合わせると、またその美しさに磨きがかかるってもんであります。

この存在感、佇まい、その全てがオーナー様を満足させます。
少々値は張りますが、買ってよかったと実感してもらえると思います。



X5 audio (5)
純正デッキ下部のちょこっとスペースに、なんとかギリギリ収めました。

ドリンクホルダーも使えますが、実際に缶を置いちゃうと
DIRECTORさん、ほとんど見えません・・・。

ま、そんなしょっちゅう触るもんでもないよね!!
じょぶじょぶ大丈夫。
と、自分に言い聞かせてみる、春の夜。



X5 audio (6)
LOW-GUN’S 御用達の、先代ウォークマンZX2。

僕も未だに手放せないでいます。
音質面ではどう考えても、現行ウォークマンが有利なんですがねぇ。

WM-1A以上じゃないと、字が小さくて何書いてるのか読めねぇ!
Aシリーズのフォントの小ささは拷問以外の何物でもないね!

特大フォント希望する!



X5 audio (7)
マットも含めて、ただの純正ラゲッジのような画像ですが。

この下に、DSP、BRAX・X4 2台、サブウーファー用アンプに、
10インチウーハーのSW-G50が埋め込まれています。

X5のラゲjッジ下は結構余裕があるので、大規模システムでも
純正同等のラゲッジスペースがたやすく確保できるのです。

ポン置きBOXが邪魔!と嫁ちゃんにネチネチ言われなくても済みますし、
取り外せるようにしているとはいえ、結構な重量があるBOXを
そうそう外して置いておくのも結構面倒なのです。

勿論、嫁がなんぼのもんじゃいな漢の中の漢や、
そもそもラゲッジに荷物積まね~な人なら、
ポン置きBOXブラボー!!でOKです。



BMW・X5の最高峰の音質を目指して!

いつもお世話になっております、X5M(!)のオーナーK様。

とにかく音楽が大好きで、音質向上はもとより
音楽として楽しめるかどうかが重要な、超拘りのお客様( ̄ー ̄)

s-IMG_3031.jpg
大迫力のフロントマスク(*´▽`*)
大柄なボディをいともたやすく加速させる圧倒的な動力性能。

この究極のSUVで満足できないコトがひとつあります。
それは、オーディオ。

「M」は通常のグレードよりも贅沢オーディオが標準装備されていますが、
どうあがいても所詮は純正・・・。
オーナー様に失礼なほど、純正の音はグダグダです。

当然拘り派のオーナー様ですから、オーディオの換装は当然。
当店に辿り着かれる前に、色々と迷走を繰り返し
「BMWでイイ音とか無理じゃろ!?」
の境地に辿り着いてしまいそうになっていました。

実際、前回の施工の際にはその迷走(苦労)の痕跡が随所に・・・。
黄色いボンドだったり、謎制振だったり、果てにはレイ○ードなんとかだったり。

いらないもの(無駄なもの)を撤去し、オーディオプロセッサーを導入し
大幅な音質改善をして、一旦満足されていたのですが( ̄▽ ̄)



s-IMG_3032.jpg
どーーーーーーーーーん!!!!!
大幅にも程がある程の超絶進化を遂げました!

10cmスピーカーでは物理的に出すことが不可能な帯域があります。
小口径ユニットではやはり、音楽の骨や筋肉が再生できません・・・。

表面上、巧く化粧してそれらしく再生することはできても
やはりマニヤはそれでは満足できないのです。

音楽の骨格をなすユニット、16cmウーファー。
これを如何に鳴らすかで音の完成度はまるで変わっちゃいます。

逆にいえば、こいつが決まれば勝ったも同然なのです( ̄ー ̄)
今回はそこを最重点に施工しています。
辿り着いた結論は、「MDF製大容量エンクロージャー」
その容量、実に10L。
金属を使わないので実に美しく自然な響きを奏でてくれます。

しかもどうですか!?
この圧倒的なまでの自然な仕上がり。
オーナー様ですら純正??と見まがうレベルです( ̄ー ̄)

元々質感に優れたクルマなので、おかしな造形や
質感に劣る施工とか絶対にアカンやつです。


s-IMG_3033.jpg
保護グリルをはずすと、
どーーーーーーーーーーーーん!!!!!!
アルカンターラよりも高級な、最高級スエードの化粧板がお目見え(^^♪
そして、同時に現れるユニットは、モレル・イレイト6MWti。

純正位置にインナーで設置しているのは、モレル・ハイブリッド402スリム。




s-IMG_3034.jpg
ミラー裏にモレル・スプリーモ ピッコロⅡをスッキリと埋め込み加工。
ん~~・・・それにしても美しいユニットですねぇ(*´▽`*)

これら垂涎のユニット群を完璧に調律するのが
HELIX・DSP-PROmk2。
フロント4WAY+リア+サブウーファーという、至高のオーディオシステムを構築。

大容量エンクロージャーの奏でる音は圧巻の一言・・・・。
しばし言葉を失うクラスの音です。


ここに、究極の音質を奏でる至高のSUV・X5Mが完成しました( ̄ー ̄)

BMW・X5M(!!)にオーディオインストール~

いやぁ・・・実際にこの目で見るまでは、
名前だけで実在しない伝説のクルマだとばかり思ってました( ゚Д゚)

例えていうなら「シャア専用エルメス」とか。


実際、「Mっていうけど、ちょっとスポーティなだけじゃないの??」とか
思ってたんですが、ゴメンナサイ。
マジで「M」でした、X5M。



s-IMG_2251.jpg
外見的には、ちょいとイカツイX5って感じなんですが(^^;



s-IMG_2256.jpg
専用シート(これがまた超カッコイイ!)とか内装は全くの別物・・・。
シフトノブから分かるように、Mスポーツミッション(セミオートマみたいなの)とか。

こいつはマジでカッコイイぜ!!


そして、もう写っちゃってますが、このクルマもハイレゾ仕様( ̄ー ̄)
HELIX・P-sixにウォークマンZX2の組み合わせで聴く音は
もはや別次元のサウンドを聴かせてくれます。



s-IMG_2253.jpg
フロントスピーカーは、FOCAL・100KRSを取り付け済み。

そうなんです。
実はこのクルマ、ほぼ一式他店でオーディオインストール済み(-_-;)

「もっとイイ音にしたい!」
と、相談を重ねられたのですが、一向に改善せず。
いろんなユニットを追加したり交換したりと、完全に商品頼りの迷宮入り。

ついには、「なんとかサウンド」とか、「サウンドなんとか」に手を出してしまいました。


実際に当店に相談に来られた時には、すでにオーディオ不信全開(^^;
デモカーを聴いていただき、ショップによって全く音が違うコトは
理解していただけたのですが・・・。

「実際に自分のクルマで音を聴くまでは、ものすごく不安だった」
と、納車後に言われたのが今でも忘れられませぬ。



s-IMG_2260.jpg
スピーカーはそのままで、プロセッサーを導入して
完璧に調律を行いました。

プロセッサーを使いこなすことで、BMWの音質は全くの別物に生まれ変わります。
オーディオ不信MAXだったオーナー様も、
今ではクルマに乗るのが楽しくてしょうがないとのコト(^^♪

カーオーディオが嫌いになる前に、うちに来て頂けたコトに感謝します。
これからもカーオーディオをず~っと楽しんでください~。



デカイのにはそれなりの理由があったりします。

サイズ(大きさね)を感じさせないクルマはイイくるまって、よくイイますが。
やっぱりデカイっす(^^;新型X5。

取回しはX3とさほど変わらないらしいのですが・・・。
僕は乗り回す自信がございませぬぅ。

s-IMG_1679.jpg

デカイX3と間違えがちですが、一番簡単な見分け方は
フロントフェンダーの「ダクト」の有無( ̄ー ̄)

エエですね~純白のX5。
思わずプール付きのマンションで、最高の女とベッドでドンペリ気分です!



s-IMG_1689_20160216211625aa2.jpg
基本的には以前お乗りのX3からの載せ替えです。
ええ、ほとんどのユニットがそのまま持って行けちゃったりします。

画像割り込みのインターフェイスユニットも問題ありません。
拡張HDMIモジュールもご覧のように実に美しい画面・・・・・
・・・・美しく見えない・・・・のは、画像のせいです・・現物はもっときれいです。

今回の載せ替え作業の中で、USB-OTGのハイレゾアダプターを
追加することになりましたので、BitPlayはHDMI接続での映像メイン機に格下げ。
他に選択の余地がほぼ無いとはいえ「使う機会が減る!!」と
喜ばれてしまうユニットってのも・・・なんだかなぁであります。



s-IMG_1690_20160216211623bea.jpg
や、ホントに何を語ったんでしょうかね?このおっさん。

それはさておき。
映像割り込みインターフェイスを導入するもう一つのメリットが
この全画面表示じゃないでしょうか?
純正地デジだと、実はできないんですよね全画面表示。
勿論、受信感度の大幅な向上が後付け地デジのメリットなんですが(^^;



s-IMG_1684.jpg
BitPlayで高画質デジタル映像・高音質デジタル音声を楽しみ、
AT-HRD5+ウォークマンZX2で、圧倒的な超高音質ハイレゾを楽しむ。

ハイレゾプロセッサーは現在最高峰の音質を誇る、HELIX・DSP-Pro。

なんとも贅沢極まりないシステムであります( ̄ー ̄)


コントローラのHELIX・DIRECTORは、定番のいつもの位置なんですが・・・
現行X5は、この場所にほとんど余裕がありません(-_-;)

辛うじてシガープラグは使えるように出来ましたが、これが限界。
クルマはデカイのに、X3より色々と余裕がありません~。



s-IMG_1680.jpg
相当デザインに悩んだのは、ここだけの秘密でお願いします。

これならいっそエンクロージュアーにしてしまいたいですね!いや割とマジで。
ドア下半分のエンクロですと、容量も大丈夫ですし、
なにより音質へのメリットは計り知れないものがあります。
大容量木製エンクロはコストはかかりますが、挑戦しがいアリです!!



s-IMG_1681.jpg
ミラー裏には、トゥィーターを埋め込み加工。

あまり見慣れないユニットですが、ETON・MGSの3WAYユニットです。
高級機らしく実にスムーズ且つハイレスポンス。
派手なユニットではありませんが、音質は超一級品です。



s-IMG_1683.jpg
スコーカーはAピラーに埋込加工。
純正然としたメッシュ生地で巻き、質感も上々です。

抜群の定位の安定感と、EQに頼らない音造りが可能な3wayユニットは、
カーオーディオでは圧倒的な強みを発揮します。

あくまでも、調整能力に優れたプロセッサーと、
それを使いこなせる調整者が揃えば。の、話ですが~( ̄ー ̄)



プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10