シエンタのナビ交換を支援だ

s-saimatsu.jpg



そろそろ、きらきらネームで「紫炎太」とかでてこないですかね??


「た」を「太」で表現してる時点で
きらきらセンスの無さが伺えるってモンです。

きらきらネームを考え付くコト自体、
ある意味、すげーセンスというか超感覚の持ち主ですよね。



シエンタ ナビ (1)
弩新車のトヨタ・シエンタにナビとバックカメラの取り付け。

風の噂で、

「あそこ(AV KANSAI)は高いよ」だとか
「簡単な作業はやってくれへんで」だとか
「100万以下は断られるで」だとか

よくもまぁ、あるコト無いコト。

いや、あかんあかん。
無いコトばっかりやがな。

あんまり値段のコトを言うのもアレですが、
AV KANSAIは、相当値段がんばってると思いますぜ?

大阪、とくにココ、商人の街「堺」で商売していくにゃぁ
「安い」ことは当たり前で、そこに加えて「早い」、「丁寧」、「安心」
まで要求してきやがるってんだから、どんだけわがままやねん!?
って話です。


当然ですが。

AV KANSAIでは、簡単な作業もヤッテます!

や、この記事の作業がカンタン作業って意味ではないですぞぃ。


シエンタ ナビ (2)
ご年配の方が使うということで、
シンプルで分かりやすいパナソニックのナビを取り付け。

ワイドモデルなので、エスカッションパネルとのマッチングもバッチリ。
起動も速く、レスポンスもイイ。

サイバーほどではないにしても、ナビ質も相当ハイレベル。

問題は音が悪いというだけですね~。

まぁ悪いと言っても、ディーラーオプションナビよりはイイんですが。



シエンタ ナビ (3)
勿論、バックカメラは必須。

ドラレコなくても、バックカメラ。

それぐらい重要(ドラレコもです)


取付時間は1時間程度で完成します。

最後に、音の調整を行って完成~。
高度な設定はできませんが、
少しイジってやるだけでも、標準のままよりも
俄然楽しめるってもんです。

シエンタのナビ交換して機能アップを支援だ!

シエンタ。

見ない日は無いと言い切れるほど、よく売れているクルマなんですが
何故か、うちでの施工率が低いのです。
くすん。

発売された当初は、問い合わせも多かったんですが
実際の施工はほぼ皆無・・・。

ぬぅ。
僕にナニかが足りなかったんだね、きっと。

見つけてみせるよ!
その、ナニかをさ!!



シエンタ ナビ (1)
そんなわけで。

シエンタ・ハイブリッドさん。
いつもお世話になっているお客様にご紹介いただきました!!

ありがとうございますにも程があります!!
バックマージンはタップリと弾みますぜ・・・ヒヒヒ。

や、本気にしないでねっと。


でもまぁ冗談抜きで、お客様を紹介していただけるのが
一番嬉し恥ずかし朝帰りっすよね!

その信頼に精一杯応えるべく、
今日も1日がんばりましょう!!



シエンタ ナビ (2)
ディーラーオプションナビ+純正フリップの組み合わせだったのですが、

  「ブルーレイを車内で楽しみたい」

    且つレツキッカ

  「音楽も声も良く聴こえないし、車内がうるさい」


ん~・・・。
そうなっちゃいますよね、やっぱり。

特にハイブリッドは「燃費命」になりがちなので、
メーカー的にはどうしても軽く軽く仕上げねばなりません。

必然的に、遮音性は犠牲となり、
ハイブリッドでありながら想像以上に騒がしい車内ができあがってしまうのです。

静寂性を求めると、どうしても重量増&コスト増につながりますからねぇ。


僕的にも、ハイブリッドのファミリーカーにそこまでの静寂性は
不要だと考えます。

ただ、実際運転してみると、もう少し頑張って欲しいってのが本音。


まずは、車内でのBD視聴は、パナナビに換装すれば解決できますね~。



シエンタ ナビ (3)
声が聴きとりにくいってのは、ドア下部のフルレンジスピーカーのみなのを
セパレート2WAY化して、音像を持ち上げてあげれば大丈夫。

丸っこくて柔らかいインテリアをなるべく損なわないように、
見た目重視で選びました、今回のスピーカー。

音モイイし鳴らし易いってわかっていても、
ここにDLSってワケにはいかないでしょ?やっぱ。

そんなわけで、今回選んだスピーカーはHELIX・E62C。
ドアインナーでウーファーを取り付けし、デッドニングは未施工です。
未施工とはいっても、静かにする目的もあるので、サービスホールのみ塞ぎ、
遮音性に優れた素材を、ドア外板、内貼りに全面的に施工してあります。

普段は行わないのですが、リアスライドドアにも同じように施しています。
さらに、ラゲッジサイドのボディー外板部にも遮音材を貼り込み。
タイヤハウスや、ラゲッジ下部にも全面的に貼り込んであります。



シエンタ ナビ (4)
純正フリップモニターは配線加工で再利用してあります。

純正フリップはコンポジット入力しか持っていませんので
パナナビからのBD出力を表示させるには、ちょっとした工夫が必要です。

当然、バックカメラもステリモも純正機能をそのまま利用可能です。


  「いろいろ考えるのも面倒なので、まぁ純正ナビでいっか」

と、買った時はそれでよかったものの、次第に使い勝手の悪さや
拡張性のなさに辟易してるそこの旦那サン!!

是非ご相談ください。

解決できるかもできないかもです!!


でも
なるべく解決してみせます!!


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10