まだまだ続く新型サイバーナビ祭り!! ナビ!ナビ!ナビ祭り~!

や、このタイトルの書き方で、一体何人の方が
原西の「耳祭り」を連想できたであろうか・・・。

否、いない。

僕は昔から「原西派」です。

・・・ホントは「竹若派」ですが。



いや~
お陰様でホントによ~く売れております
新型サイバーナビ ・ 910-DCシリーズ
待望の9インチモデルが追加されたことも影響が大きかったかもですね~。

映像コンテンツのオンライン化になんて、
これっぽっちも興味ないぜ!
な、漢前なあなたも、騙されたと思って実際触ってみてくだせぇ。

特にお子様がおられる方は、これ以外考えられないかもですぜ。



キャラバン 9インチナビ (1)
所謂、ハイルーフにも程があるキャラバン・NV350。

車幅は標準ボディーの170cm未満なのに、
全長は余裕の5m超え
しかも、ハイルーフなもんだから、やたら縦長感に溢れています。


今回は、この細長~いキャラバンのオーディオ&ナビカスタムしちゃいますよ~。



キャラバンyoneda (3)
まずは、ビフォー画像から御覧ください。

まだまだ現役のサイバーナビ ・ CZ901がインストール済みだったんですが・・・。


キャラバン 9インチナビ (5)
新型サイバーナビの9インチモデル
CQ910-DCをインストールしちゃいました!


あまり施工例を見つけられなかったので、ホントに美しくインストールできるのか?
ではありましたが、結果は御覧のとーり。

純正オプションかのように、精度高く美しいインストールで9インチ化できます。

実車を見てもらえないのが非常に残念なのですが、
7インチナビから9インチナビへの換装はインパクト抜群!!


他に大画面といえば、パナソニックの10インチナビ
ALPINEの11インチナビがありますが、
何と言ってもサイバーの強みは圧倒的なナビ質
他の追随を許さない高音質
そこに加えて驚異のエンタメ機能


パナナビは、充分以上のナビ質ではありますが、
とにかく出音が最悪・・・・。
オーディオ的な観点からすると、単体で聴くのは・・・ちょっとね。
とにかくナニも設定せずに、普通に素で聴くのが一番マシです。


ALPINEは最大サイズの画面を誇りますが、
メディア対応が遅く、操作もいまだに感圧タッチパネル。
音質面ではパナの比ではありませんが、
パナはBDが見れる、ハイレゾが再生できる、フリック操作出来るなど
僅差でパナが有利。
ただし、ファミリーユースならALPINEはデキる子です。
声で一瞬で呼び出せる3カメラや、抜群の精度の進路予測など
奥様には嬉しい機能が盛りだくさん。



群雄割拠のナビ業界において、
それでもサイバーを選ぶのには理由があります

市販モデルとしてGPS式カーナビを世界で初めて開発したというプライド。
音屋としてのプライド。

一時、辛酸を舐めるコトもありましたが、
やはり、パイオニアはやってくれました。

開拓者という社名に恥じることのないナビを世に生み出したのです。


冗談抜きで、910-DCシリーズは手放しでオススメです。



キャラバン 9インチナビ (4)
DCモデルならではの画像。

Amazon FireTVを導入すれば、
こんなコトもできちゃいます。

まったく途切れることなく、スムーズにオンラインコンテンツが動作しています。
正直言って、うちの店舗のWifiよりも速くて、安定してます・・・。


走行中は、Amazon MUSICでまだ知らない
新しい音楽とも出会えます。


それにしても、9インチナビはデカくていいなぁ・・・。



キャラバン 9インチナビ (2)
ついでと言ってはナンですが、ドアアウターバッフルも同時に施工。

1BOXならではの純正「くるぶし位置スピーカー」、
ハイエースも同様にこんな低い位置にスピーカーがあります。

タイムアライメントやクロスオーバーを巧く設定してやれば
ちゃんと繋がりはするんですが、
それでもやはり高い位置にあるスピーカーの方が断然有利。



キャラバン 9インチナビ (7)
ベッドキット下の空間を利用して、サブウーハーも追加しました。

ユニットを全く見せない取り付けにしてあるので、
荷物をガンガン積むヘビーデューティー使用にも耐えられます。

音に一層の厚みが加わり、空間演出もぐっとよくなるサブウーハー。

ただ単に、「ドンドン」言わせるのも全然アリですが、
フロントスピーカーでは再生できない50HZ以下を、
フォローしてあげると、オーディオは全然別の顔を見せてくれます。

チューンナップウーハーでもイイので、
是非導入をしましょ~。

勿論、ちゃ~んと調整しての話ですが。





ダーティハリーしか思いつかん

その時点で、結構なおっさん確定ですけれども。

いや、キャラバンといえば?
の話なんですけどね。

知ってますよね??ハリー・キャラハン。
クリント・イーストウッドの当たり役( ̄ー ̄)
世界一強力な銃とのうたい文句の、いわゆる44マグナムを
撃ちまくる危険なおじさん。



s-IMG_4233.jpg
そんなわけで、ニッサン・キャラバン。

ぬぅ・・・・ハイルーフ・・・・。
ピットにはいらないのよね・・・(´・ω・`)

まぁ、駐車場には入るので作業には支障ないっちゃぁないんですが。
なんだか、立て続けにハイルーフ車の作業してるので
ちょっとピットの入り口なんとかしなきゃなぁ・・・(´-ω-`)


今回の作業は、「続パイオニアの覚醒プラン」
まぁぶっちゃけ、サイバーナビとスピーカーを超お得につけられちゃう
とっても素敵なキャンペーンなのです(´▽`*)



s-IMG_4235.jpg
未だ勢いの衰えない、サイバーナビCZ901。

これをベースに「スピーカー」「インナーバッフル」「デッドニング」
さらに「ピラー加工」までできちゃうナイスで素敵なプラン。

それがなんと!!
税込30万円ポッキリ!!

そんじょそこらの呼び込みなんて敵じゃぁありません( ̄ー ̄)
ちょっとちょっと、お兄さん!
いいプランあるんだけど・・・ヤッテいかない??



s-IMG_4234.jpg
何故だろう・・・なんか既視感しか沸かない、この感じ。

ワンボックス車のデザインだから、まぁ似ちゃうのはしょうがないと思うけど・・。


・・・・・・・。
・・・ワザとか?

ワンボックス特有の「踝(くるぶし)ポジション」のスピーカー位置は
決して褒められたモノではありません(;一_一)

音のつながりを少しでも改善すべく、
今回採用したスピーカーは、モレル・ヴィルタスナノ602。

そのユニットの圧倒的過ぎる薄さ(なんと18mm!?)に目を奪われがちですが、
このユニットの魅力はそれだけではありませぬ。

音の拡散性にすぐれているので、音のつながりがイイのです。



s-IMG_4236.jpg
トゥィーターはAピラーにスッキリと埋め込み加工。
アルカンターラー調の生地で巻き替え、贅沢な仕上がりです(´ω`*)

ハイルーフのバンなので、荷室は金属剥き出しの
まさに職場感あふれるクルマですが、ドライバーにとって
大事な快適性は音楽環境の大幅な向上で、
ノーマルとはけた違いにも程があります(´▽`*)


s-IMG_4237.jpg
最近のニッサン(ミツビシもね)や、スズキ車によくある
バックミラーに表示されるカメラ映像ってありますやん??

アレ。
我ら初老のLOWーGUNS!にはね、
全っ然見えないのよね( ゚Д゚)

すくなくとも7インチ級のモニターじゃなきゃ、なんにも見えやしねぇ。
可能なら、8インチ。

勿論取り付け可能なのであれば、できるだけデカイのがイイです。
いや、マジで切実・・・。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10