一度でもこの味を覚えてしまうと、もう昔には戻れない

あぶない話じゃないよ??


まぁ、沼と言う意味では危ないっちゃあ危ないですが。




ハイエース リフトアップ (1)

しばらくご無沙汰だった、N様のハイエース。

以前乗っていたハイエースから、完全に逆の方向に仕上げてきましたね~。


そう。

仕上げてきたと言うからには、このハイエース、

全部自分で作業してるんだそうです。

あ、タイヤの組み込み以外ね。

さすがに、自分の家にタイヤチェンジャーは置いてませんよね、

普通の人は。

まあ、中には家の庭にお手製のピザ用石窯持ってる人とかいますけど。

正確には持っているというか、作ったですが ( ̄▽ ̄)



カンガルーバー(グリルガード)とか、一人で取り付けるとか

絶対お断りです (ΦωΦ)




ハイエース リフトアップ (3)

ナビはALPINE BIG-X11。

これもすでにオーナー様が自分で取り付け済みでした~。


以前のクルマはハイエースワイドのベタ落とし仕様で、

オーディオもイベント仕様のような弩派手なカスタム系。

  「そろそろちょっと落ち着かんとアカンのですわ」

と、言ってたオーナー様ですが。




ハイエース リフトアップ (2)

ゆーても、オーディオカスタムは譲れない。

その心意気や、よし (・Д・)ノ


実はドアアウターバッフルも自作しそうになってたそうですが、

どう考えてもプロショップに任せた方が得策だと気づいた様子。

ナイスな状況判断でございます .゚+.(・∀・)゚+.

造って造れないコトは勿論ありませんが、

時間やコスト、仕上がりとか総合的に考えると

ハイエースのドアアウターはプロショップの領分だと思います。


スピーカーは、名機・BOSTON PRO60。

もう、随分前に、カーオーデイオから撤退しちゃったBOSTON。

いいメーカーでした。




ハイエース リフトアップ (4)

ドアアウターは新設ですが、このAピラーは前車からの引継ぎだったりします。

ハイエースワイドとナローは共通部品も多いので

加工済みのモノを引き継げば、大幅なコスト削減も可能です (゚∀゚)




ハイエース リフトアップ (6)

そう。

このウーハーもウーハーボックスも全部、前車からの引継ぎ。

ワイド用にワンオフしたモノなので、カバーとかの幅は全く合いませんが

ボックス自体は再利用してあります。

ぐるりと囲むLEDの照明が、弩派手だった前車の名残 ( ̄ー ̄)


二列目シートから後ろはベッドになっているので、

その下に絶妙に潜り込ませています。




ハイエース リフトアップ (7)

車両後方から、ベッド下を眺めるの図。

今ではもうなかなかお目にかかるコトの少なくなった、

アクリル越しにウーハーのお尻が見えるタイプのBOX。

弩派手カスタムでは必須でしたが、今は減りましたね~。


んで、このオーナー様。

さっきは

  「そろそろ落ち着かなアカン」

的なコトをうんぬんかんぬん仰られていたように思うのですが、

最後の最後に少年のココロが勝ってしまったようであります。


勿論、それはそれでアリ (*'▽')



弩新車のヴェルファイア ・ さよならDA,ようこそサイバー

ぬぅ・・・

なんだか、いい感じのタイトルが思いつかなかったのよね・・・。


最近の問い合わせの中で間違いなくダントツなのが、

アルヴェル購入希望の方のDA外して社外ナビ換装について。


一日に80件問い合わせがあったとして、50件ぐらいはDA関連。

や、80件も問い合わせはありませんが。

そんなにあったら、ウハウハかもしくはヘトヘトのどちらかです。


ま、全部成約したらウハウハにも程がありますけれど。




ヴェルファイア DA (1)

ディーラーから直接持ち込まれた、弩新車ホヤホヤのヴェルファイアDA。


見た目は今までと全然変わりませんが、

お客様泣かせ&ディーラー泣かせのニクイ奴になっちゃいました。

当初より、全国各地のトヨタディーラーや、

販売店様からの問い合わせも多くいただいております。


つ ・ ま ・ り 

お客様は、DAなんてこれっぽちも求めていないってコトです。

ディーラーの営業サイドからも、お客様からも絶不評のDA。

なんだか、若干ですが不憫に思わなくもないですが。


フンっ。

自分の生まれを呪うがいいさ。



そんなわけで。

弩新車のヴェルファイアさんのDA外して、

魅惑の9インチサイバーDC+カープライム生活しちゃいましょー (´▽`*)




ヴェルファイア DA (5)

これだけ見ると、ナニがDAだったの? (。´・ω・)? ・・・ですが。

ウソ偽るコトなく、れっきとした「元」DA車。


インストールしたナビは、AVIC-CQ910DC。

このナビは、今までのナビに多かったモニター下部のハードキーが

ありませんので、見た目も超スッキリとしていて、なまら好評です (* ´ ▽ ` *)


見た目はマジで標準ナビのそれ。

御覧のように、何の問題も違和感もなく社外ナビが取り付けられます。

うちの取り付けで多いのは、9インチサイバーDCですが、

ALPINEのBIG-X11(NX含む)でも同様に可能です。


オーナー様のクルマの使い方や、何を優先するのか?で、

好みのナビを選んでもらっています。




ヴェルファイア DA (6)

後席モニターは、13.3インチの大画面を誇る、

パイオニア製のフリップモニターをチョイス。


画像で少々違和感を感じた敏感系オーナー様もいてると思いますが、

パイオニアのフリップは一般的なフリップと異なり、モニターが手前にきます。

つまり、モニター収納時は天井にモニターがくっついている感じになります。

それを逆手に取り、星空的なスクリーンセーバーを流して

環境BGVな使い方もできますが・・・。

どう考えても後付け設定だよねー ( ̄ー ̄)


このモニターでドライバーにメリットなのは、

運転中の違和感の軽減が挙げられます。

奥にフリップする一般的なフリップモニターだと、

ドライバーの頭のすぐ横、斜め上あたりにモニターがくるので

僕なんかは、どうにも我慢できません (-_-)

その点、このフリップ方式ならモニターがちょい離れるので

僅かではありますが違和感が薄まるように思います。

まぁそのぶん、後席側にとってはモニターが近づくコトになるので

首への負担は僅かに増える傾向になる、かと存じ上げまする ( ̄▽ ̄)




ヴェルファイア DA (4)

標準装備のバックカメラを取り外して、サテライトカメラに交換。

取り付け状態は、純正と見分けがつかないレベルなので

当然ながら違和感は皆無であります (・Д・)ノ



ヴェルファイア DA (3)

同じく、サテライトカメラのフロントカメラ部。

ここも純正然としております。



ヴェルファイア DA (2)

サテライトカメラのサイドカメラ(右側)

左側も同様にミラー下に埋め込む感じで取り付けてあります。


リア、フロント、サイド2つの合計4つのカメラの映像を合成して

疑似的に上空から見下ろしたような映像を作り出しているのです。

当然、カメラに写らないエリアもあるわけですから、

その辺りを各カメラの映像を引き延ばしたり、変形させたりで

どうにかこうにか辻褄を合わせているので、疑似上空の合成画像は

ぶっちゃけキレイとは言えません。


社外品のサテライトカメラでは、今のところコレが限界。

ただし。

画質が悪いとはいえ、やはり、コレのもたらす安心感が格別なのも事実。


デカいクルマですので、サテライトカメラ、もしくは3カメラは必須であります。



んで。

全く画像では触れてませんが、スピーカーとDSPも同時に導入済み。

全て純正位置に隠すインストールですので、

画映えは一切ありませんが、でてくる音は純正の比ではありません。


社外ナビに替えるだけでも、YOUのアルヴェル生活は6億倍程度の向上が

見られるのでありますが、そこから更にオーデイオに手を加えると

それこそ、もう、ね、何というか、アレですよ、アレ、稗田阿礼。


例えるなら、濡れ手に粟 (゚д゚)

例えるなら、シャアに紅いザク (`∀´)

例えるなら、はらたいらに全部 ヾ(・∀・)ノ


新型アルファード ディスプレイオーディオ車でもオーディオ

なんだかややこしい・・・ (゚д゚)


ディスプレイオーディオといえば、交換するのが世間の常識!この世の常!

と、ばかり思っていましたが。


なんと!

交換することなく、オーディオヤリたい!という強者現る ヽ(´∀`)ノ





アルファードDA オーディオ (1)

新型を、いきなりこのスタイリングにしちゃうんですから、

その強者っぷりも自ずと知れ渡ることでありましょうぞ。


車高の低さもさることながら、

リアのキャンバーが目を引きまする。


ガッツリ落ちてはいますが、普通に乗れます。

とは、オーナー談。



いや、普通には乗れない・・・。




アルファードDA オーディオ (5)

悪名高いにも程がある、ディスプレイオーディオ (´・_・`)


極々普通のオーデイオユニットと考えれば、

一般的な内蔵4chアンプのヘッドユニット以外のナニモノでもありません。


調整機能といえば、「BASS・MID・TRE」、「バランス・フェダー」の

5000円ぐらいのデッキと同じレベル。

まぁ、ここはしょうがない。

だって純正だもん。



今回は、第一弾としてスピーカー交換を敢行いたします!!




アルファードDA オーディオ (3)

スピーカーは、ドイツの名門ブランド・ETON社のPOWシリーズ2WAYに

PROシリーズの8cmスコーカーの組みあわせ。


エクステリアが、上品なヤンチャ仕上げなので

オーディオもその方向を狙っています。


キッチリ加工はするけど、具は上品なルックス ( ̄ー ̄)




アルファードDA オーディオ (4)

ドライバー側は、こんな感じ。

本来はもう少しスッキリと小さめにインストールできるのですが、

今回のテーマに合わせて、すこし分かりやすい造形にしてあります。


ヤッてる感の演出とでも言いましょうか。




アルファードDA オーディオ (2)

ドアはひとまず、インナーでの取付。


次回、オーディオプロセッサーの導入、サブウーハー・・・。

その次ぐらいに、アウター化したいところでありますニャー (//>ω<)

音で選ぶ←わかる  見た目で選ぶ←わかる  ロゴで選ぶ←???

いや、マジできっかけはメーカーロゴなんです。

いろんな選び方があって、もちろんイイんですが・・・。


ロゴ? (゚△゚;ノ)ノ

うん、ロゴ ( ̄ー ̄)


長く生きてると、いろいろとあるよね・・・うん。




ノア オーディオ (1)

僕だけで考えても、20年近くお付き合いしていただいているK様。

弊社とのお付き合いでいうと、創業当時からのお付き合い。

もしや最長??


そんなK様、マイペースでバージョンアップを楽しんでいます。

元々は、ほんっっっとに J-POP しか 聴かない人だったんですが・・・・。

どこで道を誤ったのか、踏み外したのか、それともこれが正解なのか。

今は、クラシック 「しか」 聴かない人になっちゃいました。

  「クラシック??あんなもんの何がええの??」

と、全否定だった日々が懐かしい・・・。

まさか 「ヒラリー・ハーンが・・」 とか 「メンデルスゾーンは・・・」 とか

そんな言葉を聞く日が来るとは夢にも思いませんでした。




ノア オーディオ (2)

多分、きっかけはこのスピーカー。

BRAX ・ MATRIX (先代ね)


長いカーオーディオ歴があるだけあって、

今までいろんなスピーカーを聴いてきてます。

KEFとかも使ってましたよね~。


そんななか、ふとした出会い(イイ状態の中古ね)から

始まったBRAXとの生活。


今まで一切興味のなかったジャンルでも、

  「聴いてみよう」

と、思わせるナニカを感じ取ったんだと思います。




ノア オーディオ (3)

Aピラーに、スコーカーとトゥイーターを埋め込み加工。

同一平面バッフルでインストールすることで、

ある程度の位相ズレを抑える効果が期待できます。


僅かであっても、音がよくなるのであれば・・・。と、

保護グリルも外しちゃってます。

中の具ぅ、剥き出しなので取り扱いは慎重に、です。




ノア オーディオ (4)

DAPとして、ウオークメン WM-1Aを導入。

いや、そこは金でしょ??

わかってます、ええ、わかってますとも。

DAPを導入する 「だけ」 なら、金を買ってます。


実は、今回の最も大きな変更作業は、アンプの交換だったりします。


今まで使ってたアンプは、パイオニアの名機 ・ PRS-A900。

スピーカーは前述のBRAX・MATRIX(先代ね)3WAY。


抜群の情報量と解像度を誇るBRAXのスピーカー(先代ね)は、

音が少々硬い。というか、むしろカッチカチ(先代はね)。

対する、A900ってアンプは、なんだかのんびりした音のするアンプで、

カッチカチ VS のんびり~ の組みあわせで、ビミョーに高相性でした。


今回新たに交換したアンプは、BRAX・GRAPHIC GX2400。

ここで、タイトル。

そうです、アンプの良しあしよりも、BRAXであることが重要だったのです。

なぜか?

  「だってロゴがめちゃめちゃかっこイイですやん」

それだけか・・・・ ○| ̄|_


まぁ、いい。

それならそれで、まだBRAX・DSPというモンスターが控えてる。


ここまで揃えて、初めて 「フル BRAX」ですよ (・∀・)ノ


あ、サブウーハーとキャパシターもBRAX化しなきゃですね ( ̄▽ ̄)




ディスプレイオーディオなんて怖くないモン!!

少なくとも、アルファード、ヴェルファイアに関しては

ディスプレイオーディオの撤去、問題ありません。


新車でアルヴェルを買ったはいいけど、

  「なんじゃ、こりゃ!?
    
    全く使いモンにならへんやんけ!!」

なんて、不満からもこれでオサラバであります。


安心して乗り換えちゃってくださいー。




アルファード オーディオ (1)

弩新車(お祓い済み)のトヨタ ・ アルファードS Cパッケージ。

所謂、いっちゃん売れ筋のオススメグレードってヤツでありますー。


オーナー様のコダワリで、サイドミラーは純正部品を入れ替えて、

ピアノブラックに変更してありました。

ナニは無くとも、ミラーは絶対「黒!」だそうです。

そんな拘り、僕は割とスキです。


そして、新車のアルファードってことは、当然ながら

悪名高い 「 ディスプレイオーディオ 」 が標準装備だったりします。


このアルファードのオーナー様。

ど~~~~~~しても、ナビは優秀なモノが必要なんです。

「 仕事がら 」、ですよ?

別に、重度の方向音痴ってワケじゃぁございません。


まぁ、方向音痴であってもなくても、スマホのナビなんて

あんなオモチャ、バカバカしくて使えません(個人の感想です)


データが「 最新 」ってだけ。




そんなわけで。

アルファード オーディオ (11)

ドーーーーーーん!!!


標準装備のディスプレイオーディオを撤去して、

最新鋭のサイバーナビ、AVIC-CQ910DCをインストール。


所謂、9インチサイバーのプライムビデオナビってヤツであります。


子供向けアプリみたいな、ちゃちぃGUIのディスプレイオーディオに比べて

圧倒的すぎる高機能と美麗画質、優秀過ぎるナビ機能。


とにかく、比較対象にすらなりゃしません。




ん?

これだけ自然だと、マイナーチェンジ前の画像なんじゃないの?って

アルファード オーディオ (12)

ほれほれ。

ルーフコンソールの最後部に、T-コネのSOSボタン付いてるでしょ??


ちなみに。

スイッチのLEDが光ってるのが表すように、実はこのスイッチ、活きてます。

ただし。

ディスプレイオーディオ本体がなくなっていますので利用はできませんぜ。


サングラスホルダー部には、DSPの機能を大幅に拡張するオプションである、

HELIX ・ DIRECTORを埋め込み加工。

視認性は悪くありませんが、操作性はイマイチ。

イマイチというか、慣れが必要ですね~。




アルファード オーディオ (8)

この装備が欲しいってだけの理由で、

メーカーオプションを選んでしまう人がいるそうです・・・。

ホントにやめた方がイイと思います。


パノラミックビュー(所謂、アラウンドビュー、全周囲カメラ)がどうしても必要な場合、

一般的なナビにも後付けできるカメラシステムがあるんです。


このアルファードにもインストール済みの、サテライトカメラ。

画像のように、上から見下ろしたような合成画像と、

ステアリング連動のバックカメラ、左右サイドカメラがそれぞれ表示可能です。


たしかに、純正ほどの精度はありませんが、

ぶっちゃけ必要にして十分です、これで。




アルファード オーディオ (5)

個人的に、フリップモニターよりもヘッドレストモニター派の僕。

2列目シートからでは、フリップモニターは結構見上げる位置になるので

僕的には疲れちゃうのです・・・。


あと、運転している立場から言わせてもらうと、

フリップを降ろしている状態だと、なんとなく、頭の辺りに

  「なんかいてる・・・」感が

ぞわぞわきちゃうんです。


それに、後ろから呼ばれて、ふいに振り向いた瞬間、

モニターに顔や手をぶつけたり・・・。


そんなわけで。

10インチのHDMIモニターを左右シートにそれぞれ取付。

この画像では、ナビと同じ画像が表示されていますが、

リアセパレートモードにすれば、前ではナビ画面でUSBの音楽を聴きながら

リアシートではプライムビデオの映像と音声を楽しむとかもできちゃいます。


使いこなすまで、若干の戸惑いがあるかもですが、

ファミリーカーにとって、これは大きな武器になりますよね~。




アルファード オーディオ (4)

さあ、ここからはメインとなるオーディオのお話。


まずは、スピーカーから。

今回選んだスピーカーは、垂涎のハイエンドユニト、BRAX ・ MATRIX 3WAY。


ウーファーのMATRIX・ML6Pは別売り(!?)の専用グリルを使って、

美しく質感高いアウターバッフルで取り付け。


スコーカーのMATRIX・ML3もこれまた別売りグリルを使って、

ドア上部にスッキリとかっこよくインストール。


特に、このスコーカーの取り付け方は、

とにかくカッコイイと大好評なのであります。




アルファード オーディオ (10)

ウーファー部の拡大画像。

ぬぅ・・・・精度高く美しいってのは、ホントに罪だよね・・・。



アルファード オーディオ (6)

スコーカー部の拡大画像。

毎日、こんなの見ながらドライブできるなんて、

考えただけで、オラ、ワクワクすっぞですぞ。




アルファード オーディオ (7)
トゥイーターは、Aピラーに埋め込み加工。

大きくて美しい、その存在感にウットリしちゃいます。

それにしても、ホントにかっこいいユニットです。




アルファード オーディオ (9)

サイバーナビを利用してのアナログ音源は、リアセパレートモードにも対応しています。

ウォークマンからのデジタル音源時には、圧倒的に他を凌駕する驚異の高音質体験が。


今日、オーナー様から連絡があり、

  「息子もあまりの音に感動してます・・・」

と、嬉しいお言葉もいただけました。




アルファード オーディオ (3)

どうせオーディオインストールするならカッコよく。

が、ポリシーのオーナー様。

その心意気や、ヨシ。


アンプはBRAX・GRAPHIC GX2400が2台。

サブウーファーもBRAX・MATRIX ML10+別売りグリル。


なんともよだれダラダラな贅沢システム。


それらを、ラゲッジ下に美しくインストール。

ブルーの間接照明が妖艶さと高級感を演出してくれています。


所有する喜びを、心から感じられる瞬間でありますー。




アルファード オーディオ (2)

純正のラゲッジカバーが全てそのまま使えますので、

カバーしちゃえば、完全に純正のそれ。


荷物を載せてもへっちゃらであります。



さぁ、ディスプレイオーディオの攻略も完了し、

社外品のナビが取り付けられるとなれば、

新型のアルファード・ヴェルファイアの自由度も完成度も

飛躍的に高くなることが期待できますよね!!


オーディオで悩んでたそこのアナタも、

ナビのバカさに悩んでたそこのアナタも、

もう悩まなくてイイんです!!


是非、AV KANSAIにご相談ください!!



最後になりましたが、ディスプレイオーディオ攻略の祖である、

砂漠の国の超一流オーディオショップ、ZIPANGさんに最大の感謝を。







プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10