最近は事情が変わってきちょる感じではありますが。

トヨタ ・ マークX


一時は、「トヨタ最後の良心」なんて揶揄されていた、

抜群の完成度を誇る、FRセダン。


ついに、最後の時を迎えてしまいました。



マークX オーディオ (1)

マークX GRスポーツ

レーシングマインド溢れる、FRスポーツセダン。



2019年12月

先代マークⅡからの連綿と受け継がれる、

その長い歴史に幕を閉じました。


後世に間違いなく語り継がれるであろう、その名車。




マークX オーディオ (4)

最後(??)の弩新車のマークX GRスポーツに、オーデイオカスタムです。

最後の弩新車ってなんともややこしぃ表現ではありますが。


ヘッドユニットは、拘りのオーナー様らしく

DIATONE・サウンドナビ 300プレミ2


以前は、ALPINEから8インチナビ取付キット的なものが

発売されていたのですが、随分前にディスコン。

僅かに残された在庫は、トヨタのデイーラーに買い占められたとか・・・。


無いものは、つくってしまおう、キリギリス。

そんなことを言った武将がいたとかいないとか(いません)


マークXの標準は7インチワイドパネル。

300プレミ2は8インチモニターなので、必然的に加工となります。

取付キットが発売されていたので、サイズ的には全く問題なし。


取付金具や、ダッシュ側の小加工は必要ですが、

全く問題なく、インストール完了。


最近はサイバーナビばっかりなので、

サウンドナビはなんだか新鮮ですね~。



マークX オーディオ (2)

スピーカーは、当店ではお馴染みのDLS・スカンジナビア 2WAY。


ほとんどのお客様が、バスケグリルではなく

一般的なメッシュグリルに変更欲しいと懇願される系。


そんななか、堂々とスカンジナビア純正バスケグリルを

誇らしげにアウターでインストールする勇気に、僕は感涙にむせぶわけで。


しかも、さらに引き立たせるかのように、紅のスエード加飾指定。

漢だ・・・。




マークX オーディオ (3)

Aピラーの「悪魔の紋章」もなんだか誇らしげじゃぁないですか。

純正近似のメッシュ生地で巻き替え、

質感も精度も高い仕上がりになっています。


ご覧のように、ピラー本体からの突出はほとんどありませんので

左側の死角が増えることはありません。


右側は、わずかですが死角は増えちゃいます。

ってゆーか、こっち見んな。



サウンドナビ300プレミ2

やはり、いい音聴かせてくれます。

所謂ハイエンドに分類されるスカンジナビアを

ホントに気持ちよく鳴らしてくれます。


元々、比較的鳴らし易いスピーカーではありますが、

音の弾みと、音離れが抜群です。




ホントによくできたミニバン、トヨタ・ノア

まずナニよりも、ナビが交換できるのが素晴らしいやね~(そこ?)


熟成を重ね、表には見えないあらゆる部分が改良されています。
やっぱトヨタはクルマ作りがんまいのであります。


まぁ、ノアボクに関して言えば、収納が少ないというか
収納が少々使いにくい、って声もチラホラですけれども。



ノア オーディオ (1)
各種安全装備を新たに装備し、お買い得感満載なノア W/B。

前期型からの買い替えが多いのも頷けます。
そんな弩新車のノアさんに、オーディオインストールであります~。



ノア オーディオ (6)
ナビゲーションは、パナソニックの最新鋭ナビ。

新型ストラーダの10インチ・BDモデルです!
モニター枠の大きさはそのままに、インチアップに成功したニクイやつ。

あらゆるクルマに取り付けられる(可能性が大)のがウリの大画面ナビです。
ですが。
こと、このノアボクに関しては微妙と言うかギリギリというか。

モニター位置を手前にスライドさせれば、勿論問題無いのですが
それでなくても「飛び出しクン」とか揶揄されがちなナビなので
極力、一番奥の位置で取り付けたいのです。

ですが。
その位置で取り付けすると、ディスクの入れ替えがちょいと面倒なコトに・・・。

せっかくのBD付きなんですから、ディスクを使うケースも多いと思います。
「飛び出しクン」上等!で利便性をとるか、
ちょっとのメンドクセーをガマンして、スタイリングをとるか。

人生最大の選択。



ノア オーディオ (3)
最初にちょろっと触れたノアボクの弱点に、収納の使い勝手を挙げましたが
もう一つの弱点は、フロントスピーカーの選択肢の狭さ。

車内空間を少しでも広くするために、ノアボク系のドアは
ドア自体の薄さもさることながら、ドア内貼りも少々薄め。

インナーバッフルでの取り付けの場合は、
あまり奥行のあるスピーカーは選べません。

薄型で高性能なユニットも増えてきていますが、
それも限られた機種のみ。


俺は、このスピーカーを聴きたいんだ!!!

そんな、あなたにオススメなのが「アウターバッフル化」

ドアにどでかい穴をあけるわけですから、それなりに勇気と男気。
あと、もう少しのコスト増ね。

これらをクリアできるのであれば、アウターバッフル化はオススメです。

世界中に溢れる、魅力的なスピーカー達。
あらゆるスピーカーが、アウターバッフルだと取り付け可能になります。



ノア オーディオ (2)
自然に溶け込んだ美しいラインが絶妙過ぎるのであります。

この仕上がりなら、質感に拘る人でも文句ないでしょ??
自然で美しく精度高く、尚且つ、他の人とは違う。


こいつは贅沢だぜ。



ノア オーディオ (4)
今回のオーディオカスタムの内容は、
大画面BDナビからのアナログ音源と、
超高音質のウォ-クマンからのデジタル音源、
そのどちらも高次元で楽しめる、オーディオプロセッサー(DSP)を使って
フロント3WAY+リアを鳴らす、ファミリー対応システムです。

奥様もしょっちゅう運転されるとのコトなので、
「ママモード」はアナログ音源のみを使い、
ひたすら純正同等の操作性・利便性を追求しています。
ナビからの信号をDSPで緻密に調律し、
フロント3WAY+リアを鳴らしています。

「パパモード」では、デジタル音源のみとし
機能性よりも音質重視となり、
フロント3WAYのみを鳴らします。

「パパモード」「ママモード」の切り替えは、ボタンを押すだけのワンタッチですし
リアスピーカーのON/OFFは連動で切り替わります。



ノア オーディオ (5)
選んだスピーカーは、おフランスざますのBLAMざます。

最近、モデルチェンジした「シグネーチャーモデル」の3WAYざます。
BLAMの魅力はなんと言っても、そのカッコヨサ。
これに尽きると思います。

存在感抜群のトゥイーター&スコーカー。

比較的大き目ながら、ノアボク系のAピラーなら、
何の問題もなくスッキリと美しく収まります。


他の人とあまりカブらずに、且つレツキッカ、かっこいいユニットを
お探しのあなた!

BLAMからは目が離せませんぞぉ~~。




高級車だからって、音まで高級とは限らない。

なんです。

施工率が以上に高い、BMWの例を挙げるまでもなく
高級な輸入車であっても、高級な国産車であっても
ほとんどの場合、その純正オーディオの音質に満足いくコトはありません。

BMWほどではありませんが、メルセデスだった例に漏れず。
さらに施工数は減りますが、アストンマーティンだって
純正オーディオの音質はたかがしれてます。

残念ながら、自動車メーカーにとってのオーディオは

  「聞ければイイ、むしろどっちかと言うと邪魔」

程度にしか扱われていないのが現状なのです・・・。
悲しいけど、これ、現実なのよね。

当然、エンジニアの中にも「マジかい、これ」って
疑問に思ってる方も多数いてはると思います。

不特定多数、且つレツキッカ、残念ですが大半を占めるであろう、
「普通に聞ければイイ層」の需要を満たすためには
オーディオのコストカットは必然なのでありまする。


ランクル オーディオ (1)
音の悪い高級車として、悪名高いのが現行のランドクルーザー。

オーナー様も、自分なりにいろいろと設定イジリまわして
四苦八苦していましたが、ハタ、と気づきました。

  「そーゆー問題じゃない!?」

そうなのです。
フェダーやバランス、バストレ、ディレイ・・・
ALPINEのBIG-Xが装着済みなので、それなりに
調整できる項目は揃っているのですが、

つまり。

  「そーゆー問題じゃない!?」

なんです。


ドア形状から来る定在波や、音の反射、共鳴、共振・・・。
なんだか、ありとあらゆる「BAD!要素」に溢れかえっています。

これら、カーオーディオにまつわる諸問題、難題を
すっきりさっぱり(ほぼ)解決してくれるのが、DSPと呼ばれる
カーオーディオに革命をもたらした「魔法のユニット」です。

こいつを導入して、音質を根こそぎ大革命してしまいましょう!!



ランクル オーディオ (3)
前述のALPINE・BIG-X。

や、この子がダメな子ってわけではありません。
くれぐれも。

今回は、クルマの方が手ごわかったってだけです。


でもでも。
そんな苦境であっても、DSPを導入すれば相当な改善が見込めます。

BIG-Xの比ではない、超高度な調整設定機能を誇るDSPは
スピーカーから出てくる「壊れた音」を根本的に改善できます。

破壊されたモノが完全に修復されることはありませんが、
その復元度は驚愕に値するのであります。

現代のカーオーディオにおいて、DSPは必須と断言しちゃいます!!



ランクル オーディオ (2)
一般的に、右ハンドルのクルマでは左側のスピーカーの音は
まともな場合がほとんどです。

左のドアスピーカーは、なんとなくですがリスナーの方を向いていますし、
ツィーターも同様になんとなく向いてます。
それぞれ、なんとなくリスナーに向いたスピーカーの音は
そこまで極端に悪くなることは、まぁ、ありません。

ところが、右側のスピーカーはどうでしょう???

ドアスピーカーは、ほぼ上から見下ろす位置ですから
全然リスナー向きではありません。
それに比べて、ツィーターはわりとリスナー向き。
それぞれが、違う方向を向いたスピーカーから
まともな音が聴けるはずがありません。


このランクルの場合は、右側の音がとにかくヒドイ。

それを調整で解決に導けるのがDSPなのですが、
アコースティックに解決できるに越したことはありません。

デッドニングや、吸音、拡散、遮音、あらゆる手段が考えられます。
それらを駆使して、比較的まともな音にしてからDSPで微調整が
一番ベストではありますが、それらのアコースティックなアプローチでの
改善作業には、やはりそれなりにコストが発生します。

このバランスを巧く取ってあげるのが、僕らプロショップのお仕事です。



ランクル オーディオ (4)
スピーカーは、DLS・RC6.2。

また、これか・・・。
いやいや、それ言っちゃいます?

イイ物はイイって、大きな声ではっきりと伝えられる、そんな社会を目指します!!
自分の思ってるコトを主張もしくは発表するのに、
県の補助金とかもらおうとするからややこしいのです。


定価6万円(税別)と比較的リーズナブルでありながら、
くっそでかいフレームは取り付け車種を選びますが、
挑戦する甲斐が充分にあります。

鳴らし易く、よく伸びる低音が気持ちいい逸品なのです。



・・・・・・・。

・・・・。


見た目はアレですけど。





年末年始は、クルマの中でもプライムビデオ!!

勿論、助手席やリアシート限定ですよ???

やだなぁ、 「 あ ・ た ・ り ・ま ・ え 」 じゃぁないですかぁ。


アクア 9インチサイバーナビDC (1)
いつもお世話になっている、アクアのY様。

AV KANSAIのお客様には、結構な確立で

  「 LOW-GUN’S 」が多いのです。


Low-Gun’s 共通の悩みと言えば、

ナビの字が読めない!!

だったり、

ウォークマンの字が読めない!!

だったりだったり。



アクア 9インチサイバーナビDC (3)
そんな我ら、Low-gun’s の強い味方!!

新型サイバーナビ ・ AVIC-CQ910-DC

待望のサイバーナビの9インチモデルですー。
アクアは7インチが標準なので、その差2インチ!!

この差は、オッサンにとっては非常に心強いのでありますよ。



アクア 9インチサイバーナビDC (2)
デカッ。


画像は、アマゾンプライムビデオのオンラインコンテンツのひとつ。
懐かしの「全員集合」とか、
さっきの画像にもありましたが、「相席食堂」とか
オッサン垂涎のコンテンツとか、流行りのコンテンツとか
いつでも好きな時に見れちゃうんです。


こいつは、マジで捗るゼ!!!

仲間の悪影響って大きいのよね・・・まぁ、楽しいからエエですけど!

高い!
長い!
広い!


や、縦読みちゃいますよ?
縦に読んだところで、「高長広」

たかなが ひろし??

ハイエース カスタムオーディオ (1)
高長 広さん(違)の愛車は、
弩新車のハイエースワイド スーパーロング ハイルーフ

幅、広ッ!?
背ぇ高ッ!?
長ッ!?

うちのピットはそれなりに広い方だと思いますが、
それでも、さすがにこのサイズが入庫すると、
若干の圧迫感を感じちゃいますね。

それもそのはず、長さは5380、幅は1880、高さは2285。
でかすぎる!と巷で噂のグランエースにも幅以外負けないというね。


さてさて、そのおっきすぎるハイエースさん。
一見すると、ほとんどノーマルのような外観なんですが・・・。



ハイエース カスタムオーディオ (2)
どーーーーーん!!!

ドアパネルは、全て造り替えるフルカスタムドア。
お客様のたっての希望で、黒とオレンジを大胆にあしらいました。

この色使いは、間違いない組み合わせの一つなんですが、
ここで最大の注意点がありまする。

それは、ジャイアンツ。
黒とオレンジの代表といえば、やっぱりジャイアンツ。
他には、赤と黄色といえば中華料理とか。


細心の注意をはらってジャイアンツ感を感じないようにデザインします。
特に、ここ大阪では「阪神ファン」が圧倒的な割合を占めます。

なんと実に98%が阪神ファンだというアンケート結果(当社調べ・根拠なし)



ハイエース カスタムオーディオ (5)
当然っちゃぁ当然かもですが、エッチングのロゴがオレンジに浮かび上がったり
スピーカーの周りが光ったり。

バリバリのカスタムドアでありながら、
ダサくならないように質感と精度にはこだわりぬいています。



ハイエース カスタムオーディオ (4)
Aピラーも、なんだかんだでフルカスタム。

当初の予定では、スピーカーの周囲だけリング状に
光らせる予定だったんですが・・・。

持つべきものは悪友。
ハイエース乗りの間では、有名な某I氏が
オーナー様の耳元で悪魔のごとく囁く。

悪魔の中でも最もタチが悪いとされる某I氏。
そんな上位悪魔の誘惑に抗える術もなく・・・。

オーナー様、うつろな瞳(め)で

  「・・・ピラー・・も・・・フ・・フル・カスタ・・・ム・・・で・・・」

ガクガクブルブル・・・
お、恐ろしや・・・。


派手めなカスタムで採用する例は少ないと思いますが、
メインスピーカーは、スウェーデンの誇るDLSをチョイス。

なんでフルカスタムで選ばれないかって??
そんなの、カッコ悪いからに決まってますやん。

でもね。
音はイイのよ、音は。
マジで。


DLSのスピーカー、特に今回のRC6.2というグレードは
最もポピュラーなゾーンのスピーカーでして。
メーカー希望小売価格は、税別6万円。

パイオニアのTS-V173が同じ値段って考えると、
舶来モンのスピーカーが同じ値段だったら、ちょっとショボイんじゃない?
とか、考えがち。

ノンノンノン。

パイオニアのTS-V173が素晴らしいスピーカーであることに
疑いの余地はありませんことを前置きして。

国産スピーカーのスタンスは

  「どうぞどうぞ、是非、当社のスピーカーをご採用ください」
  「ありとあらゆる御車に取り付けが可能です」
  「その為の豊富なパーツも同梱されております」
  「どのメーカーのどのクルマに取り付けられるかも
    すでに全て調べ上げてあります」
  「さ、さ、どうぞうどうぞ」

なのに対して、舶来モンのスタンスは

  「ん?なに?うちの音、聴きたいの?」
  「ん。ほんなら付けたらエエやん」
  「なに?取り付け資料??」
  「んなもんあるかいな。聴きたいんやろ?
    ほな、どないかして付けたらエエがな」

つまり、これが開発コストの差。
音の為だけにコストを割く舶来モンに対し、
おもてなしにもコストが必要な国産。

そりゃ、同じ値段だったら、音に金かけてるメーカーの方が
イイ音するのは当然なワケです。
そのかわり、音以外の部分はそりゃもう適当ですよ。

V173とか、どう考えてもあの値段で発売できないレベルの
圧倒的な商品としての質感です、マジで。

どっちがイイとか悪いとかではありませぬ。
どちらにも長所と短所があって当たり前。

とにかく、自分の気に入ったスピーカーを
インストールするのが、やっぱり一番なのですよ。


今回は、派手めなインストールではありますが、
全体の質感を大切にシステムデザインしているので
あまりコテコテ感は感じられないと思います。

・・・・・・。

・・・。

まあ、オーナー様も最初は、普通のドアアウターと
普通のピラー加工だけのつもりだったワケで。

ここでも悪魔の影響が。



ハイエース カスタムオーディオ (3)
ナビは、今やついてるのが当たり前!?

新型サイバーナビ・AVIC-CW910-DC。
勿論、DCモデルでありますぞぃ。

家族で移動するのが大前提の、このハイエース。
リアシートやベッドでお子様がはしゃぎまわる。

大人しくしてもらうには、映像を流すのが一番なんですが、
地デジやDVDだけではやっぱり飽きちゃいます。

そうすると、また暴れ出す。


そんなとき、スマホやタブレットを渡しておけば
それなりに大人しく勝手にゲームしたり、動画みたりしてくれます。

んが。

それって、つまりネット環境が必要ってコト。
スマホであれば、通信料が発生します。
タブレットなら、ポケットWiFi的なアクセスポイントが必要。

高速通信の上限無しのポケットWiFiとか、
一か月の使用料が5000円程度かかるそうですよ。


さて。
そこで、我らがサイバーナビ・DCモデルの登場です。

なんと、このDCモデル。
一年間、無料でネット環境を車内に構築できちゃいます。

しかも、ドコモの4G回線。
さらにさらに、上限無し。

ナビ本体でYouTubeの視聴はもとより、
HDMI接続でアマゾン・FireTVを繋げば、
プライムビデオや、アマゾンミュージック、HuLu、DAZN、などなど
あらゆる、オンラインコンテンツが楽しめちゃうのです。


アクセスポイントにもなっているので、
5台までならスマホやタブレットをぶら下げられます。

これで、通信料も速度制限も全くきにせず
車内でオンラインコンテンツが使い放題になるのです!


こいつは、マジで捗るぜ。
こいつは、マジで漲るぜ。


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10