最近めっきり聞かなくなった言葉・・・

マルチメディアクリエイター。

そういえばハイパーメディアクリエイターとか、
もっと意味不明な肩書もありましたね。
3DO(知ってます?)でチキチキマシンとか作ってたましたよね ( *´艸`)



s-IMG_4450_2018120119521580b.jpg
今回のクルマはLEXUS ・ IS

紅いボデイーが異様にセクシーですね~。

マルチメディアクリエイターに負けないような、
マルチメディア対応が今回の作業ポイント!!



s-IMG_4452_201812011952168d4.jpg
まずは手始めに、車内でブルーレイが楽しめるようにしちゃいましょ!

とはいっても、最近のトヨタ系のメーカーオプションナビ(標準もね)は
ブルーレイ再生可能なモノが多かったりします。

「それ」が欲しいが為に、メーカーオプション選ぶ人も多いとか。

いやはや全く。
嘆かわしい事態じゃわい (`・ω・´)


この画像は、純正BDの画面ではなく、外部入力の映像です。



s-IMG_4457.jpg
車載BDにろくなものがそんざいしませんので、
ポータブルBDをグローブボックス内に取り付けちゃいました ( ̄ー ̄)

もともと持ち運ぶ設計なわけですから、振動対策も施されてます。


こいつからHDMIで映像・音声を取り出し、DSPに入力しちゃうぜ作戦。
これでBDも迫力満点、驚異の高音質で楽しめます (´▽`*)



s-IMG_4460_201812011952241ea.jpg
ちょっとわかりにくいですが、ヘッドレストの向こうに見える純正のフロントモニターと
リアモニターに同じ画像が表示されています。

最近のナビは映像の取り出しができないケースが多いのですが、
これならリアシートでも美麗なBD映像が楽しめますね~。



s-IMG_4453_20181201195218911.jpg
前後シートどちらも最高の環境で音楽を楽しみたい!
なんて贅沢三昧なオーナー様の要望に応えてくれるのが
HELIX ・ DSP-Pro。

なんと贅沢にも、前後共に2WAYマルチで鳴らしています (*'▽')

純正音源は勿論、BDのデジタル接続、ウォークマンのUSB接続。
多様なソースに対応させています。

そう!
これがいわゆるマルチメディアミックス!!
言ってて恥ずかしい!!



s-IMG_4455_201812011952193d7.jpg
フロントスピーカーは、最近出たBRAXの新型。
グラフィック GLの2WAY。

非常に精度高く、美術品のごときスピーカー。
こいつで聴く、女性ボーカルの張りと艶は、
ちょっとゾクゾクするレベルです (´▽`*)



s-IMG_4459_20181201195222c07.jpg
オーナー様的には、フロントと同じスピーカーでよかったそうですが、
さすがに前後BRAXって・・・。

リアスピーカーには兄弟ブランドである、
HELIXのコンペティションシリーズ 2WAYを選択。

や、十分すぎるぐらい贅沢なユニットなのはわかってます。
皆まで言うな (;´Д`)

ちょうど、ドアノブ部分に絶妙な空きスペースを発見したので
ちょこちょこっと加工して、トウイーターを埋め込み。

前後ともウーファーはドアインナーでインストールしています。
通常は行いませんが、今回はリアドアのデッドニングもしています。

まぁそりゃそうですよね、HELIXのCシリーズ取り付けて
デッドニングしないとか、バチ当たりにも程があります (`・ω・´)



やっぱりどう考えても、この型の「IS」が

レクサスでは至高のデザインだと思います。


s-IMG_3485.jpg
シュッとした漢前とはこのことですぜ。
ブランドイメージとしてのファミリーフェイスってのは分かるんですけど、
なんでもかんでもスピンドルじゃなくてもイイと思うんだけどねぇ・・・。

さてさて。

常連のT様、いつも和歌山から遠路はるばるお越しくださいます。
ありがてぇにも程があるってもんですね!!
今回は、大幅に予定を変更して、スピーカーの交換です( ̄ー ̄)

ホントはドライブレコーダーとレーダーの取り付けだけのハズだったんですが(^^;
ちょっとミッドウーファーの調子が悪いとか、話してたら・・・。
左の子が見事にトンじゃいました(T_T)

「ぬぅぅ・・・・予定外にも程がある、いやマジで」
「タイミング悪いっすねΣ(゚Д゚)」

「まぁ、いずれ変えようとは思ってたけど、いやマジか・・・」
「ハイレゾ化してからの予定でしたもんね(^^;」

「・・・・・・・。」
「・・・」

「・・・・・・」
「・・・」

「よっしゃ!!変えよ!!一緒に変えてまうわ!!」
「マジすかΣ(゚Д゚)」

「どうせ変えようと思ってたし、むしろ思い切りついたわ!」
「漢前にも程がありますね(*´▽`*)」


そんなこんなで。


s-IMG_3488.jpg
DLS・GOTHIAの3WAYから、
垂涎のハイエンドユニット・DLS スカンジナビア3WAYに変更でっす(^^♪

同時にアウターバッフル化もしちゃいました!

現行スカンジナビアのミッドウーハー付属のグリルデザインが、
好き嫌いのはっきりわかれる系なので、今回は通常のグリルを
別に手配してインストールしました。
リング状の加飾を入れて、ちょっとだけアピールしています(^^;

徹底的に純正然に拘るのもイイですけど、これぐらいの遊び心も欲しいですね~。


スコーカーは、ドア中部の純正位置に取り付け。
立体的で複雑な形状のインナーバッフルを作成し、
絶妙なクリアランスと角度を達成しています。

本来、純正トゥィーターが設置されているミラー裏付近は、
ワンオフのカバーを作成しスッキリと隠しちゃいました。



s-IMG_3489.jpg
ドアアウター部はこんな感じで。

純正然としながらも、明らかに他とは違うこの存在感。
ちょっと手を加えるだけで、このイメージアップは嬉しいですね~。



s-IMG_3487.jpg
GOTHIAよりもさらに大型化したトゥィーター。

ミラー裏でもよかったんですが、奥行き感も欲しかったので
今回はAピラーに埋め込みました。

大型トゥィーターらしく、ヒリつき感も皆無。
低いところを余裕で鳴らしてくれるので、調整の幅が広がります。

やっぱ、優秀なトゥィーターはイイですねぇ・・・。
しみじみと痛感します。

歳をとるとちょっとしたコトで、涙しちゃうそうですが
冷血漢の代表、僕、修ちゃんはちょっとやそっとじゃ揺るぎません。

そんな、血の代わりにLLC通ってる修ちゃんをも感心させる、
DLSのスカンジナビアとはいかほどのものか!?


実際自分のクルマにつけてみましょう!( ̄ー ̄)
想像以上の体験があなたを待ってるかも待ってないかも。

個人的にLEXUSで一番完成度が高いと思うのが

先代のISだったりします( ̄ー ̄)

特にIS-Fは、素直にカッコイイと思いますね~。
や、例の4本出しマフラーはダメですが。



s-IMG_1457.jpg
ほらね?
カッコイイでしょ??IS-F

普通~のクルマのふりして、ところどころのチラ魅せ感がエエのよ。
やぁ~ねぇ、漢の人ってみんな、そう(誰?)



s-IMG_1460.jpg
今回の作業は、配線の変更とアンプの追加。

アンプは、イタリアのクァトロリゴ(シンフォニ)の2chモデルを
ど~~んと贅沢に3枚搭載。

そうです。
フロント3WAYシステムなんです、このIS-F。


ヘッドユニットは、フェイス分離加工したDEH-P01。
視認性も操作性もよく、使い勝手はバツグンであります( ̄ー ̄)



s-IMG_1458.jpg
スピーカーは、DLS GOTHIAの3WAYモノ。

しっかり伸びる速い低音に、スムーズな高音を奏でる非常に優秀なユニットです。
ウーファーとスコーカーはそれぞれインナーで取り付け。
トゥィーターはミラー裏純正トゥィーター部を埋め込み加工。

パッと見は、普通のドアっぽいんですが、その出音は全くのべつものです。



s-IMG_1462.jpg
グローブボックス内にはDEH-P01本体をインストール。

背面にあまり余裕がありませんので、硬くて太いケーブルは勘弁です(>_<)


DEH-P01の内蔵(付属)アンプは非常にできのイイ代物ですが、
さすがにシンフォニ・アレグロ3台との差は圧倒的でしたね。

音の鮮度、ハリも全てが別物で、バツグンの透明感です。
それでいて、伸びやかな低域も楽しめるんですから
なんとも贅沢な話ですよね( ̄ー ̄)



個人的に、と前もって断っておきますが・・・。

レクサスの中で一番カッコイイのが、この型のISじゃないですかね???

s-IMG_9830.jpg
今回の作業は、IS・Fへのオーディオインストールです(^^♪

ギリッギリの、下品手前のナイスなデザインであります!!
これ以上やると、「ヤリスギ」になる絶妙な塩梅が素敵です。



s-IMG_9829.jpg
パッと見、何が変わってるのかわかりにくいかもですが(^^;

純正オーディオ部には一切手を加えずに、DEH-P01を追加インストールしました。
灰皿部に、当店お得意のフェイス分離加工でワンオフパネルを作成して取り付けました。

s-IMG_9826.jpg
アップにするとこんな感じです(^^)

純正パーツには一切手を加えていないので、完全にノーマルに戻せます。
DEH-P01本体は、グローブボックス内に設置してあるので
CDの再生も問題ありません。

USBケーブルは、センターコンソール肘掛け内に取り付けてあるので
手元でアクセスできて非常に便利です。


勿論、純正オーディオの機能はほとんど利用可能です。
ガイド音声や、レクサスの起動音もちゃんと鳴ります(^^♪



s-IMG_9828.jpg
スピーカーは、すべて純正位置に取り付けています。

DLSの誇る、GOTHIAの3wayを取り付けました。
気持ちよく伸びる低域、バツグンの繋がりの良さ、ヒリヒリしない高音。
実にスムーズで気持ちのいい音を奏でてくれます。



s-IMG_9827.jpg
純正と変わっているのは、唯一、この部分。

純正のトゥィーターと同位置ですが、トゥィーターのサイズが大きくて
一回り大きくなりましたが、スッキリとしたした取り付けを実現しました。

3wayの各スピーカーが、縦一列に並ぶこのレイアウトは
まとまり良く安心して聴くことができますね。


純正サブウーファーもアンプを追加して鳴らしています。
純正のままですと、ほとんど鳴っていないウーファーを
DEH-P01で積極的にコントロールしてあります。

ビックリするくらい、ちゃんとウーファーとしての仕事をこなしてくれています(^^)
キッチリと調整を追い込んであるので、ドスンとフロントに乗っかる
低音が気持ちいいのであります!!



作業までの打ち合わせに、ジックリと時間をかけて練り込んだので
隙の無い、いいシステムデザインができあがりました。

T様、ありがとうございました!!
次は、アンプとちゃんとしたサブウーファーですね( ̄ー ̄)

お待ちしております~。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10