そろそろ「俺が日銀」「造幣局はツレ」に続く新たなフレーズが欲しいところ。

「いや、冗談抜きで財務相官僚ですが」とか?

微妙に弱いかな・・・。


レンジローバー オーディオ (8)

みんな大好き!

このブログの愛読者であれば、この人のことを知らない人なんていない。

そう断言してしまえる、きわめて一部で有名人のレンジオーナーT様。


つい先日、たまたまですがこの憧れのT様がそばに居てると気づかずに

第2種接近遭遇を果たしたH様とかなんて、

  「ウソやん!?マジかっ!!」

  「なんで教えてくれませんのん!?」

  「のぉ~~~~~っ!!話したかったぁ!!!!!」

と、30秒ほど床をのたうち回って、甚だ営業妨害でありました。


そんな、みんな大好きT様のレンジローバーが、

このご時世にもかかわらず、大幅なバージョンアップを敢行しちゃいました。


勿論、究極の拡大解釈に於ける

  「YN仕様」

であることは言わずもがな。




レンジローバー オーディオ (16)


レンジローバー オーディオ (18)

今回のバージョンアップは、ウォークメンのアダプターケーブルを

サウンドサスペンションさんとこの「TYPE B」から

「Type B改」に変更しました!!


ソースからの信号を今まで以上に忠実に伝送することで、

確実な音質向上が約束されます。


お手軽でありながら、間違いなく効果が得られる、

数少ないアクセサリーの一つです



レンジローバー オーディオ (12)

さすがに、それだけで終わっちゃいけねぇな。


今回の目玉作業は、ついに禁断の領域に踏み込む!

フロントスピーカーを、所謂、スーパーハイエンドに変更です。


これまでも、BRAX・MATRIX3WAYでしたので、

さすがに日銀ならでは感を醸し出してはいたのですが。

ついについに、マイクロプレシジョンに手を出してしまいました。


ドアウーファーはZ-Studio170 (定価46万税別・・・)を

変則的なドアインナーバッフルで取付。

デッドニングそのものにはほぼ手を加えずに、

外板側の遮音、吸音、拡散対策を重点的に追加施工しています。


巨大な純正グリルからも、シルバーのコーンがはっきりと見て取れます。

YN仕様的にはハードル高めですが、拡大解釈を適応している

このレンジローバーでは、これぐらいなら全く問題になりません。




レンジローバー オーディオ (13)

うん。

この程度なら絶対大丈夫。

もはや、僕の判断基準になんの確証もありませんが、

実際、イケちゃいます。

きっと。



レンジローバー オーディオ (14)

ミラー裏にスッキリと埋め込みしているのは、Z-StudioTweeter MKⅡ

MATRIXのトゥイーターよりもサイズは小さくなりましたが、

シルバーの面積が大幅に増えているのが、若干の心配の種。


でも。

僕もオーナー様も、何故かバレる気がしていません。



レンジローバー オーディオ (15)

唯一不安だったのが、Aピラーに埋め込み加工した、

この巨大なスコーカー、Z-Studio100F。


さすがに、目の前に10cm口径のシルバー全開ユニットが

鎮座していたらばマズかろうということで。

ここだけは、サランネットのグリルを追加して逃げています。

僕的には一か八か、剥き出しで勝負してみたかったところではありますが、

冗談抜きでバレた瞬間に全てが無に還ります。

ここは、チャレンジしないことこそがチャレンジだ、と自分に言い聞かせ。




レンジローバー オーディオ (17)

10cm口径でも、この程度の突出に抑えてあります。

コーン型のユニットですので、リスナーに向ける必要なんてありませんから、

可能な限り奥で、可能な限り広くなるようにインストール。


守備範囲の広い10cmユニットがダッシュ上の奥にあって

幅も稼げる場所に設置してある。

嗚呼・・・。

想像しただけで、ウットリしちゃいます。




画像にはありませんが、

BRAX-DSPとMATRIX MX4PROにしか許されないインストールである、

DSPとアンプのデジタル接続化も同時に行っています。


圧倒的過ぎる静寂。

それこそ、「しん・・・・」と効果音がしそうなほどの静けさ。

怒涛の情報量に溺れ、強烈な立ち上がりと、魂持っていかれそうな余韻。

なにもかもが全くの別次元。


できるなら、ヤッてみるべきです。



レンジローバー オーディオ (9)

袖の下、所謂ワイロもいただきました。


よもぎ餅の名店、葛城は当麻の中将堂本舗さんの

よもぎ餅をなんとなんと!スタッフ全員分!!


YES!

早速開封!

イヤッフゥー!




レンジローバー オーディオ (10)

どきどき

どきどき




レンジローバー オーディオ (11)

キターーーーーーーーーーーッ (((o(*゚▽゚*)o)))


早速、作業前に平らげてしまい、糖尿一直線にも程があります。

作業依頼も入れて頂いて、

尚且つレツキッカ、差し入れまで頂けるなんて。


あたしゃ幸せモンだよ(まる子風に)




しかもアレですよ。

当初の話では、

  「サウンドサスペンションさんから新しいTYPE Bでましたね」

  「でましたね、ってか情報早っ」

  「とりあえず、フィットの分と2個注文しておいてください」

  「今使ってるのを送って、改造してもらうと安くなりますけど」

  「いえ、全部新品でお願いします」

  (あなたは神か・・・)

  「取り付けに時間はかかりますか?」

  「いえ、それこそ数分でおわりますよ」

  「なんかそれだけだと悪いので、もうちょっとなんかしましょか」

  「ピュアコンディメンタとか?」

  「それは勿論ですが、レンジのスピーカー変えましょか」

  「・・・・はい?」

  「そろそろ1年でしょ?変えてもイイんじゃないですか」

  「・・・・・・・・はい??」

  「MATRIX以上のスピーカーとなると・・・スパーハイエンドとかですか」

  「・・・・・・・・・・・・・・はい???」

  「RSの新型とかカッコイイですよね、ZRもよさそうだし」



アゴが外れっぱなしの僕を他所目に、

独り妄想が膨らむT様を、もう誰も止めることなどできない。



結局、TYPE B改を買いに来ただけなのに

ついでにマイクロプレシジョンを買うという暴挙に。


嗚呼。

僕は一生あなたの下僕でかまいません!!!



ワン!!

ワンワン!!



ロータス・エヴォーラのオーディオカスタム!3台目~

コトの始まりは、ある一本の電話からだった。

全国的にも名の知れたクルマ屋さんの、
名物サービスマネージャーから。

僕の中では「ヒゲの隊長」と呼んでいるが、
そのマネージャーの名前が「佐藤」というわけではない。


  「毎度です~。前にエヴォーラやってましたやんー?」
  「やりましたね~。狭くて大変でしたわ」
  「アレと同じ型のエヴォーラなんやけど、スピーカーって何センチー?」
  「16cm入りますよ、普通に」
  「サブウーファーはー?」
  「リアサイドに8インチがエンクロージュアーで入ってますね」
  「鳴るー?」
  「純正にしては結構頑張ってますよ。
    ただ、スペースのあるクルマじゃないので、
    かなりトリッキーなエンクロージュアーです。
    ウーファーには息苦しいと思いますねー」
  「そうかー」
  「なんなんすか?」
  「めちゃめちゃ低音効かせたいって依頼なんよー」
  「手強っw」
  「やっぱ、まかせますわー。頼んますー」
  「あ!丸投げw」


そんなワケで、その日のうちに直接お客様がご来店するとのこと。

1時間後。
くそほど野太い爆音を轟かせてヤッて来たロータス・エヴォーラ。

  「いや!
    同じ型とちゃいますやん!
    エヴォーラ400ですやん!!」

しかもオーナー様は外国の方!?

  オー!
  マイネームイズシューチャン
  ハウアーユー?
  アイムファインセンキュー
  アイハブアンアッポーインマイパキッ

うん。
大丈夫、英語はペラペラだ。

  「イワタサン?」
  「ハ、ハーイ!ア、アアアアイアムイワータ」
  「ヒゲの隊長の紹介で来ました、Dと申します」

日本語ペラッペラ



Evora400 オーディオ (1)
ロータス・エヴォーラ400

まさかこいつの心臓部がトヨタのエンジンだなんて
誰も思っちゃいねぇはず。

V6・3.5Lの2GRをスーパーチャージャー化し
その名の示す通り、実に400PSを絞り出すバケモノ。



Evora400 オーディオ (2)
いや、前の型と全っ然ちゃいますやん・・・・。

前の型は、何というか、所謂ハンドメイド感溢るる
質感、精度、デザインだったんですが。

なんだかちゃんとした工業製品のように変わっています。
しかも、「普通に16cm入ります」って言っちゃいましたけど、
どうみても16cmはヤバそうなグリル形状・・・。

ぬぅ・・・こいつは若干ピンチの予感。



Evora400 オーディオ (3)
しかも、選んだスピーカーは巨体で有名な、DLS・RC6.2

だって、とにかくベースを効かせたいって依頼なんですもの!!
鳴らし易くて、低域が良く伸びるっていえば
やっぱりDLSなんですよ。

実際のインストールでは苦労の連続。
ドアをバラしてみると、やっぱり13cmでした・・・。
しかも、前の型と違って後ろにも余裕が無い・・・。

いやホント、ちょっとマジで焦りましたが
なんとかインストール成功。
ドア内へのケーブ入線がすごく簡単なのが救いです。



Evora400 オーディオ (5)
ダッシュボードの造形も全くの別物。

全然、想像してたのと違いましたが、
意外と中身は同じような構造です。
や、ドアはバラし方もなにもかも全くの別物ですよ。


トゥイーターは、Aピラーにスッキリと埋め込み加工。
黒のアルカンターラで仕上げ、抜群の質感です。

  「Oh!!! Really!?
    ヤヴァイよ!コレはヤヴァイよ!
    むっちゃカッコイイネ!!
    アリガトゴザイマス!!Oh・・・」

そんなに喜んで頂けると、なんかちょっとむずがゆい。
極々当たり前にちゃんとした仕事をしてるだけなんですが。



Evora400 オーディオ (4)
ヘッドユニットは、大人気の新型サイバーナビ・CZ910

ホントはフロント2WAYマルチで鳴らすものですが、
今回はオーナー様のたっての希望でサテライトスピーカーを追加しています。
純正の内貼りを一切加工せずに取り付けてあるので
リセールも安心です。


リアシート右横には8インチの純正サブウーファーがありますが、
最初に言ったように、かなりトリッキーな箱。
小型のエンクロージュアーと、大型エンクロージュアーを
狭い通路で繋いだ形状になっています。

小さい方のエンクロの出来は悪くないのですが、
大きい方は容量を稼ぐためだけのオマケレベル。
ボディーの外板(プラスチック製?)の内側を密封して箱にしてあるので
背圧のかかる部分がそれこそ「ベコンベコン」動きます。

適切な容量の、強度のある箱で密閉されていることが最低条件なのに、
これではウーファーに最高の仕事を期待する方がどうかしてます。
とはいえ、トヨタやレクサスの純正サブウーファーなんかに
比べたら何倍もイイ仕事してるんですがー。


今回は特にモアベース!モアベース!!が合言葉なので、
ヘンな純正エンクロージュアーを撤去して、
まさかのフリーエアードライブ。

ウーファー周辺を徹底的にデッドニングしてガチガチに固め
変な窪みには吸音材を詰め込み、大きい方のエンクロにも
大量の特殊スポンジを詰め込んでいます。

若干のバクチ要素がありましたが、結果的にはこれが大正解。

オーナー様も一聴して、

  「ヤヴァイね!!マジでヤヴァイね!!!
    これが欲しかったンです!
    全然違う!マジで嬉しい!!サイコーです!」

と、手放しで大喜びしていただけましたが・・・。



  「もっと出すにはどうしたらイイですカ??」
  「Oh・・・ジーザス・・」


エヴォーラってクルマは、基本的に4人乗り。

ですが、実際は2シーター。
オマケとも呼べない簡素なリアシートが一応ついてます。

フロントシートをスライドさせれば、リアのニースペースはゼロ。
座面と背面の角度は直角。

これで4人乗りで登録できるなら、
ハイゼットジャンボでも4人乗りと言い切れるレベル。


この極小の空間に加え、真後ろにはエンジンが鎮座。

モアベース!モアベース!!が合言葉ですが、
こいつはなかなかにシビレるほどハードルが高い。

でもね。
オーナー様が望んでいる、理想のカタチを
現実のカタチにするのが僕らの仕事。

やってヤレないことはない!!


今度、同じエヴォーラの記事が載るときは、
多分、リアシートは無くなっていることでしょう・・・。





「造幣局はツレ」を凌ぐ、新たな名言爆誕!!

他人も羨むよな金がいつも自慢の二人だった。

あなたにならどこまでもついて行くつもりでいました。


ええ。
所詮この世は「金・¥・カネ」
金で買えないモノなんて存在しないのです(至極最低なヤツ)



俺が日銀 (1)
どう考えても、どこからどう見ても金の匂いしかしない、レンジローバー。


そうです。
ここではお馴染みのレンジローバーが、またしても金にモノを言わせております!!

ははぁ~~~~~。
参勤交代よろしく、額を地面iこすりつけております。

バラまかれた札でも喜んで拾います!
口で拾えと言われても、なんの躊躇いもございません。
ははぁ~~~~~。



俺が日銀 (2)
例のごとく、ラゲッジを開けてみると・・・・・。


ナニやら木箱状のブツが2個ほど。
恐る恐る近づいてみてみることにしましょう。



俺が日銀 (3)
ほんでもって、どーーーーーーーーーん!!!

垂涎にも程がある超高級ハイエンドアンプ、BRAX・MX4PRO!!
それも2台!!

またやってしまいました、このお方。


  「なんか、MX4PROってアンプがでましたよね?」

    「発売されましたね~」

  「いくらなんですか?」

    「へ?」

  「今のNOX4よりも高いんだったら、買おうかな」

    「高いから買う・・・初めての経験」

  「最高級っていうからには、100万ぐらいですか?」

    「いえ、もう少し安くて82万税別です」

  「安っ」

    (たけぇよ・・・)

  「じゃ、2台で180万税込ぐらいですね」

    (ぐらいじゃねぇよ・・・3万たけぇよ)

  「いつ、付けられます?」

    「マジすか!?」

  「勿論。ナニか問題でも?」

    「いえ、まったく問題はないんですが・・・」

  「じゃ、振り込んどくんで手配しておいてください」

    「は、ははぁ~~~~~ッ!!」
    「・・・・それにしても、ペース速すぎませんか?」

  「大丈夫ですよ、俺が日銀ですから」

    「は、ははぁ~~~~~~~~ッ!!!!」




ほぼノンフィクション。


実際は、アンプ交換なら嫁さんに絶対バレないってのが最大の理由なんて、
口が裂けても言えません。

圧倒的にも程がある説得力に、全力で脱帽。


額に汗し汚れにまみれて稼いだお金も、
僅かでも自分の為に使えやしねぇ・・・。

とかく世知辛いこんな世の中にはPOISONですよ、POISON。
自分の欲望を叶えるためには、
俺は俺を騙すことなく、嫁を騙して生きていくのです。


そんなアウトロー一直線のT様のレンジローバースポーツが、
またしても進化を遂げました。

ええ。
勿論、今回も金にモノを言わせるニクイヤツです。



造幣局はツレ (1)
入庫の直前にパチリ。
今どき、パチリなんて言いません。



見せびらかすように、ラゲッジに何か「木箱」的なものが・・・・。

はて??
ズームしてみるとしましょう。



造幣局はツレ (2)

!?

こ、ここここここここれはッ!?
まさかの・・・。


いやいや。
そんなはずは。

更にズーム。



造幣局はツレ (3)

垂涎の超ハイエンドオーディオプロセッサー、BRAX DSP!

というか、同じ木箱が2つ!?
1台の定価が820000円(税別)もする木箱(箱の値段ではない)が2つ!?


新世代 YN仕様の先駆者たる誇りをさらに体現すべく、
選んだ卑劣なその手段は、DSPの変更。


そう!
DSP-Pro2から、BRAX DSPに変更しても
当然のことながら、見た目の変化は一切なし。

唯一変わるところといえば、DIRECTORの表示が
「HELIX」から「BRAX」に変わり、アイコンがえれ~増加するところ。


どうせDIRECTORは、嫁バレを恐れてコンソールの奥深く
ひっそりと佇んでおるので、変化がバレることはありません。


  「これなら2台ともバレませんよねー」

いや、ちょっとマテ
たったこれだけの理由で、DSP-Pro2からBRAX DSPに替えますか。
それも2台。

  「大丈夫ですよ、造幣局はツレですから」

でた。
名言、もとい迷言。
て言うか、冷静に考えると、造幣局がツレでも知り合いがいても
全然関係ない。

  「俺が造幣局」

ってぐらいは言って欲しいですよね、どうせなら。






さてさて。

BRAX DSP。
発売前からず~~~っといろんな意味で世間を騒がせてきました。

  「でるでる詐欺だ!」

  「予定価格がいつのまにかシレッと高くなっている!」

  「そもそも、ホントにその価値があるの?」

とかとか。


果たして、その性能や如何に!?

一言でいえば
「濃密」であり「芳醇」、「骨太」であり「繊細」、「漆黒」であり「透明」
今まで聴いてきた音楽が全くの別物に聴こえます。

年末年始リフレッシュ大作戦!!

いや、ただ単にひたすら寝て過ごしただけなんですけれども。


皆様におかれましては、如何お過ごしだったでしょうか??
海外に行ってたセレブ共は、
帰国したら国内でガッツリお金を使いましょう!!


AV KANSAIは1月4日から、しれっと営業しております。
そうなんです。
新年のあいさつするタイミングを逃してはや2日。

まぁ、でもアレですよね。
どこのブログでも「アケオメ」だ「ことよろ」だ「さくおせ」だと
どいつもこいつも同じコトばっかで飽き飽きしちゃってますよね~。

そんなわけで。
「あけオメ」「さくおせ」「ことよろ~」


と、新年早々弩ひんしゅくをかったところで。



ディスカバリー (1)
ちょいと懐かしめな、ランドローバー・ディスカバリー3。

質実剛健を地で行く、弩スタンダードな本物のクルマ。
走行距離はゆうに30万kmオーバーですが、
まだまだ元気に走り回っております。

しかもですよ?
このディスカバリーってば、実はBMW製。

どこからどう見ても「THE 4駆」のこのクルマですが、
巧い人が走らせればそんじょそこらのスポーツカー顔負けに走れちゃうんです。
最高速は勿論期待しちゃダメですが、コーナーが続く高速道路だと
AMGですら、うかうかしてられません。


そんなローバーさんにナビ&オーディオインストールです~。



ディスカバリー (8)
純正の画像がないので、ローバーのオーナーさんにしか
わからない感じですけれども。

純正デッキを撤去して、サイバーナビ・CZ902-Mを取り付け。
普通にしれっと取り付けられていますが、
勿論、たくさんのハードルを越えなきゃイケませぬ。

それを感じさせないのが、スマートなインストールってもんです。


エアコン吹き出し口付近には、9インチのHDMIモニターを取り付け。
この画像では、サブモニターで地デジ、ナビモニターでナビ表示していますが、
サブモニターにナビ画面を表示することもできます。



ディスカバリー (5)
9インチモニターを取り付けるだけでは芸が無いので、
i ドライブモニター風に、シルバーの枠をワンオフしています。

前面のピアノブラックのフィニッシュと併せて
極力、後付け間を排除しています。



ディスカバリー (7)
当然、ポン付け感をなくすために後方もカバー済み。



ディスカバリー (3)
同時にオーディオ面も充実させました。

フロントスピーカーにモレル・ハイブリッド602をチョイスし
それぞれ純正位置にインストールしてあります。



ディスカバリー (4)
ミラー裏の純正位置にトウイーターを取り付けし
フロント2WAYマルチとし、サイバーナビの内蔵アンプでドライブ。

画像はありませんが、ラゲッジカバー下にチューンナップウーハーも設置。


現段階では、内蔵アンプ駆動のフロント2WAYマルチ+サブウーハーですが、
将来的にはP-SIXを導入し、2WAYマルチ+リア+サブ化します。

そうすることで、サイバーナビを「ネットワークモード」にする必要がなくなり、
リアセパレートモードで使うコトができます。

前後で独立ソース化できますので、
操作は多少複雑になりますが、使いこなせば
圧倒的な便利空間が生まれます。


結構、大規模な作業でしたので
同時に劣化してひび割れだらけだったダッシュアッパーパネルも交換。
ほかにも、センターコンソール肘掛&ドアグリップの革張り化や、
べろ~~んとだらしなく剥がれ始めていた天井も張り替え。
さらには、汚れの目立ちだしていた各ピラーも巻き替え。

AV環境は、比較にならないくらいの圧倒的な向上を果たしました。
内装もリフレッシュすることで、クルマへの愛着もぐ~んとアップ。


目指せ!100万kmであります!


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10