めちゃくちゃカッコイイ!スバル ・ R1

あくまで、「僕の知りうる範囲で」と、強く前置きしておきます。


やっぱ、アレですよね。

スバル乗ってる人ってばヘンタイさんが多いですよね ( ˘ω˘ )

この場合のヘンタイさんってのはつまり、褒め言葉でもあるのですが。
なにかしら、強い「拘り」をお持ちの方が多いように思いまする。


例えば、家にあるクルマが全て「スバル車」だったり、
家にあるクルマが全て「MT車」だったり、
家にあるクルマが全て「オーデイオ施工済み」だったり、
家にあるクルマが全て「一式チューニング済み」だったり。


いや、まぁ、全てに当てはまる実在の人物が
現存しているという事実に驚愕。



R1 オーディオ (1)
今回、紹介するのは、めちゃくちゃカッコイイ!
スバル ・ R1

いやぁ、これは素直にカッコイイと唸っちゃいますね。
精悍な印象の顔は、ヘッドライトインナーを
ブラックアウトしているから?

教えて、詳しい人!

詳しい人繋がりで、R1うんちく。
R1のグリル(??)は航空機がモチーフになってるそうで。

・・・・・・。
・・・。

言われてみたら・・・・

  「あ、あぁ・・・・・・(びみょー)」

個人的には、航空機というより「マヤ文明」



R1 オーディオ (3)
R1のオーディオと言えば、まず思い浮かぶのがコレでしょう!

純正の画像が無いのでアレですが、R1はドアにスピーカーが付いていません。
純正は、ダッシュボード両端の10cmスピーカー。

さすがに、ちゃんとオーデイオするには物足りないにも程がある。
ここはコストをかける場面ですよ。



R1 オーディオ (4)
ドアのデザインをしっかりと理解したうえで、
このうえなく純正然としたアウターバッフルをワンオフ。

どう考えてもこれ以上のデザインはありません。



R1 オーディオ (5)
ミラー裏にトゥイーターを埋め込み加工。

ここも純正風を強く意識した結果です。
個人的には、R1のトゥイーター位置はAピラーと思っていますが、
それが全てではありません。

オーディオに限らずですが、この世に正解はたくさん存在するのです。
嗚呼、日本的。
嗚呼、素晴らしや。



R1 オーディオ (6)
ヘッドユニットは、サイバーナビ・CZ902XS。

所謂、サイバーXであります。
レギュラーサイバーよりも僅かに低域に伸び悩みが感じられますが、
総合的に見て、素晴らしいヘッドユニットに間違いありません。

言わずもがなの抜群のナビ質。
拡張性にも富み、ハイレゾにネイテイブ対応。

サウンドナビのように「階段」を案内することもありません(多分)



R1 オーディオ (2)
Σ(゚Д゚)



いや、まさか、そんなはずは・・・・。


きっと見間違いだよ。

疲れてるんだね。









R1 オーディオ (7)


マジでした。



富士重工の名(迷)車といえば、

アルシオーネ、SVX、VIVIO RX-RA
そして、このR1ですよね( ̄ー ̄)



s-IMG_2959.jpg
太陽の塔に見えなくもない、グリル(バンパー?)のデザインが
微妙っちゃぁ微妙なんですが(゜-゜)

どう考えても後世に残したい傑作デザインですね!
そんなスバル・R1にオーディオインストールです~(^^♪



s-IMG_2955.jpg
スバル・R1の純正オーディオは、ダッシュ上両端に
10cmスピーカーが設置されちょります。

さすがにこのご時世に10cmスピーカーのみってΣ(゚Д゚)
や、最近のトヨタのコンパクトカーは、この方式だったりしますけど。
クルマのオーディオをないがしろにしすぎじゃないかしら!?メーカーってば!?

今回はガッツリオーディオなので、当然ながらドアアウター化であります!!
オーナーさんにしか分からない、この圧倒的な純正風デザイン。
ビックリするくらいに違和感は皆無なのです( ̄ー ̄)

軽自動車ですが、さすがに2ドアなのでドアはデカイっすね~。
高強度のバッフルと、強めのドアデッドニングを施し、
ETONの誇るハイエンドスピーカーであるMGSのウーファーを取り付け。



s-IMG_2957.jpg
なんと、MGSの3WAYシステムだったりします( ̄ー ̄)

どうです??この圧倒的な存在感!
これは所有する喜びを掻き立てられますね!!

8cmスコーカーとトゥィーターをダブルで近接設置していますが、
実はR1のAピラーには極小の三角窓があります(-_-;)
この全く役に立たない三角窓の存在のせいで、Aピラーの施工難易度は
グンと高いものになってしまいます(^^;



s-IMG_3013.jpg
ヘッドユニットは、たまたま店にあった中古の80PREMI(^^;
実はMGSの3WAYスピーカーも、たまたま店にあった中古品!
全て中古で揃えちゃいました( ̄ー ̄)
なんてラッキーなんだ・・・。

サウンドナビの特徴であるマルチウェイアライメント機能を駆使して
3WAYスピーカーをほぼフルマルチ並に駆動しております。
3WAYはをきちんと鳴らそうと思うと、フルマルチでの調整は必須でありますぞー

ピン芸人のアレでもなく、免疫強化のアレでもなくPART2

ちょっと前のコトでしたね。

「たま~~~~~に」とか
「ホンーーーーーーーーーーーーーーーーーーットに」とか
散々見かけない見かけないって言ってたのに、
まさかのPART2。

s-IMG_0406.jpg
同じクルマじゃぁありませんよ(^^;

めったに見かけないクルマ、スバル・R1です。
同じ月にまさか2台も作業するとは・・・。

てか、隣のクルマも滅多に見かけませんが(-_-;)


s-IMG_0408.jpg
ディーラーオプションナビを撤去して、漢のナビレス仕様に(^^♪

ヘッドユニットは、パイオニア・DEH-970です。
音よし、使い勝手よし、機能よしの3拍子揃ったニクイヤツでありますが、
ちなみに僕も負けてばかりはいられません!!
ヘルニアあり、坐骨神経痛あり、老眼ありと3拍子揃いました!!
やったね!

DEH-970は、一般的な「STD」モードとよりマニアックな「NW」モードの
2種類の使い方ができます。
「STD(スタンダード)」モードも十分に楽しめるのですが
やっぱり「NW(ネットワーク)」モードがエエですね。

たとえ、もし「2WAYマルチでスピーカーを鳴らさない」としても
「NW」モードを選択したいのです。
「NW」「STD」ではクロスオーバー、スロープの値に違いがありますので~( ̄ー ̄)



s-IMG_0407.jpg
今回選んだスピーカーは、モレル・マキシモ4の同軸モデル。
位相管理の必要がほとんどありません(^^;

ですが。
せっかくの「NW」モード。
同軸スピーカーでも、マルチで鳴らしちゃうぜ!!

ちょこっと配線加工してあげると簡単にマルチ対応スピーカーになります。

当たり前っちゃぁ当たり前なんですが、バツグンの定位です(^^;
想像していたよりも低域が出てくれたので、十分楽しめるサウンドになりました。

勿論、ただ普通に取り付けただけでは、ここまで低域伸びませぬ。
色々と工夫をこらしちゃったりなんかしちゃったりなんかしてるんです。





と、最後はMr.Boo風に決めてみました。

ピン芸人のアレでもなく、免疫強化のアレでもなく、

R1といえば、ずばり!
スバル・R1に決まっています、ええ。

いや、決まってるんですってば。



さてさて。
2015年も、始まっちゃいました!!
いろいろあった人も、いろいろあった人も、いろいろあった人も
今年もよろしくお願い致します。

そんなわけで、新年一発目はスバル・R1からスタートです(^^♪


s-IMG_0404.jpg
ゾクゾクしますね!
何なんでしょ?ナニを考えて作ったのか理解に苦しむこの素晴らしい造形!!

・・・・・・。
断っておきますが、めっちゃ褒めてますよ?マジで。
冗談抜きですっげ~好きなクルマなのですよ?マジで。


たま~~~~~にR2なら目撃談が報告されたりしますが、
R1はホンーーーーーーーーーーーーーーーーーーットに見ませんね。



s-IMG_0401.jpg
既に装着済みの最新鋭「楽ナビ」を
最大限に活かしたオーディオインストールを行います(^^♪

最新の楽ナビは、4chタイムアライメント、4chレベル調整、
13バンドぐらい(??)のGEQまで使えるなかなかニクイヤツなのです。

勿論、リアスピーカーなんて飾り意外のナニ物でもないので
えらい人には分からないように、フロントのみのバイアンプ接続です。



s-IMG_0399.jpg
R1の純正スピーカーは、ダッシュ両端の10cmスピーカー(-_-;)

定位はイイんですが(当たり前)、ビックリするくらい低音がでませぬ。
比較的低域に強い10cmスピーカーを、純正位置に取り付けするのも
勿論アリなんですが、今回は思い切ってドア加工しています。

「ドア加工しています」って言われても、純正を知らない人には
さっぱりわからないかも知れませぬ( ̄ー ̄)

採用したスピーカーは、DIATONE・DS-G20。
バイアンプ接続も可能な非常に良くできたスピーカーです。



s-IMG_0400_20150104185526c8f.jpg
ドアアウターバッフル加工部の拡大画像です。

デザインラインを厳格に純正に合わせこんであるので、
精度高く非常に美しい仕上がりです。

DS-G20には保護用グリルがありませんので、
適当なサイズのグリルを見繕って加工しています。

ついでにグリルのエンブレムをひっぺがして、DIATONEのワッペンを(^^;
気持ちです、気持ち。



s-IMG_0402.jpg
トゥィーターは、付属マウントを使ってダッシュポン置き取り付け。

ギリギリまで端に寄せてあるので、ピラーの取り付けに少々手こずりました(-_-;)
なんとか一番説得力のある場所に設置できました~。

ダッシュポン置き取り付けの場合、いつも、この「説得力」で苦労するのです。
角度はイイけど、その向き!?とか
向きはイイけど、そこ!?とか(*_*;

ちょっとしたコトですが、拘ってイキたいところです。



新年一発目からの作業が、スバル・R1ってところがなんともイイ感じです(^^♪
そして、3時間もかけてお越し頂きまして、ホントにありがとうございます!!!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10