遊べる軽にも程がある

ある意味、遊べるでもイイですよね。


「超個人的に」と強く強く前置きしておきますが。

僕的には 「ダイハツ」よりも断然 「スズキ」派。


ウェイクとタント、ヘッドライトの照射範囲、絶対おかしい。




ハスラー オーディオ (1)

最近出たばっかりな気がしてたんですが、ハスラーもフルモデルチェ~ンジ!

先代のハスラーもワクワクする楽しいクルマだったんですが、

新型はデザインも含めて更に大進化!!


いいですやんか!

先代のイメージを巧く踏襲しつつの更にスクエアーなデザイン。

いたるトコロに 「H」 の意匠を巧みに取り入れるセンスが光ります。

デザイナーさんがきっと意識したでしょうが、

ボンネットからグリル周辺に繋がるラインも、絶妙に 「H」 感。


これは、いいモデルチェンジだー。




ハスラー オーディオ (3)

純正オプションのナビが装着済み~。


これ、まんまパイオニアのナビ。

若干のレスポンスの悪さが気になるものの、

FLACが読めるあたり、なかなかヤルじゃないの。


そんなワケで、今回はこの純正ナビをベースにDSPの追加と

スピーカーの交換を行っちゃいましょ~。




ハスラー オーディオ (2)

ドアトリムにも 「H」 感をあしらってあります。

この遊びココロは、ハスラーを買ってよかった!とか思っちゃいますよね。

画像にはありませんが、ラゲッジサイドのフックとかにも

隠れ 「H」 が潜んでたりします。


タフ感の演出と絶妙な遊びココロ。

んぅ~~~~~・・・マジでうまいなぁ・・・。



おっと、クルマに感心してばかりいちゃぁイケません。

今回インストールしたスピーカーは、悪魔の紋章でお馴染みのDLS。

最もポピュラーなグレードの「 リファレンスシリーズ ・ RCS6.2 」です。


ほとんどのクルマにインナーで取り付け可能なほど薄型のウーファーなんですが、

初っ端からバカスカ鳴ってくれます。

RC6.2程ではありませんが、このクラスでは最鳴りです。

背圧の処理だけ間違わなければ、確実にイイ低音が楽しめます。




ハスラー オーディオ (4)

ツィーターは、一旦ダッシュにポン置き。

めちゃめちゃ斜め上を向くマウントですが、

これでも、ちゃんとした音で楽しめちゃうんです。


多少の向きの調整は必要ですが、シビアに設定する必要はありません。

ダッシュポン置き設置なら、雰囲気重視で大丈夫です。

つまり、「なんとなく真ん中向き」もしくは「なんとなくリスナー向き」


あとは、DSPの位相調整でキチンと追い込めばOK。

自分の方を向いていようが、他所を向いていようが

どうせウーファーとの位相はズレてます。


DSP必須のカーオーディオにおいて、

僕的には、「向き」よりも「位置」が大事だと考えます。

最終的に、音場を決定するのはトゥイーターです。


なるべく遠く(奥ね)、なるべく広く。

尚且つ、極力反射の影響が少ない「位置」、その次に「向き」

DSP必須の現代のカーオーディオにおいては、

「繋がり」はぶっちゃけ、なんとでもなっちゃいます ( ̄ー ̄)




他店施工のスズキ・ハスラー、やり直し~の巻っき。

有り難い話ではあるのですが、
業界的にそれってどうなの!?と思います。

や、だから、アレですよ?あれ。

商談してる最中に、お客様によく言われるんです。
「最初からココに来とけば良かったわ」
って。

僕ら的には嬉しいお言葉なんですが・・・(゜-゜)



ハスラーaudio (1)
そんなわけで、このハスラーのオーナー様もそんな一人。

現行サイバーナビ、スピーカー前後交換、デッドニング、チューンナップウーファー・・・。
所謂、フル装備に近いインストールがすでに実施されちょります。

「音が悪くて、いろいろやってみたんですが・・・
  多少改善しても、納得できる音には程遠いんです。
    せっかくの新車が全然楽しくないんです。」

いや、これはマジで困りました(-_-;)
すでに、もう結構な金額を突っ込んじゃってますよね、どう考えても。
新車に乗るのが楽しくないって相当問題です"(-""-)"

金額に見合う(や、見合う程度じゃダメなんですが)音を造るのが
カーオーディオ屋の仕事なんですがねぇ・・・。

何度も繰り返していますが、ホームオーディオとカーオーディオは全く違う世界。
完成しているシステム(基本的な音の保証ができている)を使い、
「組み合わせ」で理想の音を求めるホームオーディオに対し、
未完成のユニットをあらゆる工夫を施し、理想の音に近づけるカーオーディオ。

理想の音は同じでもアプローチは全く違います。
カーオーディオはスタート地点で相当不利なわけですから、
調整・取り付け・技術・経験、あらゆる知識を総動員しなけりゃイカンのです。

そりゃ、ちょっと知識あれば、誰でもスピーカーの交換なんてすぐできます。
自己責任でヤルなら全然かまいません。
むしろ、やってみた方が面白いです。
苦労も判ってもらえるし(^^;

でも。
少なくともプロ(お客様からお金を頂く)なら、付けるだけとか
マジで勘弁してください(T_T)
そんなコトばっかしてるから、「カーオーディオなんて・・」って
思われちゃうんです。



ハスラーaudio (3)
最新サイバーの最上位モデル。
セキュリティ機能や通信機能に特化した高級機なんですが。

あんまりパイオニアの悪口言いたくないんですが・・・・。
これはマジでアカンやつ。
選曲してもフリーズ、地図を開いてもフリーズ、ボタン数回連打でフリーズ。
よく売ろうと思ったな?マジで。

だからと言って、これを今さら変えるとかやっぱ厳しいッス。
それでなくてもいっぱいお金使っちゃってますから(-_-;)

音調整してるだけでも、すぐにフリーズしちゃうツンドラナビなので
オーディオプロセッサーを追加しちゃいましょう( ̄ー ̄)

もうすっかりお馴染みのHELIX・PP82DSPを取り付け。
同時にスピーカーをDS-G20に変更です。



ハスラーaudio (2)
ウーファーはインナーバッフルで強固に取り付け・・・の前に。

ドアをバラしてビックリ!!
デッドニング済みと聞いていましたが・・・・これがデッドニングなのか??
材料はレアルシルトを使っていますが、圧着が一切されてないんですが・・。
サービスホールの大きさに切って、ペタって張り付けるだけ。
あと、適当にアルミテープ貼っとけ的な。

うぅぅぅむ・・・・(ーー;)


デッドニングといえば、なんと!?フロアの制振も施工してありました!!
・・・・・・カード大のレアルシルトを部分的に貼ってあるのは、まぁイイのですが
これまた圧着されていない・・・(-_-;)
しかも、端部の処理をしていないので、ザクザク手が切れます。
手が切れるのは、まぁどうでもイイんですが、そんなデンジャラスな
ところに平気で電源ケーブルとか配線するのは勘弁してくれ~ぃ!



ハスラーaudio (4)
トゥィーターはAピラーに埋込加工でスッキリと取り付け。

画像で見るのと、実際に自分のクルマに施工されたの見るのとでは
イメージが全然違いますよ??
皆さん、一様に喜ばれます(^^♪
加工賃4万円(左右でね)と少々コストがかかりますが、
満足度の非常に高い加工です。



結果的に、前回のオーディオ作業と同じぐらいの費用になっちゃいました(-_-;)

ですが。
オーナー様の喜びようは、桁違い。
試聴した瞬間、大声で笑いだしちゃうほど。
「なんやこれ!?別物すぎて笑いが止まらん!」
「あかん、ニヤけてまう」

すぐさま、次のバージョンアップの御依頼を頂きました(^^♪

高価な買い物です、カーオーディオって。
でも、必ず満足させます。

否、満足するまで付き合わせてもらいます。


ハスラーのCMって、わりと若い人置いてけぼりっすよね?

Dr,スランプとか知ってるのかしら???
ねぇ?(誰に聞いてる)

そんな、全力で増産ちゅのスズキ・ハスラーさん!!
s-IMG_0166.jpg
オレンジとホワイトの2トーンカラー!
こいっぁ鮮やかでエエですなッ!!

余談ですが、ハスラーのCMって最初はイラストじゃないですか?
その後実写に替わるんですが、後ろの雲がちゃんと恐竜の形してるって気づいてました??

いや、ほんとにどうでもいいんですが。



s-IMG_0169_201410262116336aa.jpg
ヘッドユニットは、サウンドナビ・Z80Premiであります~。
ホントにたまたまディスプレイ品がありまして(^^;

そうなんです。
ちょくちょく来店していただいてる方はご存知かもですが
中古品だったりディスプレイ品だったりがあったりします。

それってつまり。
来ないと「損」です( ̄ー ̄)



s-IMG_0168_20141026211631bc3.jpg
ホームオーディオではELACのスピーカーで楽しんでおられるオーナー様が
カーで選んだのは、FOCAL・165W-rc。
豊かな低域に、よく伸びる高域。
所謂ドンシャリに近いんですが、絶妙に下品にならないのがミソ。
ユニットの繋がりも良く、ジャンルを選ばず楽しめますね~。



s-IMG_0167.jpg
ドアアウターでガッチリとインストール。

純正然とするのにも程があるっ!!
ってぐらい、あまりにも純正風です(^^♪

突出もほとんどなく見た目スッキリで、ナイスサウンドが楽しめる。
ハスラーのこのアウターは、ズバリ、アリでしょう!!

遊べる軽!!ハスラー!!デ ビュー!!

スズーキ。
判る人は、CMと同じように読んでください。
できれば声にだして。
周囲に人がいないのを確認してからにしたほうがイイとは思いますが。

s-IMG_9823.jpg
外装のドレスアップ計画も着々と進んでいる、白黒ハスラーさん。

ドレスアップ上級者さんのクルマなので、これからが非常に楽しみな一台でっす!!
今回は、ナニは無くともオーディオ取り付け。



s-IMG_9821.jpg
またしても、サウンドナビ・80Premi(^^;

デカイ画面もイイですが、結局辿り着くのはサウンドなんですよねぇ・・・。
そうです。
イイ音は心を豊かにしてくれるのです(^^♪



s-IMG_9822.jpg
フロントスピーカーは、DIATONE・DS-G20を選択。

低域の伸びは少し物足りないかもですが、全体としては非常にまとまっておりまする。
安心して使える優秀なスピーカーですね~。

画像にはありませんが、ウーファーはドアインナーで取り付けし、
トゥィーターはAピラーに埋め込み加工です。

ハスラーの内装のイメージを極力損なわないように、
きわめてシンプルな取り付けを施しています。

同時にユピテルの最新鋭レーダー探知機・Z250も取り付け。
ハスラーのフロントガラスは、上下方向にあまり余裕がありませんので
ダッシュボード上には極力モノを置きたくありませぬ。

メーターパネル部に、ステーを加工して絶妙に設置しています。
ダッシュの見切りもクリアし、ドライバーからの視認性も確保。
我ながら、イイ取り付けができました( ̄ー ̄)



s-IMG_9824.jpg
当然ながら、バックカメラも取り付けてあります。

ハスラーのナンバープレートは、バンパー下部なので
見切れは少々悪いですが、絶妙なガイド線の設定で安心して駐車できます。

埋め込んでいるかのような取り付けなので、スッキリとして美しい外観に仕上がります。


久しぶりにオーディオに復帰されたD様。
最新の技術はいかがですか??
テクノロジーの「真価」は、「進化」と共に使う側の成長がなければ発揮できません。
どれだけ進歩しようとも、結局使いこなせなければただのガラクタなのです。

日々、研究を重ね我々も常に進化を続けなければ!!
なのです。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10