よく考えてみたら、僕の理想ってこのクルマ!盲点だった!

いや~。

何台も作業させてもらっていたのに、なんで気づかなかったんだろう・・・。

小さくて!
  YES!
速くて!
  YES!
マニュアルで!
  YES!
3ドアハッチバックで!
  YES!YES!

こんな身近に、ここまで理想に近いクルマがあったなんて・・・。
いや、マジで盲点でした!
これぞまさに青天の霹靂。
平年の軋轢。
青年の性癖。




595 audio (1)
そのクルマは!

ABARTH 595
なかでも、このマジで走ってます!感が溢れる、この一台!!
低すぎない車高にフェンダーいっぱいまで張り出したオフセット。
そして、コーナリング時のロールで干渉して変形したフェンダー。

熱いぜ!マジで!



595 audio (3)
トレッドの爛れたSタイヤ!
伊達じゃない牽引フック!

熱いぜ!マジで!



あ、ちなみに。
ちょっと後ろに写り込んでる赤いパジェロもレア度ではひけを取りません。
よく見るとわかる、クーペボディーのパジェロ、しかも赤。
くっそマニヤな2台の競演。



595 audio (5)
そうなんです。

今まで気づかなかったのは、595でもAT車ばっかりだったんですよね。

さくさく決まるシフトフィーリングに、図太い低速トルクで
クルマをぐいぐい加速させてくれます!

そして、さらに5速MTってのがイイですやね!
古い人間なので、やはり伝統の5速MTが嬉しいのです~。



595 audio (4)
あ、そうそう。
今回の作業は、ナビの交換。

そう、交換。

実はこのクルマ。
オーナー様自ら、ナビもスピーカーも自分で交換済み。

ちょっとマテ。
国産ならともかく、ややこしめのイタ車とか自分で作業します??
ステリモのエミュレートもバッチリこなし済みのあたり、
オーナー様のスキルが垣間見えちゃいました!

んで。
交換したナビはレギュラーサイバー。
CZ900からCZ902への交換。

見た目同じサイバーですが、CZ900とCZ901以降は
全くの別物、雲泥の差とはまさにこのコト。

オーナー様もにわかに信じてはもらえませんでしたが、
交換と同時にスピーカーケーブルを配線し直して
フロントスピーカーをマルチ駆動にし、調整をし直すという
条件でOKしていただけました。


当然マルチ化の恩恵は絶大で、音質も大幅に向上。
でも、もっとイイのはやっぱりナビそのもののレベルの違い。

起動は早い、レスポンスはイイ、フリーズしにくい、などなど。
それに加えて音までグツと良くなるってんですから
まさに鬼に金棒。修ちゃんにアメリカンドッグです!



こんなの・・・はじめて・・・

個人的に、言われてみたいワード・2018の上位にランクインする、

  「こんなの・・・はじめて・・・」

そうね。
できれば、「初めて」ではなく「はじめて」でイキたいもんですね。



s-IMG_4251.jpg
アルファロメオ ・ アルファ156 GTA スポーツワゴン。

GTAのラインナップにスポーツワゴンがあるのは知ってましたが、
現物を見たのは初めてかもしれません。

それにしても・・・。
GTA・・・・・
嗚呼・・・なんて官能的な響きざましょ。

GTSでもなく、GTRでもなく、勿論GTOでもなく、
G T A 。

GTAの「A」は軽いの意味なんですが、
ボンネットの中には3.2LV6エンジンが横置き(!!)に
ででーーーん!と載っかっていますΣ(゚Д゚)
どう考えても、くっそフロントヘビー且つ重量増なんですが、
パワーウェイトレシオで逆転するという、これぞまさにイタリヤ人的発想(´_ゝ`)

さすが、世界一の適当民族(褒めてます)

あと、またしても「個人的」と前置きしておきますが、
156はやっぱりこの「前期顔」がエエですなぁ(´-`*)



s-IMG_4252_2018100716181212d.jpg
今回の作業は、クマのぬいぐるみのインストール(ひっかけただけ)

ではなく。
サイバーナビ・CZ902の取り付けでした!

156乗りの方は勿論ご存知でしょうが、
通常では2DINナビの取り付けは不可能なのです。

  「は?付いてるやん、2DINナビ」

ええ、そうですとも、そうですとも。
極々当たり前に、普っ通~に2DINナビが付いてます。

そう思ってもらえたのなら、僕らの完全勝利。
7日間と言わず、7年間でも勝ち続けます( `ー´)ノ

画像でいう2DINナビの位置は、実は1DIN異形ヘッド+その上に3連メーターという
2DINナビの設置スペースが無い系なんです。

純正オーディオを撤去するのは全く問題ありませんので
サクツと取り外し、残るは3連メーター・・・。



s-IMG_4253.jpg
純正の灰皿部を加工して、メーターを埋め込み移設。

・・・・・・。

って、2連!?(´゚д゚`)
そうです、マッシュがいません(難しすぎる)

この3連メーターの真ん中(マッシュね)は、アナログ時計なんです。
他の2つと比べるまでもなく重要度が違いすぎます。
今回は、マッシュには退場してもらって、スッキリと2連メーター化しましょ。

ドライバー側にスラントさせて、ギリギリ視認性も確保してあります。


まるで純正オプションで用意してあるかのような、
質感高い美しい仕上がりになりました( ̄ー ̄)



アルファロメオ ・ ジュリエッタにオーディオインストール。


アルファロメオといえば、やっぱり真紅でしょう。
大昔のアルファの赤は、オレンジになっちゃってますが(-_-;)
というか、サビがひでぇ・・・。


s-IMG_2830.jpg

アルファロメオ ジュリエッタ・クァドリフォリオベルデ
いいエンジンなんですが・・・・MTが無くなった・・・残念すぎる。

今や日本で買えるアルファロメオには、MTが無いんですよね。
TCTの出来がどうのこうのじゃなくて、アルファロメオはMTで乗りたいにゃー。


さて。
落ち込んでばかりもいられないので、オーディオの話。

鮮やかすぎる真紅のボディ、ジュリエッタ・クアドリフォリオベルデ。
後期型に変わり2DINナビが標準装備になりました。
クッソ高い取り付けキットを買わなくて済むのはありがてーコトですね。



s-IMG_2833.jpg
お子様の為に、どうしてもBD再生できる環境が必要です。

見た目は、まぁ、その、ね?アレですが(アレってゆーな)、
ほとんどのクルマに取り付け可能なパナソニックの9ワイドナビ。

勿論、パナソニックなので音の方はもれなく「アレ」なんですが、
各種条件を考慮すると、これしかありませぬ(-_-;)

どう考えてもオーディオプロセッサーが必須なのでありますよ!!



s-IMG_2834.jpg
フロントスピーカーは、モレル・ハイブリッド602。

アルファロメオのドアは、いつも失敗しらずのいいドアなんです。
ジュリエッタも例外ではなく、しっかりとイイ響きっぷりです。

ただ、ドアハーネスのカップリングがボディ側ではなくドア側なので
ドアへの入線は非常に厳しい(-_-;)

ドアパネルの脱着やフェンダーの脱着は、絶対にしたくないし
板金に穴を開けるのもなんだかなぁ・・・です。
ケーブルは大事なユニットの一部なんですが、
そこまでのリスクを背負ってまで交換するモノじゃありません。
純正返しでの配線でも、余裕でイイ音にできますし。

この辺は、オーディオシステムとのバランスだと思います。
超ハードなハイエンドシステムでコンペに参戦して優勝狙うのなら
したほうがエエんでしょうけど( ̄▽ ̄)



s-IMG_2832.jpg
今回はお子様の為にも重点が置かれてるので、
9ワイドのHDMIモニターを2台取り付け。

ヘッドレスト直後方へ特別なステーでガッチリと固定されちょります( ̄ー ̄)
パナナビはHDMI出力も備えてるので、
リアシートでも滲みのない鮮やかな画面で楽しめます。

しかも、リアスピーカーも贅沢にモレル・ヴィルタス602に換装しています。

通常、当店ではリアスピーカーの交換はほとんどしませんし、
勿論リアドアのデッドニングもほとんど行いません。
リアドアデッドニングなんてしなくてもイイ音にするのになんの問題もありませぬ。

うちのデモカーたちも一切やってませんしね( ̄ー ̄)


DIRECTORのプリセット変更を利用して、
一人でドップリと音楽に浸りたい仕様や、
家族みんなで楽しみたい仕様など、
シチュエーションに応じた、様々な音の出し方が可能です。

様々な引き出しを備えたAV KANSAIに、是非ご相談ください(^^♪



宇宙を漂う、危険なゴミといえば。

デブり。
いや、プラネテス好きでした、ええ。

じゃなくて。
紅の豚とか。


ジブリ。
いや、ナウシカとラピュタと豚以外見たことないです、ええ。


s-IMG_1816.jpg
そんなわけで、今回のクルマはマセラティ・ギブリでっす!!

初めての作業だったのですが、明らかに新世代マセラティに進化してますね。
今までの感覚で作業すると、割と痛い目に遭う系でした(^^;

それにしても、強烈な個性を絶妙に隠し込んだ
ホントに美しい4ドアですよね~。



s-IMG_1819.jpg
ナニが感心したって、ナビがアルパインじゃないッ!?
しかも、タッチパネルだとぉぅっ!?

ん~、進化しちょりますねぇ。

まぁ、相変わらずデッキ交換を拒否するっぷりではありますが(-_-;)
でも、エエのです!
今はオーディオプロセッサーという、超強力な武器があるのであります!

高度な調整機能と強力なアンプを内蔵したモデルや
信号の剛性が可能な多機能なモノまで、
いろんな種類のプロセッサーが販売されています。
機種により様々な特徴があり、やはり一長一短ありますので
その辺の詳しい話はご相談ください( ̄ー ̄)



s-IMG_1817.jpg
スピーカーはDIATONE・DS-G20を取り付け。

インナーバッフルでの設置なんですが、純正位置のままですと
スピーカーグリルと全然位置が合いませぬ(-_-;)

今回は、オーナー様が自らグリルを製作(!!)されるので
位置合わせし易いように、ちょっと変わったバッフルを作りました(^^♪

画像では、開口部とスピーカーが一致していますが、
普通に作ると半分ぐらいしか合わなかったりします(-_-;)
これっていかにメーカーがオーディオをおざなりにしてるかって証拠ですよね・・・。

残念だけど、これ現実なのよね。



s-IMG_1821.jpg
リアトレイに、キッカーの薄型サブウーファー・CWRT8を取り付け。

純正オプションで用意されているであろう場所に、スッポリと取り付けできます(^^♪
フリーエアでのドライブになりますので、ガンガン鳴らしたい向きには
全くオススメできませんが(^^;
そっと低域をフォローする感じであれば、十分楽しめます。



s-IMG_1820.jpg

Aピラーにトゥィーターを埋め込み加工。
ほぼ純正同等の特殊な生地で巻き直してありますので
違和感は皆無な仕上げ。
手触りを含めて、まさに純正レベルの質感です。


所謂高級車であっても、オーディオはサッパリというクルマがほとんど(-_-;)
いくら純正が頑張っても、社外品オーディオには到底及びません。
やはり、オーディオもオーダーメイドで仕上げたいですね~。

鷲のマークと言えば「大正製薬」ですが、

サソリのマークといえば「ABARTH」か、もしくは「ジパング」ですね。

僕が小学生のころだから、今から10年ぐらい前のコト。
当時住んでた家の近所に、今で言うところのイケメンのお兄さんが
アウトビアンキA112アバルトに乗ってたんです。

僕のアバルトの思い出の原点ですね~。
超かっこよかったなぁ・・・。



お兄さんではなく、アウトビアンキがですよ?



s-IMG_1629.jpg
時は流れ!!
現代に再び舞い降りた、アバルト。

サソリなのに舞い降りたとは、コレ如何に??


アバルト595Cツーリズモにオーディオインストールです(^^♪



s-IMG_1628.jpg
ヘッドユニットは既に装着済みの楽ナビを利用し、
オーディオプロセッサー・HELIX DSPを取り付け。

圧倒的な調整能力を誇る、このプロセッサーで徹底的に調律するのです!
まさか、楽ナビでこの音が出せるとは誰も思うまいて、キシシ。

それにしても、アバルトのコクピットはカッコエエですね!!



s-IMG_1626.jpg
スピーカーは、懐かしのマッキントッシュ(!?)

さすがにちょいとくたびれ気味だったので、取り付け前には
一抹の不安がよぎったのも事実(^^;

実際、音出してみたらそんなに問題はありませんでした!
高級機はちゃんとしてるのね~。
というか、保管状態がよかったんでしょうね( ̄ー ̄)



s-IMG_1627.jpg
トゥィーターはAピラーに埋込加工しました。

ダイアフラムがヘコんでますが、まぁしょうがないっす。
さほど音にぁ影響ありませぬ。

FOCALのユートピアBeなんて、ダイアフラム砕け散ってても
気付かないぐらい普通に音でますしね( ̄ー ̄)



s-IMG_1624.jpg
ラゲッジには、これまたマッキントッシュの6ch(!)アンプを取り付け。
完全に隠し込むインストールなので見えませんが、サブウーファーも取り付けてあります。

純正と同じ高さで仕上げてあるので、使い勝手は全く変わりません。
見た目的にも、どう見ても純正にしか見えません(^^♪



s-IMG_1625.jpg
アンプラックとウーファーボックス以外の空いたスペースを利用して
ちょっとした小物入れを作成してあります。

洗車道具や、車載工具等ちょっとしたものを入れておくのにピッタリです(*'▽')
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10