走ってるのなんて見たことないけど

うちではちょくちょく見かけます( ̄ー ̄)


エボーラ (1)
ロータス・エヴォーラS


昔から、ロータスさんってばトヨタの部品をちょくちょく使ってます。
古くはロータス・エスプリのテールランプがAE86・レビンのだったり。

このエヴォーラはエンジンがまさに「ソレ」

トヨタの3.5LV6の2GR。
ブレイドのマスターGとかに積んでましたねっと(*'▽')
それにしてもマスターGってとんでもなく弩下ネタな名前・・・(バカ)

んで、そのエンジンにスーパーチャージャー載っけて
350PSもの出力を達成しちょります。

スタイリングは、どう見てもスーパーカー風なんで
エンジンかけたら「バボォーォォォォォォォォ!!」って爆音を想像しますが
実際は「マジか!?」ってぐらい拍子抜けするほど静か(;´Д`)

さすが、英国紳士(関係ない)

というか、なにが英国紳士だってぇんでい。
だいたい世界中の紛争のほとんどはイギリスが原因だよね。



エボーラ (4)
さくっとイギリス嫌いをアピールしましたが、
クルマに罪はありません。

むしろ、比較的小さなボディに350PSとか無茶してる
そんなロータスが僕はスキ。

しかも、静かなのでちゃんとしたオーディオが楽しめちゃいます!!
今回は、いろいろあって(ホントにいろいろあった・・・)オーナーK様の
手持ちユニットをいろいろと(ホントにいろいろ・・・)載せ換え(´・ω・)

ヘッドユニットはDIATONE・80プレミ。
スピーカーはFOCAL・165W-RC。

普通に2DIヘッドNの取り付けが可能なのは嬉しい限り(´▽`*)
ドアも純正でスピーカーグリルみたいなデザインですし、
ダッシュ両端にはトゥィーターもマウントされてます。
しかも、グレードによってはサブウーファー装備してあったりします。



エボーラ (2)
これが、そのドアの画像。

グリル越しに165W-RCのウーファーが見えると思いますが、
実はこれがグリルも無加工純正のまま( ̄▽ ̄)

音抜けも良くてイイ音しそう!!


・・・・・・・・。


・・・・・。



・・・抜けは全く問題ないんですが・・・・・・・。



エボーラ (3)
問題はこの「くっそ分厚いドア」(;一_一)

そうなんです。
インナーバッフルに問題があるんです。
グリルにギリギリまでユニットを寄せたいところですが、
それを優先すると、インナーバッフルがどうしても筒状に
なってしまいます。

スピーカーユニットの「後ろ」の空気の流れは、
前の流れよりも重要なのです。
後ろがスムーズに動かなければ、まともな音にはなりませぬ。

テーパー形状に加工して、多少改善させるコトは勿論有効なのですが
これだけ分厚いと全く効果なし(T_T)
かといって、ドア板金に近づければ今度は「前の空気」が大きく乱れます。

エヴォーラの音を決めるのはまさに、このインナーバッフルの出来に
かかっていると言っても華厳の滝ではナイアガラの滝。

勿論、当店では解決済み( ̄ー ̄)


エヴォーラのオーディオ、おまかせあれ!!



エボーラ (5)
トゥィーターはAピラーに埋め込み加工。

普通のま~るいトゥィーターなら、純正位置に取り付けるコトもできますが・・・。
左はともかく、右の向きがくっそ悪い(´・ω・)

ガッツリ、
メーターナセルに向いてます(笑)いや笑えない。
ホントに笑えないくらい向いてます。

この完成画像では、非常に質感高く美しい仕上がりですが
生地が微妙に合わないのです(´・ω・`)

質感は一般的な天井生地ですが、なんて色を採用しやがる・・・。
と、ついついボヤイてしまうような絶妙な色加減。

いくら探しても見つからなかったので、今回は
生地質感合わせではなく、色目と手触りを重視しました。
極上のエクセーヌをふんわりとスポンジと共に貼り込み
何時間でも触っていられる、極上のAピラーに仕上げました(´▽`*)


純正を遥かに上回る質感になり、生地目が合わないのを
逆手に取り、チャラどころかプラスに!

なんて素晴らしいことでしょう(誰?)



これまた滅多に見かけませんが、オーディオ施工してるとなると・・・

そりゃぁ、ねぇ。

ロータス・エヴォーラに乗っている。
それだけで相当なコトなんですが、さらにカスタムする!?
しかも、オーディオですよ。

恐ろしいほどの拘りのオーナー様であります!!

s-IMG_0437_20150207232741615.jpg
ルーフの位置、低ッ!?

となりのレヴォーグがオデッセイのようだ・・・。



s-IMG_0438.jpg
今までも順調にヴァージョンアップをしてきましたが、
ついに禁断の果実、パワーアンプに手を出すことに!!

サウンドナビのオーナー様にとって、パワーアンプ導入の決断は
結構勇気がいるものです(^^;
内蔵アンプの出来が素晴らしいので、外部アンプの質には相応のレベルが
当然ながら要求されます。

そんな中、今回選んだアンプはイタリアの新鋭・シンフォニのプレスト2chを二台。
このアンプ、その超小型の外見からは到底想像できない、
鮮烈な音を聴かせてくれます。

こんなスポーツカーや、スペースが限られているクルマの強い味方。
そのアンプを左右それぞれ1台づつ使って、音離れ、セパレーションを
格段に向上する作戦です(^^♪



s-IMG_0439_20150207232740fa2.jpg
今まで頑なに拒んできたピラー加工も、ついに(^^;

絶対位置は勿論ですが、ダッシュボードとの干渉も避けられます。
無駄な反射や反響を抑えて、更なる高音質が狙えます。

生地も純正相当のストレッチスエードを採用し
質感も抜群であります。

上の2枚の画像を見ていただければわかりますが、視界もほとんど遮りません。
これなら、音質と質感、デザインとの共存が可能です。

「なに」を優先するかは、オーナー様次第です。
クルマの使い方でも勿論変わります。

心配なコトはお気軽にお問い合わせください。
納得いくまでご説明いたしますので。


それこそ、「もうわかった、いやマジで許して」って泣きがはいるぐらいに( ̄ー ̄)

ロータスといえば、「サーキットの狼」世代なのです。

ほかには、ジェミニやピアッツァの「ハンドリング・バイ・ロータス」とか。
国内ラリーで活躍してた時代のジェミニはかっこよかたなぁ・・・。

s-IMG_9365.jpg
さて。
ロータス・エヴォーラにオーディオインストール、やっちゃいました!!

それにしても、目を引くデザインですね(^^♪



s-IMG_9368.jpg
デッキは、以前に取り付け済みのサウンドナビ。

今回の作業は、スピーカーの交換であります!!
ダッシュ端にワンオフでトゥィーターマウントを作成し165W-RCをインストール。

純正然としたデザインで、極力違和感を排除しました。
角度はリスナー向けになるように設定してあります。



s-IMG_9366.jpg
ウーファーは、ドアインナーでの取り付けですが、純正のドア構造が
わりとアウター的な感じなので、全然これでOKですね(^^)

サービスホールもちょことしかありませんし。
密閉度は十分確保できますし、純正グリルの音ヌケも問題なしです。



s-IMG_9369.jpg
運転席後ろ側のリアシートサイドに純正サブウーハーが設置されています。

今回は、この純正ウーハーをキッカーの薄型8インチに変更です!!
ボックス容量というよりも、空気効率が極端に悪いハコなので、
ちょこっと細工を施してあります(^^♪

それにしても・・・純正パーツのかみ合わせによる「ビビリ」がひどかった・・・。



こんな珍しいクルマでも、キチンとオーディオを組めるのです。
なんなりとご相談ください( ̄ー ̄)
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10