知ってる人は知ってるけど、知らない人にはどうでもいい。

そんな、知ってるからってなんなん??業界を代表する小ネタの一つに

  「AV KANSAIって、実は・・・・
    有限会社アクアって会社なんだよ。
     知ってた?」


・・・・・・。

・・・。

ホントにどうでもよかったにも程がある。



あ、それと、これもどうでもイイんですけど
フォルクスワーゲンの記事に拍手が集中してるんですけど(´ω`*)
誰か心当たりありますよね??? |д゚)



s-IMG_4182.jpg
そんなわけで、トヨタ ・ アクア。

というか、この流れでアクア以外のクルマを紹介する勇気は
今の僕にはまだ、無い(゚∀゚)


そんな勇気の欠片も持ち合わせていない、修ちゃんが贈る
今日のクルマは、トヨタ ・ アクア(さっきも言った)

遠方来店率高めの、滋賀県からお越しくださいました(´▽`*)
遠路はるばる、おおきに(´-`*)です。


最終型とも言われている、このアクアに
オーディオインストールしちゃいましょう!!



s-IMG_4185_2018100120245210e.jpg
ヘッドユニットは、当店では当然の選択、サイバーナビのレギュラーモデル。
AVIC-CL902。
所謂、サイバーナビの8インチモデルってヤツです(´・ω・)

8インチ・・・
嗚呼・・・LOW-GUNS!にとっては
官能的とも言える響きです。


!?
「特攻の拓」風なツッコミですが、
実は後期型のアクアには8インチ用の取り付けキットってものが
存在しなかったりします。

前期、中期はデッキ部とエアコン操作部が別体のパネルだったんですが、
このモデルだけ一体成型に変更されています。
同時にエアコン操作部自体の形状も変わっちゃってます(>_<)

純正オプションで9インチナビが選べますので、
今回はそのキットを流用して、8インチナビを取り付けました。

抜群にも程があるコストパフォーマンスの高さを誇るレギュラーサイバーは、
どう考えてもオススメの逸品なのであります(゚Д゚)ノ



s-IMG_4183_201810012024496fe.jpg
スピーカーは、これまた知ってる人は知ってる系の
ARC AudioのBLACK6&1 (・´з`・)

グリル別売りなのをいつもいつも、うっかり忘れて
慌てて追加注文することでも有名なユニットです。

実際に試聴できる店舗が少ないのも問題だと思いますが、
ウーファーユニットのサイズが最大の問題。

なんせ、デカイ。

言い方を変えると、

  「やだ、おっきぃ・・・」

と、思わず赤面しちゃうぐらいの大きさ。


基本、アウターバッフルでの施工になると思いますが、
その覚悟をもってして挑む価値のあるスピーカーだと断言できます(`・ω・´)



s-IMG_4186.jpg
純正と同形状のリングバッフルを作成して、
美しくすっきりとインストールしています。

ピアノブラックがいいアクセントになっちょりますね~。
質感高く、純正然としながらも他とは違う満足感。

早口言葉でも有名なのがありますよね。

  「隣のアクアは、純正スピーカーのアクアだ」

ところが、どうでぃ!!
俺のアクアは、抜群にかっこいいスピーカーのアクアだ!

あかん、ニヤニヤがとまりません(´艸`*)



s-IMG_4184_201810012024514ce.jpg
ちょっと大き目のトゥイーターの存在感もイイ感じじゃないですか!

基本、インストールってのは「薄く・小さく」ってのが基本なんですが
や、他所はしらねぇですぜ?
うちの方針は、ってコトです。

ピラー加工に関しては、常に目に入る部分なので
スッキリとしているのは当たり前なんですが、
加えて、カッコよさってのも重要になってくるのです。

カッコいいユニットが目に入るだけでも、
ワクワク感とニヤニヤ感の留まるところを知りません。

さりげなさの中の存在感。
言うなれば、
膨大な数のドムの大群の中の、一体だけのリックドム。
みたいな。









例え、ミスってます??








アクアって車名だけで買っちゃったラブライバーいましたねぇ・・

漢らしいといえば漢らしいんですが、人間としてはダメな分類ですよね、多分。
ただ、完全なる自由を手に入れた感は半端じゃないですけれども。



s-IMG_3616.jpg
最終型だと言われている、新型アクア。

弩新車からのオーディオインストールであります( ̄ー ̄)

眼元がキリリと切れ長になっております。
さすがに最終型だけあって、かなり洗練されて来てますね~。



s-IMG_3563.jpg
コンソール前部の小物入れを加工して、DIRECTORをインストール。

視認性には優れていますが、ちょっと位置が低いので操作性はイマイチ(゜-゜)
しかも、飲み物を置いちゃうと、見えなくなるっていうね・・・。

なんかダメダメですやん!?
と、思うでしょ??
そう思うのもしょうがないんですが、アクアのオーナーさんなら
この位置しかない!!って絶賛してくれます、きっと。

ホントに設置場所が無いんです、アクアってば。
DIRECTORパネルをあえて左にオフセットして、右側をすこしだけ空けてあります。
ここをスマートキー置き場として使えれば、というなんとも親切な思いやり( ̄ー ̄)

さすが僕ですね!!!




s-IMG_3619.jpg
DIRECTORが設置されているということは、それ即ち!
HELIX系のオーディオプロセッサーが取り付けられているっていうこと。

実はこのアクアには、ハイエンドプロセッサーのDSP-PROがインストールされており
ARCの限定4chアンプ2台で、3WAY+サブウーファーのフルマルチシステム。

そうなんです。
ガッツリ、ハイレゾ対応のハイエンドシステムっだったりします( ̄ー ̄)


Aピラーには、スコーカー モレル・CDM600をスッキリと質感高く埋込加工。
純正然としたメッシュ生地で巻き替えてありますので
見た目も極上のデキなのです。

ドア上部サイドミラー裏付近に、ワンオフのマウントを新設して
トゥィーター モレル・MT230を取り付け。

違和感なく、理想の3WAYシステムを実現しています(^^♪



s-IMG_3707.jpg
ドアアウターで、ウーファー モレル・HYBRID6MWをガッチリと取り付け。
保護グリルの周囲をフロアマットと同色のライムグリーンで彩りを添え、
大人の遊び心も刺激しちゃいます。

純正然としたデザインでありながらも、この他とは違うカスタム感。
抜群の仕上がりじゃぁないですか!?



s-IMG_3708.jpg
ラゲッジマットも同素材で作成し、圧倒的な統一感を手に入れています。

同時に、ポン置きのウーファーボックスにも一工夫凝らしました。
カーペット仕上げのボックスのサイドにライムグリーンのラインを追加。
ただの箱が、一気にそれっぽい仕上がりになりました。


クルマをカスタムするのってホントに楽しいんですが、
大事なのは統一感とセンスですよね、やっぱ。

さりげなくも、圧倒的なカスタムの楽しさを堪能できる仕上がりになりました。

大人カスタムの見本ですね~(´▽`)



上から読んでも「アクア」 下から読んでも「アクア」

って、コトに今ナウ気づきました( ̄▽ ̄)
他にあるのかな??こんな名前のクルマ。


s-IMG_2799.jpg
所謂、普通のめっちゃアクアっぽいアクア。

めっちゃ燃費イイんですよね・・・。
いや、まぁ燃費気にするならクルマ乗るなって話なんですけどもね・・・。

僕の以前所有してたAUDI A4(B6)は3.6Km/Lだったもんで・・・(T_T)
しかも当たり前のようにハイオクだしね・・・ちょっとヒドイよね。
今乗ってる、アルファロメオ・ミトQVも6Km/Lぐらい。

アクアとか30kmとか走るんですよね。
まさにミラクルです( ゚Д゚)



s-IMG_2796.jpg
そんなアクアにもオーディオが大必要です、ええ。
ヘビー過ぎるシステムは、「じゃ、なんでアクア買ったの??」って
本末転倒っぷりを発揮されてしまうので、必然的にアウト。

いや、やっちゃイケないってコトではなく、
そのクルマにはそのクルマにとって相応しいシステムってあると思うのです。

そんなわけで、重量増を極力抑えたシステム代表の
サウンドナビ・MZ200PREMIの内蔵アンプシステムであります( ̄ー ̄)


100PREMIからのマイナーチェンジらしからぬ変貌っぷりに、
若干の戸惑いが隠せませんが、進化し続けるその姿勢は天晴であります!



s-IMG_2797.jpg
恐ろしいまでの能率の高さを誇る、モレル・マキシマス602。

56000円と比較的リーズナボーな価格でありながら、
しっかりと造りこまれた各ユニットの仕上がりに、
箱を開けた瞬間から、いやが上にも期待が高まるってもんです。

トゥィーターはAピラーにすっきりと埋め込み加工。
さりげなくも、他とは違う優越感をしっかりと感じられる仕上がりです( ̄ー ̄)



s-IMG_2795.jpg
ウーファーはドアインナーでの取り付け。

アクアの場合、お手軽なアウターバッフルも選択可能ですので、
大型スピーカーの設置の場合でも比較的低コストで実現できます。

ただし、トヨタのハイブリッド全般なんですが、金属がペラい。
もうね、一反木綿よりもペッラペラ。
下手したら、日本橋・「鯛ふじ」の大将のかつらむきより薄いかもしれない。

当然ながら、デッドニングは割とヘビー目にお願いしたいところです(^^;
重量増との兼ね合いもあるので、音に悪影響を及ぼさない程度な
絶妙なさじ加減がモノを言いますね!

最近、ごく一部の界隈ではアクアが熱いそうです。

主に二次元界隈でのお話だそうですが。

ただそのためだけに、クルマをアクアに買い替えそうな人が言ってました。
しかも、水色希望だそうです。
なんだかよくわかりませんが、相当意識は高い模様です( ̄ー ̄)


そんな話題騒然のアクア(違)にオーディオインストールです。

s-IMG_2288.jpg
今も勢いの衰えない、アクア。
そのなかでも特別な存在のG’s

さて。
なまりきった純正サウンドを叩きなおしてあげましょう!!



s-IMG_2289.jpg
ヘッドユニットは、お馴染みのDIATONE・100Premi

抜群のレスポンスと高度な調整機能を持つ傑作機であります(^^♪
当然ながら、フロント2WAYマルチでの利用が大前提。

内蔵アンプでシンプルに攻めるもヨシ!
外部アンプでじっくりと極めるもヨシ!

特に外部アンプ接続時は、恐ろしいまでに化けるのもこのヘッドの特徴です。
や、決して内蔵アンプがダメってわけではなくてですね。
個人的に内蔵アンプ最高傑作は90premiだと思ってるので(^^;



s-IMG_2290.jpg
スピーカーは以前からお使いの、モレル・イレイト6MWを取り付け。

特徴的なメッキリングを活かしたアウターバッフルを作成しましたよ~(*'▽')
見た目のアクセントがとっても効いていて、こいつは春から縁起がいいぜ(真夏です)



s-IMG_2291.jpg
拡大するとこんな感じです( ゚Д゚)

純正メッキリングには全く手を加えずに、隙間を埋めるリングをワンオフしてるのです。
ドンピシャにセンターを出さなくちゃイカンので、ちょいとメンドくせー!ですが。

音も当たり前に大事なんですが、見た目も気にかけよう!!運動展開ちゅ。



s-IMG_2292.jpg
大型トゥィーターのスプリーモ・ピッコロⅡをAピラーに埋込加工。

この工業製品的な意味での美しさは特筆モンであります。
戦闘機のような、一つのコトを突き詰めたモノも美しいですよね。

存在感も所有する喜びも、しかも音質までもすべてを突き詰めた逸品です。

僕なら「カートゥーンヒーローズ」をエンドレスで流しますけど!

「アクア」繋がりでもう一ネタ。

当店は「AV KANSAI」で通っていますが、
実は社名は「アクア」だったりします( ̄ー ̄)


さてさて。
s-IMG_0870.jpg
納車されたその足で駆けつけて頂きました!
アクア・G’sのS様、ありがとうございます!!

非常~~~~~~~~~に中身の濃い~~~~~~打ち合わせに
お付き合いいただけましたコト、ここに感謝いたします(^^♪
気合いの入った一台に仕上がったのではないでしょうか??



s-IMG_0875.jpg
ご夫婦そろって音楽家のオーナー様なので、スピーカーは3WAYが大前提、且つ
ナビ質も操作性も音質も、ナニ一つ犠牲にしたくないという我儘マキシマムなご要望。

・・・・・・萌えてきたぜ!!

ヘッドユニットはDEH-P01、ナビはVH0099。
ベタな組み合わせですが、上記の要望を確実にクリアできます(^^)



s-IMG_0871.jpg
音質面での要望としては、
「聴き易さなんてクソくらえ!!」
「徹底的にリアリティ追求!!」
「自分の弾くピアノの音色を再現したい!!」
なんともハードな3案件ではりませんか。

・・・・・・・・・萌えてきたぜ!!

スピーカーは、パイオニアの誇るハイエンド・1000RSシリーズで全て統一。
個々のユニットの性能は、恐らく世界一だと思いますが
世界一の音では無いってのが面白いトコロ。



s-IMG_0872.jpg
究極のリアリティを追及するので、インストールもそれにふさわしいモノを。

ウーファーは、強固なベースを奢ったワンオフアウターバッフル。
とはいえ、特殊な素材等は使いません。
なんちゃら合板とかで「音がよくなった」とかやってる前に
もっと大事なコトがおろそかになってやしませんかい?( ̄ー ̄)?
と、ちょっとだけ毒づいてみるテスト。

定在波対策でわずかに上向きに設置していますが、
大袈裟な角度付けもしていません。
高リアリティ追求の第一歩は、「基本にとにかく忠実に」じゃないでしょうか?



s-IMG_0873.jpg
トゥィーターをミラー裏付近にワンオフマウントで取り付け。

ステージに高さと幅を与えるにはベストな場所だと考えます。
あえてリスナー向けにせず、厳密にセンターに向けてあります。

それにしても、美しい造形ですね~( ̄ー ̄)



s-IMG_0874_201506022040440cd.jpg
スコーカーはAピラーに埋込加工。

ドアを閉めた時に、トゥィーターと干渉せずに、
尚且つ同位相に近づくように設置しています。

トゥィーターをリスナー向けにしない理由の一つがココにあります。
RSシリーズのスコーカーはご覧のようにコーン型。
ある程度音の広がりがありますので、あまりにリスナー向けだと
サイドウインドーでの反射が非常に厳しくなります。

極力自然な響きにしたいので、フロントガラス・サイドガラスからも
ほぼ同距離離れるような角度付けを行っています。
これに合わせて、トゥィーターの位置も角度も必然的に決まってくるのです( ̄ー ̄)



s-IMG_0867.jpg
実は、このアクアのオーナー様は本格的なカーオーディオは初めてなの・・・ぽっ。

初カーオーディオがあまりにもヘビーなシステムですので、
打ち合わせはそれはそれはもう綿密にも程がある!!ってほど重ねてきました。
他店も同様に検討されておられましたが、最終的に当店に決めて頂きました。

それはきっと、アレですよ、アレ。
僕の人間的な魅力がつたわったんですよ、マジで。

いや、マジで。
ホントですってば。



んで。
せっかくのカーオーディオなので、ヤリたかったコトもヤッちゃおうって!!
ラゲッジにはRS-A99Xが2台、1000RSのサブウーファー。
25リッターの強固なウーファーボックスと、
大型アンプ2台を実に美しくインストールしています。

当然ながら、仕上げはフラット。
アクリルでの加飾も実に豪華であります(^^♪



s-IMG_0869.jpg
アンバーでの間接照明も備えています。

音質には全く影響ない部分なのですが、これはこれで「持つ喜び」度MAXであります。



完全にオーナー様の好みの音質になるまでには、
何度も調整を繰り返さなくてはいけません。

現状エージングが完了するまでは、
比較的大人しめ(それでも結構キツイ)の音にしてありますが
微調整を繰り返すことで納得のできる音を創り上げるコトをお約束します。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10