こんなにも違うものなのよ?

お盆といえば、こぼん。

こぼんと言えば龍角散。

龍角散といえば、牛(ぎゅう)たくさん


なんだかよくわかりませんが、これも普段通りともいえよう。
世間は大体にして明日までが所謂お盆休みという
一大イベントの模様であります。

例年通り、AV KANSAIは通常どおり営業しているわけなんですが。
お盆であっても、普通にお客さんが来てくれるのは
ホントにありがてぇ話でやんす(・´з`・)



さてさて。


s-IMG_3847_20180812195522ff6.jpg
今回のクルマは、ホンダ ・アコードハイブリッド。

僕の知ってるアコードといえば、リトラのヘッドライトでしたが。
それこそ今時の若人にはわかるまい(・∀・)

DEH-P01を使ったフロント3WAYマルチ+サブウーハーの
本格的なオーディオを組んでいただいています。

恐らくですが、当店のお客様では最年長だと思います(*'▽')
それってつまり、オーディオ歴も長いってコト。

家でもクルマでも音楽を心ゆくまで楽しむために、
本格的なシステムを組む。
羨ましくもあり、憧れの生活でもありますね(*'▽')



s-IMG_3850.jpg
純正オーディオの操作パネル下にある灰皿(だったかな?)部に
DEH-P01をフェイス分離加工して取り付けていました。

ホームオーディオの本格的なハイレゾ化に伴い、
こちらも大幅にアップデート敢行であります(゚Д゚)ノ

DEH-P01のフェイスが取り付けられていた部分には、
HELIXのコントローラー・URC3を取り付け。

この空間に、このサイズのコントローラーだけって、なかなかに
シュールな空間ではあります( ̄▽ ̄)




s-IMG_3852.jpg
純正オーディオ、ナビの音声は通常ですと
プロセッサーのAUX入力で利用するのですが、

「そんなんいらん、音楽だけちゃんと聴けたらええねん」  

いょぉぅっ!!漢前!!

そんなわけで、純正オーディオはリアスピーカーに
フロント出力を繋いで、ナビ音声を使えるようにしています(´・ω・)



s-IMG_3851.jpg
メインソースは、ウォークマン。

ZX300を使うんですが・・・・納期が4週間とか言われたので
手持ちのA45をいったん貸し出して対応(;´Д`)
迷惑かけます・・・・とか、いってたら一週間くらいで届きました。

ナニを根拠に4週間・・・・。
まぁ、いいんですけど(ΦωΦ)



s-IMG_3849.jpg
ドアはインナーでの取り付けですが、それ以外は全て埋め込み加工。

ミラー裏にトゥイーター、ピラーにスコーカーという
鉄板のインストールですが、それぞれの位置関係や、
角度にはこだわっています(゚Д゚)ノ


RS-D7XⅢ+RS-P99Xからの変更でも余裕で体感できる
音質向上が見込める、HELIX ・ P-SIX2。

それが、DEH-P01からの変更ともなると、
それこそ驚天動地に阿鼻叫喚、歴史的とか
観測史上初とかそんなレベルで音楽が楽しくなります(´▽`*)


ベンツベンツベンツからの、アコード!!

作業するときに代車が必要な方は、大勢いてはりますが
常連のK様は割と遠方からお越しいただく系ですが、いつも代車なし。

accrod audio (1)
ご覧のように、アコードのルーフに自転車を積んで来て
それに乗って帰っていかれます( ゚Д゚)

まさにガチの体育会系の中の体育会系。
僕とは正反対の爽やかなスポーツマンなのであります(^^♪



accrod audio (2)
もう何度か作業させていただいている、このアコード。

今回は思い切ってスピーカーの変更を敢行しました( ̄ー ̄)
DLSのR6.2から、垂涎のブランド・FOCAL 165W-RCにチェンジ。

インナーバッフルでの施工も可能なんですが、やっぱりここはアウターバッフル化でしょう!!
ご覧のように純正然とした精度高い美しいデザインでの取り付け。

純正はシルバーのリングがアクセントになった、
円形のグリルデザインなんですが、全く違う造形のこのバッフルも
ごく自然にラインに溶け込んでいます(^^♪



accrod audio (3)
ミラー裏にトゥィーターを埋め込み加工。

グリルを装着し、非常にデリケートな振動版をしっかりと保護。
外した方が音はエエんですが、ユートピアのトゥィーターは
グリル付けてた方が安全です(^^;

こちらもスッキリとした取り付けが可能です。



accrod audio (5)
ラゲッジ左サイドには、サブウーファーも取り付け済み。

純正カバー内に完全に隠し込んであるので、
見た目はまんま純正そのもの。
勿論、音ヌケ用の穴を大量に開け、
音質面での配慮も抜かりはありませぬ。



accrod audio (4)
オーディオテクニカ扱いの「Fiio・X3」をメインソースとし
ハイレゾを楽しめるようにHELIXのオーディオプロセッサーを取り付け。
コンソール脇にくっそダサイコントローラがチラッと見えますが
この付け方なら全然気にならないですね~(*'▽')


基本的に、取り付け済み(うちで施工した場合ね)のスピーカー変更は
あまり「したくない」僕ですが、
オーディオを楽しんでいくうちに、超えなきゃならない壁が現れるコトがあります。
当初のシステムとは違う方向に進んじゃう場合は特に。
他には、入門+αクラスのスピーカーでは満足できなくなった場合。

今回の場合は後者に当たるのですが、さすがに165W-RCへの変更は
めちゃくちゃ効果大でしたね~。
あらゆる帯域での表現力、情報量が格段に増しました。
明るく、ドンシャリ直前のこのサウンドをスキな人は多いと思います(^^♪


さ。
今回の作業で取り外した、DLS・R6.2。
いつR1にインストールしましょか???

昨日はお休みだったのです・・・が・・・。

うちの代表と、スタッフのP様と3人で四国に行っておりました~。

四国と一言で言いますが、四国は四国でも愛媛県の東温市。
・・・・一番向うやん・・・。

大体3時間ぐらい??とか思ってましたが・・・甘かった。
キッカリ4時間は、かかります!!


YOUは何しに愛媛へ???

s-IMG_9117.jpg
そうです。

ガンプラの作り方を教わりに!!
大ウソですが。

愛媛を代表するオーディオショップ「サウンドカーペンター」さんに
お邪魔しておりました~(^^♪

仲尾社長、お世話になりました~。
あと、何故か「ガレージショーエイ」の吉岡さんも(^^;
貴重な休日を割いていただき感謝感謝であります!!

来月末に、堺店のクラフトルームが全面的に生まれ変わるのですが、
その視察に行ってきたのです。


・・・・・・。

・・・。

噂には聞いていましたが・・・・失礼を承知で言わせてもらうと・・・。
「変態さん?」
ってぐらい、凝りに凝りまくったクラフトルームでした!!!

工夫されていないポイントを探す方が難しいほどの創意工夫の連続!!
恐ろしいほどに掃除が行き届いているのですが、
そもそも、ゴミもホコリもほとんど出ないようになっているのです。

圧倒的でしたが、いっぱい刺激を受けてきました!!

真似させていただきます!!
特に、首周りの作動油跡のウェザリングとか!!(ガンプラかよ)



s-IMG_9132.jpg
K様のアコードツアラーがバージョンアップしました~。

いつもありがとうございます!



s-IMG_9130.jpg
フロント周りは、DLSのR6Aがすでにインストール済み。

ドアインナーとミラー裏加工でそれぞれ取り付けてあります。



s-IMG_9131.jpg
オーディオプロセッサー・Bitten Dを追加しました(^^)

現状、純正ナビのスピーカー出力を利用していますが、
将来的にデジタルソースの追加も視野に入れてあります。

センターコンソール前部に、簡単なパネルをワンオフして、表示部を取り付け。
プリセットの呼び出しや、ソース切り替え、バランスフェダー、
サブボリュームのみの調節等、いろんな操作が可能です。



s-IMG_9129.jpg
ラゲッジ右サイドの小物入れに、ジャストインでした(>_<)

ラゲッジ中央には、DLSのパワーアンプが2台設置されています。
4chアンプでフロント2wayマルチを鳴らし、
モノアンプでラゲッジ左サイドに設置済みのサブウーファーを鳴らしています。



s-IMG_9127.jpg
カバー(純正ね)をすれば、純正とナニが違うのかわからない感じに(^^♪

左サイド、僅かに色調の異なる部分にサブウーファーを取り付けてあります。



純正ナビがメインソースなのですが、これらの加工でまったく別物の音質になりました。
オーディオプロセッサーは使いこなせれば、本当にイイ武器になります(^^)


純正の操作感はそのままに、大幅な高音質化が可能なこのシステム。

オーディオ交換が困難なクルマや、デザイン上の理由で交換したくない場合、
そもそも嫁にバレたらマズイ場合、などなど。

あらゆるシーンに対応できます!!
なんなりとご相談ください!!

復活の狼煙が上がるか!?アコード

今のアコードは「超アコード」とか言われてますが。
次期アコードは「激アコード」とかなんですかね???

もしかすると「アコー弩」かもですが。


s-IMG_8980.jpg
そんなわけで、新型のアコードにオーディオインストールです(^^♪

それにしても、随分と精悍な面構えになったもんですねぇ・・・。
自分の中でアコードといえば、リトラのアコードだったりしますが(^^;



s-IMG_8982.jpg
まるで埋め込み加工したかのようなトゥィーター取り付け部。

ドンピシャにも程があるほどのドンピシャっぷりを披露してくれた
純正ミラー裏パーツですが。
全くの無加工でこれほど、DLSのトゥィーターが似合うとは・・・。



s-IMG_8981.jpg
ドア全体はこんな感じです(^^)

スピーカーはウェルカムプラン適用のDLS・RS6Nをチョイス。

薄型ウーファーは、取り付けられるクルマが多いですし、
若干の鳴らしにくさはあるものの、やはり音がイイのが決め手ですね~。


s-IMG_8983.jpg
A/C操作部下の灰皿を撤去して、DEH-P01を取り付け。

視認性も良く、操作性も問題ありません。
灰皿部は、丸ごと撤去してあるので100%完全に純正状態に戻せます!!



s-IMG_8984.jpg
ちょいとアップにしてみました(^^)

勿論、常時ガイド音声も利用できますし、AUX利用で純正オーディオも楽しめます。

このアコードもそうなんですが、ホンダのクルマは比較的
純正オーディオの具合がよかったりします。

や、スピーカーの質は相当アレですが(-_-;)


今回のインストールでは、これでもか!!ってぐらい良くなりました。
音にグッと厚みが増し、目の前にパァーーーっと音場がひろがります。

FIT3もそうでしたが、最近のホンダはオーディオベースとしてアリですね!!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10