いつかはクラウン、いつまでもポーター

や、ポーターをバカにしてるわけでは決してありませぬ。
むしろ、スキ!

大昔、郵便局で郵パックの配達をしていたコトがありまして。
その配達区域(豊中市の長興寺ね、高校野球の履正社があるとこ)の
端っこの方にあるマンションに放置してあるポーターに書いてあったんです。

や、これはマジ。
明らかに油性ペン、しかも多分マッキーで書きなぐってあったんですってば。



そんなわけで。
s-IMG_1463.jpg
いつかはクラウン。

どう考えても高速道路では無敵ですよね(^^;
あと、めっちゃ紛らわしいのが、アリオン。

や、何が紛らわしいとかは、ちょっとアレですが。
最近では、レガシィツーリングもいてるとか。
プリウスとかいてたら、高速なんてマジで走れません。

とりあえず、プロボックスとアクア、プリウスだけは勘弁してください、O阪府警さん。



s-IMG_1466.jpg
純正マルチ付車のオーディオって、ちょこっと厄介ですよね~。

満足できるような音質だったら全く問題ないんですが、
これまたなんとも微妙な感じの音ってのが困ったモンであります。

音の出口たるスピーカーは、DLS・RC6.2。
ホントにギリギリですが、なんとかインストール可能です、このクラウン。

めちゃめちゃ良く鳴るウーファーなので、しっかりとした取り付けと対策が
それなりに必要ですが、入ってしまえばコッチのもの!!

しっかりと鳴るウーファーさえ手に入れば、80%は勝ったようなモンです( ̄ー ̄)



s-IMG_1464.jpg
頑なに純正ルックスに拘ってこられたオーナー様ですが・・・。

僕の暑苦しすぎる説得に負けて、ついにピラー加工しちゃいました(^^♪
YN仕様もエエんですが、やっぱ音ならYB仕様ですね!!



s-IMG_1465.jpg
最終的に音質を決定づけるのが、カーオーディオでは必須のプロセッサー。

レクサスに代表されるような、高度な純正オーディオを載せてるクルマは
スピーカー交換不可能だったりします。

や、不可能と言えば語弊がありますが、交換自体は問題ないのですが
交換したところでマトな音になりません、つまり実質的に交換不可能なわけです。

そこで!!
呼ばれてないのにジャジャジャジャーン!
オーディオプロセッサーの登場です!!

純正オーディオにかけられた、しょーもない各種補正を正し
本来あるべき基準となるフルレンジ信号をつくりだせるのです。

勿論、信号の鮮度は確実に落ちます。
が、それでも車内では確実にイイ音に変貌させることができます。

使い方を誤るとドエライことにもなりますが、使いこなすと圧倒的な武器になります。


どうにも納得できねーーーーー!!
な、純正オーディオでガマンする必要なんてありません。

意外と簡単に解決するかもですよ~~。

まだどこもやってないのかな??

210系クラウンアスリート・ハイブリッドにナビゲーションの取り付けです(^^♪

s-IMG_0316.jpg
ってか、低ッ!?

ヤダ、奥さん。
このクラウンってばカッコイイじゃないの!!

外装はバッチリ決まったので、これからは中も充実させていくのです(^^)



s-IMG_0318.jpg
オーディオレスの車両にBIG-Xを付けるのは全く問題ありませんが・・・・。

なんとッ!?
純正マルチ付の車両にサウンドナビをつけちゃいました!!!

ええ。
ひさしぶりに配線加工のオニと化しましたよ( ̄ー ̄)
ヘルニアと坐骨神経痛の痛みに耐えながら、ヤリぬきました!
褒めて!!
僕を褒め称えて!!

純正機能も一切損なわれていませんよ~。



s-IMG_0328.jpg
スピーカーは、DIATONEの最新鋭・DS-G500をインストール。

見た目はG50とあまり変わらないのですが、音はずいぶん良くなっています!!
無加工で交換可能なのもうれしいポイントです(^^♪



s-IMG_0327.jpg
ウーファーは、ドアアウターで強固に取り付け。

インナーでも問題なく設置可能ですが、せっかくのサウンドナビ+G500なので
スーパープランを選択していただきました(^^)

純正然としたデザインながら、確かに他とは違う存在感。
音もさることながら、スタイルアップにも抜群なのであります!!


210系クラウンは、映像と音声の外部入力は不可能なので
純正マルチモニターをサブモニター替わりにはできません(-_-;)

なので、純正デッキのDVDプレイヤーもきちんと使えるようにしてあります。
勿論ご覧のようにDTVもノイズなく綺麗に受信できます。


一見、無茶だったり不可能っぽかったりするコトも
当店なら解決可能かもしれませんよ???

お気軽にご相談ください(^^♪

純正を全く使わないってのも一つの方法かも・・・。

「とにかく、サウンドナビをインストールしたい!!」


魂の叫びにも似た、熱すぎる要望を受けクラウン・マジェスタ、完成しました(^^♪

s-IMG_9612.jpg
このクラスのクルマには、メーカーオプションのナビが装備されているコトがほとんど。

最初は、特に気にならないんです、ええ。
ところが暫くして、ふと、気になり始めるのです。

「なんか・・・音悪いなぁ、このクルマ」

それに気づいてからでは、手遅れなのです。
そう。
この手のクルマは、デッキの交換が難しいのです。
そればかりか、単純にスピーカー交換すらできないコトも多々あります。

よく相談受けるのですが・・・
コスト面や、操作性の面で多少の妥協が必要だったりで
簡単にはイカないのです(-_-;)


そんな面倒な、純正ナビのシガラミを脱ぎ捨てたら、
なんともスッキリと解決しちゃったりします。



s-IMG_9613.jpg
一つの答えが、コレ。

純正デッキは勿論撤去できませんので、各種配線を延長して
グローブボックス内に移設してあります。

空いた2DINスペースに、そのままドーーーンとサウンドナビをインストール!!
そうです。
サウンドナビなら、最高の音質は勿論のこと、
「ラジオ」 「CD・DVD」 「地デジ」 「USB・ipod」「ナビ」
と、あらゆるソースが一体になっています。

純正ナビからの音声等を一切無視することで、
あまり小難しく考えなくても、普通に操作が可能です。

純正モニターには、とりあえず映像出力を接続してあるので
下でナビ画面を見ながら、地デジ・DVDの映像を見ることもできます。
バックカメラは、純正を活かしてありますので進路予測等もそのまま。



s-IMG_9617.jpg
スピーカーは、前後共にDIATONE・DS-G20を取り付け。

リアはドアインナーと純正位置へトゥィーターを取り付け。
フロントはドアインナーとピラー加工でトゥィーターを埋め込み。

スピーカーも交換しちゃえば、純正がマルチだろうがなんだろうが
なんとでもなります。

しかも、オーナー様曰く
「あかん、鳥肌たつほどエエですわ」
ってぐらい、びっくりするほど高音質化できるのです。


純正の音に納得できない「こだわり派」の方、是非ご相談ください。
いろいろな解決方法がありますので、一緒に考えていきましょう。
そして「最良の妥協点」をみつけましょう!!

忘れられない名台詞ランキング!!

ランキングと言いながら、一個だけなんですが。

古~~~~~い軽トラ「ポーター」の荷台に、恐らくオーナー自身の手書きで


「いつかはクラウン、いつまでもポーター」


がんばれとしか言いようがありません。


s-IMG_8949.jpg
ポーターのオーナーさんじゃなくても憧れる、新型クラウン・アスリート。
しかもハイブリッドであります(^^)


どう考えても高級車のカテゴリーに属するクルマなのですが・・・。

「ビックリするくらい音が悪い(オーナー談)」
「ワゴンR純正の方が6億倍マシ(オーナー談)」
「高級車でもオーディオが高級ってわけじゃないコトを教えられました(オーナー談)」

・・・・・・。
・・・。

そこまで言う!?ってぐらいの不評っぷり(^^;



s-IMG_8942.jpg
今回は、ドアインナーでFOCAL・165WRCをインストールしています。

純正オーディオのシステム的に、普通に交換できるグレードもありますが
如何せん純正デッキ+アンプのデキがいまいち・・・いまに・・・。


それらを生まれ変わらせるのが!!
s-IMG_8945.jpg
オーディオプロセッサーのBitone。

センターコンソール内に、簡単なワンオフパネルを作って
コントローラを設置してあります。

ワンタッチで各種プリセットの呼び出しや、サブウーファーのボリューム等が
手元で変更できるので至極便利なのです(^^♪



s-IMG_8940.jpg
Aピラーには、トゥィーターを埋め込み加工。

独特な形状のトゥィーターですが、スッキリとした取り付けを実現しています。
極力質感を損なわないように細心の注意が必要です。



クラウンアスリート ハイブリッドの音が、まったくの別物に生まれ変わりました!!
ボヨボヨの低域、カラカラの中域、チキチキの高域だったのが嘘のようです。

オーナー様にも「これは感動やなぁ・・・」とうれしい言葉をいただきました。


その後、自宅ガレージでオーディオを聴くためだけに
何時間もクルマにこもってしまうそうです(^^;

嬉しいですが、家族的にも健康的にも若干の問題がありそうです(*_*;


純正の質感をほとんど損なうことなく、圧倒的な高音質を手に入れる。
しかも、サラウンドやハンズフリー等の機能もなにひとつ失わずに。

「これでようやく、ホントの高級車になったわ」




それでも、ガマンして純正を使い続けますか??
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10