純正デッキやナビの音があまりにもヘボいなら!

みんな大好き!
オーディオプロセッサーの出番だよ~(´▽`*)

大抵の純正システムの音質は、プロセッサーの取り付けと調律で
「劇的」と言っていいぐらい改善するんです。

再生できる対応フォーマットがMP3までで、
WAVが再生できなかったり、そもそも特定の周波数に
変な音が乗っかっちゃってる純正システムは多いのです(;一_一)

ゴルフ7や、ボルボなんかは結構ヒドイのです・・・。

それでも、僕らは「周波数」を聴いてるわけではなくて
「音楽」を聴いてるのですから、聴いてみてOKになるように
必死こいて調整に励むわけなのです( ̄▽ ̄)


s-IMG_3909.jpg
純正システムはおかしな音が聴こえると言われちゃった、ボルボ V60 R。
言われちゃったというか、言ったのは僕なんですが|д゚)

以前にオーデイオプロセッサーとスピーカーは交換済み(・∀・)

今回の作業は、「純正よ!さらば!!」な、
デジタルデバイスの追加作業であります~。


とは言うものの・・・。
オーナー様の譲れない要望は、選曲が煩わしくなく安全であるコト。
これってつまり、iphoneやウォークマンじゃダメってこと!?

iphoneやウォークマンと言った、所謂「DAP」と呼ばれるデバイスは
基本的に、「手に持って画面を見て操作」する必要があります。

そう。
これは僕的にも懸念材料なんですが、走行中の選曲に
危険が伴う可能性があるのです・・・。

まぁ、純正であったとしてもモニター見て選曲するわけですから
多少なりとも危険が伴うのは同じといえば同じなんですが(^^;


ん~・・・・。
どうするか??



s-IMG_3905.jpg
ピコリーン!!

わりと簡単に解決しちゃいました( ̄ー ̄)

純正モニターにメディアプレイヤーのGUIを割り込ませればイイのでっす!
これで、視線移動を最小限に留めることができます!!

リモコンで選曲が可能なので、ほぼ純正同等のリスクに抑えられました(*´Д`)

メディアプレイヤーならUSBメモリーの大量の楽曲でも
簡単に選曲が可能です。
しかも、動画も再生できちゃいます(ΦωΦ)
や、危険リスクはぐんと上がりますけど。


・・・・・・。

・・・。

というか、しれっと画面割り込みとか言ってますけど。
この型のボルボV60にはAVインターフェイスは発売されていません。

( ̄ー ̄)

出来ちゃうもんなんです、いろいろと。



音楽関係のお仕事をされているオーナー様だけに、音への拘りは人一倍。
プロセッサー導入時は、それはそれで大幅な音質改善に喜んで頂けたのですが
聴きこめば聴きこむほど、気になる部分が現れます(´・ω・)

基本は調整で追い込むのですが、そもそもの純正の「出音」に
変な音が乗っかっちゃってるところは改善が難しいのです。

今回のデジタル化は、純正のネガな部分を完全に一掃してくれました(´▽`*)
オーナー様も思わず

  「なんで、もっと早くデジタル化せんかったんやろ?」
  「どう考えても時間の無駄でしたわ・・・」

と、大喜びの半面、プチへこむという分かりにくい感情に(・´з`・)


や、本当にデジタルデバイス追加は、
ビビるぐらいの劇的な改善が見込めますよ(*´▽`*)

プロセッサーは導入してるけど、デジタルデバイスはまだ。
そう!
そこのあなた!

いや、あなたじゃない。
そうそう、そっちの人(誰やねん)

もっともっと素晴らしい音楽体験が、わりとすぐ目の前に広がってるんですよ~。
導入しないなんて勿体ないのです。

それこそ、もったいないお化けがでるぐらいに(゚∀゚)

最近なんだか、ちょくちょくヤッてます!!

上から読んでもボルボ、下から読んでもボルボ!!(だからなに?)

今回の作業は、ボルボ・V60のオーディオカスタムです~(^^♪


s-IMG_2075.jpg
真っ白なV60・Rデザイン。

最近のドギツく、エグいデザインとは一線を画す
しゅっとした系のナイスなデザインですね~。
嫌味が無くて好感度大なのであります!



s-IMG_2076.jpg
「洗練された北欧デザインのモダニズム」を的なセンターコンソール。

相変わらずカッコエエんですが、オーディオ屋からすると「最低」っすよね(-_-;)
しかも、取説には「WAVファイル」の読み込み可能って明記されてるんですが、
実際はUSB経由ですと「MP3」しか読んでくれませぬ(T_T)
どないやねん!?

で、やっぱりですが「北欧デザインを彷彿とさせるモダニズム」的なパネルは
加工せずにオーディオプロセッサーで音造りをしちゃいまっす!!

ん~~・・・やっぱWAVが読めたらなぁ・・・ですが。



s-IMG_2079.jpg
スピーカーは、素直で鳴らし易いDLS・RMC6.2をチョイス。
それぞれ、純正位置にインストールしてありますので
「なにはなくともYN仕様」な人にもピッタリなのです!!

しかも、アレです。
DLS・RMC6.2はかなりの大型ユニット。
つまり、V60はインナーでの取り付けの自由度が非常に高いってコト。
ドアへのスピーカーケーブル入線は難易度高めですが(-_-;)

RMC6.2のウーファーは低域が非常に豊かな低域を誇るユニットですが
きちんと受け止めてくれる、いいドアですね!


所詮は純正ヘッドユニットでしょ?とか思ってると痛い目に遭いますぜ?
BMWなんかに比べて全然マシな純正サウンドですが、
きっちりと調整を煮込んでやると、全くの別物クオリティになります。

交響楽団で演奏されているオーナー様も、
今回の作業には大満足いただけました( ̄ー ̄)

次は、サブウーファーとデジタル化を是非お願いします~(^^♪
またさらなる高みへと導いちゃいますよ!!

さて・・・ボルボのオーディオにも手を加えてみるとするか。

そうなんですよ(なに?)

あらゆる車種へのインストールを行ってきたAV KANSAIなんですが・・・
現行のV60のオーディオ作業は今回が初めてなのです~( ̄ー ̄)

意外でしょ??意外でしょ??
あまりここには掲載してないんですが、テレビキャンセラーの
取り付けは日常的にやってるんですけれども~(^^;



s-IMG_2010.jpg
納車されたてホヤホヤのVOLVO・V60CCでっす!!

いいね~、この金持ちっぽいボディーカラー( ̄ー ̄)
最新のフェイスリフトを受けたV60は優雅さとタフネスを
兼ね備えた何とも完成度の高いスタイリングですね~(^^♪



s-IMG_2011.jpg
ふむ・・・・。

格式ばって言えば、「北欧デザインを彷彿させるモダンなインテリアは・・・」
これを古谷徹の声(所謂アムロね)で脳内で再生すれば、
そこにはもう、カーグラの世界が広がっているではないですか!?

そんなわけで。
この北欧モダニズム(??)のせいで、オーディオのハードルがぐっと
高くなっているのは間違いない事実ですよね・・・。

かっこいいのは認めますが、エアコン吹き出し口の特等席っぷりは
ちょっとどうかと思います!
デッキの追加、交換を頑なに拒否ってるこのコンソールには
やっぱりオーディオプロセッサーの出番なのであります!!



s-IMG_2012.jpg
スピーカーは、DLS・RC6.2をインナーバッフルで取り付け。
スピーカー取り付け部は樹脂パネルになっていますので、
加工はちょいと面倒ですがー(^^;

ドアそのものの剛性も問題ありません。

・・・・・・。
・・・。

ただ、これはちょっと致命的かもな問題が・・・。

ドアへのスピーカーケーブルの入線の難易度が非常に高いのです。
ドアパネル側がカプラーになっていて、且つ、
配線を通せるような余裕がほぼありません(-_-;)

ドア3WAYで完結できる可能性を秘めた、いいドアなんですが・・・。
これは、ちょっとマジで残念としか・・・。



s-IMG_2013.jpg
ミラー裏純正位置に、RC6.2の28mmトゥィーターを取り付け。

所謂「YN仕様」になっていますが、
純正時のなんとも薄ぼんやりとしたモヤモヤした音から一変。

純正アンプからのスピーカー信号をプロセッサーに入力するのですが
きちんと設定・調整を行えば、まったくぼ別物サウンドに昇華します。

勿論「アナログ→デジタル」の変換を行っていますので、
鮮度という点だけでいえば「産直獲れたて」って訳にはいきません。

が。

「養殖モノ」や「冷凍」であっても調理次第で、
「産直モノ」をも凌駕することは可能なんですよ~( ̄ー ̄)

久しぶりに手こずりました・・・うちじゃない部分で(-_-;)

本日ようやく納車できました、VOLVO V60であります。

s-IMG_8692.jpg
珍しいクルマには事欠かないAV KANSAIですが・・・。
なんと、この世代のボルボは初めての作業だったりします(^^;

初めてのクルマは緊張すると共に、ワクワクもするんですよね~。


バラしてみて感じたんですが、非常によく考えて作られているなぁ、と。
各パーツの剛性も、精度もよくできていると思います。
が、それと同時にコストダウンの影響もそこかしこに。

なんせ、作業してるとやたらめったら怪我をします(-_-;)
そうなんです、金属パーツのバリ取りや、面取りがほとんどされてないのです。

嗚呼・・・血塗られた新世代ボルボ(やめぃ)



s-IMG_8695.jpg
今回の作業は、サイバーナビ・VH0009CSのインストールです(^^♪

何故ここに!?ってぐらいの特等席っぷりのA/C吹き出し口を加工して
インダッシュモニターを埋め込み加工。

インダッシュモニター周辺のシルバーのリングは純正を流用しています。

前回の記事で紹介しましたが、このA/C吹き出し口のところに
ハザードスイッチが鎮座しております(^^;
何故か伝統的にボルボのハザードスイッチは裏がデカく移設先が確保できないので
今回は、A/C操作パネル内のブランクスイッチを加工して移設しました。



s-IMG_8693.jpg
モニターが展開するとこんな感じです。
ほぼ純正モニターは隠れちゃいますね(^^;

しかぁし!!!!

純正ナビから社外ナビに変更すると、その性能の差に圧倒されますぜ!旦那!

対向車線側の施設前を通過しただけで、案内を終了するようなコトもありませぬ。
「右方向です」と言いながら、左側道だぁ~~!!!ってこともありませぬ。

当たり前のコトなんですが、この性能差は圧倒的ではないか!!
と、思わず言葉が漏れるコト間違いありません。



s-IMG_8694.jpg
グローブボックス内に、ナビ本体とクルーズスカウターを設置。

シート下に余裕の無いクルマなので、ここが使えてホントによかった(>_<)


今回の作業はいろいろと勉強になりました。
ボルボの良さも理解できたし、頼りになるのは己のみだと再確認できたし。


とにかく。
車速信号とACCの取り出しに、最後まで悩まされましたが、それもイイ思い出。
ご協力いただいた、柴野さんに感謝(^^)/
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10