大体、タイトルが思いつかない時の常套手段。 A4はえ~よん

常套手段とかいう言う以前に、殺意にも似た波動が芽生える気がする・・・。


まぁ、ここんところ夏日どころか真夏日が続いているので、

一服の清涼剤にでもなれば・・・ね?



なるわけがないけど。




A4 オーディオ (1)

アウディ ・ A4アバント

所謂、A4のワゴンですが、いちいちアバントとか洒落たネーミングが

漢ゴコロをくすぐりやがりませんか??


僕はわりとくすぐられまくる方です。




A4 オーディオ (2)

いろいろあったオーナー様(クルマ関係でね)、心身共に疲労困憊。

そのストレスの捌け口として、選ばれたのがお粗末な純正オーディオ。

まぁ、純正オーディオに関しては、それこそいろいろ・・・いろいろ、ね。


そんなわけで。

純正オーディオの音質を大幅に向上させて、

ストレス解消と参りましょうか!!!



アウディもVWも標準オーディオ車であれば、

普通にスピーカー交換できちゃいます。

ややこしいシステム全盛のこの時勢にあって、わりと良心的で素敵です。


選んだスピーカーは、当店弩定番のDLS ・ RC6.2 (゚д゚)


巨大なウーファーでもちゃんとインナーで飲み込める、素敵なドアです、A4。

そりゃ勿論、アウターの方が音がエエのは間違いないんですが

コスト面じゃぁやっぱり不利になっちゃいます (´・_・`)


それに、ほら。

「初めてのカーオーディオ」でいきなりアウターバッフルとか

多分ちょっとしたヘンタイですよ w(゚o゚)w



まぁ、そんなヘンタイさんが僕はわりと大好きだったりしますが。




そして、ここで我々は目を疑うような光景を目撃することとなるッ!!




A4 オーディオ (4)

近すぎて何の画像か分かりにくいの・・・ ( ノД`)


ダッシュボード両端の純正位置に、RC6.2のトゥイーターを取付。

輸入車オーナーに限らず、なるべく純正のインテリアを損なずに

上質な再生環境を構築したいってのは、もちろん理解できます。

音質と純正感とのバランスの兼ね合いも

カーオーディオにおいては重要な要素なのです ヾ(・∀・)ノ




前述のドアウーファーのインストール時に、衝撃的な現場を目撃していたので

この場所でも・・・まさか・・・ね・・・と、用心していたら、

さっきの衝撃よりもはるかに大きな衝撃に襲われるなどと、誰が想像できたであろうか・・・


詳細に関しては、とてもじゃありませんがココでは書けません。

トラブルの解消という意味では、一定の効果を上げているのは事実ですが。

根本的には何一つ一切解決していないという、ね (;д;)




A4 オーディオ (3)

純正オーディオをベースに音質向上を目指すなら、

DSPの追加は必須でありますぞ ( ̄ー ̄)


純正オーディオそのものの音質が良くなるわけではありませんが、

実際、スピーカーから聴こえる音や音場は、劇的に改善できます (*´▽`*)


そして、結果的に「例のトラブル」もなんとなく根本(?)解決に至りました。

想定外でしたが、これも結果オーライ。




A4 オーディオ (5)

奇跡的にカメラに収められた一枚。


この圧倒的な「ON THE ROAD」感


背中でここまで語れる人間は、世界にただ一人。



ポツと出てきたアーテイスト気取りの一人は、「音楽では社会は変えられない」 と言う。



この背中を見ても、まだそんなことが言えるのだろうか。





うちで踊ってる場合ではない。



貪欲なまでに更なる高みを目指す野郎どもの詩。



  「持つべきものは、友。
             と、その弱み」


弱肉強食の世の中において、食物連鎖という自然の摂理。

握られちゃイケない人 に、
握られちゃイケない系 の弱みを握られたときに
人は己が人生を振り返り、心からの悔恨の念に駆られるのであります。


よくわからない出だし(いつものコトとかゆーな)なんですが、
福岡某所のくっそマニヤ御用達メーカー

  「サウンドサスペンション」

板井代表の名言なんです。



欠品中で入手困難な商品の手配とか、
おかげで助かることも多々あったりするんですが、
その友人のコトを思うと、一瞬だけ胸の辺りがチクリと傷みます。

まぁ、実際は

  「やった!ラッキー!!」

ぐらいのもんですけど。



A4 オーディオ (1)
先日行われた、春のぷち毎度でも非常に優秀な成績を
収められた、K様のアウディ・A4

現状に奢ることなく、甘えることなく、
すでにその眼差しは未来を見据えています。

そんな台風ばりの上昇志向のオーナー様。
次なる一手に選んだのが、
前述のクッソマニヤ御用達メーカーの新商品である、

  「リムーブ 06」

という、名前からは全く内容が想像できないアイテム。
車両ボディー表面や、機材に帯電している静電気を、
プラスに変換して除去してしまえるそうです。

内容聞いても「???」なんですが、
とにかく、板井氏史上最高傑作 と自画自賛気味です。

だいたいにして、板井さんみたいなくっそマニヤの頂点
「最高傑作」とか言うと、一般庶民には違いがわからなかったりするのが
多々ありがちなんですが・・・。

はたして、その効果のほどや如何に!?



A4 オーディオ (2)
本体はエンジンルーム内に設置可能な耐熱樹脂製。

6系統の静電気入力端子を備えており、
ボンネット裏や、左右フェンダー、
インナーフェンダーやバンパー等の樹脂パーツに
せっせとせっせと配線を行います。



A4 オーディオ (5)
ボンネット裏~。


A4 オーディオ (3)

A4 オーディオ (4)
フェンダー~。


画像にはありませんが、あとは左右インナーフェンダーと
フロントバンパー裏に配線してあります。

のり面の導電性に優れた特殊なアルミテープ(付属)を
使って取り付けます。

一般的なケーブルの被覆を15mm程度剥き、
ワイヤーを放射状に広げ、アンテナ的な気持ちを込めます。
この、気持ちを込めるってのがオーディオでは重要なんです。


画像は全てエンジンルーム側ですが、
同じユニットをラゲッジのオーディオ側にも設置しています。
そっちの取り付けは ヒ ・ ミ ・ ツ 



取り付け後、しばらく聴いてると(ものの数十秒後)
すぅ~~~っと見通しが良くなり、
奥行が増えるというか、奥で鳴ってる楽器がちゃんと奥に行く感じ。

ボーカル層 ・ 楽器層 ・ 楽器層 だったのが
ボーカル層 ・ 空間 ・ 楽器層 ・ 楽器層 ・ 楽器層 ・ 空間 みたいな。



くっそマニヤの最高傑作は、疑うことのない最高傑作でしたとさ!

乗り続ける!と誓ったその日から、5シリーズに浮気気味

男の子はね、そんなモンなんですってば、女子のみなさん。

男ってヤツぁ、冒険を求めるモノなんです。
でもね、安心してください。
最終的には「安らぎ」に落ち着くんです。

多分ですよ?



Audi TT audio (1)
純白のTTSのオーナー、U様はプール付きのマンションにお住まいで。
ベッドで毎日ドンペリ三昧だそうです。

くそぉぅっ!
いつか、お前らの足元にビッグマネー叩きつけてやる!!


さてさて。
割と遠方系、名古屋のチョイ向こうは尾張の地からお越しくださいました!
ありがとうございます!にも程があります!!

普通に自走で来られて、代車で帰る。
代車で来られて、自走で帰る。

よくよく考えたら、くっそありがてぇ話ですよね・・・。


そんな、ありがたみ溢るるアウディ ・ TTクーペさんに
ガッツリオーディオインストールでありますぞぃ。



Audi TT audio (2)
!?


こ、こここここここここここれは、まさかのサイバーXS!?

レギュラーサイバーは売るのに、XSを滅多に売らないことで
業界内では定評のある修ちゃんですが(そんな定評はない)

何処からどう見ても、何回見直してもサイバーXS。
ということは必然的に、サウンドサスペンションさんちの「NPF」が
取り付けられているということ。
これが有るのと無いのとでは、雲泥の差どころの話ではありませぬ。

その差を分かりやすく大きさで例えるなら、
「スコープドッグ」 VS 「ダグラム」



Audi TT audio (6)
スピーカーは、日本最速インストール(のハズ)だった、
ARC AUDIOの最新スピーカー、「ARC ・ RS」

美しいデザインのドアに相応しい、純正然とした
精度高いアウターバッフルをワンオフしています。


Audi TT audio (4)
保護用のサランネットグリルを外すと、御覧のようにユニットが現れます。

センタープラグの独特な意匠が特徴的なRSスピーカー。
「声」を大切に聴く人には、すごくピッタリじゃないかと。

丁寧な調整が必要な、ちょいとクセがありますけど
ハマった時の音は相当に魅力的なのであります。



Audi TT audio (5)
スピーカーのエッジの周囲には削り出しの金属リングをあしらい、
ほんの僅かにチラ見せすることで贅沢でリッチな雰囲気に。

やはり、漢たるものチラ見せ。



Audi TT audio (3)
こちらも精度高い削り出しのリングが美しいのです。

純正近似のメッシュ生地でピラーを巻き替え、
質感高い仕上がりで、自慢したくなる逸品。



こちらに来られる時間、およそ3時間の道のりだそうですが、
「行き」の2時間より、「帰り」の3時間半のなんと快適なことか。

クルマに乗るのが楽しくて楽しくて仕方なかったそうです。
下道で思わず帰りそうになったとか。

A4はええ~よん

って、お決まりにも程がある小ネタは、まだえ~ふぉー(ええ方=A4)

というよりも、A4じゃなくてS4だったりします(´Д`)


s-IMG_4318.jpg
所謂「B9」と呼ばれる、S4(ややこしい)

今だから言っちゃいますけど、「B6」のA4が大好きな僕的には
近頃のAUDIの「足し算過ぎ」なデザインが好きになれなくて・・・(-_-)


・・・・・・。

・・・。

あと、ディーラーのxxxxxがxxxって、みんな言いますよね・・・。


そんなこんなで、しばらくAUDIと縁のない生活をおくっていたのですが。
や、正確には「ディーラーガー」「デザインガー」の問題以前に
買えねー奴らのラブソングなわけですが(ラブソング?)


ん~・・・・。

しばらく見ないうちに・・・立派になったねぇ・・・・ (ノД`)・゜・。
と、思わず田舎のおばぁちゃん風なお出迎えしちゃいそうなくらい
イイ感じに仕上がってきてるじゃぁないですか!?

気になるっていえば、ミラーの上のシルバーぐらいですか。
あれ、なんでシルバーなんですかね????
差別化なのはわかるんですが、カッコ悪くしてどうする (`・ω・´)



s-IMG_4316.jpg
現行のAUDIの美点は、特にインテリアに顕著です (*´ω`*)

シンプルで非常に美しい仕上がりで、こいつはなかなかイイんじゃない!!


コンソール最奥(ドリンクホルダーの奥ね)の、綿棒置き場(命名 わい)に
HELIX ・ DIRECTORを取り付け。

画像では、スタートスイッチ部に若干かぶっちゃってますが、
どうにも気に入らなくて、納車直前にステー加工し直して
もっと奥に移動させたのは、僕とみんなだけの秘密だ!

オーナーさんにはイッチャダメだぞ (゚Д゚)ノ


DIRECTORが取り付けられているということは、必然的に
オーディオプロセッサーがインストールされているというわけでして (゚∀゚)
わけでして (゚∀゚)

HELIX ・ P-SIX DSPmk2にUSBカードを取り付け、
ウォークマンからのUSBデジタル音源をメインソースとしています。

今や、カーオーデイオの弩定番となったシステムですが、
やはりその音質の良さは群を抜いております ( ̄ー ̄)

ただしッ! (・ω・)ノ
ただしッ! (´゚д゚`)
ただしッ! (ΦωΦ)

大前提として、
「ちゃんとした調整能力のあるショップで調整する。」

まさに、これこそカーオーディオの命と言っても華厳の滝ではナイアガラの滝。


凝りに凝った拘りまくりのカッコいいインスト-ルであっても
「音がクソなら全てクソ (゚∀゚) 」
我ながら、今世紀最高の名言。


あ、念のために言っておきますけれども。
あくまで「カーオーディオの場合ですよ?
カスタムカー」のための具として
オーディオユニットを使ってる場合は、この限りじゃありません。
そっちの人たちにしてみれば、
「見た目クソならすべてクソ」でしょ ( *´艸`)




s-IMG_4312.jpg
ラゲッジの真ん中だけ、やけに黒っぽくなっていますが (^^;

実はこの部分は全て、新規に作成し直した部分でして。
この下に、「サウンドサスペンション ・ DEER INTEGRA RJ300」という、
弩級30cmサブウーハーがしれっとインストールされていたりします ( ̄ー ̄)

純正と全く同じフロアの高さで実現するには、いろいろと苦労があるのです。
それはそれは・・・ええ。

ただ、苦労しました自慢とかカッコ悪いっすやん??
オーナー様には関係ないことですし (・ω・)ノ

オーナー様が求めているコト、
いい音。
できるだけ広いラゲッジ。

この極めてシンプル、且つ、実は高難度な要望を
完全にフラットなラゲッジで実現するのがプロショップ。
内部を自慢することに意味はありませぬ。


と、思うのさ。
ちょっとかっこよくない?



s-IMG_4313.jpg
ドア全体像~。

これまたシンプルな線で構成された質感高い、美しいドア。
このまま、AUDIが引き算デザイン路線に戻っていってくれるコトを
強く願わずにはいられません (*´ω`*)


フロントスピーカーは、
「サウンドサスペンション ・ DEER INTEGRA RJ 2WAY」
日本を代表すると言いきってしまえる、くっそ弩マニヤ渾身のスピーカーです。



s-IMG_4314.jpg
純正然とした質感高いアウターバッフル (*´ω`*)

B&O採用のS4の純正スピーカー部の開口は、
この世のものとは思えないほど小さく、インナーで社外品のスピーカーに
交換する際は大問題になります。
これは、アウターバッフル化前提で考えるべきじゃないでしょうか~。

そこで、このデザイン! (゚∀゚)
この仕上がりなら、純正にこだわる方も納得満足間違いなし!!



s-IMG_4315.jpg
INTEGRA のスピーカーはトゥイーターも巨大 (´Д`)

Aピラーの加工は避けたかったので、今回は
ドア上部にワンオフでマウントを作成インストールしました。

音響用サランネットで全体を貼り込みし
質感高い仕上がりになっています。

とはいえ、このサイズなのでスッキリ~とはいかないっすね (´-ω-`)
視界の妨げにならないように、極力小さく作っていますが・・・


ここに関してはオーナー様的に、見てくれよりも
徹底的に音を重視してほしいぜ!この野郎!な
感じなので「良し」としましょう ( ̄▽ ̄)


いわゆる、失敗すると「えらいこっちゃ」クラス。

BMWでいえば、3シリーズ。
メルセデスだと、Cクラス。
アウディだったら、A4。

各メーカー、最も力を入れて開発している主力車たちですよね~( ̄ー ̄)
それだけあって、やはり完成度が高いクルマが多いのです。



s-IMG_4245_20181008180228754.jpg
そんなアウディグループの屋台骨を支えるA4のバリエーションの一つ。

AUDI ・ A4 オールロードクアトロ。
スバルで言うところの、レガシイ アウトバック的なクルマです。
バルキリーで言えば、アーマードバルキリーみたいな(多分違う)

今回は、このクアトロさんにウェルカムプランとレーダー取り付けです(´-`*)



s-IMG_4247_20181008180229ab6.jpg
ウエルカムプランなので、スピーカーの取り付けなわけですが。

あまりにもさっぱりしすぎなモニターの佇まいを除けば、
全体的に非常に質感高い仕上がりのインテリア。

このスッキリ感は好きですね~(´▽`*)

そんなわけで。
ヘッドは勿論純正を利用、スピーカーのみの交換を行いました。



s-IMG_4248_201810081802313d0.jpg
スピーカーは、ETONのPRO170をチョイス。

最近、出番が少なかった系ではありますが、
その実力は本格派なのであります( `ー´)ノ

ウエルカムプランは、ワンオフインナーバッフルの作成、
ドアデッドニング、ケーブル交換と一式ワンパック。
国産車、輸入車問わず、お得なパックになっておりまする(´ω`*)



s-IMG_4249_20181008180232c18.jpg
ダッシュ両端の純正位置に、トゥイーターを取り付け。

いいね、このYN仕様っぷり( ̄ー ̄)

純正ヘッドを利用するので、高度な調整機能は望むべくもありませんが
ところがどうして、このクアトロさん。
純正ヘッドの質も内蔵アンプの質も思いのほか優秀で、

  「おいおい、ちょいといい感じじゃないの~(*´ω`*)」

な、仕上がりになりました。

そりゃ勿論、DSPを駆使した系には及びませんが、
これはこれで全然アリじゃね?的な。

ぬぅ・・・この仕上がりだとDSPが売れないにゃー・・・(´・ω・`)



s-IMG_4250_201810081802344a2.jpg
同時にレーダー探知機も取り付けて頂きました(´-`*)

ユピテルの専売店モデルの中でもひと際小型のZ965。

ミラー付近の、この位置への取り付け例が多いのですが、
このZ965ですと非常にスッキリとした取り付けができますね~(´▽`)


かなりイイ出来なので、次のバージョンアップがあるか不安ですが、
是非是非DSP導入してさらなるカーオーディオの深みにはまってくだせー(´Д`)

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10