ここまで違うと、時代がかわる。

なんか、どこぞのキャッチフレーズみたいではありますが。



まずはスピーカーを純正からアップグレードしてみた。

  「ほほぅ・・・これは、なかなか」

次に、くちぐるまに乗せられて(失礼ね)DSPを追加してみた。

  「!?・・・こ、これは・・・こうも変わるのか・・・」

さらに、言われるがままにデジタル音源追加してみた。

  「ウソやろ・・・こんなにちゃうの・・・」




S205 audio (5)

てなわけで。

言われるがままに、デジタル音源としてウォークマンを導入してくれました。


や、もともとはドライブレコーダーの取付だけだったんですが。

どこをどう間違えたのか、誰に間違えさせられたのかは定かじゃねぇが

ナニは友あれ、デジタル音源を追加しちゃいました、S205。




S205 audio (9)

以前、紹介したことのあるこのクルマ。

すでに、モレルのハイブリッド402とDSPは導入済み。


今回は、前述のようにドラレコの取付とウォークマン化を行いました~。




S205 audio (7)

W205系は、この場所にギリギリDIRECTORが取付られます。

他には、ドリンクホルダー向こうの灰皿のとこ。


ただ、灰皿のところは、ドリンクホルダーが手前にあるので

飲み物常備してなきゃヤ!な人には向きませぬ・・・。


肘掛内のこの場所なら、そんな心配とも無縁。

ではありますが、純正USBポートの真上になるので

あらかじめUSB延長ケーブルを差しておかないとヤバめであります。




S205 audio (8)

現行のウォークメンは、接続がUSB-Cに変更になっていて、

接続強度は驚くほどよくなったんですが、デジタル出力しながらの

充電ができなくなりました (ノД`)・゜・。


ウォークメンの電源を落とすと、起動に少々時間がかかるので

イラチな僕はその2~30秒が待てません。

かといって、画面オフだけだと(電源ボタン ポン押しは電源オフではない)

気がつけば電池がスッカラカンになってることも、しばしばoften。


そんなわけで、一世代前の「Aシリーズ」をわざわざ探してきてもらいました。

その心意気や、ヨシ。


我ら、 Low-gun’s 的には、画面の小ささが

少々気になるところではありますが。

プレイリストだけ作ってしまえば、あとはブラインドで操作できるので

そこは、まぁ目を瞑ってもらうとしましょう ( ̄▽ ̄)




S205 audio (6)

当然ながら、純正オーデイオもDSP経由でイイ音化しています。

純正オーディオは、FLACも読めますし、iPhoneも聴けたりしますので

使わない手はありません。

問題は、音がいまいちってコト。

でもこれは、スピーカー交換やDSP追加で著しい改善が見込めます。


見込めます。

が。


ここからさらに、デジタル音源を追加することで

マジかーーーーーーーーーーッ!!ってレベルで音が良くなります。


DSPを追加済みの皆様は、早急にデジタル音源の追加をお願いします。

ここまで違うと、時代がかわる。

です。




S205 audio (10)

ドラレコの画像の代わりに、ナニか別のモノ。


実は、これ。

パイオニア製の出来合いのサブウーハーBOX。

うちでは密かな人気商品だったりします。


今回は、中共ウイルスの影響で欠品中の10インチモデルに代わりに

12インチモデルを採用。

速さではやはり10インチ有利ですが、オーナー様的には

モアベース!!モアベース!!な、感じだったので、結果オーライです ( ̄ー ̄)




W124の次は、W205!

前の記事では、現代でもその輝きを失うことのない、

過去の名車 「W124 ・ E500」 を紹介しましたが。


今日、紹介するクルマは、

これまた時代を超えて、名車となるかも知れないクルマ




Cクーペ オーディオ (1)

W205 ・ Cクラスクーペ


あまりお目にかかることのないボディーカラーは、

「ヒヤシンスレッド」

ヒヤシンスでありんす、とかつい言いたくなっちゃいます。


何故、ヒヤシンス?なのかは、各自それぞれ持ち帰ることとして。


この角度から見る、クーペボディーは流麗、優雅というほかありませぬ。

まさに、クーペの王道。




Cクーペ オーディオ (2)

当然のことながら、ドアから後ろはセダン・ワゴンとは全くの別物。


純正オーディオの基本システムは足元の16cmウーハー、

ドア上部の8cmスコーカー&トゥイーターの3WAY構成。

後期型以降は、センタースピーカーも標準化されてるようですー。

このセンタースピーカーは、テレマティクスが含まれているので

  「センタースピーカーなんか邪魔や!いらん!」

って、勢いに任せて撤去しちゃうと、

ガビーん、とエラーの履歴が残っちまいます。


でもやっぱり、オーディオ的には邪魔でしかないので

ちょこちょこと加工して、オーディオ的に沈黙してもらいましょう。




Cクーペ オーディオ (3)

ドアポケット部を大幅に造り替えてアウターバッフルとし、

長年愛用のDLS・ゴティアの6インチウーファーをインストール。


この型のCクラスのドアの中は、樹脂パネルで全面塞がれてます。

樹脂パネルの方が「イヤな音」は少ないんですが、

これはこれできちんと処理してあげないと、

「イヤな響き」が発生しがちなのでする。




Cクーペ オーディオ (6)

セダン・ワゴンであれば、ミラー裏にトゥイーターが取り付け(埋め込み)できるんですが

クーペはドア形状(というより、ミラー取付位置)の加減で、

ミラー裏部がほぼありませぬ。


勿論、ワンオフマウントを作成すれば問題なく取り付けできますが、

今回は、Aピラー加工で取り付けました。

純正近似のメッシュ生地で張り替え、精度高く作ることで

違和感も軽減でき、質感高く仕上がります。




Cクーペ オーディオ (4)
オーナー拘りの 「初代URC」

所謂、くっそダサイコントローラーの前の型。


どこからどう見ても、誰がどう見ても、いついかなる時も

どう考えてもチューンナップウーハーの「それ」


実際、ARC AUDIOのチューンナップウーハーは

全く同じモノだったりします。


肘掛のフタ側にLアングルで固定してありますので、

フタを開けると使いやすい位置に現れ、閉じると何も見えない。

ぶっちゃけ、この取り付け方は相当捗ります。




Cクーペ オーディオ (5)
オーナー最大のコダワリが、これ。


・・・・・・・・・・・。


・・・・・・。


・・・ (´゚д゚`)


10インチのHDMIモニターを助手席グローブボックス付近に

ワンオフマウントを作成して固定。

当然、グローブボックスの開閉にも支障はありません。


純正モニターも、結構な大きさがありますが

こうやって並べてみると、その差は歴然。

狭枠モニターですので、実際の大きさは倍ぐらい違うように感じます。


アンドロイドを使った有線ミラーリングからの

デジタル同軸出力がメイン音源となります。


超高画質モニターで動画を楽しみ、

DSPに入力したデジタル音源で高音質を堪能する。



見た目はまぁアレですが、かなり贅沢なシステムに仕上がっちょりますよ~。

500Eではなく、E500

あぶないあぶない。


記事内容に誤りがある!!

謝罪と賠償を求める!!

などと、危うく輩れるところでした・・・。



W124 audio3 (1)
著しく神経すり減らすにも程がある系の美しさ。

ちょっと、ここまで綺麗なW124には、なかなかどころか、

まずお目にかかれないんじゃぁないでしょうか。

異常なまでに神経質な(クルマに対してだけね)オーナー様だけに、

隅から隅まで、これでもか!!ってぐらいに手が加えられてます。


  「ん~・・・・買ってから??

    計算したことないけど、だいたい毎月200万ぐらいちゃう?

      修理とかメンテナンスとかなんやかんやで」


いつも、「反社ネタ」で盛り上がるんですが、

念のため言っておくと、れっきとした「堅気」のお方です。

多分。

恐らく。

だと思います。


まぁ、いずれにしても自分から「俺は堅気やって」って言ってる時点で

たいがい、アレですよね。アレ。




W124 audio3 (5)

ず~~~~~~~~~~っと、オンダッシュナビ派だったんですが

ついに2DINナビ勢の波に飲まれて堕ちてしまいました・・・。


今のご時世、オンダッシュナビっていえば、

辛うじてパナソニックが作っていますが、

すっかり姿を消してしまっちまいました。


というか、このオーナー様の口癖は

  「ナビ使わへんねんけどな」

じゃ、何故ナビを付ける?


  「ナビの無いクルマなんて乗られへん」

つまり。

クルマにはナビが付いているモノで、

使う使わないに関わらず、ナビが無いとクルマとは呼べないというコトらしい。




W124 audio3 (6)

取り付け位置が低いので、正直言って視認性は最悪です。

それでも、「ナビが付いてる」それだけで幸せを感じるようです。



というか、なんですか・・・。

この内装の美しさ。


ダッシュボードにインダッシュモニターを貼り付けていたので、

それを撤去する際に、傷付けたり、跡が残ったりしないか

相手が相手だけに心配MAXだったんですが、

  「跡残ったら、ダッシュ張り替えるわ」

本当の漢、ここにあり。




W124 audio3 (2)

W124の純正スピーカーは、実はドア後部に設置されています。

フロントとリア共用のような感じですね。


画像では、ドア前部に実に自然にスピーカーがインストールされていますが、

純正ドアポケットを全面的に造り替え、

極めて自然なラインで造形し直しているのです。


特徴的なグラデーションのレザー部との絶妙なラインどりも

自然に繋がるように慎重にデザインしてあります。


この造形美は必見ですぞい。


以前から愛用していた、FOCAL・UTOPIA Beについに別れを告げて、

新たな相棒として選んだスピーカーは、ドイツの誇るハイエンドブランド

BRAX ・ MATRIX 3WAY


Utopia Beの6インチも結構巨大ですが、

サポートリング+グリル装備のMATRIX ML6Pは更にでかい。

載せ換えに伴い、ミラー裏、ドアバッフル共に

全面的に加工のし直し&巻き直しとなりました。


コスト的には当然高くつくのですが、

このインテリアのコンディションと勝負するには、

必要なコストだと考えます。




W124 audio3 (7)

ダッシュボード両端の純正位置には、

MATRIX ・ ML3をインナーバッフルでインストール。


あえて、コーン型のスピーカーを選ぶことで、

音場を造りやすくし、音の繋がりの改善が見込めます。

ML3の方が値段も安いですし~。


なにより、ピラー加工を施すのが似合うクルマじゃないのでね。




W124 audio3 (3)

ラゲッジも抜かりなく。


以前のシステムは、カロッツェリアXのピュアデジだったんですが、

今回のバージョンアップを期に、システムを刷新。


HELIX・DSP-PRO2を使った、

ハイレゾ対応の「旬」なシステムに更新しました。


最初は、BRAX ・ GX2400を2台使ったレイアウトで考えていましたが、

アンプを2台とも見せようと思ったら、大幅に造り替える必要があり、

内装の費用増に加えて、トータルコストの肥大を防ぐために、

アンプの変更を提案しました。




W124 audio3 (4)

紆余曲折を経て、パイオニアのRSアンプが3台に。

ビジュアル的には、断然、結果オーライです。


アンプラックに、ポツンと一台、GX2400。

そんなサブいビジュアルに比較して、このルックスのなんと豪奢なことよ。

超高密度の電球色LEDテープによる、

美しい間接照明と相まって、なんともため息がでるような美しさ。




最新のオーデイオシステムへと進化した、美しいW124 ・ E500


時代を超えて語り継がれる一台へと。





新型Aクラス(W177) オーディオカスタムの巻

「~の巻」って書いてあるのを見て、

  「~っの まっき!」

って読んじゃう人が、ここの読者の大半を占めてるように思いますが、
気のせいでしょうか。

否、多分、気のせいじゃない。


個人的には、あまりハットリくんは好きじゃなかったんですけれろも。
だからといって、エスパー魔美と言うわけでもなく、
大人になったメルモちゃんとか言うとヤヴァイやつ認定は必定。



Aクラス オーディオ (1)
初めての体験・・・。

ぽっ。


新型Aクラス(W177)、記念すべきオーディオカスタム第一号!!

こちらも割と遠方系のお客様ですので、
頻繁に立ち寄ってもらっての綿密な見積もりや打ち合わせができませぬ。

一度もバラしたことのないクルマですが、
前型のAクラスは何十台も施工していたので

  「そんなに大きく変わってないっしょwww」

などと、若干甘く見ておりました・・・・・・。


めちゃくちゃ変わっとるやないかいッ!?



Aクラス オーディオ (2)
フルモデルチェンジしているのですから、
ドアデザインが異なるのは、まぁ想定の範囲内というか、
至極当たり前の話のワケでして。

ドアに16cmスピーカー付いてますよ?との事前情報どーり
極々定番の位置にドアスピーカーあり。

異なっているのは、今まではミラー裏にトゥイーター(具はない)部が
あるケースがほとんどでしたが、このこのトゥイーターはAピラー。

まぁ、ミラー裏にも埋め込みそのものは可能っぽいですー。



Aクラス オーディオ (5)
ドアスピーカーがある、という時点でおおよそ想定していたとーりの
全体が樹脂で覆われたスピーカー一体式パネル。

金属と違って、そこまでイヤな音の響きがあるワケではないので
強度の足り無さそうな部分をコンコンしながら、
しっかりと制振材を貼り付けていきます。

ローラーでゴシゴシするのではなく、先の平らな木槌的なモノで
ひたすら叩きまくります。


こんな樹脂パネル系のドアで、デッドニングよりも遥かに大事なのは、
実はインナーバッフルだったりします。
というか基本的にいつでも一番大事なんですけれども。

特に、樹脂パネル系はバッフルの固定方法からして
工夫を凝らさねばなりませぬ。
接触する面の処理も含めて、
樹脂パネルならではの鳴らし方、取り付け方があります。



Aクラス オーディオ (3)
今回、取り付けるスピーカーはDLS・RC6.2。

奥行のデカイウーファーなので、インナーバッフルで取り付けられるか
どうかドキドキもんでしたが、結果オーライ。

前のAクラスと同じで、全く問題なく、巨大なウーファーを飲み込めます。


トゥイーターは、Aピラー純正位置に取り付け。

所謂、「YN仕様」での仕上げです。




Aクラス オーディオ (4)
「ハイ!メルセデス!」
「痛くなったら!すぐセデス!」

的な、機能が標準装備になってる昨今のクルマは
オーディオ交換の難易度も上がってきちょります。

オーディオプロセッサーは、こんな時、圧倒的に強い味方です。

今回のプロセッサーはHELIX・P-SIX2+URC3。

通称、「くっそダサいコントローラー」ですが、
使い勝手も操作性もなんの問題もありません。

純正オーディオからのスピーカー入力を使った「アナログ」系、
ウォークマンやiphoneからのダイレクト入力の「デジタル」系、
2系統の音源の切り替えと、デジタルボリューム、
サブウーファーボリュームを変更可能としてあります。

ナビを使いたいときや、何人かで移動している時には、
純正と全く同じ機能を活かした「アナログ」で楽しみ、
独りでドップリと音楽に浸りたい時には「デジタル」。

その日の気分や、目的、シチュエーションに応じて
使い分けてくださいな。



Aクラス オーディオ (6)
ラゲッジ下、狭ッ!!

ここは前のAクラスと全然違うトコロ。
今回のDSPはギリギリで収納できましたが、
大規模システムや、サブウーハー埋め込みは厳しいっすねー。



Aクラス オーディオ (7)
そして、最も手こずったのが、バッテリーケーブルのバルクヘッド通線。


このトリックに気づくのに時間がかかってしまいました・・・。
攻略できたので、次からはグッと時間短縮できます!!

まぁ、手間がかかるの作業なのには間違いないんですけどね。



オーディオに不満を感じている、新型Aクラスオーナー様!!
もやもやした気分のままでドライブするよりも、
大好きなクルマで最高の音楽をお供にしたら、
どれほど楽しいか、もう答えは出てると思います。

お気軽にご相談ください ( ̄▽ ̄)



やっべぇぞ、このクルマ。金の匂いしかしねぇ!

カテゴリ的には「Sクラス」に分類しちゃってますが、
全然存在感の違う、格別な一台。

所謂、「Sクラス・クーペ」 C217



C217 オーディオ (4)
パッと見ぃは、一瞬「Eクラスのクーペ?」って思っちゃうんですが・・・。

実際に動かしてみると、紛うことなき「Sクラス」
見た目の印象と違い、やっぱり巨大なのであります。


今回の作業は、オーディオのアップグレード。

実は初めてのC217。
Sクラスの作業実績は何台もあるので、
僕的には「同じクルマ」扱いだったワケですが・・・果たして、どうなることやら。

来週をお楽しみに!(来週まで待てない)



C217 オーディオ (5)
ぬぅ・・・・・。

ぬぬぬうぅ・・・・・。

確かに「Sクラス」
それは、間違いないんですが・・・・。


なんなんすか?
このヤベーオーラ。
オーラ力(ちからと読む)が半端じゃないんですが・・・。
このオーラ力(ちからと読む)をもってすれば、ズワァースも操れるかも。


・・・実際、この色の内装って、恐ろしく気を使うのよねぇ・・・。



C217 オーディオ (6)
さっきの画像で、基本的に「Sクラス」って思ってたら・・・

あっさり裏切られちゃいました。

  「ドア・・・全然ちゃうやん・・・」

そういえば、Cクラス・クーペもセダンと全然違いました・・。
そりゃ、同じなワケないっすよね・・・。


それにしても。
10cmスピーカーの位置はともかくとして、トゥイーターの位置。
もうちょい上にならんもんですかい???

ドア全体の高さでいうと、ほぼ真ん中。
これは、作業前から苦戦の予感。



C217 オーディオ (7)
スピーカーは、モレル・ハイブリッド402スリム。

現在市販されている、薄型10cm2WAYでは間違いなく最高でしょう。

BMWはシート下に20cm薄型ウーファーがステレオで
取り付けられているのですが、メルセデスでは
サイズこそ同じ20cmですが足元の奥まったところに設置されています。

カーペット、フロアマットのさらに向こうのスピーカー。
環境はかなり厳しいのです。

それでも、一番の問題はほかにあります。
トゥイーターの設置位置。

これはマジで大問題です。
最終的に音場の高さ、幅、奥行きを決定するのは
まさに、この問題アリのトゥイーターなのです。

とにかく、低い。
そして、近い。

ドアを見た瞬間に想定した音場は、まさにドライバーの膝ぐらいの高さ。


当然、これらを最善に近づけるためにはDSPは必須です。
今回は、MATCH・PP86DSPを採用しました。



C217 オーディオ (8)
純正オーデイオは2WAYマルチ+リア+サテライトなので、
MATCH・PP86DSPで対応可能。

フロント2WAYマルチをミックス入力し、
足元20cmを含めたフロント3WAYマルチとして再構築。

リアスピーカーは鳴らさずに、サテライトのみ鳴らすコトで
少しでも音場を高くすることができます。


同時に、デジタル音源も入力可能としています。
アナログ音源の改善度も相当に高いレベルなんですが、
やはり、デジタルのそれとは比較になりません。

使う使わないはともかく、一度体験してみてほしいのであります。



C217 オーディオ (9)
いや、なんなん?
このイヤらしさ。

肘掛の上に、AMGのエンボス加工がなんとも誇らしげ。



さて。
肝心の音の方は、どうなったかっていうと・・・。


結論から言って、想定していたよりも全然高い音場になりました。
ダッシュボードの形状から来るものか、ちょっと「???」なんですが。

ダッシュ上・・・とまではいきませんが、モニター付近の高さはでています。
奥行も、ほぼモニター付近を確保。

同時に交換している足元ウーファーの鳴りが、
まだまだ全然落ち着いていませんので、
低音域に若干エグみが残っています。

もう少し、薄めに味付けすればアッサリはするんですがー・・・。

このあたりの味付けは、オーナー様と相談しながら
少しづつ煮詰めていくのです。





プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10