御新規!変態一名様ご案内~!!

否、ヘンタイに「様」づけするなんてッ!!(そこ?)


またしても、カーオーディオの深淵なる闇に飲み込まれた者が・・・。

それもそのはず。

  「僕のクルマ、記事にするなら
  タイトルは 変態サンいらっしゃ~い♪でお願いします」

いや、自分からわざわざ記事のタイトルまで考えるようになったら
言われるまでもなく「変態サン」の出来上がりなのであります。

あ、むしろ「ヘンタイさん」の方がしっくりきますかね。(どっちでもいい)


というか、依頼されたタイトルではない記事タイトルなところが
僕の偏屈ブリが強調されてる感があって、マニヤにはたまらないはず。



フォレスター オーディオ2 (1)
今ナウ確認したら、3月3日にアップしていました、このフォレスター。

たまたま同じ色のフォレスターではなく、
冗談抜きで同じオーナー様。

またしても、ガッツリバージョンアップであります!!
情熱なのか、財力なのか、そのどちらもなのかッ!?

ありがてぇにも程があります!!
こんな書き方ですが、マジ感謝パねっす(やめれ)



フォレスター オーディオ2 (6)
サウンドナビから、DSP-PRO2化しました~的なのが
前回の記事なんですが。


が。

今回はナニしたの?



フォレスター オーディオ2 (9)
ウォークマンを音源としたハイレゾ環境化。


いや、これも前回の話なわけでして。



フォレスター オーディオ2 (2)
今回の作業は、フロント3・・・WAY化であります~。

それに伴い、当然アンプも追加!
いよぉぅつ!!
漢前!!
ナウイよ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!


今回選んだスピーカーは、モレル・・・・と、聞くと

  「まぁ、間違いはないよね」
  「圧倒的に無難」
  「どいつもこいつも、モレルモレルモレル」
  「トイレを我慢してでも必至に立ち読みしてる小学生か」

とかとか。

イイものだとわかっていても、
なんだか若干ですけど批判的なニュアンスがちらほらと。


仮にも自称「ヘンタイさん」のオーナー様が、
そんな普通の考えでモレルを選びますか?

否、否、無限大に否。


ヘンタイ(呼び捨て)が選んだモレルの中のモレルは、
38 ANNIVERSARY LIMITED EDITION ・ 38LE603。
さらには、この3WAYのトゥイーターをスプリーモ・ピッコロⅡに
変更したスペシャル仕様。

僕的に勝手に「38LE 603改」と呼んでいます。

いやいや 快く協力してくれた、ジャンラインと愉快な仲間たち社には
感謝の意を表します!!

ありがとね、柴野さん☆ぶちゅ



フォレスター オーディオ2 (3)
スピーカー変更に伴い、アウターバッフルを小加工。

若干ですが上向きにスラントさせています。
あまり大きく角度をつけると、スピーカー背圧がスムーズに
動かなくなって逆効果になります故~。

所謂、スピーカーの呼吸がしにくい状態って感じです。


それにしても・・・。
なんですかね?
この圧倒的に精度高くかっこよすぎるグリル&ユニット。

惚れ惚れを通り越して、うっとりしてしまいます・・・。


ここまでヤッてくれとは言わない。
なぁ?DLSさんよぉぅ(名指し)



フォレスター オーディオ2 (7)
Aピラーには38LEのスコーカーを埋め込み加工。

フォレスターにはミラー裏パーツが存在しませんので、
ピッコロⅡのトゥイーターはマウントをワンオフで作成して取り付け。

合言葉は、極力、奥へ!外へ!

スコーカーとも厳密な位置合わせ、角度合わせを行い
精度高くインストールしています。


そして、なによりもこの美しさ・・・。
究極の加工技術を要求されるという、ロータスグリルが
2つ揃ってこちらを見つめています。

うっとり・・・。
思わず、こちらも頬ほんのり桜色・・・ぽ。



フォレスター オーディオ2 (4)
こちらも、やはりうっとり・・・。

ここまで美しいとため息モンですね、マジで。
ず~っと眺めていても飽きません。

死角は僅かに大きくなってしまいますが、
このクラスのハイエンドユニットを厳密な角度合わせで取り付けして、
むしろ、この程度の突出で収まっていることが実はスゴイこと。

それを、サラリとやってのけるのが、
プロショップってもんです。



さてさて。
久しぶりに取り付ける38周年限定スピーカー。
当時の環境に比べて、飛躍的に発展した今の環境で
印象がかわるのでありましょうか???


結論から言って、
めっちゃイイ。

初めて取り付けた時の印象は、
いまでも忘れることができません。
今だから言いますけど、第一印象はあまり良くありませんでした。

  「なんだか、FOCALみたいな音がする・・・」


仮設定終えて仮音出しする瞬間は、
いつでもワクワク&ドキドキなんです。

ここでの印象が抜群にイイスピーカーもあれば、
マジか、これ・・・なモノもあります。
勿論、調整を進めていくにつれて
どんどんマトモになってはいくんですが。


ぶっちゃけ、38LEの第一印象は僕にとっては厳しくて。
エージング後も普通よりも苦労した印象しかありませんでした。


ホントは個人的には、今でもオススメしにくいユニットだったりします。

んでも、オーナー様がめちゃめちゃ気に入ってしまっちゃったもんだから
もう、こうなったらしょうがない!

こちらも腹をくくりましょう!!


んで、結果的には仮音出しのときから、全然イイ感じ。
なんだ、38LE全然イイじゃん。

おもわず関東弁になるぐらい、イイ仕上がりになりました。

うまく表現できませんが、
あえて言うなら、
  
  「抜けるような青空の下、はじける笑顔で
    しなやかに踊り、謳いあげる貞子」



H様のフォレスター!サウンドナビからDSP-PROへ!

カーオーディオをカスタムする楽しさに目覚めまくっている、
フォレスターのオーナー、H様。

チョイと前に、サブウーハーを追加したばかりなんですが・・・。
勢いが止まらないとはこのコトで。
いいぞ!もっとやれ!


フォレスター オーディオ (1)
個人的に、この色のフォレスターが一番スキーです。

外装はほぼスタンダードなんですが、
オーディオだけは気合が入ってます。



フォレスター オーディオ (3)
ヘッドユニットは、今までもこれからもサウンドナビ200プレミ。

ナビはクッソばかですけど、起動も早く高レスポンスで
ストレスを感じることもありません。
や、ナビはほんとにダメですよ?

いまどき、階段案内するとかありえないでしょ?
ところが、あるんです。
サウンドナビだと、それがもれなく現実のものに!

音「だけ」はホントにいいんですけれども。



フォレスター オーディオ (4)
上の画像でもチラ見えしてましたが、今回のバージョンアップは
メインヘッドユニットとしてのサウンドナビに別れを告げて、
DSP-PRO化を図りました!!

拍手!
もっと!
もっと拍手を!
むしろ喝采を!

DSP-PRO化するなら、勿論デジタルデバイスが欲しいですよね~。
そうなると必然的に必要になるのが、このDIRECTORってヤツ。

造りはショボイ、接続ケーブルはクソ、液晶パネルのトラブルも多く、
ノブは簡単にポロっと外れる。
どう考えても「アカン商品」に分類されるんですが、
しょうがない、これしかないんですから。

ノブが取れるのはガマンができても、
接続ケーブルの接続強度の低さは、なんとかならんもんかね・・・。
特にDSP側が致命的。

基本、シート下やラゲッジ下に隠れていることが多いDSP。
そこの接続強度が低いってんだから、ホントに頼むよ・・・ドイツ人め。


でもね。
音はイイのよ、これが。
マジで。

ホントに
切実に
他社から、もっと音のいいユニットでませんか。

やはり、一強独裁は面白みに欠けまする。



フォレスター オーディオ (2)
スピーカーは、ARC AUDIO・BLACKシリーズの2WAY。

アウターバッフルで強固にインストール。
ドアデッドニングも、ちょっと強めの施工を行っています。



フォレスター オーディオ (5)
トゥイーターはスッキリとAピラーに埋め込み加工。

純正然とした質感高い仕上がりになっています。



さてさて。
いままでのサウンドナビ内蔵アンプによる2WAYマルチ駆動と
DSP-PRO+外部アンプ2WAYマルチ駆動。

比べるまでもなく、圧倒的にDSP+アンプに軍配が上がります。
さすがに、この比較は厳しいですね。

分かりやすく大きさで例えると、
「ザクレロ」と「エルメス」ぐらいの違いがあります。


アナログ入力でも全然イケるんですが、ウォークマンを接続したときの
一音一音の瑞々しさったら、もう。
鮮烈というコトバが相応しいのであります。

スバル・フォレスターにDIATONE スーパープラン!

やっぱりスバル車の施工が多い今日子のゴロー。
皆様イカがお過ごしでしょうか??

寒いわ、雨は降るわ、しかも駐車スペースがまるで無いぐらい
預かり車が多いわで嬉しい悲鳴を上げつつも、
毎日を慎ましやかに過ごしております。


s-IMG_2794.jpg
そして、クルマはスバル・フォレスターXT。

高い4駆性能に加え、優れた居住性を誇るこのクルマ。
そりゃぁ売れるってモンです( ̄ー ̄)

ですが!!!
純正オーディオはやっぱりと言うか当然のように
イマイチどころの話ではありません。
必然的にオーディオの交換は必須であります!
いや、マジで頼むよ!



s-IMG_2793.jpg
実はこのフォレスターのオーナー様はすでにサウンドナビ90プレミを取り付け済み。

そりゃそうです。
音楽が好きでこだわりがあるなら、ノーマルのままって・・・・ねぇ?

今回は200プレミを使ってのスーパープラン。
すなわち、90プレミを取り外して!200プレミに大交換。

内蔵アンプ機最強説も取りざたされるこのユニットですが、
そこはそれ。
最新のサウンドナビこそが最強なのは間違いありません。
音質面での大幅すぎる向上もさることながら、
その操作性の激変っぷりに思わず涙ちょちょ切れるコト必然。



s-IMG_2792.jpg
大好評、DIATONEスパープランのスピーカーは、
ARC AUDIOのBLACK6&1.0の2WAY。

あまりおおっピラにはされていませんが、超一流ブランドの
スキャンスピークが製作しているという、密かすぎる名機なのです( ̄ー ̄)

伸びやかな低域、スムーズな高域と相まって非常に芳醇なサウンドを聴かせてくれます。
しかも、サウンドナビとの相性も良く、ウーファーもしっかりと鳴ってくれます。
ヴォーカルに僅かながらキャラクターが乗りますが、
ハイエンドを自称するスピーカーなら、それも当然のこと。

ひたすらにスムーズ、原音に忠実、それは大いに結構ですが
それってハイエンドとはちょっと違う気がします。
それこそ「俺の音を聴け!!」ってぐらいの自己主張あるユニットこそが
ハイエンドと名乗る資格をもってるのかなぁ・・・とか。



s-IMG_2791.jpg
スパープランはアウターバッフルでの施工が基本。

ARC・BLACK6は結構巨大なユニットですので、
インナーバッフルでは厳しいクルマが多いのです。

それに、ほら、こんないいユニットを取り付けて
インナーバッフルってのもちょいと寂しくやないですかい??
ここは拘りで、きっちりとアウターバッフルで施工いたしましょう!!


あんまりここで値段書かないんですが、
DIATONE・スーパープラン。

200PREMIにARC・BLACK2WAYをアウターバッフル&ピラー加工で
取り付けしデッドニング、M&Mのスピーカーケーブルに引き直して
全て込みの50万円(税込)での作業です。

通常ですと大体56万円(税込)なので、
大幅なお買い得感じゃないですか!?

カーオーディオの更なる高みと完成度を目指してみませんか??




スバルの勢いが衰えませぬ!!

あまり知られていませんが、

AV KANSAIはクルマの販売も行っています。
各種メーカーの新車は勿論、中古車も得意にしています!

今回は、以前のお車の下取りから、新車の手配まで
全てをお任せいただきました!
ありがとうございます~。


s-IMG_1753.jpg
スバル・フォレスターXT

ディーラーから直接、当店に納車されますので
お客様の手元に届くときには、ナビ、オーディオ等
一式フル装備でのお渡しになります( ̄ー ̄)

それにしても、フォレスターは人気ですね~。



s-IMG_1748.jpg
スバル車といえば、DIATONE!
ってぐらい、組み合わせるコトの多いパターンですね。

NR-MZ100Premiの内蔵アンプで
フロント2WAYをフルマルチ駆動しています。

ピアノブラック仕上げのエスカッションパネルに、
100Premiがドンピシャで似合ってますね!



s-IMG_1745.jpg
フロントスピーカーは、なんと!!
垂涎のハイエンドユニット、DLS スカンジナビア2WAYなのです!

フォレスターのドアですと、インナーバッフルでの取り付けが
十分可能なんですが、せっかくの高級機!!
アウターバッフルで取り付けしなきゃイカンでしょう!!

純正然とした精度高い実に美しいインストール。
これはカッコイイ方のヤツでしょう!


s-IMG_1746.jpg
保護用のサランネットを外すと、ご覧のようにユニットが現れます。

なんだかゾクゾクしますね~。
イイ音しそうな予感がユニットからひしひしと伝わります。



s-IMG_1750.jpg
独特の意匠が存在感バツグンの大型トゥィーターですが、
実に美しくスッキリと埋め込み加工を行っています。

一部では「悪魔の紋章」と揶揄されるほど
独特なデザインですが、僕的にはむしろ「コレじゃなきゃ」なぐらい
DLSラブなのであります( ̄ー ̄)

そして、僕のまわりにも同じような「コレじゃなきゃ」な人がゾクゾクと(^^♪


同時に指定店専売モデルのレーダー・Z260も取り付け。
僕的にはこれ以上の場所は無いのでは!?ってぐらい
ドンピシャな設置場所だと思います。

電源のケーブルもほとんど見えませんが、
取り付けそのものはちょっとメンドクセーのですが(^^;
それでも、カッコ悪い取り付けなんて、僕自体が許せません!



s-IMG_1749.jpg
今や必須といった感のある、ドライブレコーダー。

最近のクルマは、フロントガラス上部に「カメラ」や「センサー」が
大量に設置されているコトが多くて、ドライブレコーダーの設置場所は
毎回毎回、頭を悩ますトコロ。

ディーラーで「コレしか取り付けできませんよ?」って言われるがままに
取り付けちゃってる人も多いようです(-_-;)

現行レヴォーグやインプレッサの「三つ目アイサイト」は無理ですが
フォレスターなら、この位置がギリギリで取り付け可能。

ドライバーからは完全に死角になりますので、存在感は限りなくゼロ。
センターに設置していますので、レコーダー的な死角も最も少なく
理想の設置場所ではないでしょうか??

フォレスターとは直接どころか、なんの関係もないんですが。

昔、影が戦うって設定のカゲスターって特撮モンありましたよね??

や、なんかフォレスターって打ってたら、なんか思い出しちゃって。
結構不気味なデザインだったような>カゲスター。
あと、バリブルーン的なカゲボーシーってのもあったような・・・



s-IMG_1584.jpg
さてさて。

バリブルーンでもカゲボーシーでもなく、今日のクルマはフォレスター( ̄ー ̄)
この流れでフォレスター以外にする勇気は僕にはありません!!

納車後、その足で直接ご来店。
そう!つまり、弩新車にも程があるのです!!



s-IMG_1588.jpg
スバル車でのインストール事例が異様に多いような(^^;

大人気!サウンドナビ・Z100Premiを取り付けました(^^♪
ピアノブラックのクラスターパネルに、ピッタリ馴染むのですよ~。



s-IMG_1585.jpg
スピーカーは、FOCAL・165W-RCを取り付け。

ウーファーはガッチリとワンオフドアアウターで設置。
純正然とした美しくスkッキリとしたイイデザインにまとまりました( ̄ー ̄)」

フォレスターのドアデザインも結構カッコイイので
カスタムすることで逆にデザイン崩れちゃ意味がありませんのです。



s-IMG_1586.jpg
スピーカー保護のサランネットグリルを外すと、ユニットが姿を現します。
今回はオーナー様の要望で、緑のアルカンターラをチョイス。

普段は見えませんが、こんなところにチョットした遊び心もエエですよね(^^♪



s-IMG_1587.jpg
トゥィーターはAピラーにスッキリと埋め込み加工。

説得力のあるデザインで、質感高く仕上げています。
リスナーには向けずにセンター向けでの取り付けにし、
左右シートでの音質差を極力少なくする方向で調整しました。


同時にレーダーとドライブレコーダーも取り付け。

レーダーはエアコン吹き出し口部をちょこっと加工して
非常にスッキリとした取り付けを行っています。

所謂インプレッサ系のオーナー様ならわかると思いますが、
普通にダッシュ上にポン置きすると、ケーブルの処理がわりとヤな感じなのです。

ケーブル処理的には良くても、ツィーターグリル部に取り付けるのもちょっとアレだし、
デフロスター部だと、ケーブルの露出が長くなるし・・・って感じなのです(-_-;)

今回の取り付けですと、位置もイイですしケーブルもほとんど見えませんぜ!


ちょっとした工夫ですが、どうすれば喜んで貰えるか?を
常に考えていればこその結果ですよ、きっと!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10