あまりにも違和感なさ過ぎて、間違えて乗って帰りそうになるにも程がある

近頃、うちに入り浸り系のお客様。


クルマに乗っているよりも、預けている期間の方が長いパターンのやつです。

とはいえ、クルマは3台あるので納車時に他のクルマと入れ替わる感じ。

つまり。

3台のうち1台がいつもここにある感じだったりします。



インサイト オーディオ (1)

手持ちの3台のうちで唯一普通に乗れるまともな1台が、

この ホンダ ・ インサイト

グリル作成のついでに、オーディオもイジってもらいましたよ。

や、他の2台がまともじゃないってワケじゃありませんよ?

くっそ乗り心地の悪い、且つレツキッカ、くっそ狭いS660と、

くっそ乗り心地の悪い、且つレツキッカ、くっそうるさい二人乗りのCR-Xを

抜群のコンデイションで維持されちょります。

・・・・・・。

・・・やっぱマトモじゃないか・・・。


気を取り直して、このインサイトさん。

吸排気系や、シート、足回り、エアロ等、そののほとんどに手が入っていて、

ほぼ完成していたのですが、どうしても気に入ったデザインのグリルがなくて

そこだけが純正だったんです。


毎日毎日、来る日も来る日も、仕事もせずにネットをさまよい続けても

結局、納得できるモノを見つけることはできず、途方に暮れる日々を

過ごしていたその時!!

嗚呼、運命のいたずら。


僕が、自分のクルマ用として仕事終わりに1時間で作ったオリジナルグリルに

目を奪われるオーナー様!

  「嗚呼・・・なんてかっこいいんだ・・・」

  「これこそ、僕が探し求めていたモノだ・・・」


僕もまさか、このグリルの作成依頼されるなんて思ってもいなかったので

丁重にお断りしたんですが、オーナー様の熱過ぎる情熱に絆されました。




インサイト オーディオ (5)

インサイト標準装備のくっそ音の悪いナビ。

しかも、ホンダあるあるでやたら上向き設置なので

昼間は反射してナニも見えないというね。


今回はちょいと事情があって、この純正ナビをベースにオーディオカスタム

するんですが、勿論、そのままでマトモな音になるはずもありませんので

DSPの取付や、スピーカー交換といったある程度のカスタムはしちゃいますよー。




インサイト オーディオ (4)

スピーカーは、悪魔の紋章でお馴染みのDLS。

薄型でも結構低いところが使える、リファレンスRCS6.2を取り付け。

思わず、「こっち見んな」と言いたくなる独特にも程がある意匠のトゥイーターは

ダッシュボードの端っこにポン置きで取り付け。

インサイトのダッシュボードは、たまたまDLSのトゥイーターを取り付けるのに

ちょうどイイ具合の傾斜があるので、それを巧みに利用すれば

ポン置きでもだいぶイイ感じでリスナー向けに取り付けられます。




インサイト オーディオ (3)

右側もこんな具合で。

上の2枚の画像は、それぞれ運転席に座った状態で撮影しているので

如何に、普通にリスナー向けになっているのかがよくわかると思います。




インサイト オーディオ (2)

ウーファーは、ワンオフインナーバッフルを作成して取り付け。

MDF製のごくごく当たり前の普通~~~~~~のバッフルですが、

充分に低いところ使えます。

DLSの鳴らし易さに拠る処も多いのですが、

インサイトのドアデッドニングは僕の大得意とするところ。


材料多く使うので通常よりもコストかかる系ですが、

それに見合う以上の内容でお贈りしまっす!!





進化し続けるYN仕様

このブログの熱心な読者なら、ご存知だと思いますが

「YN仕様」ってオーディオ用語がありまして。
WiKiにもちゃんと記載があったりします(ないよ)

「Y」 嫁
「N」 内緒

つまり、「嫁に内緒仕様」ってコトなんですが。
見た目は純正そのもの、ただし出音はベツモノ。

家族と趣味、こだわりを高レベルな妥協点に着地させる仕様です。
バレた時のことまでは知りません( ̄ー ̄)
そこは自己責任でよろしくメカドック。



s-IMG_3328.jpg
清々しいまでのフルノーマルのホンダ・インサイト。

新車発表当時すぐに、購入されて速攻でオーディオは取り付け済み。
この時も勿論「YN仕様」でのインストールでした(゜-゜)

今回のバージョンアップも、勿論、「YN仕様」が大前提。
見た目を全く変更せずに、更なる高音質化って・・・ハードル高ぇな・・・。

各ユニットは全て、純正位置に隠し込むので、サイズの制限も厳しめ。
特にこのクルマはトゥィーターが厳しいのです(T_T)


s-IMG_3326.jpg
しかも、純正ナビはやっぱりのパナソニック製。

外部入力を利用して、メディアプレイヤーを導入。
純正オーディオのアナログシステムと
メディアプレイヤーのデジタルシステムの共存を図りました。

「YN」として利用するときは「アナログ」で、完全純正通りの動作をし
一人の時は、思いっきりデジタルで高音質を堪能しましょう(^^♪



s-IMG_3323.jpg


s-IMG_3324.jpg

画像映えしねぇ・・・(-_-;)
まぁ、「YN仕様」の定めとはいえ・・・。



s-IMG_3322.jpg
ラゲッジもいたって普通(^^;

ですが、この下にはDSP-PRO、BEWITHのモノラルアンプが4台、
ALPINEのモノラルアンプ、HELIXの8インチサブウーハーと
実はてんこ盛りの内容だったりします。

純正と高さも変わっていないので、まぁ気づかれることは無いでしょう( ̄ー ̄)


何年かぶりにバージョンアップを行うと、そのユニットの進化っぷりに
驚きを隠せないのです( ̄ー ̄)

これで、またインサイトはまだまだ戦えます。
長くオーディオつづけてくださいー


もう一台の良ベースなハイブリッド車といえば

言わずと知れた、ホンダ・インサイト。

s-IMG_0181_20140326002023b48.jpg
プリウスとは異なるコンセプトのハイブリッド。
基本的にエンジンのかかっているインサイトは、プリウスとは異なり
自分のようなオッサンにはなんとなく安心感があります(^^;

それでも、アイドリングストップだけは・・・慣れない・・・いらない・・・。



s-IMG_9157.jpg
以前の作業ですでに、DEH-P01とパイオニア・PRSシリーズの
3wayスピーカーをインストール済みのこのクルマ。

今回は、ナビゲーションの追加です~。


現存する唯一マトモなインダッシュナビのサイバー・VH。
インダッシュ側でCD・DVDの再生が可能ですので、
ナビ本体はシート下に取り付けても使い勝手に問題無し!です。


サウンドナビを見慣れた僕的に、この圧倒的なナビ質は少々刺激的ですが(^^;

これでもかっ!!ってぐらいに事細かく設定変更可能なので
オーナー様の「こうしたい」に応えることができます。



s-IMG_9158.jpg
インサイトのAピラーは下部が広めなので、スコーカーとトゥィーターの
ダブル付けでも、意外なほどスッキリ取り付けできます。

オーディオベースとしては、優秀な部類だと思います。
結構、繋がりもよかったりします。


ただ、ラゲッジはお世辞にも「広い」とは言えないので
ユニットの選定は慎重に相談したいところですね~。

ここはプリウスが、一歩リードって感じであります(>_<)

弩新車のインサイト!!

マイナーチェンジして、なんだかカッコよくなったインサイト!!
s-IMG_0181.jpg
弩新車の、このインサイトにガッツリオーディオインストールします~。


s-IMG_0184.jpg
漢のナビレス!!

DEH-P01でパイオニアのPRS3wayをフルマルチでドライブ。
ウーファーはインナー、ピラーにはスコーカーとトゥィーターを埋めこみ。

シンプルなシステムですが、コストパフォーマンスは非常に高いのです(^_^)

スムーズで情報量も充分に確保されています。
低域はちょい足りませんが必要にして、充分楽しめるシステムだと思います。


派手な取り付けや、ヘビー級なインストールは似合わないのでシンプルに。
それでいて、音はバツグンにイイ。

ある意味これからの理想のシステムかもですね~。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10