ツィーターってヤツぁ、ホントに偉大なのよね・・・。

ウーファーのように、全身全霊で激しく振幅することもなく。

取り付けにしても、大幅な加工を必要ともせず。


つまり。

美味しいトコどり。


シレっと鳴ってるわりに、想像を絶するほど音質の決定権を握ってます。




ミニ クロスオーバー (1)

このへんのクルマを、あえてリフトアップ。

下げる人がほとんどですが、これはこれでアリ。

あ、あくまでドレスアップとして。ですよ?


純正よりも車高を上げるのは(勿論下げるのも)それなりのリスクがあります。

一般的に、このへんのクルマで車高を上げようとした場合は、

ショック(ストラット)の取り付け部にブロックをかませるケースが多いと思います。

その場合、ショックの1G状態での静止位置は純正車高時と変わらりませんが、

脚は純正よりも伸びた状態になります。

当然、ドライブシャフトやタイロッド、ブレーキホースなども

伸びた位置が標準位置になってしまいます。

そこから、さらにロールすると、内側の脚はほぼ伸びきった状態に・・・。


当然、純正のセーフティーマージンは結構大きく設定してあるので、

すぐに「ど~のこ~の」ってコトは無いでしょうが。


脚周りをイジるのは、「バランスを崩す」ということにほかなりません。

忘れちゃならねぇ、大事なポイントです。




ミニ クロスオーバー (2)
オプション装備のパイオニアナビ付きのクロスオーバーさん。


純正オーディオをベースに、DSPを追加して

大幅な音質向上をしちゃいました!!


アナログ入力時は、純正と全く同様の操作性を確保し

デジタル入力では、純正とは比較にならないほどの高音質化を実現。


ここまで音がよくなれば、もはや別世界。

何故、みんなヤラないのだろうか・・・。




ミニ クロスオーバー (3)

HELIX・DIRECTORの為に設計されたと言っても華厳の滝ではナイアガラの滝。

そのあまりのドンピシャっぷりに、我、驚愕ス。


サイズはドンピシャですが、言っておきます・・・視認性は悪い、と。

変なデザインのサイドブレーキも、結構厄介なんです。

正直言って、このサイドブレーキは使いにくい・・・。




ミニ クロスオーバー (4)

デジタル音源には弩定番のウォークマン。

サウンドサスペンションさんとこの、充電対応ハイエンドアダプター「Type-B」で

DSPまで、劣化の無い綺麗な信号を伝送します。




ミニ クロスオーバー (5)

スピーカーは、モレル・ハイブリッド402スリムをベースに

トゥイーターをピッコロⅡに変更しています。


ええ。

今回のバージョンアップで、ハイブリッドのトゥィーターから

ピッコロⅡへと変更を行いました。


すると、どうでしょう!?

大幅な音質向上が実現しちゃったではありませんか。




ミニ クロスオーバー (6)

嗚呼・・・

いいね、この美しさ・・・。

まさにハイエンド。

まさに至高。

BRAXの商品とかもそうですが、イイものは美しいのでありますよ。




ミニ クロスオーバー (7)

シート下20cmウーハー、ドア10cmスコーカー、ミラー裏ツイーターの

フロント3WAYマルチ構成に加え、ラゲッジには25cmサブウーファーも。


どうでもイイことかもしれませんが、このウーハーとウーハーBOXは

僕が以前乗っていたC-HRのときに使っていたモノをそのまま載せています。

なので、ミニのラゲッジには不釣り合いなほど巨大なBOXになっています。

まぁ、ウーハーBOXは小さいよりもデカイほうがなにかとエエのですよー。




ミニ クロスオーバー (8)

ウーハーボックスの下は、DSPやアンプを収納するスペース。

そのとなりは、小物入れとして利用できるようにしてあります。


小物入れが不要であれば、サブウーハーをラゲッジ下に埋め込んで

フラットな状態でのインストールも可能です。


そうなんです。

意外と最近のミニは、ラゲッジ下が使えちゃうのです。




さてさて。


このミニのオーナー、I様はちょっと前の記事で

シビップを持って来てくれた遠路遥々系のあのお方。


つまり。

東京から自走で来て飛行機で帰り、

飛行機で来て自走で帰る。


あなたは、神か。

否、神だ。

断言しちゃった。



こっちに来るときと変える時とでは、全く快適度が違ったそうです。

頻繁に調整を行っていれば、常に最良の環境で音楽に浸れるのですが、

2年も調整しないでいると、気づかないうちに音が全然変わっています。


幸い、このミニはそこまでズレてなかったんですが、

それでもやはり、「マシ」というレベルで。


ツィーターを換装後、一度全てリセットして

最初から調整しなおしました。


結果として、ツィーター以外のユニットは触っていないとは思えない程

大幅に改善できました。


毎日、お客様のクルマ、自分のクルマ、ディスプレイなどなど

普通よりも多く音楽に触れるようにしているので、

調整技術も少しづつですが確実に向上しています(はず)



「音が良くなりすぎてて、時間を忘れちゃいました」

と、ホントにありがたいお言葉もいただけました。

趣味が多いと大変なのよねぇ・・・

釣れるか釣れないかは、どうでもいい。

ただ、思うがままに船を出し、

思うがままに糸を垂らす。

わかるかい?

これこそが、自然との対話なんだよ。

わかるかい?


いや、ごめん。

全然わかんねー。




X6 オーディオ (1)

BMW ・ X6のオーナのS様は、

それはそれはあらゆる趣味に精通しちょりまして。

しかも、達の悪いコトに、やたらと凝り性。

嗚呼。

奥さんの嘆く姿が目に浮かぶ。


でも、そんなことお構いなしに、趣味に邁進できるのが

なんともやっぱり漢の甲斐性とでもいいますか。

結局、安定した生活と余裕のある金っすよねぇ。





X6 オーディオ (3)

ず~~~っと以前はオーディオコンペにも参加しまくりだった、オーナー様。

最近は、オーディオよりも魚と戯れる時間が大切だったので、

魚探や船外機のチューニングに、勤しんでおられた様子。


くすん。

魚も大事だけど、僕のことも忘れないでいてね。


そんな思いが通じたのか通じてないのか分かりませんが、

今回、オーディオカスタムに久しぶりに帰ってきてくれました!


キャンプ行くときに、後ろが全く見えないくらいの荷物を積むので、

ラゲッジの嵩上げしない、且つレツキッカ、積載量を極力落とさない。

これが、最大の条件。


ていうか、キャンプってさ、不便を楽しむモンじゃないのかね??

  「それは、それ」

ぬぅ・・・なんだかよくわからないが、なんか説得力だけはあった。



そんなわけで、積載を損なわずに最小限の規模でありながら、

過去のコンペ歴に恥じないレベルのオーディオにしなければ!!

と、なんか微妙にハードルが高い感じではありますぞ。



カーオーディオには必須のDSP。

今回の作業で選んだDSPは、HELIXの名機、P-SIX DSPmk2。

デジタル化も見込んでいましたが、オーナー様の使い方だと

所謂、くっそダサイ方のコントローラーでも全く問題なかったので

僕的には、そっちを推してたんですが。

なんだかんだで、やっぱり拘るオーナー様。


結局、DIRECTORを埋め込み加工でインストール。




X6 オーディオ (2)
シート下ウーハーは比較的優秀なので、純正のまま利用して

10cmミッドとトゥイーターをそれぞれの純正位置にインストール。

スピーカーは、モレルのハイブリッド402スリム。

BMWのドアに(ほぼ)無加工で取り付けられるスピーカーとしては

間違いなく最高峰の商品であります。


通常の10cmスピーカーであれば、BMWのドアは

デッドニングの必要ありませんが、モレルの場合だけは別。

是非、ちゃんとデッドニングをしましょう。

それにキチンと応えてくれる、そんなスピーカーです。




X6 オーディオ (4)

今回の作業で同時に取り付けするか、一瞬だけ悩んでいたのが

ウォークマンを使った外部デジタル音源の追加。

ホントに一瞬だけ悩んで、

  「付けといてください」

スピーカーの交換とDSP化で、BMWの音質は

劇的に向上するんですが、さらにデジタル化すると

その向上っぷりにアゴ外れる人続出系。


もうね、デジタル以外では聴かなくなっちゃうレベルだったりします。


スピーカー交換 ⇒ DSP取り付け 

と、来たら、その次は是非デジタル化をお願いします!!


まぁできれば、DSP取り付け時に一緒に付けたいですけれども。

いや、まあ、ホントはスピーカー交換の時にDSPと一緒にお願いしたいですけれども。




直6!FR!ロングノーズ!2シーター!

ついでに、オープン!!


Z4 オーディオ (1)

ついでにって言うな。

どっちかというと、むしろ「オープン」がメインのような気もします。


二人のためのオープンスポーツ、BMW・Z4。

  「BMW乗るなら、直6っしょ??

    ぁはん? あーゆーおーけー??」

って言ったかどうか知りませんが、

拘りの強いオーナーのK様らしいチョイスです。


まあ、買ったそばから、次のクルマは2002だと言ってる、

懲りない人達です。


懲りない人達ですが、愛すべき人達でもあります。


クルマへの拘りも強ければ、オーディオへの拘りも強めで。


いつもいつも、くっそ古いアンプやスピーカー、サブウーハーを

持ち込んで来ては、

  「なぁなぁ?

    これ使ってくれへんの?

      なぁ、これ使ってぇや。なぁ?」

えぇ~~~~い!!!

こんなスペースの厳しいクルマに、古いでかいウーハー使いたがるんじゃねえ!!

誰が覚えてるねん!!

マクロム59.30とか。オーデイソン VR203とか。



Z4 オーディオ (5)

古いユニットを使いたがるんですが、

基本的にやっぱりマニヤは新しいもの好き。


オーディオシステムは、ウォークマンを使ったハイレゾシステムだったりします。

DSPは名機、HELIX・P-SIX2+DIRECTOR。

内蔵6chアンプで、フロント3WAYマルチ駆動としています。




Z4 オーディオ (2)



Z4 オーディオ (3)

ドア純正位置には、モレルハイブリッド402スリムを

インナーバッフルでインストール。

ミラー裏には、同じくハイブリッドのトゥイーターを埋め込み加工。



Z4 オーディオ (4)

足元の純正位置には、ヴィルタスナノカーボン602のウーハーを取り付け。

この型のZ4は、最近のBMWのシート下20cmとは異なり、

キックパネルに16cmスピーカーが取り付けられています。


このナノカーボン602ってユニットは、僕の親指と同じで

厚さ18mmという驚愕の薄さでありながら、

マジか!?ってぐらい低いところまで鳴ってくれます。


どうしてもマクロム59.30を使って欲しかったオーナーK様も

ひとまず、このナノカーボンの鳴りっぷりのよさに

とりあえず様子を見ようか?ということに。





どうせ、しばらくしたら、
また何か古いユニット積んでほしいって言うんだろうなぁ・・・。


とりあえず。

持ってくるだけ持って来て下されー



DSPとスピーカー交換で、更に楽しいBMWライフ!!

待ちに待った愛車の納車日。

いやがうえにも高まるテンション。

今にも叫び出したい気持ちを抑え、乗り込む。


スタートボタンを押すと、軽い振動と共にエンジンが吼える。

さぁ、どこまで行こうか。



X1 オーディオ (1)
しばらくの間は、嬉しさとワクワクで気づかないんですが・・・。

少し冷静になってくると・・・。

  「おぉ・・・。なんだか、音悪くねぇかい??」


そうなんです。

最高に楽しいはずの愛車とのドライブを

台無しとまでは言わないですが、がっかりさせる一因に

「純正オーディオの音の悪さ」ってありますよね。


今回のBMW・X1オーナーのI様も、そんな一人。

低音はモヤモヤしてるし、全体にこもってる感じ。


通常、BMWのオーディオは、シート下20cmウーハーと

ドア10cmスコーカーとのフロント2WAY構成。

実はトゥイーターが装備されていないクルマがほとんどなんですね。


シート下の20cmにいっぱい仕事させて、ドア10cmに繋ぐもんだから

そりゃぁ、まぁ、モヤモヤもしますしコモリ気味なのも頷けます。


トゥイーターが付いていれば、理にかなったフロント3WAYになるので

少なくとも、トゥイーターの追加はしたいところでありますー。



X1 オーディオ (5)
FLACもDSDも読めちゃう、純正ナビ。

読む「だけ」ではありますが、わざわざ、USBメモリーの内容を

書き替える必要がないのは捗りますね~。


今回の作業は、純正ナビをベースに

スピーカーの交換と、DSPの追加であります。


フロントSP信号と、リアSP信号をそれぞれDSPに入力して

フロントは3WAYマルチ化し、リアも調整して鳴らしてやります。



X1 オーディオ (2)
今回選んだスピーカーは、FOCAL・ES100K。

勿論、車種専用品ではなく、通常の4インチセパレート2WAYモデルです。


DSPを追加してマルチ化するので、車種専用設計のネットワークとかに

わざわざお金を払うのがもったいないのです。


ドアのデッドニングは必要なし。

そのままで、充分です。



X1 オーディオ (3)
ほんっっっっっっっっっっっっっっっとに、よ~~~~~~く見ないと分かりませんが

うっすらと黄色いコーンが確認できるようなできないような・・・。


ほぼ確認できないに、5000点。



X1 オーディオ (4)
スッキリと純正然命!でイクなら、断然ミラー裏加工なんですが

今回は、あえてのAピラー埋め込み加工。

せっかくのカーオーディオカスタムなので

どうせならヤッタ感をだそうということで。


純正近似のメッシュ生地で巻き直し、違和感の少ない仕上がり。

でも、明らかに純正とは違う、その存在感。


シート下純正ウーハーにも限界まで仕事してもらってます。

どこまで鳴らす?どれぐらいで鳴らす?いつ鳴らす?

これを全てのスピーカーで、このクルマにぴったり合うように、

オーナー様の好みに沿うように、丁寧に調律していけば

純正では全く味わえなかった、別次元の音楽が楽しめるようになります。



さあ。

今日は、どこまで行こうか。




うちでは数少ない希少な存在・・・それは女性オーナー様。

いや、マジで、冗談抜きで。

ほんっっっっっっっっっとに少ないんです、女性オーナー様。

濃ゅ~~~~い、おっちゃんはこれでもか!ってぐらい居てるんですけど。


ありがてぇのには変わりないんですが、女性でも男性でも。
勿論、濃ゅくてもアッサリしてても。



ミニ オーディオ (1)
そんな超激レアなオーナー様の愛車は、BMW・MINI。

程よく落とした車高も、BCフォージドのホイールも
全て、オーナー様こだわりチョイスの賜物。

ブラウンのボディーカラーも含めて
やたら、「わかった」チューニングが施されちょります。



ミニ オーディオ (4)
今回の作業は、一旦完成した外装に見合う、オーディオカスタム。

エクステリアはイケてるのに、オーディオがスッカスカでは
ドライブの楽しみが144分の1になるってもんですぜ。

ね?旦那(女性オーナーです)


一度、他店で施工されていましたが、
オーナー様の思う方向の音ではなかったとのコトで、
追加施工の依頼で御来店されました。

一般的な街のクルマ屋さんでは、手が出しにくいクルマですので
当然プロショップさんが手がけるコトになります。

そうなると、そうそう取り付けに不備がある訳もなく、
ユニットチョイスが「???」ってこともありませぬ。

こーゆー場合は、一般的な作業よりも
さらに慎重にオーナー様との打ち合わせが必要となります。

以前使っていたユニットの「何が」気に入らなかったのか。
一度インストールしてみて、自分の思う方向性がハッキリしたのか。

必要以上にくっそ丁寧なヒアリングを行い、
紆余曲折を経て、気がつけばなんだか大規模なシステムに・・・・。

いつの間にやら、DAPもWM-1Z・・・。



ミニ オーディオ (2)
試聴を重ねて決定したスピーカーは、モレルの変則3WAY。

音の骨となるウーファーは、ELATE6MWTi。
ドアポケット部を大胆にカットして純正然とした美しいアウターバッフルを作成。

スコーカーは、純正スピーカー位置にインナーバッフルで
ハイブリッド402スリムを取り付け。

ミニの純正スピーカーは、内貼り側ではなく、
ドア側に取り付けられており、ドア内に背圧を開放するタイプ。

6インチウーハーを追加する場合は、
このままの設置方法だと、ウーハーの強烈な背圧に負けて
スコーカーのスムーズな動作が妨げられちまいます。

ちょこっと工夫をすることでウーハーの背圧にも負けず、
スコーカーの背圧をスムーズに抜くインストールとしています。

ちょっとの手間ですが、最終の出音が全く異なりますよん。



ミニ オーディオ (5)
Aピラーには、スプリーモ・ピッコロⅡをスッキリと埋め込み加工。

オーナ様の強い希望で、黒のアルカンで仕上げました。

ミニの天井周りは、明るいグレー。
Aピラーだけが黒いと浮きますよ??

なんて心配を他所に、すでにオーナー様の中には明確なビジョンが。

  「大丈夫です。
    次は、天井もみんなアルカンで仕上げて、真っ黒にするので」

僕の小さなおせっかい心なんて、でっけぇお世話のようで。

このまま、ガンガン突き進んでください!!



ミニ オーディオ (3)
ラゲッジの半分を占めるのは、SW-G50のポン置きボックス。

この下には、DSP-PRO2とARCの4chアンプが2枚、モノアンプが1枚。

ラゲッジボードは簡単にワンオフで作成。
純正よりも少し嵩上げしてスペースと強度を確保。


画像にはありませんが、シート下スピーカーも8インチの薄型に交換済み。

4chアンプ1台で、それぞれLch/Rchを鳴らすことで、
セパレーションを向上させ音離れと立体感を増すことができます。



完成したクルマに乗り込み、まずはAピラーのアルカンの質感に
やたら興奮気味のオーナー様。

次いで、ドアアウターのカッコよさに気づき、更にテンション上がります。
まあ、ラゲッジのウーハーボックスの大きさに、僅かにしテンション下がりましたけど。
想像してたよりもちょこっと大きかったようです。

実際、ラゲッジには何も積まないので、全く問題はありません!
なんとも切り替えの早さの頼もしいことよ。


そして、いよいよお待ちかねの試聴タイム!!
いやがうえにも高まる期待と緊張の一瞬。
いつも、丁寧に時間をかけて調整をしてはいますが・・・

この一瞬は、やはりいつもドキドキします。



音が出た瞬間のオーナー様の驚きの表情を見て、

  「ぃよっしゃー!!」

と、心の中で叫ぶ修ちゃんなのであった。



プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10