やっぱり、普通に「X3」が好ーきー!

や、実際には「X1」の方が好きなんですが。
だって小さいですやんか。

個人的には、昔からFF車が多かったので、
BMWの作るFFだからって、全然拒絶反応ありませぬ。

自分のフィーリングにあったクルマを探すのも
勿論、大切なコトなんですが、
僕的には、そのクルマが走りたいように合わせちゃいますね~。

全く、感性が合わないクルマは乗ってても楽しくないので
考えモノですが、クルマに合わせた乗り方を探すのも、
クルマに乗る楽しみのひとつじゃないでしょうか??

なんか、攻略したぜ!感ありません??



X3 オーディオ (1)
なんだか一部のマニヤから、崇拝されてるっぽい、オーナー様。

本人の一切窺い知れぬトコロで、ひそやかに崇拝されているようなので
全く自覚がないのですが。


ただ単に、このブログの熱心な読者数名が
崇拝というか、心酔しているようであります。


そんな、邪教の教祖に勝手に祀り上げられたオーナー様には
甚だ迷惑な話ではありますが。

そんな教祖様(違う)の新たな相棒は、BMW X3。

  「ん!?このX3、誰のですか!?」
  「なんとなくですが、教祖様っぽくないですか!?」
  「うん、わかるわかる!教祖様のクルマですよね!?」

あのね。
店に遊びに来てくれるのは大歓迎なんですが、
納車前のクルマ見て、教祖祭始めるのはおやめなさい。

てか、なんでわかるんだろ・・・この人たちは・・・。



X3 オーディオ (2)
オーデイオユニットは基本的に、前車からの引継ぎです。

カーオーディオはユニットでの販売なので、
クルマを乗り換えても継続して使える可能性が高いからイイですよね!

イイもの買っても、使い捨てになったら悲しいのです。
気に入ったユニットと末永くお付き合いくださいな。


スピーカーは、垂涎のハイエンドユニット、モレルの3WAY。
スプリーモ・ピッコロⅡ、CDM880Ⅱ、イレイト6MWTiの
鉄壁弩定番チョイス。


ウーファーは、ドア下部ポケットの前側3分の1程度を
加工してワンオフアウターバッフルを作成して取り付け。

めちゃくちゃ自然なライン構成で、全く違和感なく
純正デザインに溶け込んでいます。

どう考えても、X3のドアアウターバッフルのデザインは、これで決まりでしょう!



X3 オーディオ (3)
ほれ、近ぅ寄れ。

ね?
グッと拡大しても、一切破綻の無いデザインだってのが
確認できると思います。

突出を最小限に抑えながらも、
ウーファーは僅かに上を向いています。



X3 オーディオ (4)
スプリーモ・ピッコロⅡは、ミラー裏に埋め込み加工。

純正もトウイーターは、このミラー裏部に内蔵されています。
そのメッシュ部分のみを加工して、スッキリと埋め込みしました。

美しいユニットは、、美しいインストールで一層映える。
あ、なんか名言っぽいこと言った気がする。



X3 オーディオ (5)
BMWのオーディオカスタムにDSPは必須にも程があります。

今回のDSPは、HELIX・DSP-PROmk2+DIRECTOR。
こちらも当然、前車からの引継ぎでありますぞい。


HELIX・DIRECTORは、センターコンソール最前部の
純正では「Qi」の充電部があるトコロをプチ加工して取り付け。

視認性に優れたこの場所は、「Qi」使わない人ならベストだと思います。
頻繁に触るモノではありませんが、やはり露出してた方が便利ですね~。



X3 オーディオ (6)
それに、ホラ。

シャッターもちゃんと閉められますしー。

とは言うものの、このシャッター。
純正ながら、イケてないんですよね、閉めてると。

まあ、収納上仕方ないっちゃ仕方ないんですが。



X3 オーディオ (8)
忘れてました。

スコーカー、CDM880ⅡはAピラーに埋め込み加工。
ちょこっと大き目のユニットですが、
極力大袈裟にならないようなインストールを施しました。

ドアを閉めた時に横並びになる、トゥイーターとの
位置関係も厳密に考慮した、精度抜群の取り付けであります。


画像はありませんが、シート下ウーファーもETON・B-195Neoに換装済み。
20cmの極薄ウーファーですが、
これがまた、実に素晴らしい仕事っぷり。

純正ウーファーもかなりイイ出来なんで、
無理な予算組みで交換する必要はありませんが、
余裕があれば是非是非交換して欲しいのであります。



X3 オーディオ (7)
メインソースは、ウォークメンの金。

まぁ、いやらしい。
わざわざ、「金」とか言わなくてもいいのにね。

WMポートのケーブルコネクターが小さい方になっていますが、
これは、ウォークメンをデジタル再生するうえで、外せないアイテム。

デジタル再生時は、通常は充電できませんが
充電可能にしつつ、驚くほどの精度でデーター転送できる、このケーブル。

くっそマニヤ世界大会が開催されるようなことがあれば、
間違いなく日本代表であろう、
サウンドサスペンション代表の板井氏渾身のケーブル。

その名も「タイプB」


・・・・・・。
・・・。

いや、名前はアレですけど、中身はスゴイんですってば。


ネーミングといえば、サウンドサスペンションさんとこの最新アイテムの
「シグナルバランサー」って商品があるんですが。
試作品をテストさせてもらっている段階で、

  「あのキャラメルですけどね・・・」
  「きゃ、キャラメル!?
    ・・・キャラメル・・・・
      ・・・・・・・キャラ・・・め・・・ル・・・」

いや、ほんと。
そんなに落ち込まないでくださいってば。
悪気あったわけじゃないんですよ?




ただ。

商品画像見てもらえれば、僕の気持ちも
一定の理解が得られると信じてます。



問題は大きさだけ

やはり、漢の子たるもの、大きくならねばならんのです。
いろんな意味で、です。

初老の僕は、もうその辺、悟りの境地なので。
ええ。
朝一でもダメですね。


若干のシモを突然ぶっこんでくるとか、大丈夫か?この管理人。
しかも、ホントに問題なのは大きさよりも硬さだというのに。


G31 オーディオ (1)
や、なんの話かって、5シリーズですよ。5シリーズ。

所謂、5シリーズ ツーリング(G31)ってヤツです。
とにかく、誰が見ても「いいね」と思えるスタイリング。
程よい加飾の豪華すぎない内装。
充分すぎる動力性能。

ホント、非の打ちどころがねぇ業界を代表する一台。


・・・・・・。

・・・。

なんですが。

が。


でけぇんスよねぇ・・・・。

これで、プロボックスぐらいのサイズだったら、
僕的に世界最高認定なんですが。

あ、勿論オーディオは評価に含まれてませんよ?



G31 オーディオ (3)
純正モニターにAVインターフェイスを割り込ませて、
美麗映像のHDMI接続で、「デジ像・改」のGUIを表示。

世に蔓延るインターフェイス業界において、
異常ともいえる高品質を誇る、エイタックさんとこのインターフェイス。

高機能もさることながら、最も重要な安定度がなによりも抜群。
画質も明らかに他社のインターフェイスより跳び抜けてます。

しかも、アレですよ?
今なら、なんと!?
i ドライブのコントローラーでデジ像を操作可能ってんだからね!
すごいね、ビックリだね。



G31 オーディオ (4)
「Qi」を使いたいとのコトで、DIRECTORの設置場所は肘掛内。
ドライバー向けにスラントさせ、視認性を向上させてあります。

今回採用したDSPは、MATCH・PP86DSP。
フロント2WAYマルチ+リアを入力して、
純正音源も高音質で再生可能としています。
当然、純正機能は何一つとして損なわれていません ( ̄ー ̄)

加えて、「デジ像・改」からのデジタル音源も利用可能とし、
更なる高音質環境も構築。
純正モニターに表示されるGUIを見ながら、
「i ドライブ」でコントロールできるんですから、操作性は間違いありません。



G31 オーディオ (6)
ドアポケット前部を大幅に加工して、
美しいラインのアウターバッフルをワンオフ作成。

純正のラインを十分に理解したうえで、説得力のある
デザインを再構築しています。

精度の高さは言うまでもなく。


ただし!!

このG31。
ドア加工が超ハード (T_T)

いや、マジで難産でありましたぞい。



G31 オーディオ (5)
ミラー裏にはトゥイーターを埋め込み加工。

スピーカーは、以前からお使いのARC AUDIO・BLACK 2WAY。

キレ良く、伸びる低音に、少し明るめのトーン。
声にちっとだけクセがありますが、すごくいいスピーカーです。



G31 オーディオ (2)
ラゲッジ最後部の僅かな空間を巧みに利用して、
薄型の8インチサブウーファーを埋め込み加工。
BOX容量はなんとか12Lを確保しています。

僅かに生地の色目が異なる部分が、今回加工したトコロ。
前半分は純正のままですので、純正と同じように
小物入れとして使えちゃいます。


純正でシート下に、8インチウーファーがステレオで仕込まれているので
それらを含めたフロント3WAYマルチ+リア+サブウーファーを構築。

フロント20cmウーファーあるのに、ラゲッジに20cmウーファー要る??
そう思われるかもですが、答えはズバリ!

  「あったほうがイイ」

シート下のそれとは、利用目的が異なります。
ラゲッジのウーファーは極々最低域だけを鳴らし、
残響や環境音を再現し、空間の広がりを演出しています。
同時に、高級感を付加することにも貢献。

嗚呼、偉大なり、サブウーファー。



G31 オーディオ (7)
同時に、レーダーも。

メーターナセルとピラーの間が狭く、
ダッシュの肩が張っているので、ポン置き設置はかなり不細工です。

簡単にステーを加工してエアコン吹き出し口付近に取り付けています。
配線もほとんど見えません、これ当然。

  「だってプロだもの」

みつおだってそう言ってます。



G31 オーディオ (8)
必須というか、いろいろと欠品続きの爆売れ商品、ドライブレコーダー。

「きもとさん」がこの世で唯一貢献したとすれば、これでしょうか。

ナニも無いに越したことぁないんですが。

抑止力としても防衛力としても必須ですね。



撮影し忘れてますが、リアモニターも同時に取り付け。
家族でドライブに出かける時には大活躍間違いなし。

大幅すぎる改善を果たしたオーディオで
超快適なドライブを楽しんでくださいねー (´▽`*)



怒涛の1日4台連続納車! その3

いや、そもそもですね?

スピーカー交換、ミラー裏埋め込み加工、オーディオプロセッサー
言うなれば、フルシステムに近い規模の作業をですよ?

その日の朝預かって、その日のうちに納車するとか、
どう考えてもクリーニング屋さんの発想です。

しかも、僕はクリーニング屋さんで働いた経験が無いのに(多分、関係ない)



F60 オーディオ (1)
弩新車、というかディーラーからここへ納車されて、
お客様に納車説明するというね ( ̄▽ ̄)

んで、そのままオーナー様は代車で職場へGO!
仕事帰りに、ここで納車って寸法なのであります。


ぬう・・・。
マニヤうのか・・・・一抹どころの騒ぎではない不安が・・・



F60 オーディオ (3)
BMW MINI・クロスオーバー クーパーSD(F60)

BMWでお馴染みの「i ドライブ」のような、というか
実際同じ部品が使えるんですが。
ナビ一体型のモニターオーディオが標準装備。

円盤派にはツライ、ドライブレスになっております。
音源は、もっぱらUSB経由。


BMW系は、純正でも「FLAC」が読めたりするので、
ワリと使えますよね ( ̄ー ̄)
選曲も楽ですし。
選曲も楽ですし。
しかも、選曲も楽ですし。
なんといっても、選曲も楽ですしね。

音はアレですが。


今回の作業は、純正デッキ利用のDSP追加&スピーカー交換。

オーディオプロセッサーは、お馴染みのMATCH・PP86DSP。
スピーカーは、薄型10cmセパレート業界最強の名を欲しいままにする、
モレル・ハイブリッド402スリム。


さぁ、気合を入れて取り掛からないと、マジでマニヤわない!!



F60 オーディオ (2)
画像からもわかるように、F60のスピーカー設置場所は、
ドア最上部にも程がある場所にあります。

これで、ドア下部に16cmウーファーがついていれば、
ホントに文句無しなんですけどね (´・ω・)

付いてないんですよね、これが。

F60で考えられる課題は、やはりシート下20cmウーファーと
ドア上部の10cmミッドとの音の繋がり。

一般的には、ドア10cmミッドは「200Hz」程度でハイパス(低音側をカット)し
シート下ウーファーを「200Hz」でローパス(高音側をカット)がセオリー。

セオリーと言えばセオリーなんですが。
なんといっても僕はセロリが嫌い。

そう!!
セロリが嫌いな僕は、セオリーには従えないのです!!!



そんなわけで。
セロリに関係なく、各ユニットの性能を限界まで試してやりたいわけです。

シート下ウーハーは、純正であれば「200Hz」まで余裕で鳴るので
心配はしていないのですが・・・。

ドア10cmミッドは「100Hz」は余裕で鳴って欲しいし、
できれば、聴こえる程度でイイので「63Hz」まで欲しい。

「50~100Hz」は鳴ってるだけでイイんです。
ここが全然聴こえないユニットだと、
シート下20cmウーハーと音を繋ぐのが難しくなってきます。

特に今回のように、極端に位置が高い10cmミッドだと
尚のコト重要な要素になってきます。

ココが繋がりさえすれば、勝ったも同然 ( ̄ー ̄)
トゥイーターとかは、あとでなんとでもなりますー。



そんなこんなで。

夕方には音出し&各部チェックまで完了しました ( ̄▽ ̄)
外の作業部隊とクルマを入れ替えて、あとは調整を残すのみ。


ここから先は、僕が集中してヤリます。

では、おもむろに。
調整用楽曲を厳選したUSBメモリーを差し、
DSP設定調整用のPCを接続。

先にチェック済みの「純正オーディオの美味しいボリューム位置」と、
DSPの入力感度のつじつまを合わせます。

BMW系の純正オーディオでは、ナビガイド音声やハンズフリー通話は
デッキのボリュームノブで上下ができるんですが、
ゴング音やPDC音は相対ボリュームではなく、絶対ボリュームなのです。

???
分かりにくいですよね。
詳細は来店時に詳しく解説しますので、
お気軽にお越しください&ガッツリ買ってください!


んで。
初期設定を終えて、調整を始めたんですが。
シート下ウーハーの音の様子がどうもおかしい・・・ (-_-)
DSP上でアレコレ変更してみたら、右のウーハーが逆相っぽい。

ノオーーーーーーーーーーッ!! (≧◇≦)
このタイミングでの配線ミス!?

言うてる場合やないので、早速バラしてみると
残念ながらBINGO!!
速攻で改善して組み上げ、再度調整。


うん。
今度は大丈夫 (;´Д`)

気付くのが早くて、なんとかマニヤいました。
ぶっちゃけ、DSP上で右のウーハーだけ逆相にしても
結果は同じなんですが・・・。

そんなコトしちゃったらプロ返上。
ミスは誰にだってあります。

だって人間だもの。みつおだってそう言ってます。

いかにミスを減らし、リカバリーを確実に行うか。
毎日毎日、確認の日々なのです。

あなたもわたしも、DSPのある生活(くらし)

今回はちょっと反省から始めてみよう、そうしよう。

基本的に波風立てたくないぜ!いえぃ!な、
僕的には、常に低姿勢低姿勢。
脚で歩くというよりも、毎日が三点倒立に近いスタイリング。

口癖は、「へいへい、えろぅスンマヘン。わてが悪かったどす」

・・・・こいつ、ホントは反省していない。


さてさて。
今回の作業は、BMW ・ F20。

所謂、1シリーズってヤツであります。



F20 audio (1)
前期型の、誰が呼んだか、通称「たれパンダ」

ぶっちゃけ、好き嫌いの分かれるデザインだと思いますが、
僕的には全然アリ。
否、むしろスキ。

本物(?)のたれパンダにもリラックマにも興味はありませんが、
この子は好きですね~。

手ごろなサイズに抜群の動力性能。
どこに欠点が見いだせようか?


あ!!
あった!!
めちゃめちゃ大きな欠点がッ!!!

そう。
それは、オーディオ。

ノーマルはもとより、オプションを選んだところで
純正のオーディオは、納得できるレベルにはなっていません。


そこで、颯爽と現れるのが、純正オーディオの救世主!
 
 「DSPのある生活(くらし)」


そう!
実は「DSPのある生活(くらし)」はYN仕様に完全対応。
なので、施工画像があまりありませぬ。



F20 audio (2)
さらに付け加えると、このクルマ。

すでに、FOCALの車種専用品が取り付け済み。
シート下のウーファーもご丁寧に換装されています。

ミラー裏をよ~~~~く見てもらうと、
うっすらと黄色っぽいダイアフラムが確認できます。

や、うちで付けたものではありませんぜ。


MATCH・PP86DSPをラゲッジサイドに取り付けし、
純正アンプからフロント2WAY+リアの信号を入力します。

PP86は、6chまでの信号がミックスできますので、
一般的な車両であれば、たいていはカバーできます。

DSP内でAD変換を行い、2WAY信号をミックスして疑似的に
フルレンジ信号を生成します。

この疑似フルレンジ信号を、フロント3WAYマルチに割り当てることで
純正オーディオ信号をDSPで詳細に調律することができます。


さて。
出音の方はと言いますと・・・。

ん?
ミッド(ドア10cmね)全然「下」でぇへん・・・。
ウーハー(シート下ね)全然「上」でぇへん・・・。

せめて、ミッドは100Hz。
ウーハーはできれば200Hzぐらいは聴こえて欲しいんですが。
鳴ってる、ってだけのレベルでは、苦戦必至。

ぬぅ・・・。
コイツは長い夜になりそうだ(納車は2時間後です)


・・・・・・・・・・。


・・・・・・。


・・・。


そんなこんなで、なんとか調律しましたが (;一_一)


オーナー様的にも、納得はして頂きましたが、
以前組ませてもらった「初めてのカーオーディオ」で感じたほどの
感動は与えられませんでした。

海より深く反省。




と、見せかけて。

  「うん!これこれ!」

と、言ってもらえるまで何度でも調整しますよ!!



妄想はやがて現実となる

願い続けるその力こそが原動力。
やっぱりね、想い続けるコトって大事なのよね。

忘れずに願い続ければ、想い続ければ、いつか・・・きっと。



X3 audio (6)
会えば元気になる系代表のY様のX3・M40d。

つい先日、勝手に妄想特急的な記事を掲載したばかりですが。


僕以上に妄想特急でした!!
オーナー様の方が(倒置法)



X3 audio (9)
病院の待合室で「店長に聞く帖」をしたためる程に
妄想が止まらなかったオーナー様。

あらゆるパターンを想定し、

  「このスピーカーを活かすには・・・」
  「見た目的に、この場合は・・・」
  「いや、こっちの方が・・・」
  「訳わからんようになってきたから聞きにいこ」

などなど。
実際に見せてもらいましたが、いいですね!
この妄想感溢るる生きざまに、感動した!


結局、「店長に聞く帖」が役に立ったかどうかは永遠に謎のままに
既存のDLSのスピーカーをフル活用する方向で落ち着きました。


僕の脳内で勝手に推し進めていた、X3・フロント4WAY化計画が
ついに陽の目を見る時が来た。


ドア中央前部の純正スピーカー部には、4インチスコーカーを
プチエンクロージュアー化して取り付け。
取り付けというか、取り付け済みのものをプチエンクロ化。

ミラー裏部には、スッキリとトゥイーターを埋め込み加工。

今回追加したのが、ドア下部の6インチウーハー。
ポケット前部を加工して、ワンオフのアウターバッフルを介して取り付け。



X3 audio (10)
純正然としたデザインで精度高く加工しています。
ポケットも勿論、利用可能であります。

純正で多くあしらわれている、キャメル色を差し色としたリングを
追加することで、統一感とちょっとした遊び心を加味しています。

このデザインなら、後付け感を嫌う人でも
それほど違和感なく受け入れてもらえるのではないでしょうか??


初めて見たオーナー様の喜びようったら、みんなに見せたいぐらいです。
スーパーマリオ並みの飛び上がりっぷりを披露してくれましたから。



X3 audio (7)


X3 audio (8)
HELIX・P-SIX2+DIRECTORの鉄壁コンビに
ウォークメンのデジタル音源を加え、理想的なカーオーデイオ環境に
また一歩近づきました。

フロント4WAY化の恩恵は凄まじく、
それぞれのユニットにイイ仕事をさせてあげられます。

声はより一層生々しく、実在感を伴いだします。
低音域の情報が飛躍的に増えることで、
音に芯が加わり、空間表現が大幅に改善。


もう少し、時間をかけて調整を追い込んでいきましょう!!
更に魅力的な音の世界が待っています!!



プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10