ホームオーディオマニヤにYN仕様で立ち向かう!

世間一般にはなんとも思われないかもなのですが・・・。

音楽好きな人には我慢できないのが、
BMW系純正オーディオの想像を絶する音の悪さ (ノД`)・゜・。

アレはもはや拷問レベル。
人知の及ぶ範疇を遥かに凌駕しちょります (゚∀゚)



s-IMG_4626.jpg
思わず、量産型ゲルググかと見紛うボディーカラー ( ̄ー ̄)
黒い部分をグリーンにしたい衝動に駆られます。
勿論、Mrカラーで塗ります!


ホームオーディオを嗜むオーナー様、試乗した瞬間、
  「マジか・・・これ・・・」
と、思わず絶句してしまったとか。

うんうん。
わかります。

音楽好きな人で、あの音聴いてられるとか
ちょっと考えられないっすよね!
と、全力でミニ純正オーディオ罵倒大会(個人差あります)

  「ほんまになんとかなりますのん??」

なんとかしてみせまっす!! (`・ω・´)



s-IMG_4629.jpg
交換しよう!とかいう気を
根こそぎ刈り取る系の純正オーディオ周り (-_-メ)

幸いにして、最近のBMW系の純正オーディオは
FLACやDSDを読めるんです(読めるだけでも頑張ってるよ!)

普段から聞いてるハイレゾ音源をUSBに入れて
手軽に再生できるの「だけ」は有り難い ( ̄▽ ̄)


今回は、この純正オーディオをベースに、
オーディオプロセッサー追加とスピーカーの交換を行いますー。



s-IMG_4627.jpg
ドア純正位置にインナーバッフルで取り付けているのは
トレードインできるユニットでは現在考えうる中で最も音が良い、
モレル ・ ハイブリッド402スリム 

このユニット、固定方法にちょいとクセがあるので
クルマに合わせた工夫がいろいろと必要だったりします (-_-)

少し手間はかかりますが、聴かせる音は素晴らしいモノがあり。

所詮薄型の4インチトレードインでしょ??
そう思うなら、まずは聴いてみ?

明らかに他社よりも優れたパフォーマンスを発揮しますぜ ( ̄ー ̄)


ミラー裏にはひっそりとトゥイーターを埋め込み加工。
基本的に「YN仕様」ではありますが、
ここはオーナー様の熱く譲れない魂の結晶と、見逃してください。

どう考えても、トゥイーターは露出してる方が有利ですってば (*'▽')


シート下のウーファーは、未交換。
20cmウーファー、10cmスコーカー、28mmトゥイーターの変則3WAY。

オーナー様も、ドア上部の10cmとシート下20cmの音が
ホントにちゃんと繋がるのか??と不安に思われていました。

ごもっとも。

普通に考えたら、厳しいにも程があります。
しかも、純正の「あの」くっそひどい音を聴いた後なら尚のコト。


さてさて。
ドキドキの試聴タイム。

ニヤケ気味の僕の顔をチラリと横目に、
オーナー様、一瞬ホッとしたような顔。

そそくさとゲルググ(ミニだよ)に乗り込んでみると・・・・。

一面のニヤケ面のオーナー様。
  「 (よっしゃ!!) 」
と、僕の中のリトル修ちゃんが、小さくガッツポーズ。


まずは、最大の懸念材料であった「繋がり」はクリア。
目の前に広がるステージと高い定位も合格 (*'▽')

もう一つの懸念だった、奥行と幅も想像してたものよりも
全然広くて、こちらも合格 (*'▽')

ほんの少し堅さを感じるものの、そこはエージング後の
再調整で修正可能な範囲 (*'▽')


満面の笑みでゲルググ(ミニだってば)から降りてくるオーナー様。
この瞬間、全てが報われるのであります (´▽`*)


BMW系純正オーディオにお悩みの方々、
是非、お気軽にご相談ください (*´▽`*)

想像を超えた体験ができたりできなかったりします!
否、否、無限大に否。
「できる」、とここに断言しよう。
そうしよう。


BMW 3シリーズ 今昔物語

春はあけぼの。
ようよう白くなりゆく山際、少し明かりて、

って、春の話題?
このクッソ寒い今日に?


いや、論点はソコじゃないと思うぜ、きっと。



F30 (1)
うちのコンペ組でもベテランの若手(?)である、Y岡兄弟の兄者の方。

前期型のE90に別れを告げて、今ナウ、F30の前期型へと
新しく生まれ変わります ( *´艸`)


F30 (2)
って、E90!?
フロントぶつけてますやん!?

ぶつけたから乗り換えたわけじゃないですよ??
乗り換え決まってから、ぶつけられたんですよ、実は。

「現実は小説より奇なり」とはよく言ったモノで、
まさかのこんな絶妙すぎる最悪のタイミングでぶつけられる?普通?
ってぐらい、すんごいタイミング (-_-メ)

でもまぁ、F30に乗ってなくてよかったよかった。
こっちでぶつけられてたら、リアルにちーーん (ノД`)・゜・。



F30 (6)
ユニットは全て、E90からの移植。

現在最強のプロセッサー、DSP-PRO+DIRECTOR。
コンペでは常勝ユニット、モレル・イレイト3WAY、BRAXのアンプ。



F30 (3)
ドアは、全体をフルカスタムした一枚モノ。

本革で巻き直してあり、デザイン、質感、精度、その全てが
純正を圧倒的に凌駕します。
そして、なぜかステッチは赤。

何故かって?
聞かないで。いろいろと理由があるのよ。
大人になればわかるわよ。



F30 (4)
ウインドーフレームカバーのミラー裏部を加工して、
ピッコロ2をスッキリと埋め込み加工。

純正位置に隠すのも勿論ステキなんですが、
やっぱり埋め込み加工の、この素敵ップリには勝てません。

乗り込むたびに「ん~~~カッコイイにゃー」って撫でてしまいます。



F30 (5)
スピーカー周りの全体図。

イイ音聴かせそう感がプンプン漂ってきやがりまくりだぜ。

















F30 (7)

!?

なんか「具」、丸見えなんすけど・・・。
なんすけど、って取り付けてる側のセリフじゃない。


ホントはね。
E90はうちで買い取りするはずだったの。
んで、そのお金でラゲッジもちゃんと組む予定だったの。

でもね。
E90が、あんなコトになっちゃったじゃない?
買い取りできないよね、同じ金額じゃ。

だから、ね?
わかるよね?


ぶっちゃけ、作り込んだところで音がよくなるわけじゃないので
今回は後回しにしたのさ!!



今は昔。
カバーも作成して、完成した暁には
ふ、と思い出すこともあるだろう。
ああ、こんな時代もあったよなぁ・・・。

と。











今昔物語と題していながら、枕草子で始まってるやん!?
って、何人の人がつっこんだだろうか・・・。


たまにはインテリアコーティングの話でも

ホームページ上では告知しておりますが、
AV KANSAI全店において大好評なのがインテリアコーティング。

ひとくちにコーティングといっても、いろんな種類があるわけですが。
うちで行っているのは、内装専門のコーティング。

黒っぽい内装だとあまり気にならないかもしれませんが、
淡色、特に流行りの「白」内装の人!!
要チェックにも程がありますぞい!!


驚きの耐久力!インテリアコーテイング

そんな、インテリアコーティングをご用命いただきました、このクルマ。


s-IMG_4164_201810251933110db.jpg
BMWの旗艦、M760Li

お値段驚きの2500万オーバー (゚∀゚)
その動力性能たるや!!

610PSのバカげたパワーで、0-100kmなんと3.7秒!?
991カレラGTSと同じ!?

こんな2.3tもある巨体が、ポルシェと同じように加速していく・・・。
想像しただけで震えがおさまらねぇ。

もっと震えるのは、GTSオーナーですよね(´Д`)


s-IMG_4170_201810251933103ad.jpg
エンジンの見えないエンジンルーム ( ̄ー ̄)

ぎっちぎちにも程がある。
少なくとも、春先にネコが侵入して困ったニャーとは無縁 (ΦωΦ)

まぁ、普通の人は買わないっすよね、M140とか

いや、マジで(´Д`)

最もお安い新車の「1シリーズ ・ 118 i 」が、317万・・・。
同じく「1シリーズ ・ M140 i 」だと、652万・・・。

倍以上じゃないか(゜_゜)
とはいえ、「118」のエンジンは1.5Lツインターボで136PS。
「M140」のエンジンは3Lツインターボで340PS。

なんだ、馬力が倍以上あるからお得なんだね!
てへ(・´з`・) ←バカ


とある人に、
  
  「店長(僕ね)って、世界てへが似合わないヤツ選手権で
    3位ぐらいに入賞できそうですよね」

って言われましたけど、そんなコトないよね!?
割と似合うよね?
てへ (ΦωΦ)



s-IMG_4299.jpg
比較的コンパクトなボディに、とんでもないパワーを詰め込んだ
羊の皮系のお手本のような一台。

パッと見ぃは、普通の1シリーズなんですが、
その秘めたる本能はドウモウそのもの。

結局、アレですよ。
普通買わないよね~とか言いながら、
買っちゃう人が羨ましくてしょうがないんです、ええ。



s-IMG_4300.jpg
M140と言いながら、純正で地デジがないとか (´・ω・`)

エイタックさんとこのAVインターフェイスを取り付けて、
地デジの視聴を可能にしてあります。

断熱フィルムも施工してあり、受信感度が心配だったので
地デジのアンテナは全て、バンパー内に取り付けてあります。

工賃は勿論それなりに増加しますが、
地デジ大好き!!な人には是非オススメします (゚∀゚)

最近のクルマは、高周波まみれのノイズ祭りなので
地デジ受信にとってイイ環境とはいえません。

車外にアンテナを設置することで、大幅な受信環境の改善につながります!!



s-IMG_4302.jpg
同時にDSP取り付けとスピーカー交換も行いました(*´ω`*)

スピーカーは、お馴染みDLS ・ UP4。
僕も自分のクルマに取り付けているんですが、
素直で聴き心地のイイ音が大好きです。
10cmでも結構低いところ鳴ってくれますし ( ̄▽ ̄)

うちでは、モレルのハイブリッド402以外の時は
デッドニングは基本的に行っていません。
勿論、施工するに越したことはないんですが、
最初は無しで全く問題ありません (*'▽')



s-IMG_4301.jpg
絶対言っちゃダメですよ?
実は・・・M140の純正オーディオにはトゥイーターがありません (´゚д゚`)
そのくせ、センタースピーカー付いてるとか・・謎は深まるばかりです。

まぁ、純正オーディオになんて「ノミ」ほどの期待もしてないので
どうでもイイんですが、ミラー裏のこの純正部品だけついてて欲しかった・・・。

1シリーズ、2シリーズ、3のクーペ、4シリーズはここの部品が
結構高くつくんですよねぇ・・・ (;一_一)



s-IMG_4303.jpg
恐らく、このモデルが最終型になるかと思うんですが。

このタイミングでコンソール周りを大幅に意匠変更してくる!?
A/Cパネル下のちょこっとしたサービス用のパーツに
DIRECTORを埋め込むのが定番だったのに・・・。

グローブボックス~コラム下辺りまでの一体モノに変わっちゃってます。
てか、そもそもA/Cパネルの形状どころか、
ダッシュボードの造形そのものが変わってます (´・ω・`)


生ける屍の僕が伝説級のクルマに乗ってみた!

いや、待て。
芋のご時世に、伝説て・・・。

ねぇ?

巨神やないんやから。
一昔前の中学生なら好んで使ってた言葉でしょうけど、伝説。

ですが!
あえて言おう伝説であると!!


s-IMG_4284.jpg
BMWになったMINIの初代モデル、いわゆる「R50」型。

なかでもクーパーS系はR53と呼ばれます。
いまでこそ、ジョンクーパーワークスと言えば、MINIのホットモデルとして
すっかり認知されていますが、当初はグレード扱いじゃなかったんですよねぇ。

そもそも車名が「MINI クーパーS With ジョンクーパーワークス GPキット」

SCで加給される218PSのエンジン、6MT、なんと2名乗車(*´▽`*)
マニュアル化されたエアコン、手動格納に変更されたミラーとか
徹底的な軽量化が施されたメーカー純正の化け物です。

世界限定2000台、日本への正規導入は200台。
キングメタルスライム級のレアな車です!!

こいつはマジで欲しいぜ!!!



s-IMG_4286.jpg
今回の作業はヘッドユニットの換装。

この時代のミニは、比較的簡単にデッキが替えられてハッピーです(´▽`*)
ヘッドはパイオニアのDEH-970。

そこそこ使える内蔵アンプに2WAYマルチが単体で組めちゃうので
コスパは相当に高いユニットです( ̄ー ̄)
ブルートゥース接続にも対応しているので
ハンズフリーは勿論、BTオーディオでお手軽に音楽が楽しめます。



s-IMG_4285.jpg
初代ミニのドアは、デザインはともかく、一見すると普通のドア。

ですが、ドア内貼りそのものがパッキンの役目を兼用するというヘンテコな構造(;一_一)
ドア中央のデカイシルバーの楕円部分裏は、まるごとごっそり「穴」です(+_+)

穴をふさいで、スピーカーの前後の空気を分断するっていう、
デッドニングの最も根本的な作業に悪影響がでるのは避けられません。


んが。
なんだかわかりませんが、このドアって結構ちゃんとした音が聴けちゃうんですよね!

今回は実はスピーカー交換すらせずに、マルチ駆動に変更しただけ。
勿論、純正スピーカーなんでデッドニングすらしてません。

純正スピーカーにデッドニングなんてしたって、ほんと、なんの意味もありません。
確かに音は変わります。
でも。
だから?
ふーん、そう。それはよかったね。的な感じです。

デッドニングなんてもんは、ヤルに越したことはありませんが、必須ではありません。
不満を感じれば、施工すればヨロシ( ̄▽ ̄)


事実、このミニ。
純正スピーカー、デッドニングなしで

  「あれ?・・・ちょっと待って・・・結構イイ音してない?」

って、オーナーさんも僕もちょっと納得しちゃうクラスの出音です(*´▽`*)

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10