嬉しいサプライズ!!

遠路はるばる系にも程がある。


お気軽にお越しくださいね、とはやすやすと言っちゃイケない。

でも来て欲しい。


ん~・・・ジレンマ by中村由真。


中村由真って誰やねんって声もチラホラ聞こえますが、

このブログのメインターゲーットは、ぶっちゃけ 「おっちゃん」


否、ターゲットにした覚えは無いんですが、

いつのマニヤら、メインの読者層が

想定していたよりも若干高めになっています。


この記事書いてる中の人は、ナウでヤングなクールガイなんですけれども。




s-IMG_7101.jpg

!?

こ、ここここここここここここここれはッ!?

もしかしなくても、もしかするッ!!




s-IMG_7102.jpg

ペポーーーーーッ!!


あぁ・・・・・

なんて愛しさなのかしら・・・。


この、誰にでも描けそうで描けない絶妙なバランス。


さぁ!!

思うがままに

欲望のままに

熱い胸の滾りのままに

頭から喰らいついてやるペポー!!




s-IMG_7089.jpg

ディーラーから直行系の弩新車なんですが、

その前に、ちょっと 「お祓い」 行ってきます。


ってことで、ついに納車と相成った、トヨタ ・ アルファード。

お祓いした後に、寄っていただきました。


決定するまでには、やはりそれなりの紆余曲折。

  「車高調入れた方が・・・」

  「却下」

  「21インチのアルミホイー・・・」

  「却下」

  「モデリスタのエア・・・」

  「却下」

  「マフr」

  「却下」

ことごとくの提案を蹴り倒し、ひたすらオーディオと

エンタメだけを追求した一台になります!!


TENGA(違う)採用以降のトヨタ車の完成度はホントにスゴイんです、マジで。

そうやすやすと、足回りとかに手を入れるべきじゃありません。

スタイリングを追求するって場合は勿論かまいませんが、

メーカーのエンジニア達が、長い時間かけて煮詰めてきた

この素晴らしいバランスをわざわざ崩すなんて、マジで勿体ない。




s-IMG_7088.jpg

なのに・・・・

なのに・・・・・・・。


何故、このジャンルは退化する!?

新型のアルファードにも、所謂、ディスプレイオーディオが採用されてます。


地デジも無い。

DVDどころか、CDも無い。

ナビも無い。


なんじゃそれ。

この無さっぷりには、シブがき隊 も 吉幾三 も驚愕間違いなし。


悲しいけど、これ標準なのよね。


だがしかし!

新しい時代の自分好みのオーディオを国民が得るは、歴史の必然である。

ならば、我らは襟を正し、このディスプレイオーディオを攻略しなければならぬ。

このツラク悲しい現実に背を背けているだけでは

本当の勝利は得られぬ!!


そんなわけで、ディスプレイオーディオの攻略もやっちゃいましょう!!




s-IMG_7097.jpg

ゴルフ7 GTi TCR

限定車のはずなんですが、何故か立て続けに3台も作業がありました・・・。


そのうちの一台。

最初に作業させてもらった、H様のTCRがさらにバージョンアップ。

予告どーり、猫よけ作業だニャー。




s-IMG_7098.jpg

猫の気持ちになって、侵入経路を考える。

ここから入れそうだニャー、な場所に

徹底的にトラップを仕掛けてやるぜ!!


ホームセンターとかで販売されている猫よけマットを、

侵入経路にビッシリと敷き詰め、

子猫ならやすやすと侵入できそうなダクト部には、

アルミのメッシュを貼り込みます。

脱落防止のためにエポキシボンドで固定し、異音防止に適宜インシュロックを併用。


これで、この春も快適な 「No猫ライフ」 が過ごせます。




s-IMG_7100.jpg

同時にサイドカメラも取付ちゃいました。

右シート下の純正地デジチューナーを加工して映像を入力し、

テレビキャンセラーをインストールすることで実現しています。




タイトルの嬉しいサプライズってのは、シビップのこと。


ではなく、シビップを差し入れしてくれたお客様のコト。

や、シビップも嬉しいですよ、勿論。


およそ2年ぶりの御来店は、遠路はるばる系。

成田空港だか、羽田空港だかのご近所様。


はっきり言って、関西人で滅多に飛行機に乗らない人は

羽田と成田がどこにあるかもよくわかっていないはず。

それどころか、違う空港かどうかも怪しいよね。


いや、それにしても久しぶりにお会いできて感極まる系です。

お約束のシビップまで持参していただいて・・・。

ありがてぇにも程があります。


そして、バージョンアップの依頼まで!!

  「置いて帰るんで、終わったら連絡ください」

  「じゃ!」

と、颯爽と去るその後ろ姿は、もう涙でかすんでハッキリとは見えなかった。



・・・・・・くれぐれも売りつけたんじゃぁないですよ?

・・・多分


















s-IMG_7106.jpg


ペポー








新年明けましておめでとうございます~

年末の超バッタバタもなんとか乗り越えて、
ほっと一息つきたいところではありますが。

なかなか、そうも言ってられない今日子のゴロー。


そんなわけで。
昨年中は、ほんっっっっっっっっっっっっっっっとに。

お世話になりました。
いや、マジで。

皆々様に助けられて、AV KANSAI 堺はやっていけてるのでありますよ。
ありがて~にも程があります。

今年も引き続き、御愛顧のほど宜しくお願い致します。



s-IMG_4113.jpg
一説によると、今年はナニやら「ネズミ年」だそうですにゃー(ねこ?)

某黒いネズミもさぞや忙しかろうて。
あやかりてぇあやかりてぇ。






こ、ここここれはッ・・・・!?まさか・・・寿司の差し入れ!?

いや、マジでそのまさかでしたっ (´▽`*)


旨い寿司が食べたいから、わざわざ淡路島まで足を運ぶ。
そこでしか食えないとんでもない鮮度のネタ。

時間をかけて訪れる価値がある。


当然ながら、僕が行ったわけではなくて。

わざわざ、お土産に買ってきてくれました!!



寿司 (2)
知る人ぞ知るの極み。

淡路島の超名店、「林屋鮓店」


もちろん、事前予約なしでは入店すらままならない。
毎日、オープンと同時にほぼ満席というお店。

持ち帰りということで、握りってわけにはイキません。
乾燥しちゃったら、ホント、台無しですもんね。

お持ち帰りには、比較的乾燥に強い「太巻き」 (*´ω`*)


しかも、嬉しい人数分 (≧▽≦)

これで、血で血を洗う殴り合いの争奪戦にならなくて済みます。



寿司 (1)
太巻きも、めちゃめちゃ旨いんですが。

太巻き食べた後に、デザート感覚で食べる、少し甘めの「卯巻き」
これがまた、たまらなく旨い!!


淡路島からの帰りに寄っていただいて、この味。

ってことは、現地で食ったら・・・・・。

想像するだけでエンドレスヨダレ。



T様、わざわざホント、ありがとうございましたにも程があります!!

また、お願いします!! ( ̄▽ ̄)

久々にヤリます!!厳選(超個人的)差し入れ特集!!

世間一般の方々においては周知の事実の一つに、
僕が甘いもの好き、だっていうのは欠かせないと思うのです。

実際、このブログを見てわざわざ赤福を買って持って来て頂けるような
涙ちょちょぎれ系のココロ温まるエピソードには事欠かないのです。


そして、それはいつのまにか・・・。

  「AV KANSAI行くときは、甘いもの持って行かなアカンらしいで」

などと、都市伝説ヨロシク、噂が独り歩きはじめて。


ヒドイ時には(ヒドクても嬉しいんですけどね!)、
ブログに載せてもらいたいがために、差し入れレベルを競い合うまでに・・・。

いかんいかん。
皆さんお忘れか?
AV KANSAI 堺店は、カーオーディオプロショップですよ?

甘いものに囲まれて、幸せのひと時をむさぼっているだけの
堕落しきった野郎共の集団ではありません、決して。


そんなコトがあって。
差し入れの画像掲載は(一部を除き)控えていたのですが。


皆皆さまからのクドくて濃くて熱いリクエストにお応えできないなんて
プロショップの名が廃るってなもんでい!!

いや、漲るところがそこじゃないってのは重々承知!!


久しぶりに、厳選差し入れフォルダーが火を噴きます!!



s-IMG_1693.jpg
いや、これ・・・差し入れ・・・か。

新鮮にも程がある採れたての玉ねぎ!じゃがいも!

ここは道の駅か。


s-IMG_1009_20190804192815e2e.jpg
や、だから・・・。

たしかに、今が旬ではありますけれども。
どうせなら、清水白桃でも持って来やがれってんでい(黙れ)

香りだけで幸せな気分に浸れますよね~。



s-IMG_1008_20190804192814ab5.jpg
生産者の名前がわかる、食べ物って安心ダネ。

じゃなくて。
種なし巨砲、否、巨峰。



s-IMG_0379_201908041928095bd.jpg
この造形美、この色、この艶。
これぞ神が創りし、至高の食べ物。

伊勢の名物、赤福。
関東では食べられないんですよね?
へへん、だ。
この味を知ることなく生を終えなくてよかった、と心からの感謝を。



s-IMG_1456_201908041928215e4.jpg
奈良といえば、鹿か団子しかありません(失礼)

奈良土産の弩定番、だんご庄のきな粉だんご。
これぞまさに、Can't STOP Eating!

あ、つい最近、吉野の激レアまんじゅう、「こばし」のやき餅ってのを
頂く機会がありましたが・・・。
あまりにも旨くて、写真に収める前に食いつくしたという、ミステイク。



s-IMG_0273_20190804192808962.jpg
堺を代表する、否、世界に通用するケーキといえば、フランシーズ。

スタッフの動きも素晴らしくて、いつ行っても見習うことばかり。
肝心の味の方は、言うまでもなく。

焼き菓子も含めて、全てのアイテムが旨いってすごいコト。
とにかく、ナニ食べても外しません。



s-IMG_0270_201908041928068b7.jpg
貰ってうれしい、まい泉のカツサンド。

なんせ腹減りボーイズにはたまりません。



s-IMG_1367_20190804192818a6d.jpg
アナゴ・・・・。

アナゴの押し寿司。
このぶっとんだ感性の差し入れに震撼。



s-IMG_0713.jpg
道の駅アゲイン。

一瞬でも勝負になるか?とかって思考すら許さない、その圧倒的なサイズ。
完敗。



s-IMG_0405_20190804192809ea3.jpg
不意打ちで嬉しい差し入れ。

日本最高の焙煎士さんが経営されている元井珈琲のコーヒー豆。
我が家は、嫁ちゃんがペーパードリップでコーヒーを淹れてくれるくれるのです~。



s-IMG_1408_20190804192819f95.jpg
滋賀といえば、琵琶湖かクラブハリエか(だから失礼だって)

僕の中では、んまいバームク-ヘンといえば、やっぱりここ。
安心感が違います。



s-IMG_1646 (2)
いや、もう見たまんま。

とにかく腹が減ってしょうがない!!



シビップ (7)
これがないと始まらない!
千葉といえば、擬人化ネズミかシビップか。

僕的には圧倒的にシビップに軍配。



s-IMG_0257_20190804192803bac.jpg
最強のインパクト差し入れといえば、これでしょうか。

まさかのラーメンの差し入れ。
麺、具、ダシ、全てが揃っていますが、一番大事な器は自前でお願いします!



s-IMG_1623_20190804192825f4c.jpg
これも、初めて見た時にはぶっ飛びました。

なんだと思います?

実はこれ、モンブランなんです。

一見、賞味期限の切れた「日の丸弁当」なんですが。
折箱に収められた、弁当スタイルのビジュアルもさることながら、
その味わいの実に素晴らしいコトよ。

箸ではなく、さじですくうんですが、一口食べたら最後。
気付いたら全部食べてた・・・。

究極のやめられないとまらない。



s-IMG_1475_20190804192822401.jpg
いよいよラスト!!

愛くるしいビジュアルだ、ということ以外の想像がつかない。

果たして、どのような味がするのか・・・。


いや、冗談抜きで最高の衝撃作でしたね。
ケーキであり、和菓子であり、まんじゅうでもあり。
甘い、すっぱい、柔らかい、シャクシャク、ありとあらゆる感覚が揺さぶられます。



あぁ・・・・
今日、お昼ご飯食べられなかったのに・・・こんな記事書いてる・・・。

ハラヘタ・・・。

大きいクルマや小さいクルマ

クルマにいろいろあるけれど。

この世で一台!

そうなんです。
オーナー様にとって、愛車こそがこの世でたった一台の特別な存在。

その大事なクルマを、信用して預けてくれる。
この期待と信頼に応えるべく、毎日が修行の日々であります!

これまでに築いてきた実績に胡坐をかくことなく、
常に前に!前に!

忙しいコトに感謝を忘れてはイカンのです。



・・・・・・。

いや、別に啓発セミナーとか行ってませんよ?


こう・・・ね?

ピットに入庫しているクルマを見て、
ふと。
しみじみと思いいった瞬間だったのですよ。

そう。

秋の夜風が僕を少しだけセンチにさせるのです(初夏です)



s-IMG_5293.jpg
今ナウお預かりしているのが、弩新車のヴェルファイアと
スマート・ブラバス

こうして並べると、スマートがいかにコンパクトなのかが一目瞭然。
車両の後端はほぼ揃えてあるってことは・・・。

ほぼ、半分!?(言い過ぎ)



s-IMG_5296.jpg
ブラバスの方は、ナビ取付、スピーカー交換、内装貼り換えと
オーディオ一式に留まらない、拘りのカスタムを施します。


まずは他店で取り付け済みのDEH-P01を撤去して、
サウンドナビ・200PREMI2の取り付けにかかりましょ!

デッキを外して、スピーカーケーブルをドアに入線するのですが・・・。

このスマートは、スピーカーケーブルを入線するのに、
一旦バルクヘッドを通す必要があります。

当然、ドアに入線するわけですから、ドアもバラす必要がありますが・・・。



s-IMG_5294.jpg
いや、だから、何故!?

スピーカー交換するのに、ドア外板を外す必要があるの!?

これ、ね・・・。
ホントに設計した人と膝突き合わせて小一時間語り合いたいです、マジで。

DEH-P01を取り付けられた専門店サマでは
なにやらスピーカー交換は断られたとか・・・。

ショップ側の気持ちもわからないではありません。

とにかく、スマートのスピーカー交換取り付けは、
恐ろしく手間がかかる作業なんです・・・。
且つレツキッカ、簡単に部品が欠けちゃう謎仕様。

正直言って、ハイリスクローリターン。


でも、僕らはプロショップ。
仮にも「プロ」と名乗るのであれば、
できるだけお客様の希望に添えるように努力すべきであります!

ええ。
喜んでヤラせていただきまっす!!



s-IMG_5295.jpg
ちなみに、こちらが車内側。

・・・・初めて見た時は、リアルに

  「なんじゃこりゃ」

でした。


骨格となるフレームがあり、そこに窓やレギュレーターなどの
ドアを構成する基本コンポーネントが全て取り付けられており
内張りと外板で骨格を挟み込んでいます。

スピーカーを取り付けるフレームが存在しませんので、
内張り側に貼り付ける感じで固定されています。


そんな特殊な環境下で、スピーカーにイイ仕事させるには
やはりノウハウと工夫、あと勘と閃きが重要です。


さあ!
お客様に喜んでもらえるように、今夜もまだまだ頑張るぞい!









s-IMG_5292.jpg
ちなみに、こちらはお隣で作業中の弩新車ヴェルファイア。

内張りを外したトコロです。

薄い緑のシートが、メンテナンス用のサービスホールを
塞ぐための防水シートです。

ショップによってデッドニングの定義は様々ですが、
サービスホールをふさぐタイプのショップですと、
この緑シート部をデッドニング材と入れ替える感じですかね。


見て頂けると分かりますが、ドアを構成する、そのほとんどは金属。
スピーカー取り付け部から伝わった振動が、この大半を占める金属を
振動させるのです。

振動する=音が発生する

スピーカー以外の音が、それもイヤな響きの金属の音が
ドア全体から発生するのです。
この金属の音を如何にして聴こえなくするかが、デッドニングの基本。

ビビリ音を抑えるとか、低音の締りがとか、音の響きが、
とかよりも以前にもっと大事なのがスピーカー以外の音をだしたくないのです。


プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10