時間の経つのは早いもので・・・気付けば、もう・・・



・・・・・・・・・・ (゜-゜)


・・・・・・ (-_-)


・・・ (゚∀゚)




もう終わりですやん!?

マジか・・・(マジです)



くそぉぅっ!!

師走のあいさつどころか、今年を締めくくるハメになるとは・・・。
とんだ誤算だったぜ。



気を取り直して。

今年も一年、本当にありがとうございました。
皆さまのカーライフに、微力ではありますが、
貢献できたのであれば、これ幸甚であります。


今年の営業は本日をもって最終となります。
来年は1月4日から通常どおり営業致します。

来る年が、皆様にとってよい1年となりますよう。
そして、良くなった金回りで、AVカンサイで買い物しとくれ(*´ω`*)

しかも、できれば堺店で頼むよ!
比較的人当たりのイイ、愉快な僕と仲良くなろうぜ!
慣れれば、グイグイ来やがるのでむしろ適当な距離が、
お客様的にはイイかもね!





いや、もう気付けば明日は30日。
毎年恒例の大掃除して、プチ林麻衣・・・誰やねん・・早仕舞い。

作業はしないなずなんですが、必ず誰ぞ来るんです。
まぁ、みんな忙しくてバタバタしてるからしょうがないのです (゜_゜)


それにしても、毎年毎年繰り返してるんですが、
一年経つのってホントに早くなってきましたよ。

多分ですけど、今年は一年のふりして半年しかなかったんじゃないですかね???

年末年始以外に一切連休の無い、弩ブラックの僕ってば
毎朝(水曜以外ね)6:30に起きて、3:30に寝る生活なので
一日の時間は普通の人より結構長いと思うんですけれども・・・。

それでも、年々早く感じるというコトは、やはり一年ないんじゃないでしょうか。


・・・そういえば、去年のこの時期は病院のベッドの上だったんですよね。
オムツプレイに明け暮れる日々も懐かしい (*´Д`)



さてさて。
そんな一年の総括をするタイミングで飛び込んできた、
とんでもなくレアなクルマ!!


DB7 ZAGATO
アストンマーティン ・ DB7 ZAGATO

世界限定99台の、歴史的にも非常に価値のあるクルマ。
後期型のDB7ヴァンテージをベースに、
イタリアのカロッツェリア「ザガート」が内外装を大幅にリメイクしたもの。

特にリアビューなんかは、とてもとても同じクルマには見えません。



DB7 ZAGATO
ザガートを象徴するデザインのひとつが、このクセの強すぎるリアガラス。

正確には、「ダブルバブルルーフ」と呼ばれる独特のルーフ形状。
その造形を破たんさせない為に生まれたのが、このリアガラス。

イタリア人的にはアリなんでしょうが、僕的には「プーカ」にしか見えません。
ディグダグの方が全然古いから、パクッた可能性は無きにしも非ず。です。

知ってますよね??ディグダグ



DB7 ZAGATO
オーディオは以前に施工済み。
今回の作業は、インテリアコーティングです ( ̄ー ̄)


隠れた人気メニューなんです、インテリアコーティング。
特に流行りの「白」や薄いベージュ、グレーとかのシートは
もはや必施工といった感じでありまする ( `ー´)ノ

まぁ、白革のシートにデニムで乗る人はいないでしょうが、
生地が蒼く染まるのも防いでくれますし、
ファンデーションとかのくっそ取れにくい化粧品汚れにも強いのです。

全く汚れが付かないというわけではなく、汚れても水拭きで
簡単に汚れが落とせるのです (*'▽')


このDB7は、革じゃないところ探す方が大変なくらい、
内装のほとんどが革張りなので、コーテイングするのも、そりゃもう大変。

末永く大切に大切にお乗りください。
その手助けが少しでもできたのなら、嬉しいコトであります (´-`*)



それはさておき、このクルマ。
実は6MT車 (`・ω・´)
5.9L 420PSを生みだすV12エンジン搭載で6MT・・・。

胸熱過ぎて、大やけどしそうです。




そして、そして、さらに驚きの一台が入庫!!



s-IMG_4716.jpg
メルセデス CLK‐GTR GT1

25台のロードカーが生産された、生粋のレーシングマシン。

地を這うどころか、接地しているようにしか見えない、
極限まで落とされた車高。

サーキットという限られた舞台を
誰よりも速く駆け抜けるためだけに生まれたモンスター。
(古谷徹風に脳内補完すれば一層楽しめます)


まさか、こんな間近で拝める日が来ようとは・・・。
なんまんだぶなんまんだぶ ( ˘ω˘ )




んでぁ、また来年!
元気にお会いしましょう~ (´▽`*)





コメントの投稿

非公開コメント

No title

大丈夫!
そこは気合と根性でカバーです!
諦めたらそこで試合終了です!

いや、それ乗るにはちょっと小さ過ぎる感あるんですけどー!
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10