そろそろ「俺が日銀」「造幣局はツレ」に続く新たなフレーズが欲しいところ。

「いや、冗談抜きで財務相官僚ですが」とか?

微妙に弱いかな・・・。


レンジローバー オーディオ (8)

みんな大好き!

このブログの愛読者であれば、この人のことを知らない人なんていない。

そう断言してしまえる、きわめて一部で有名人のレンジオーナーT様。


つい先日、たまたまですがこの憧れのT様がそばに居てると気づかずに

第2種接近遭遇を果たしたH様とかなんて、

  「ウソやん!?マジかっ!!」

  「なんで教えてくれませんのん!?」

  「のぉ~~~~~っ!!話したかったぁ!!!!!」

と、30秒ほど床をのたうち回って、甚だ営業妨害でありました。


そんな、みんな大好きT様のレンジローバーが、

このご時世にもかかわらず、大幅なバージョンアップを敢行しちゃいました。


勿論、究極の拡大解釈に於ける

  「YN仕様」

であることは言わずもがな。




レンジローバー オーディオ (16)


レンジローバー オーディオ (18)

今回のバージョンアップは、ウォークメンのアダプターケーブルを

サウンドサスペンションさんとこの「TYPE B」から

「Type B改」に変更しました!!


ソースからの信号を今まで以上に忠実に伝送することで、

確実な音質向上が約束されます。


お手軽でありながら、間違いなく効果が得られる、

数少ないアクセサリーの一つです



レンジローバー オーディオ (12)

さすがに、それだけで終わっちゃいけねぇな。


今回の目玉作業は、ついに禁断の領域に踏み込む!

フロントスピーカーを、所謂、スーパーハイエンドに変更です。


これまでも、BRAX・MATRIX3WAYでしたので、

さすがに日銀ならでは感を醸し出してはいたのですが。

ついについに、マイクロプレシジョンに手を出してしまいました。


ドアウーファーはZ-Studio170 (定価46万税別・・・)を

変則的なドアインナーバッフルで取付。

デッドニングそのものにはほぼ手を加えずに、

外板側の遮音、吸音、拡散対策を重点的に追加施工しています。


巨大な純正グリルからも、シルバーのコーンがはっきりと見て取れます。

YN仕様的にはハードル高めですが、拡大解釈を適応している

このレンジローバーでは、これぐらいなら全く問題になりません。




レンジローバー オーディオ (13)

うん。

この程度なら絶対大丈夫。

もはや、僕の判断基準になんの確証もありませんが、

実際、イケちゃいます。

きっと。



レンジローバー オーディオ (14)

ミラー裏にスッキリと埋め込みしているのは、Z-StudioTweeter MKⅡ

MATRIXのトゥイーターよりもサイズは小さくなりましたが、

シルバーの面積が大幅に増えているのが、若干の心配の種。


でも。

僕もオーナー様も、何故かバレる気がしていません。



レンジローバー オーディオ (15)

唯一不安だったのが、Aピラーに埋め込み加工した、

この巨大なスコーカー、Z-Studio100F。


さすがに、目の前に10cm口径のシルバー全開ユニットが

鎮座していたらばマズかろうということで。

ここだけは、サランネットのグリルを追加して逃げています。

僕的には一か八か、剥き出しで勝負してみたかったところではありますが、

冗談抜きでバレた瞬間に全てが無に還ります。

ここは、チャレンジしないことこそがチャレンジだ、と自分に言い聞かせ。




レンジローバー オーディオ (17)

10cm口径でも、この程度の突出に抑えてあります。

コーン型のユニットですので、リスナーに向ける必要なんてありませんから、

可能な限り奥で、可能な限り広くなるようにインストール。


守備範囲の広い10cmユニットがダッシュ上の奥にあって

幅も稼げる場所に設置してある。

嗚呼・・・。

想像しただけで、ウットリしちゃいます。




画像にはありませんが、

BRAX-DSPとMATRIX MX4PROにしか許されないインストールである、

DSPとアンプのデジタル接続化も同時に行っています。


圧倒的過ぎる静寂。

それこそ、「しん・・・・」と効果音がしそうなほどの静けさ。

怒涛の情報量に溺れ、強烈な立ち上がりと、魂持っていかれそうな余韻。

なにもかもが全くの別次元。


できるなら、ヤッてみるべきです。



レンジローバー オーディオ (9)

袖の下、所謂ワイロもいただきました。


よもぎ餅の名店、葛城は当麻の中将堂本舗さんの

よもぎ餅をなんとなんと!スタッフ全員分!!


YES!

早速開封!

イヤッフゥー!




レンジローバー オーディオ (10)

どきどき

どきどき




レンジローバー オーディオ (11)

キターーーーーーーーーーーッ (((o(*゚▽゚*)o)))


早速、作業前に平らげてしまい、糖尿一直線にも程があります。

作業依頼も入れて頂いて、

尚且つレツキッカ、差し入れまで頂けるなんて。


あたしゃ幸せモンだよ(まる子風に)




しかもアレですよ。

当初の話では、

  「サウンドサスペンションさんから新しいTYPE Bでましたね」

  「でましたね、ってか情報早っ」

  「とりあえず、フィットの分と2個注文しておいてください」

  「今使ってるのを送って、改造してもらうと安くなりますけど」

  「いえ、全部新品でお願いします」

  (あなたは神か・・・)

  「取り付けに時間はかかりますか?」

  「いえ、それこそ数分でおわりますよ」

  「なんかそれだけだと悪いので、もうちょっとなんかしましょか」

  「ピュアコンディメンタとか?」

  「それは勿論ですが、レンジのスピーカー変えましょか」

  「・・・・はい?」

  「そろそろ1年でしょ?変えてもイイんじゃないですか」

  「・・・・・・・・はい??」

  「MATRIX以上のスピーカーとなると・・・スパーハイエンドとかですか」

  「・・・・・・・・・・・・・・はい???」

  「RSの新型とかカッコイイですよね、ZRもよさそうだし」



アゴが外れっぱなしの僕を他所目に、

独り妄想が膨らむT様を、もう誰も止めることなどできない。



結局、TYPE B改を買いに来ただけなのに

ついでにマイクロプレシジョンを買うという暴挙に。


嗚呼。

僕は一生あなたの下僕でかまいません!!!



ワン!!

ワンワン!!



なんだか、ゼビウスにでてきそうな名前の

セルボ



肘?

エルボーね


ちみっこいイノシシ?

ウリボーね、「ボ」しか合ってないよね


体温計?

テルモね、「ル」だけのわりに結構イイ線いってるよね


鎮守府の・・・

佐世保ね、テルモで終わってた方がよかったかもね




セルボ オーディオ (1)

スズキ ・ セルボ SR

やっぱり、たまにスズキはかっこいいクルマ作ってきますよね。

特に、セルボは初代からず~~~~っとヘンタイで

且つレツキッカ、かっこいいんです。

あ、4代目はちょっと普通の子ですけれども。


最後のセルボとなった、この5代目も

デザインはホントによくできてますよね!!


そんなわけで。

今回の作業は、セルボにガッツリオーディオインストールであります!!




セルボ オーディオ (2)

通勤快速として大活躍していた、このセルボさん。

もう一台所有しているクルマの乗り換えに伴い、

真の通勤快速として生まれ変わるべく、オーデイオの載せ換えを敢行しました。


スピーカーは垂涎のユニット、モレル イレイト6MWTi

純正然としたスッキリデザインのアウターバッフルをワンオフして

ドア下部純正位置にインストール。

画像だとアウターの色が薄く見えますが、実際はもっと近似色です。

素材の違いによる反射率の差で、明るくみえちゃってます。



今回、通勤快速SPLとして生まれ変わるにあたり、

オーナー様と決めたテーマは、

ズバリ。

  「ヘンタイ紳士」


画像だと、ホントに極々シンプルに美しい取付にしか見えませんが

内部の様子はベリーベリーハードの一言。


夜な夜な徹底的にコツコツと叩き続けたデッドニング施工。

ノウハウ満載、新テク満載のインナーバッフル。

定在波対策は「組んで鳴らしてバラして対策」を延々と繰り返す

悪夢のような日々・・・。




セルボ オーディオ (5)

スコーカー、トゥイーターはモレル ・ CDM880とスプリーモピッコロⅡ。

所謂、モレルの弩定番ともいえる組み合わせ。

この王道ユニットを狭い軽自動車に巧みにインストールしちゃいますのよ。


スコーカーは、ゴリゴリにリスナー向けでAピラー埋め込み加工。

同じようにトゥイーターも完全リスナー向け。


当然ですが、3WAYでの成否を握るスコーカーの設置は

神経をすり減らすほど慎重に、且つレツキッカ、大胆にインストール。

そう。

とにかく、奥に。

とにかく、外に。


ヘンタイ紳士にふさわしい、至高の取付場所が確保できました。

こうなれば、もう、「勝利は我が手に!!」ではありますが、

トゥイーターの設置場所にも細心の注意を払っています。

同じく。

とにかく、奥に。

とにかく、外に。




セルボ オーディオ (6)

ドライバー側の状態をみてもらうと、その拘りップリがわかると思います。

ワンオフマウントを作成したトゥイーターは、

ダッシュボードを越えてドアトリムの上まではみ出してます。




セルボ オーディオ (7)

全体を見てもらうと、「ヘンタイ紳士」のコンセプトが伝わりません??

トゥイーターの位置の意味が分かれば、

そのスジの人なら、ワクワクすると思います。




セルボ オーディオ (8)

紳士の嗜み(ヘンタイだけどね)として譲れないのが本気のサブウーファー。

ポン置きへのコダワリが、ヘンタイっぽくて素敵じゃないですか。


ウーファーBOXの下には、DSP-PRO2と、BRAX NOX4が2台。

サブウーファー用にARCのデジタルアンプも装備と、抜かりなし。


強固なアンプラックとカバーを作成し、ウーハーBOXの下支えとしてあります。

しかも。

近々、BRAX-DSPとMX4PRO化も決定しているので

冷却効率も設置スペースも全て考慮した設計となっています。




セルボ オーディオ (4)



セルボ オーディオ (3)

ナビレス&ヘッドレスの漢仕様なのでデジタル音源しか聴けない、

まさに「ヘンタイ紳士」ならでは。




とにかく好きな音楽をイイ音でどっぷりと浸りながら移動する。


ソーシャルディスタンスが叫ばれる世の中で、

これほど贅沢で至高の移動空間は他にありません。


確かに、カーオーディオって贅沢な趣味かもですが、

それでもこれほどココロ豊かにしてくれる趣味ってのも

ほかになかなかありませんぜ。



フレアワゴン(所謂、スペーシアね)でガッツリオーディオ!

時の流れは、

はやく、

やさしく、

そして、残酷。


気付けば、もう2週間以上音沙汰無し。

寂しさのあまり、気が狂いそうになっている人もちらほら(いません)


寂しい思いをさせてゴメンよ。

もう心配しなくても大丈夫だよ、

僕はいつも君たちのそばにいるよ。


ええ。

ご時世的に、そばに居てもらっても困るんですが、

所謂ソーシャルディスタンス万歳。


つまり。

そばに居なくていいから、とっとと更新しろっての。




フレア オーディオ (1)

へぃへい。

仰ると~~りでございます、っと。


そんなわけで。

久々更新のクルマは、マツダ・フレアワゴン(スズキ・スペーシア)

新規のお客様で、且つレツキッカ、一発目から本格的な

システム希望という、言うなれば 「あなたは神か」 的なお客様。

いやはや全く、ありがてぇ話でやんす。




フレア オーディオ (5)

ナビは新型サイバーナビ・CL910。

今ナウ、音質とナビ質で大人気のサイバーナビですが、

メインソースじゃぁゴザイマセン。

あくまで、バックカメラと良質なナビとしての用途限定。

僕的にはスマホナビが一切信用できません。

細街路じゃ一瞬で自車位置見失うし、方角も進行方向もメチャメチャ。

走行車線の指示もなければ、まともなガイドもしてくれません。

ハッキリ言って、「オモチャ」以外のナニモノでもありません。


「餅は餅屋」とはよく言ったモンで、

やはりナビは車載専用に限ります、いやマジで。




フレア オーディオ (4)

メインソースは、ズバリ!!

ウォークメンのデジタル接続であります。


音の要のDSP(プロセッサー)は、HELIX・DSP.3。

アンプレスのDSPなので、勿論、外部アンプが必要です。


システム規模に応じて、各種アンプを選べるので

システムアップは勿論、コストや、積載スペース等でも

後々楽しみが広がりますの。




フレア オーディオ (3)

スピーカーは、当店弩定番のDLS。

アルティメイトシリーズの16cm3WAYをインストール。


ウーファーはドアインナーで取り付け。

薄型でも良く鳴るウーファーなので、キツめのデッドニングをオススメします。


トゥイーターは、ドアミラー裏部にスッキリと埋め込み加工。

スコーカーは、すでに見えちゃってますが、Aピラー前部に埋め込み。


この3WAYのレイアウトは非常に理に適っています。

3WAYの成否は「真ん中のユニット(スコーカー)」が決め手なんです。

スコーカーの取り付け位置は、「できるだけ前(奥)」で「できるだけ外」

これが叶えば、第一段階はクリアしたも同然。


最終的な音場の高さや、広さ、奥行の決定権は、トゥイーターが持っているので

スコーカーを一番奥に設置できていれば、トゥイーターは広さを出すために

ドアミラー裏がエエですよね。


絶対的な正解が存在しないカーオーディオの世界では、

セオリーが重要になるのは間違いない事実ですが、

最近の超高精度なDSPの登場で、想像もしなかったインストールが

実現できるようになってきました。


調整の難易度もグングン上がってしまいますが、

実に面白く、ヤリ甲斐があります。




フレア オーディオ (2)

こっち見んな。

いや、やっぱこのデザインは・・・・。

冗談抜きで普通のデザインにしてくれ、いやマジで。

毎日見てても、悪い意味で飽きません。


僕も個人的に、このユニットを愛用しているのですが、

スコーカーだけは「ガワ」をバラシて、「具」だけを剥き出しで使ってます。


音はいいのになぁ・・・。



フレア オーディオ (6)

ラゲッジにはパイオニアの出来合いBOXをポン置き。

サブウーファーは、プチ加工取り付けでオーディソンの10インチに変更。

ZAPCOの4chアンプ2枚で、フロント3WAY+サブウーファーを

フルマルチで駆動しています。



DLSのUPは、しょっぱなからキチンと結構鳴ってくれる系なんですが、

エージングが進めば、ぞわぞわとリアリティーが増してきます。

結局。

くっそダサいスコーカーがエエ仕事してくれるのよねぇ・・・。



く、くやしい・・・。

こんな見た目のヤツに、屈するなんて・・・的な。



MINIは続くよ、どこまでも。

や、今日までなんですが。


どこまでもと言うほど続いたわけでもないですし。

2台続いただけで、どこまでもと言ってしまえる、その魂に乾杯 ( ̄▽ ̄)




MINI JCW オーディオ (1)

今回のクルマは、BMW・MINI JCW F56

イイね!!小さくて速いクルマは!!



前回の記事で、

  「R56の方がスキ。R56までが僕の中でギリでMINI」

とか言っていた舌の根も乾かないうちに、なんて変わり身の早さかしら。



結局、小さくて速いクルマなら何でもイイと思える無節操っぷりを

あからさまなまでに世間様に露呈しただけの日々。




MINI JCW オーディオ (4)

今どきのMINIさんってば、標準でUSBメモリー再生に対応してますし、

ハイレゾのFLACも読んじゃえます。

  「すごいね、びっくりだね」

と、思わず君子風に言ってしまっちゃうぐらいです。


あ、君子がわかる人。

あなたとはお友達になれそうです (*ノェノ)


全体的な操作性は良好なんですが、どうしても馴染めない点が。

基本的にはBMWのiドライブに準じた操作系なんですが、

カーソル(選択項目)の下移動がノブを右に回すんじゃなく、左回転なところ。

何故揃えぬ!? (´・_・`)

左回転はアウディーだけで充分なのだー。



気を取り直して。

今回の作業は純正オーディオをベースに

DSP追加とスピーカー交換を行い、

音楽を聴くのがめちゃめちゃ楽しくなるようにしちゃいましょ~ ( ̄ー ̄)




MINI JCW オーディオ (2)

前回の記事で紹介した「BMW・MINI R56」のドアとは大きく異なり、

F系ではドアスピーカーが16cmから10cmに変更になっています。

所謂、最近のBMWに準じた仕様ってヤツです。

なので、勿論、左右シート下にはウーファーが装着されています。

そして、やはり純正オーディオの音質は、人類の我慢の限界を超えています。


BMWに走り以外を期待する方がどうかしてるぜ!

と、メーカーが宣言しちゃってるのでは?と思いたくなるほど、

純正オーディオはテキトーにも程があります。




MINI JCW オーディオ (3)

ドア10cmスピーカーを社外品に交換し、

Aピラーにトゥイーターを埋め込み加工してスッキリと取付。


悪魔の紋章感を極力緩和するべく、

サランネットでカバーしてみましたが・・・・

むしろ、ネット越しにでも主張する紋章っぷりに

却ってチラリズムにも似たモンモンモンとした日々を過ごすハメになりそうです。




MINI JCW オーディオ (5)

同時に、AV I/Fと地デジチューナも取り付けています。

うちで採用しているインターフェイスは、BMWのエキスパート集団である、

関東の雄 ・ 「a/tack」さんとこの商品。

画質の美しさ、機能、サービス、信頼性、そのどれもが一流なのです。




MINI JCW オーディオ (6)

漢の浪漫、追加メーター。

ぶっちゃけ、「要るか要らんか」と問われれば、

全力で答えます。

  「いらぬ!!」

と。


まぁ、でも、ね。

浪漫ってそんな二者択一を迫るようなモンじゃぁないんです。


いらないけど、付けたい。


その心の赴くままに、突き進むがよい。

その衝動こそが浪漫なんだ。



僕の中では、ギリでMINI

現行のMINIがイイクルマなのは疑いようのない事実なんですが。

なんだか今のMINIは、ボンネットが長~く見えるのです・・・。

実際の全長はたいして変わってないはずなんですけれども。


僕的には一つ前のこっちの子がスキなのでありますよ。



R56 オーディオ (1)
BMW・MINI R56

オーナー様には、他にも何台か作業していただいておりまして、

このMINIは奥様のクルマなんだとか。


そして、今回の作業依頼は音質向上と、ちょっとしたトラブル解消。


実はこのクルマ、すでに他店で一通り施工済み。

どうもいまいち音質に納得がいかないとのことで、

ちょいとプランニングしてみましょ。




R56 オーディオ (3)

装着済みのナビは名機・DIATONE サウンドナビ90PREMI。

内蔵アンプ機では稀有な性能を誇ります。

駆動力にも定評がある本機ですが、オーナー様的には

当初より低域の伸びの悪さと鳴りの悪さに納得がいっていないようで、

前のショップさんで改善策として提案された、アンプ追加も試してみたものの

  「う~~ん・・・・違うなぁ・・・」


あと、この型のMINIは純正デッキを配線延長して、

助手席前の小物入れ部に移設する必要があるんですが、

どうにもその周辺からの異音が酷くて、音楽にも集中しきれない、と。


この辺をまとめてメンドーみちゃいましょー。

まず、僕からの提案は、最大の懸念である「低域不足」解消のための

スピーカーの交換&場合によっては外部アンプの撤去。

各部チェックに加えて、ドア内の施工見直しといった感じ。

ナビの交換も視野に入れていましたが、

90PREMIだったら、このままでイケるっしょ。




R56 オーディオ (2)

装着済みのスピーカーは、FOCALのFLUX6インチ。

大きなユニットですが、鳴りっぷり&鳴らし易さでいうと

どう考えてもDLSのRCSやRCには敵いません。

価格面では大差なく、且つレツキッカ、見た目でいえば圧倒的に

DLS不利の戦況ではありますが、この戦は勝てる自信アリ。


交換したユニットは、前述の鳴らし易い業界代表の

DLS・RCS6.2をチョイス。


インナーバッフルとデッドニングを追加し、各部チェックを実施。


まぁ、いろいろと問題個所が次から次へと出てくるわ出てくるわ・・・。

一つ一つ修正を加えたりヤリ直ししたりで、

普通のインストールよりも大幅に時間がかかってしまいましたが (´・ω・`)

結局、外部アンプも撤去しちゃいました。

シートレールにガッツリ干渉していて、スライドに影響がありましたので・・・。



オーナー様からは、

  「素晴らしい!取付と調整でここまで変わるとは!!」

と、手放しの褒め言葉を頂きました ( ̄ー ̄)






プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10