こ、このボルボ・・・動くぞ・・・(バリバリ現役です)

僕の乗っているボルボC30も相当にレアな(不人気なだけとかゆーな)

クルマだと思いますが、こいつぁ、レアの次元が違う。

僕のC30がミディアムレアだとすると、この245GLEはレアを超えて、生。

ライオンとかハゲワシと奪い合うレベルです。


s-volvo245gle 加藤さん (1)



詳しい人に聞いたんですが、グレード表記が「 245 」ってのは

恐ろしくレアな車両だそうです。

実際、この200シリーズのボルボを奇跡的に見かけたとしても

ほぼセダンじゃないでしょうか。

先頭の2が200シリーズを表していて、

2桁目の4はシリンダー数、つまりこの場合は4気筒エンジン、

最後の5はドアの枚数で、5ドア=ワゴンというわけです。

そうなんです。

200シリーズのワゴンって激レアの極だったりします。

なんとなくですが、現在ではボルボといえばワゴンって印象が強いので

不思議に思うかもですが、200シリーズのワゴンはまぁ見れません。

さらに言えば、240GLEは極まれに見かけるかもですが、

245GLEって車は、1982年以前のクルマ。

つまり40年以上経過してるってコトです。

人間でも40過ぎたらアチコチぼろぼろになってくるんですから、

40年前のクルマを毎日乗り続けるのって、相当にスゴイコトです。


s-volvo245gle 加藤さん (8)

それにしても・・・・

とんでもなく、くっそかっこいいな。




s-volvo245gle 加藤さん (9)

さてさて。

40年落ちとはいっても、日々の通勤のお供である、この245GLE。

当然ながら、オーディオは必須なワケで。

そりゃそうですよね。

音楽なしでクルマに乗り続けるって、まぁまぁ過酷です。

音が悪けりゃなおのこと。

逆に言えば、いい音であればクルマに乗るのも

めちゃくちゃ楽しいってコト。


ヘッドユニットは懐かしの名機、ナカミチ・CD700。

幸いなことにデジタル出力を持っていますので、

現在主流のDSPシステムとも併用可能だったりします。




s-volvo245gle 加藤さん (6)

そうです。

40年前のクルマに、最先端のデジタルオーディオをインストールしちゃってます。

勿論、当時モノの質感を極力損なわないように、

設置場所には最新の注意を払っています。

このHELIX・DIRECTORも、無操作状態が数秒続くと

画面を消して極力目立たないような設定にしてあります。




s-volvo245gle 加藤さん (2)

ドア全景。

純正状態では、ドア最下部は大型の小物入れになっていますが、

プラスティック製なので、ワレや欠けが多く発生していて

見栄えも悪くなっていました。

それならってコトでポケットを全撤去して、新たにワンオフバッフルを製作。

全体のデザインに馴染むように、あえて武骨なスクエアなラインを選んでいます。


ドア中央ちょい上にスコーカーを埋め込み取付。

以前は、ここのバッフルもなんだか謎めいた有機的な曲線バッフルで

どう考えても統一感は皆無なデザインでした。

ここも新しくデザインし直して、精度高く純正然としたデザインに変更。

ついでに、以前のバッフルの跡を隠す大きさにしてあります。

ミラー裏にトゥィーターを埋め込み加工。

ホントはピラーが良かったんですが、このクルマにピラー加工は似合いません。




s-volvo245gle 加藤さん (4)

いい具合に馴染んでます。




s-volvo245gle 加藤さん (10)

ラゲッジ左サイドのスペアタイヤカバーを撤去して、

ほぼ同じようなデザインでカバーを作り直して、サブウーハーをインストール。

純正と質感の似たカーペットで巻きなおしていますが、

画像だと反射率の違いから、全然違う色に見えちゃってます。

現物は、もっと近似色ですよ!念の為!!




s-volvo245gle 加藤さん (7)

ラゲッジ下の空間に、最新ユニットがぎっしり。

DSPは、HELIX・DSP-ULTRA。

勿論USBデジタルオーディオ対応です。

AMPはARC Audio・ARC1000.4が2台と、

AUDISON・SR1.500。

まぁまぁギリギリでしたが、無事、収まりました。




s-volvo245gle 加藤さん (5)

メインソースは、垂涎のハイエンドDAP!!

iBasso ・ DAP300APEXをチョイス。

毎日の通勤時間の楽しみが、恐ろしいまでの変貌を遂げました。

1時間が30分に感じ、もっともっと運転していたい!!

そんな風に思っていただけると、インストーラー冥利に尽きるってもんです。




s-volvo245gle 加藤さん (3)

40年以上前から、付いてるのね。


ちなみにですが、オーディオ的にはめっちゃ邪魔。

とにかく、ビーンビーーンといつもビビってうるさいったらありゃしない。

それでも、とっちゃえないんですよね~。




なんというか、激的にかっこよくなってますよね、CX-5

ところで、激的って使い方間違ってますよね、きっと。

作業時は、まだまだほとんど見かけなかった新型CX-5。


CX5 audio (1)

僕ぁてっきり、フルモデルチェンジかと思ってたんですが、

マイナーチェンジだったんですねぇ。

随分と男前っぷりが上がっております!!

やっぱマツダのクルマはかっけーっすね!


さてさて。

そんな男前っぷり爆上がりちゅの新型CX-5さんにオーディオインストールですよー。




CX5 audio (3)

最近のクルマは、みんなモニターがダッシュポン置きみたいになってます (゚д゚)

今回のシステムは、純正オーディオをソースとして

DSP追加&スピーカー交換の定番作業であります。


実際、純正オーディオはホントにいろいろといらんことを

シレッとやらかしてくれちゃってるので、DSPは必須にもほどがあります。




CX5 audio (2)

スピーカーは、フランスを代表するブランド BLAM

LIVEシリーズの2WAYにスコーカーを合わせた、3WAYマルチを構築。

Aピラーにスッキリと美しく、埋め込み加工してあります。

助手席側は、ほとんど死角も増えません。




CX5 audio (4)

こちら、運転席からの眺め。

いやぁ・・・なんというか、こう・・・優越感?

もう少しわかりやすく表現すると、

  「 優 ・ 越 ・ 感 」

とりあえず、街中でダッシュポン置きトゥィーターの人を見かけると

ちょっとだけ「勝った」気持ちになれるかもです。

あ、僕自身はポン置き超肯定派ですよ、念のため。



ただ。

埋め込みしてる方が、有利なのは紛れもない事実です (´∀`*)

あなたのクルマも劇的に静かになるかも!!

劇的に静かになる!!

ってだけだと、JARO案件かもなので、

ちゃんと(個人の感想です。感じ方には個人差があります)

って表記しておきますけれど。


まぁ、ちょっと聞いておくれよ、そこの人。

え?俺?

そう、あなた。

運転しているときに、走行音に悩まされてはいませんか?

風切り音や、エンジンの音、振動から発生する音や、タイヤの音・・・

数々のノイズが車からは発生しています。

なかでも、特に不快なのが走行中のロードノイズ。

タイヤが転がる際に路面との接触や離れる際に発生するノイズです。

これを抑え込むことに特化した、全く新しい素材を新開発しました!!


・・・・・・。

・・・。

みなまで言うな。

な?

わかってます、言いたいことはわかってます。




後発が故に、既存のどの素材よりも優れていなくては意味がありません。

今のところ、超えるべき壁は2種類。

そう、アレとアレ。

それぞれに一長一短・長所短所が存在します。

僕らが選んだのは、圧倒的な遮音性能。

故に、厚く硬く重くなり、施工性の悪化も招いています。

ですが、作業性が悪いのは、僕らサイドの事情であり、

オーナー様には関係のない話。


そう。

メンドクセー作業を喜んでやるのがプロショップってもんです。



s-IMG_2510.jpg


s-IMG_2511.jpg

立て続けに施工依頼を頂き、続々と作業中であります。



s-IMG_2465.jpg


s-IMG_2474.jpg


主な施工個所は、前後タイヤハウス。

フェンダー内のカウルフラップ裏側(覗き込んでも見えない方ね)に

新素材 「 イージーサイレンス 」 をなるべく隙間なく貼りこみます。

同時に、フラップで隠れるタイヤハウス側にもしっかりと貼りこみます。


追加オプションで、ワイパーエリア下(エンジンルーム奥バルクヘッド付近)に

同様の施工を行います。


タイヤハウス部への施工だけでも十分な効果が得られますが、

個人的にはワイパーエリア部にも施工したいところ。


岡山のボス、アテンザのF様からは

大絶賛のお礼メールもいただいちゃってます。

ごくごく一部抜粋ですが、


  「 アテンザに関してはタイヤハウスはマストでいいんじゃないかな?

    ってレベルです。

    比較的高い周波数のロードノイズに関しては
    
    ほぼ消えているレベルで静かになりました。

    下道の速度域で路面状態が良ければ
    
    タイヤの存在が消えます。

    もうこれなしには戻れないレベルです 」



さぁ!

気になってきたでしょう!!

大絶賛受付中ですので、イージーサイレンス施工ショップへ、

今すぐGO!!だよ!!

輸入車が続きますが、これもタマタマです。 BMW 5シリーズ G30

失われた空白の期間を取り戻すかのように連投しておりますが、

ただ単にインスタに挙げていた記事に追いつけ!と、ばかりに。


あ、でもちゃんと記事内容は全然変えてますよ??



G30 オーディオ (1)

結構なハイペースでバージョンアップを重ねて頂いている、N様のG30。

今回はついに、アンプ内蔵DSPからアンプレスDSP+外部アンプへと

最終段階の手前ぐらいまで来ちゃいました!!




G30 オーディオ (3)

フランスを代表するスピーカーといえば、やっぱこれでしょ!BLAMでしょ!

BLAM・Signatureモデルを3WAYで組み合わせてインストール。

スコーカーはAピラーに、トゥィーターはミラー裏に

それぞれ純正然とスッキリと埋め込み加工。



G30 オーディオ (4)

たまりませんね、この静かなる存在感。

ギリッギリ下品直前なデザインも魅力のひとつ。

下品じゃないのがポイントね。


BLAM・Signatureは、いや・・・そんなにイランのんちゃう?

ってぐらいラインナップが豊富で、選ぶ楽しさも満載なのです。




G30 オーディオ (2)

ウーファーはドア部をガッツリ加工して取付。

純正を尊重した、精度高いデザインで美しくまとめてあります。

この仕上がりであれば、純正のスタイリングに固執する理由なんて

どこにも見当たりませんよねー。





・・・・・・・・・・・・。


・・・・・・。


・・・。


肝心のDSPとアンプの画像がないとか・・・・。


参考までに。

前回までのアンプ内蔵DSPは、HELIX ・ V-eight DSP2。

今回取り付けたのが、HELIX ・ DSP-ULTRA + ARC ・ KS300.4 x2

残念ながらG30のラゲッジには、一般的なラゲッジボード「下」みたいな

オーディオ的においしい空間が存在しません。

極力、サイズを抑えたDSP&AMPラックとカバーを作って、

ラゲッジ前方(リアシート真後ろね)に納めてあります。


勿論、オーナー様には確認済み。

  「 いつもラゲッジ空っぽですけど、なんか荷物積んだりしはります?? 」

  「 全く積みません 」

  「 全く積まない 」

  「 はい、一切積みません 」

  「 こーゆークルマですと、ゴルフに行ったりとか 」

  「 ゴルフしません 」

  「 家族で買い物に行ったりとか 」

  「 このクルマでは行きません 」

  「 すると、つまり・・・・漢のオーディオカーだと 」

YES!!

イェア!!!

イヤッホォゥッ!!!


実際にこんなヤリトリは無いんですが、

ホントにラゲッジに荷物を積んだことがないそうです。


たまたまですが、またしてもフォルクスワーゲン!今度はゴルフ7!!

そういえば忘れてましたが、しれっと昨日更新しましたが

なんとなんと3か月ぶりだったりします。

や、特にt理由はないんですが。

強いて言うなら、インスタが楽だし簡単だし反応多いしで

ついつい、ね♪


ね♪、じゃねぇ。

更新してない間にわかったこともあります。

なんだかんだで、更新してないこんな拙ブログにも

かかさずお越しくださる神のようなお方がわりと存在しているコトに。


・・・・・・。

スマホよりもPCじゃい!層がまだまだ根強いってコトだったり。




ゴルフ7 オーディオ (1)

嗚呼!

緑の中を走り抜けてきたい!

ポルシェじゃないけど走り抜けてきたい!!

思わずそんな衝動に駆られる、真っ赤なゴルフ7!

今回の作業はまたしても日帰り3WAY化!!




ゴルフ7 オーディオ (3)

装着済みのBLAM 2WAYにスコーカーを加えると同時に

Aピラーに埋め込み加工を施しました。

運転席からの眺め。

う~~~ん、やっぱりどうせ埋め込みするなら、

BLAMみたいなカッコイイユニットの方がイイよねぇ。

このなんともギリギリ下品一歩手前のカスタム感が絶妙です。


ゴルフ7 オーディオ (4)
助手席側~。

どちらも突出は最小限に抑えているので、

死角が極端に広くなるなんてコトもありませんし、

こんな精度の造形だったら、加工しちゃってる感よりも

加工しちゃったぜ感の満足度の方が高いと思います。




ゴルフ7 オーディオ (2)

たまたまドンピシャサイズだったので、思い付きでココに埋め込みましょ!

ってオーナー様に提案しちゃったコトをプチ後悔したURC埋め込み。

この周辺って簡単にバラせそうに見えて、

意外といっぱいバラさなきゃ外せないのを忘れてました・・・。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
06  05  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10