テンパッてたのか、はたまた余裕が為せる業なのか?

年に一度の晴れ舞台、カーオーディオ日本一決定戦と言っても

華厳の滝ではナイアガラの滝である、ハイエンドオーデイオコンテスト。

日本中からクッソ強者共が集まる、弩マニヤの祭典なのはご存知でしょう。


その中でも、ほんの一握りのモノにしか与えられるコトのない、クラス優勝という名誉。


誰もが羨む、その名誉に輝きながらも

表彰台の最も高い場所で、ポケットパンパン。


肝が据わってるのか、それとも動揺してたのか・・・。




F20 オーディオ (1)

BMW ・ 1シリーズ(F20)

一昔前は、BMWといえば 「 紺 」 でしたが、

今のBMWならば、この 「 青 」 がエエですよねぇ。


アフターパーツが少ないコトで有名な後期型のF20なので、

パーツになるべく頼らない手法でカッコよくドレスアップ!!


僕的に、唯一許せるシュニッツァーのフロントフリッパーのみ装着。

ホイールもなかなかイイサイズがない悩ましい車種なので、

BMW専用という文言に踊らされて、Zパフォーマンスの19インチ。

あ、このホイール。

車検非対応なので、要注意ですぜ。

親切なショップなら教えてくれますが、買ってから

  「 聞かれなかったので 」

とか言われるコトもあるので、気を付けましょう!! (ナニかあったな・・・)




F20 オーディオ (5)

後期型ではありますが、最終型ではない(ややこしい)


前期、後期型であれば、画像のようにDIRECTORをスッキリと

A/Cパネル下に埋め込み加工できるのですが・・・。

最終型はダッシュボードそのものの形状が変更になっており、

画像のようなインストールはできませぬ。


金のウォークメンのUSBデジタル接続がメインソース。

純正オーディオはオマケ程度には聞けます。

このあたりは、オーナー様のクルマに対する付き合い方で変わりますね~。




F20 オーディオ (4)

スピーカーは、みんな大好き!!の

モレル ・ イレイトにピッコロを加えた3WAY構成。

ドアウーファーは、ELATE6MWTiをワンオフアウターバッフル化して取付。

ドアポケット前部を完全に造り替えています。




F20 オーディオ (6)

スコーカーは、CDM880ⅡをAピラーに埋め込み加工。

大型のドーム型ですので、ガッツリリスナー向きに取付。

トゥイーターは、スプリーモ ピッコロⅡをドアミラー裏に埋め込み。

こちらもスコーカー同様に、ガッツリスナー(タイプミスじゃないよ)


ピラーは純正近似のメッシュ素材で張り替えを行い、

ミラー裏は純正調の半ツヤ黒の若干ザラっとしたペイント仕上げ。

素材や技法を丁寧に使い分けることで、大幅な質感向上が可能です。




F20 オーディオ (8)

こちら、ドライバー側。

この画像ですと、ガッツリスナーっぷりがよくわかると思いますー。

まるで芸術品かのごとく、気品に満ち溢れたユニットたちが、

整然とこちらを見つめるその様に、しばし時を忘れて酔いしれるのも、また一興。




F20 オーディオ (7)

オーディオコンペの猛者共に与えられしエンブレム。

恐ろしく精度の高いブツではありますが、それ故、

切断面が研ぎ澄まされた刃物のように鋭いので、

取り扱いには注意が必要だったりしますです。


ちなみに、今はもうありませんよ?




F20 オーディオ (3)

ラゲッジには整然と・・・・せ・・整・・・然・・・・

いや、ダメだ。

整然には程遠いですが、BRAX ・ MATRIX MX4が2台、

他2台のパワーアンプ、計4台のパワーアンプと

BRAXのキャパシターが2個、更にサブウーファー・SW-G50が

インストールされておりまする。


注目すべきは左下の、黒い大きなユニット。

この子のおかげで、整然とは程遠いレイアウトになっちまってますが、

実はこの場所には、HELIX ・ DSP-PROが収まっていました。

今回のバージョンアップで、ようやくDSP-PROに別れを告げ、

BRAX-DSPに大進化を遂げました。


そうなんです。

このクルマ、今の今までず~~~~~~っとDSP-PROだったんです。

つまり、ポケットパンパンで表彰台のテッペンに居た時も、DSP-PRO。

いや、まぁ冗談抜きで戦闘力は大幅にも程があるほどに大向上!!です。

その代償として、なんだか絶妙に不細工なラゲッジになっちゃいましたが。


でも、そんなのイイんです。

だって、そもそもこのラゲッジだって、

雑誌の取材があるから急遽作成しただけの代物なの。

取材受けちゃったから、言わば、まぁ用無し状態なワケで。







ぶっちゃけ、オーナー様なんて

取材撮影の時に見たのが初めてとかって状態だったり。


ラゲッジもポケットもパンパンとか、さすがだよね。








ちょくちょく見かける気になるアイツ

基本的に、あんまりSUVが好きじゃない系の僕ですが。

や、こんなトコで「好きじゃない」とか言わない方がイイのも

重々承知の上なんですけれども。


そんな中で、ちょっとだけ気になる子が。




XC40 オーディオ (1)

VOLVO ・ XC40 R-Design

特にR-Designは、黒いルーフが引き締まって見えて

なかなかイイ感じじゃぁないですか。


特に斜め後ろからのアングルに、ちょっとだけ ト ・ キ ・ メ ・ キ

きゃっ。




XC40 オーディオ (3)

昔からVOLVOの純正オーディオは、まあまあ聴ける、否、

結構聴けると定評があったんですが・・・。


残念ながら、XC40さんの純正オーディオは、ぶっちゃけイマイチイマニ。

R-Designはハーマンカードンのプレミアムサウンドが標準装備。

サブウーハーも備えた本格的な13chオーディオシステム。

ですが。

やはり、そこは所詮純正。

どんなに高級であっても、好みじゃない音でドライブするのは

修行かよ!とセルフツッコミしたくなります。




XC40 オーディオ (2)

拘り派のオーナー様ですが、ほぼ施工例の無いクルマ+複雑なオーディオ故に

交換できないものと諦めてたトコロ。


セキュリティーのインストールで相談に来られて、

いろいろと話してるうちに・・・

  「アレ?このクルマでもオーディオ触れますのん??」

  「ヤッたことはないですけど、イケるっしょ、きっと、多分」

若干の自信の無さが言葉の端に含まれているようにも感じますが

まぁ、多分気のせいです。


や、実際、ヤッたことないクルマを初めて触るときは

やっぱ怖いモンですぜ?旦那。


実車をザっと観察する限りでは、ドアスピーカーは8cmか10cm

まぁ当然ながら薄型しか取り付けられないと想像できます。

Aピラーにはトゥイーター。

シート下か足元に16~20cm程度のウーファーがあるようなないような。

あとは、リアにセンターにラゲッジにサブウーハー。


ん~・・・・。

絶妙に微妙な感じがしますが、まぁ、なんとかなるっしょ。




XC40 オーディオ (5)

ドライブレコーダーは、ユピテルの専売店モデル Q-03。

上下左右それぞれ180度の視野角を誇るカメラを、

前向きと後ろ向きに2個搭載する、全天球型ドライブレコーダー。


唯一の弱点は、何気に鼻くそほじってる顔がガッツリ録画されるコトぐらい。




XC40 オーディオ (4)

基本的に、ダッシュ上にはな~~~んにも置きたくないので、

レーダーもユピテルの専売店モデルを選びます。

設置の自由度の高さや、インストーラー目線の商品造りが

ややこしいクルマの多い僕らの業界にはピッタリなのです。




XC40 オーディオ (6)

くっそピンボケですが、セキュリティーも同時に取り付け。

というか、セキュリティーがメインでオーディオは後。




セキュリティーは問題なくインストールできる(一部機能を除く)んですが、

オーディオは、ぶっちゃけ相当メンドクセー系のクルマですねぇ・・・。



結論からいえば、なんとかなりますけどそこそこ大変!!





近年稀に見る 「 テンション ブチ上がり!! 」 系の一台!!

まずは、この画像を御覧ください!


CR-X オーディオ (1)

ホンダ ・ CR-X Si (EF7)

そうです!!

ホンダが世界に誇る、傑作エンジン!!

ZC搭載のSiでありますよ!!

いぇやっふおぉぅつ!!!!

一日中パワーバルジ眺めて過ごしたい!!!


当時のジムカーナでは、GA2シティーとEF7CR-X(のちにEF8)が

圧倒的にも程があるほどの強さを誇ってましたね!!


ああ・・・ダメだぁ・・・震えが止まらねぇ!!




CR-X オーディオ (2)

この角度もイイですね!!

スズキ・34カルタスが、TVCMでHIPコンシャス!ってやってましたが

どう考えてもこっちの方がヒップコンシャスです。

そんな僕は、実は34カルタスGTiにも乗っていたという・・・。



CR-X オーディオ (3)

漢の職場感溢れるコクピットに、ワクワクが止まらない!!

やっぱ、フルバケにフルハーネスだよね!

そして、フルバケはRECAROではなく、漢のBRIDE。

できれば、左ショルダーが小さなARTISがいいねぇ!!

フルハーネスは、サベルトもしくはウィランズ。

もっとマニヤックにタカタでもエエですなぁ!!

超個人的には、ステアリングはナルディクラシックの36φバックスキンがエエのです!


強化エンジンマウントなので、エンジンをかけた瞬間の

快適性とは一切無縁の強烈な振動と音。

ホンダ車では必須の強化マフラーリングも相まって、

想像以上の非日常空間。


快適を犠牲にした者にしか味わえない世界がここにはあります。

オーデイオ的には劣悪にも程がありますが、そこはそれ。




CR-X オーディオ (6)

センターコンソールどころか、ルーフライニングもピラーも。

ドアトリム以外の内装系がほとんど見当たりません。


そして、懐かしのパイオニア DEH-P099でドライブするのは。




CR-X オーディオ (5)

たまに登場する、キッカー ・ KSS6704

選んだ理由は、すげー単純に設置性の高さ。

今回のインストールで一番問題なのは、

ほぼ全てのトリムが外されているので、

トゥイーターユニットをどこにどう取り付けるのか???

ってコトでした。

特に、この年代のホンダのダッシュボードは

植毛(チンチラみたいな)仕上げになっており、

両面テープとかではしっかり固定できないのです。

このトゥイーターも、ダッシュ最端のごくごく限られた樹脂部を

ピンポイントで狙いすまして固定してあります。




CR-X オーディオ (4)

ドアウーファーはインナーバッフルをワンオフして取付。

防水用のビニールシートは、案の定、経年でボロボロになってました。

この時代から、ホンダのブチルは白の伸びる厄介な子ですが、

硬化してパッキパキに剥がれたので、作業自体はラクでしたね~。


ぶっちゃけ、ホンダ車の作業で一番時間かかるのが、

この白ブチル除去と清掃だと思うのですよ。



賛同者求ム。




CR-X オーディオ (7)

ZE2型のインサイトが2台揃いました。

同意されたためしが無いんですけれど、

ZE2の顔は結構イケてると思うんですよね。


向かって左が無限のボディーキット装着車で、右が弩ノーマル。

左のグリルが純正で、右のグリルはオリジナル。


実はこのシルバーのインサイトのオーナー様は、

今回作業したCR-Xのオーナー様。

右のオリジナルグリルに一目ぼれして、

ネットで検索しまくって仕事もそっちのけで探しまくったんですが、

どうしても見つからず・・・。


そりゃそうです、どこを探しても絶対見つかりません。

僕が1時間で作った、オリジナルなんですから。


そんなわけで。

CR-Xの引き揚げ時にインサイトを入れ替えでお預かり。

グリル作成のついでにオーディオにも手を入れてもらうことに。


さらに、帰り間際にはデジタル化や3WAY化の話も飛び出す始末。



僕のハッタリトークの犠牲者がまた一人・・・。

ワゴンじゃないよ、ヴァリアントだよ

くそぉぅっ!

いちいちかっこいい名前付けやがって、ゲルマン野郎め!!

今回のクルマは、フォルクスワーゲン・ゴルフ7R ヴァリアント。


くそぉぅっ!

いちいちかっこいい名前付けやがって、このゲルマン野

と、以下エンドレスな気配が濃厚なので、あえてここでぶった切ってみるテスト。

所謂、 「 ゴルフ 7.5R 」 のワゴンでやんす。


以前、ここで

  「ゴルフ」って車名は、「トヨタ・野球」みたいな・・・

なんて話をしたら、親切なお方が懇切丁寧に解説をしてくださった経緯あり。

正確には「ゴルフ」ではなく「ガルフ」が近いんですって。

すごいね!ビックリだね!

と、君子も驚いております。




ゴルフ7 オーディオ (1)

君子が驚きを隠せないままでも、先にとっとと進めちゃいますが。

今回のクルマは、フォルクスワーゲン・ゴルフR ヴァリアント。

所謂、ゴルフ7.5Rのワゴン。

と、ここまでコピペ一切無しなのに、

この圧倒的過ぎる既視感は一体・・・。


ブラックバスと湖で有名なトコからお越しのT様。

琵琶湖とバスしかないんでしょ?とかいうと、必ず

  「 水とめるぞ 」

と言い返すってホンマですか?と尋ねたら

あながちウソではなかった模様。


ディーラーで受け取ったあと、そのまま持ち込んで来られた弩新車です。

出来立てホヤホヤのようで、その証拠にマフラーから湯気がでてましたもん。




ゴルフ7 オーディオ (4)

今回の作業は、ディスカバープロの悲惨すぎるオーディオ環境を

飛躍的に改善しちゃいましょう!!の巻(の、まっき と読む)


とはいうものの。

ナビやデッキの交換ができないこのクルマ。

必然的にオーディオプロセッサー(DSP)の出番なワケであります。

将来的なハイレゾ対応も視野に含めていたので、

コスト増にはなりますが、上位機種のDSPや

アンプレスのDSPを勧めてみたんですが、

非常にハッキリとした意思をお持ちのオーナーT様は、

  「大丈夫です。買い替えればイイだけでしょ?」

  「僕をそんじょそこらの一般的なサラリーマンだと思わないでください」

  「僕ぁね、少しだけブルジョワなサラリーマンなんです」

なんとも頼もしいお言葉。

ここで、あえてこの言葉を贈りたい。

  「このブルジョワ野郎め!」

と。




ゴルフ7 オーディオ (6)

そんなわけで。

次回バージョンアップの確約(というか、買い替え)が貰えたので、

喜び勇んでちょっとだけ踊っちゃった後で作業にかかっちゃうわけでありますよー。


今回のDSPも、MATCH・PP86DSP。

こいつに、USBデジタル入力カードとコントローラを追加した、

所謂いつものアレ。

またしても、ジワリジワリとシェアを伸ばしてしまった、罪な僕。




ゴルフ7 オーディオ (5)

オーナー様は、実際にはエクスペリアを音源にするとのコト。

USBデジタルカードを増設しておけば、

USB-Cの機材も、御覧のようにウォークマンのWMポートでも、

それこそ、iphoneのライトニングケーブルでも、

いろんなデジタルデバイスが利用可能となります。


勿論、それぞれのアダプターや変換ケーブル等は必要ですし、

デバイスそれぞれにメリット、デメリットがあったりします。




ゴルフ7 オーディオ (2)

ドアウーファーは、HELIX P6Bをチョイス。

超のつく優等生ですが、あまりにも優等生過ぎるが故に

全く目立たない地味な存在になってしまっています。


比較的安価に3WAYマルチが組めますし、

ジャンルを選ばないオールマイティーな特性で、

もっと人気がでてもイイと思いますー。




ゴルフ7 オーディオ (3)

リーズナボーに3WAYマルチが組めるってんなら、

組んでやろうじゃないか、この野郎。

そんなべらんめぃな流れからの3WAYマルチでのインストール。

ユニットは同じくHELIXのP3MとP1T。

コーン型の8cmスコーカーなので、うちでは定番の

とにかく外にとにかく奥に作戦でのインストール。


8cmスコーカーとはいっても、ユニットそのものの地味なデザインと相まって

まぁまぁスッキリとした印象に収まってると思います。


オーナー様曰く。

  「こんなはずじゃなかった・・・スピーカー交換だけのつもりだったのに」

  「嗚呼・・・余裕のある財布が恨めしい・・・」

と、庶民をプチ切れさせるには十分すぎる一言。



うって変わって、納車の時には
  
  「めちゃめちゃイイですやん!?」

  「これは無理してでもヤルべきっすね!!」




無理してたんかい!!

や、でも実際問題、ちゃんとしたオーディオ組んだら

やっぱ、それなりにコストかかるのは事実です。


それでも、僕のハッタリトークを信じて買っていただけるお客様には

冗談抜きで感謝しかないわけであります。


いつもありがとね、ぶちゅ。





ここまでヤッて委員会NP 再び

どうも。

延べ施工台数数千台のAV KANSAIです。

毎日毎日、僕らはピットの中で揉まれてヤになっちゃってたら

こんな仕事とっくに辞めてますって話。


そんな、「ウソでしょ!?」な施工台数をこなしてきた

個人的な肌感と前置きしたうえでなんですがね。


スズキ・スティングレイのオーナー様って、

ヘンタイ(いい意味でね)率が高いと感じています、ええ。


全力で褒めてますよ、ええ。




スティングレイ オーディオ (1)

そんな、ヘンタイ揃いのスティングレー勢の中でも

ひと際ヘンタイっぷりの光る、Z様のスティングレー。


今回のバージョンアップでも、そのヘンタイっぷりを

惜しげもなく披露していただきました。




スティングレイ オーディオ (2)

前回までの作業で、ガッツリハイエンドシステムを

すでにインストール済みのスティングレーさん。


フロントスピーカーは、垂涎にも程がある、BRAX MATRIXの3WAY。

ウーファーはMATRIX ML6P+MR6を強固なアウターバッフルで取付。
 

思い返せば、一番初めの出会いって他店施工の

バージョンアップからのお付き合いでしたねぇ・・・・。

しかも、ドアデッドニングはオーナー様が施工してたっていうね。


嗚呼・・・人に歴史あり。

気付けば、MATRIXがインストールされているなんて、

その時は思いもよらなかったコトでしょう。


これも一重に、僕の魅力によるところが大きいですね!!

ですね!!

だよね!?




スティングレイ オーディオ (3)

Aピラーには、MATRIX ML3+MR3とMATRIX ML1を埋め込み加工。


前回のバージョンでは、位相管理をしやすくするために

同一平面上に、スコーカーとトゥイーターを設置するという

ヘンタイ度MAXの取り付けだったんですが。

今回の作業で、ここも変更させてもらいました。


同一平面上のインストールにはメリットもたくさんあるんですが、

設置スペースの厳しい車両では、どうしてもステージが近くなる傾向があります。

調整の難易度は下がるので、調律にかかる時間が短くなり

最終的な音質を向上することができます。


今回のインストールでは、同一平面ではなく、各ユニットは

それぞれてんでバラバラの方向を向いています。


スティングレイ オーディオ (4)

この画像だと、向きの違いが分かりやすい??


まぁ、これも前回にチョイスしたユニットがML3だったからこそ為せる業。

コーン型のスコーカーならではの、とにかく奥に、とにかく外に、です。


この変更で、調整の難易度は極端に跳ね上がりますが

と同時に、音場は一層奥に、一層広くすることができます。


自身の調整スキルを常に磨いて、日々練習を重ねるコトで

時間はかかりますが、難易度の高い調律も可能となっちょるのであります。




スティングレイ オーディオ (5)

当然ながら、これらの調律のキモはDSPなわけですが。

採用しているDSPは、HELIX・DSP-PRO2+DIRECTOR。

サウンドナビが付いていますが、アナログ音源としては

ほぼほぼ使っていません。

メイン音源は、WM-1Z。

所謂、金のウォークメン。




スティングレイ オーディオ (6)

今回の目玉作業は、アンプの交換。

採用したアンプは、BRAX GRAPHIC GX2400を2台。

この一見すると、何の変哲もないフラットなラゲッジの下に、

サブウーファーのDIATONE・SW-G50と、GX2400が2台、

さらにDSP-PRO2と、ETON XDA750が隠れているとは、

お天道様でも気づくめぃ。


いや、まぁさすがに軽自動車のラゲッジ下に、これらを全部隠し込むのは

至難の業にも程があるコトだけは伝えておかねばなるまいて。




いつもいつも、僕の無理な買って買って攻撃でご迷惑おかけします。


それでも、こんな僕から高価な買い物していただけるコトを誇りに

今日という一日を強くたくましく生きていくのでありますよ。



そんなわけで。

また宜しくですよ!!!!!




プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10