最上級ミニバンで堪能する、最上級のオーディオ

街を走れば必ず見かけるミニバン、トヨタ・アルファード。

一時期のプリウスやアクア程ではないにせよ、
信号待ちで前後挟まれるくらいは結構ありますよね。
オセロみたいに、挟まれたらアルファードになればイイのに!!

街中に溢れかえるほど安く買えるクルマじゃないはずなんですが・・・。
これがトヨタの底力というべきか。

それほどまでに魅力があるんでしょうね~。



アルファード オーディオ (1)
こないだの画像と同じものですが。

弩新車のトヨタ・アルファードにガッツリハイレゾシステムインストールです。
カタカナだらけで読みにくい!

オーナーのN様、アテンザからの乗り換えでありますが、
普通ならユニットはそのまま移設するコトがほとんどなんですけれども、
やはり、そこはくっそマニヤ。

同じコストかけて加工するなら、いいものに変えたくなるのが人情ってやつ。
ありがてえ話でやんす。

勿論、高価下取り!がんばってます!!



アルファード オーディオ (5)
大好評!アルヴェル限定茶柱プランでも採用している、
ALPINEのBIG-X11+3カメラパッケージ。

巨体ながらも比較的運転しやすいとはいえ、そこはそれ。
カメラで死角がカバーできる安心感は、それこそ桁違いなのです。

ボイスタッチと呼ばれる音声コントロールも秀逸でして
オーディオをガンガんに聴いてるときでも、声でカメラ画像の呼び出しが
ワンタッチ、否、触れないからタッチじゃない、ワンボイスで切り替えできます。


・・・・・・ぬぅ・・・。
ワンボイスという響きに説得力を感じられぬ・・・。



アルファード オーディオ (7)
今ナウ、ハイレゾ楽しむうえで必須なのが、オーディオプロセッサー。

BRAXからとんでもないバケモノプロセッサーが発売されましたが、
HELIXのDSP-PROも圧倒的なコスパで負けてはおりませぬ。

これほどの音が15万円前後で聴けるようになるとは、
一昔前には想像だにできませんでしたのよ、おほほのほ。


HELIX ・ DSP-Pro+DIRECTORの鉄板の組み合わせで、
普段使いからコンペまで悠々カバーします。


ダブルゾーン再生に対応する取り付けを施し、
家族でお出かけするときでも充実のエンタメ環境を構築しています。

奥様が買い物や送迎に使うときは、DIRECTORのソースを「MAIN」に
切り替えてさえおけば、ごくごく普通のナビ操作となんら変わりません。

違うのは、でてくる音がとんでもなく別物の音になってることだけ。



アルファード オーディオ (8)
主音源はSONY ・ ウォークマン。

LOW-GUN’S 御用達のZX2を愛用しております。
WM-1Aや1ZならLOW-GUN’S 的にも安心なんですが、
現行のAシリーズや現行のZXは画面が小さくて何も見えんのじゃわい。

だから、早く1Zに買い替えてください!


店に転がっていたハイエース専用の携帯ホルダーを、
ワンオフステー作成して巧く活用してあります。

そして、勿論。
ハイレゾ出力ケーブルはフルカスタム版のTYPE・B
通常のモノに比べて、見通しもよくなり音数も全然増えます。



アルファード オーディオ (2)
フロントスピーカーは、BRAX ・ MATRIX3WAYを選択。

このスピーカーのアドバンテージは、スコーカーの種類が選べるところ。
インストールが非常に重要なカーオーディオにおいて、
同一シリーズ内で、選べるスコーカー・ウーハーがあるのは
非常にポイントが高いのであります。


ウーハーは、フェイズプラグを備えたML6P+MR6。
純正スピーカー位置を加工して、アウターバッフル化しています。
純正のメッキパーツ加飾をそのまま温存して、質感高い
高級感あふれる取り付けを実現しています。



アルファード オーディオ (3)
ML6Pとセットで取り付けしたいのが、取り付け用アクセサリーのMR6。
MR6とはつまり、専用グリル。
と、グリル取り付け用のリングベース。
定価なんと4万円!?

グリルですよね?
ええ。
グリルです。


たかが、グリルと侮るなかれ。

その実態は・・・・・・。

・・・・・・。

・・・。

かっこいいグリルなのです!!



アルファード オーディオ (6)
スコーカーとトゥイーターは、Aピラーに同一面上になるように
慎重に角度合わせを行い埋め込み加工。


極力、奥に奥に・・・外に外に・・・。

何度も何度も確認しながら、厳密に位置合わせ。


以前うちで施工した同じユニットのアルファードよりも、
僅かですが

  「ラピュタで見た!」

感は薄れたように思います。


思うだけかもしれません・・・。
やはり、それなりにラピュタ感


アルファード オーディオ (9)
セキュリティーは、ユピテルのGRGOを同時取り付け。
屈指の信頼性と安定感を誇ります。

モノがモノだけに詳細は何も明かせないのがアレですが。



アルファード オーディオ (10)
当然ながら、ドライブレコーダーも取り付けています。


ユピテルの専売店モデル・SN-TW80d。
前後2カメラで夜間も鮮明画像のSTARVIS搭載のニクイヤツ。

なんですが・・・。

な ・ ん ・ で ・ す ・ が 。

今ナウ絶賛欠品中なのでありますよ・・・。


この時期、新車納車に合わせた作業が多いので、
極力在庫を切らさないようにしていますが・・・。

とにかく需要と供給のバランスが合ってない。
前後2カメラ以外は普通にあるんですが・・・。



アルファード オーディオ (4)


そっと目を閉じれば、広大なダッシュボードいっぱいにステージが広がり、
あたかもアーティストがそこで演奏しているかのような錯覚に陥ります。














でも目を開けると、そこにいてるのは「ラピュタ」なんですけどね。



アルファード、ヴェルファイアに混ざってインプレッサ

同じクルマが被ることって結構ありますよね~。

うちらでも最近はもっぱらアルヴェル祭り。
弩新車は勿論、前期も全然元気にインストールしております。



s-IMG_4967_20190319193704a5a.jpg
最近のピットの様子はこんな感じ。

弩新車のアルファードが立て続けに3台連続作業。
その間、ヴェルファイアの弩新車も2台。

結構な規模のナビ&オーディオインストールなので、
今ナウ、ピットはもうバッタバタ。


嗚呼・・・。
忙しいって素晴らしい。
ありがてぇ話じゃわい、なんまんだぶなんまんだぶ(だから拝むな)



s-IMG_4914_201903191937037a0.jpg
そして、納車待ちの弩新車のアルファードがさらにもう一台。
大規模なハイレゾフルシステムを構築しちょります。

詳細な紹介はまた後日~。



s-IMG_4968_20190319193706808.jpg
と、思ったらここにも納車待ちの弩新車のヴェルファイアが。

こちらのヴェルファイアはちょいと事情アリの一台で。
や、悪さ的なコトではなく、純粋に運が悪いというか、
ある意味スゴイ運の持ち主なのか・・・。

とかく、壮絶なのは間違いないです。


それにしても、冗談抜きで大人気ですよね、アルヴェルさんってば。

ありがたいことに、オーディオレスで新車購入されている方がほとんど。
ディーラーオプションナビやメーカーオプションナビの
拡張性の無さや音質の酷さが拘り派のオーナー様には
受け入れがたいってコトですよね!

なんだかいい傾向だにゃー。



s-IMG_4907_201903191937019f1.jpg
そして、同じ日。

今度はこれまた拗らせまくったインプレッサが同時に2台。
GCのクーペにGDB。
どちらも青。
当然、MT車。

いい感じにメンドクセーことになってますね!

いいぞ!もっとヤレ!!



僕的に世界一かっこいいクルマ ・ スイフトスポーツ

何度でも言いますけど、何故3ドアハッチじゃ無い・・・。

昔は、カルタスにも3ドアハッチバックがあったし、
そもそもGA2シティは3ドアのみとか。

ハッチバックは3ドア、ワゴンは5ドアでいいと思うんですけれども・・・。
スイスポの3ドアハッチとか、想像するだけで胸熱にも程がある。



スイスポ オーディオ (1)
THE ・ 黄色

ホットハッチには鮮やかな色が似あいます。
ああ、いいなあ!
かっこいいなぁ!!

デザインで唯一残念(3ドアじゃないのを除いたらね)なのが
Aピラーの処理ですかねぇ・・・。
ここはブラックアウトしない方が正解じゃないかと。

ただ、そうするとフロントガラスのデザインも見直さなきゃだもんなぁ。
スズキに多いんですが、フロントガラスとルーフの繋がりが
前髪パッツンのおぼっちゃまに見えるんですよね・・・。

ホントにここだけなんです、気になるの。

あとは、バンパーインサートの各パーツをそれぞれピアノブラックに
ペイントしてあげれば最高じゃないですか!?



スイスポ オーディオ (2)
このフェンダーのラインもイイですよね!

意外と気づいてない人が多いんですが、
実はスイスポさんってば「3ナンバー」

スイフトのラインナップ上でスイフトスポーツのみが3ナンバー。
理想の走りを追求する過程で、ジオメトリーに手を加えたくなるのは
開発する側の人間からすれば至極当然のコト。

一般的にはコストがそれを許さないのですが、
極々当たり前の市販車で、キチンとそこを攻めてきた
スズキの姿勢には最大の賛辞を贈りたいと思います。



スイスポ オーディオ (6)
そんなピュアスポーツのお供はやはり、極上のカーオーディオ。

巧くコストを抑えつつ、最良の環境を構築するなら
レギュラサイバーが絶対オススメ。
純粋に音質のみを追求するのであれば、サウンドナビ300プレミですが
あのバカ過ぎるクソナビには開いた口が塞がりませぬ。

ナビって名前使っちゃダメなレベルですもんね。

  「ほぉ・・・貴様がナビを名乗るか・・・」

的なストーリが頭を巡り巡ってフリダシよ?
いつまでたっても、僕のクルマはあなたの目的地には刺さりません!


そ ・ こ ・ で
サイバーナビのレギュラーモデルの出番です!

ドライブデートでも家族でお出かけでも、
道に迷って車内の空気がドヨ~~~ンでは、
せっかくのドライブが台無しに・・・。

挙句の果てには、後部座席の奥様から

  「高いお金出して買ったのに、道に迷うナビとかなんなん!?」

などと、チクチク責められ続けストレスも最高潮。


男はつらいよ。
と、ならない為にも自分のライフスタイルに見合った
ユニット選びが大切なのですよ??



スイスポ オーディオ (3)
大袈裟なシステムはスイスポには似合わないので、
内蔵アンプでのフロント2WAYマルチがオススメ。

レギュラーサイバーなら、XSで感じたローエンドの薄さも
それほど気になりません。

とにかく「サイバーで究極を!」ということであれば、
XSにサウンドサスペンションさんところの「NPF」を
取り付けてあげればとんでもないバケモノに化けますので
そちらをど~ぞ。

ただし、コスト的にレギュラーに比べて14万程度高くなりますが・・・。


今回は、8インチレギュラーサイバーCL902で
DLS ・ スカンジナビア2WAYを鳴らす作戦。

世界的な評判はさておき。
こと、国内においては「大人気!」とはいかないDLS。
や、理由はわかってるんですけどね。
ここではあえて言いません、デザインがクソだなんて。



スイスポ オーディオ (4)
純正然とした、強固なアウターバッフルをワンオフ。

・・・・・・。
・・・。
え~っと。
グリルは1グレード下のアルティメイトシリーズのものを流用しています。

ええ。
そうなんです。
度重なる試聴の末に決定したスカンジナビアさんなんですが、
やはりというか、またか、というかデザインは全くもってお気に召さないようで。

まあ、そりゃそうか。そうだよな。
と、バックナンバー風に悟ったところでナニも解決しないことは百も承知。

トゥイーターは分解不可能なので、
せめてウーファーのグリルぐらいは、当たり前の暮らし(くらし?)をさせてあげたい。



スイスポ オーディオ (5)
サイドミラー裏部にトゥイーターを埋め込み加工。

オーナー様のたっての希望で、ガッツリリスナー向けにインストール。
ミラー裏への取り付けは、極めてスッキリとした施工が可能ですが、
音のステージ的に奥行方面では多少不利になります。

ミニバンのような広大なダッシュボードのクルマであれば、
奥行を稼ぎたいのでピラーへの取り付けをオススメしますが、
コンパクトなこのクルマではミラー裏設置で幅を稼ぐ作戦です。



長くホームオーデイオを嗜んでおられるオーナー様、
カーオーディオはある程度割り切りが必要と考えられていました。

つまり、投資に対する見返りが少ない、と。
今回の施工にあたり、
  
  「求める音は同じでもアプローチがまるで異なる」という

カーオーディオの特殊性をきちんと説明し、納得していただき
想定していた予算を増額していただけました。

当然、期待値が膨らむのと比例して、
こちらのプレッシャーも増大するわけですが・・・。





ちょっとカーオーディオ、舐めてましたね。
これは楽しいわ。

と、オーナー様の満面の笑顔が全て。





YN仕様の新しい活用法

活用法と言いますか、新たな定義という方がシックリくるかもですけれど。


すっかり市民権を得た感のあるオーディオ用語のひとつ。

  「YN仕様」

最近ではWikipediaにもその記載があるほどになりました。

意味は、「 Y : 嫁 」  「 N : 内緒 」
つまり、嫁(Y)に内緒(N)でオーディオカスタムをやっちゃうコトを表します。

この後ろめたさ満載ではありますが、どうしても止められない背徳感を
少しでも感じさせないようにする、魔法の言葉。

言葉とは、日々姿を変え、意味を変え、
時代と共に一定ではありません。

そんな中、最近の言葉である「YN仕様」もその意味を変えつつあります。



フィット3 audio (6)
YN業界の風雲児、T様のホンダ・フィット3HV。

今回またしても、革命を起こしてしまいました。
この功績は、もはや後世に語り継ぐべきかと思います。

僕がおじいさんになったら(もう初老だけどな!)、
縁側に孫たちを集めて、YN今昔物語を
読み聞かせするのです。

  「むか~しむかし、あるところに・・・」

と、その時!
ふいにのどに赤福を詰まらせるおじいさん。
孫たちに囲まれながら、赤福を食べて死ぬ。
これ以上の幸せがありますかってんでぃ。
否、否、無限大に否。
ない。



フィット3 audio (7)
フロントスピーカーは、垂涎のハイエンドユニット。
DLS ・ スカンジナビア 3WAY。

巨大なウーファーはドアアウターをワンオフして強固に固定。
デッドニング、吸音共に最高レベルまで追い込んでいます。



フィット3 audio (8)
一見すると、ドアアウターをワンオフしているようには見えません。
が。
これも、YN仕様の一翼を担う技術力。

純正と全く同じ形のグリルを作成し、
サランネットを巻いて、純正とは比較にならない
音ヌケを実現しています。

でも、見た目は純正のそれ。


ちょっと上にある、複雑な形状のバッフルは
以前の仕様でのスコーカー部。
元々、純正然とした造形だったので、そのまま残してあります。

当然、音が抜けないように厳重にシールを施していることは言うまでもなく。



フィット3 audio (9)
今回の作業で、スコーカーはドアからAピラーに移設。

さすがに、このサイズ感のユニットのW付けだと、
まるで純正のようとはいきません。
向きも角度も重要になるので、最良の妥協点探しの旅にでます。

ちなみに、この仕様でもバレていません。

そう。
つまりは、バレなければ何してもイイ!
これこそが究極の「YN仕様」の拡大解釈。
革命児たる所以であります。
ココ、テストにでます。



フィット3 audio (10)
ナビは純正オプションに別れを告げて、サイバーCL902。

まぁ、ここはあくまでサブなので、
ナビさえまともであれば、なんでもエエのです。



フィット3 audio (12)
メインは勿論、「金のウォークマン」

余裕たっぷりに普通にシートの上に転がされています。
このフィットのオーナー様も、常日頃から「造幣局はツレ」と
宣われているので、ポン置きウォークマンは気にならないのだそうです。



・・・・・・。

・・・。

ここだけの話、ホントはホルダー作りたいけど、嫁にバレるから作れない。



フィット3 audio (11)
そんなわけで、明らかにバレてしまいそうな「DIRECTOR」ではなく
「URC3」で代用しております。

後付け感は多少ありますが、
「TVキャンセラーやねん」で通用するそうです。



フィット3 audio (14)
普通のラゲッジの画像のように見えますが・・・。

実は、この下にはハイエンドプロセッサーのDSP-PRO2、
フロント用にシンフォニー限定アンプ エクスプローラー1が3台、
サブウーハー用にキッカーのKX800.1、
サブウーファーにロックフォードのハイエンドウーハー POWER T1S2-10
あと、リアスピーカー用に超小型アンプ。
想像以上の満載っぷりに驚愕。

大量のユニットを、シレッとインストールできるかどうかで
YN仕様の成立可否が決まります。
センス、技術、努力と根性、あらゆるレベルを要求されるYN仕様。

これはもう、嫁との戦争です。



しかも。
気付いた人もいてるかも知れませんが、
このクルマはフィット3のハイブリッド。

つまり、ラゲッジ下には走行用の大型バッテリーが搭載されています。

そうなんです。
フィット3HVのラゲッジは広く見えて、実は底が極めて浅いのです。

フィット3HVのオーナー様なら、これほど大量のユニットを
この高さでインストールしている事実に驚愕するハズ。



フィット3 audio (15)
究極の拡大解釈による、究極のYN仕様。

嫁にさえバレなければなんでもアリの真骨頂。

さぁ、T様の次なる一手はあるのか!?
それともバレてしまうのか?!
嫁、息子、近所の目、あらゆる難題に挑み続けるオーナー様。

神々しいまでのYNスタイルは、見る者の目をくぎ付けにする。

どこまでいけばバレるのか?
嫁との終わることのない戦いは、今も続いているのです。




 

H様のフォレスター!サウンドナビからDSP-PROへ!

カーオーディオをカスタムする楽しさに目覚めまくっている、
フォレスターのオーナー、H様。

チョイと前に、サブウーハーを追加したばかりなんですが・・・。
勢いが止まらないとはこのコトで。
いいぞ!もっとやれ!


フォレスター オーディオ (1)
個人的に、この色のフォレスターが一番スキーです。

外装はほぼスタンダードなんですが、
オーディオだけは気合が入ってます。



フォレスター オーディオ (3)
ヘッドユニットは、今までもこれからもサウンドナビ200プレミ。

ナビはクッソばかですけど、起動も早く高レスポンスで
ストレスを感じることもありません。
や、ナビはほんとにダメですよ?

いまどき、階段案内するとかありえないでしょ?
ところが、あるんです。
サウンドナビだと、それがもれなく現実のものに!

音「だけ」はホントにいいんですけれども。



フォレスター オーディオ (4)
上の画像でもチラ見えしてましたが、今回のバージョンアップは
メインヘッドユニットとしてのサウンドナビに別れを告げて、
DSP-PRO化を図りました!!

拍手!
もっと!
もっと拍手を!
むしろ喝采を!

DSP-PRO化するなら、勿論デジタルデバイスが欲しいですよね~。
そうなると必然的に必要になるのが、このDIRECTORってヤツ。

造りはショボイ、接続ケーブルはクソ、液晶パネルのトラブルも多く、
ノブは簡単にポロっと外れる。
どう考えても「アカン商品」に分類されるんですが、
しょうがない、これしかないんですから。

ノブが取れるのはガマンができても、
接続ケーブルの接続強度の低さは、なんとかならんもんかね・・・。
特にDSP側が致命的。

基本、シート下やラゲッジ下に隠れていることが多いDSP。
そこの接続強度が低いってんだから、ホントに頼むよ・・・ドイツ人め。


でもね。
音はイイのよ、これが。
マジで。

ホントに
切実に
他社から、もっと音のいいユニットでませんか。

やはり、一強独裁は面白みに欠けまする。



フォレスター オーディオ (2)
スピーカーは、ARC AUDIO・BLACKシリーズの2WAY。

アウターバッフルで強固にインストール。
ドアデッドニングも、ちょっと強めの施工を行っています。



フォレスター オーディオ (5)
トゥイーターはスッキリとAピラーに埋め込み加工。

純正然とした質感高い仕上がりになっています。



さてさて。
いままでのサウンドナビ内蔵アンプによる2WAYマルチ駆動と
DSP-PRO+外部アンプ2WAYマルチ駆動。

比べるまでもなく、圧倒的にDSP+アンプに軍配が上がります。
さすがに、この比較は厳しいですね。

分かりやすく大きさで例えると、
「ザクレロ」と「エルメス」ぐらいの違いがあります。


アナログ入力でも全然イケるんですが、ウォークマンを接続したときの
一音一音の瑞々しさったら、もう。
鮮烈というコトバが相応しいのであります。
プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
検索フォーム
最新記事
最新コメント
カテゴリー
リンク
月別アーカイブ
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10