ホンダ純正のナビ・・・・パナ製なのよね・・・。

どういった経緯で採用に至ったのか、そのあたりを担当者に
小一時間問い詰めたい。
いや、割とマジで( `ー´)ノ



s-IMG_3318.jpg
施工例の多い、ホンダ・N-BOX。
お手軽なプランから、ガッツリハイエンドまでさまざまなシステムを
何台も構築してきています( ̄ー ̄)

今回の作業は、お手軽に高音質が楽しめる、スピーカー交換でありますー。



s-IMG_3320.jpg
ぬぅ・・・・・。

わかっていたとはいえ・・・やっぱり純正ナビはパナソニック製・・・。
USB再生できるとは言っても、MP3までだし。

や、MP3が絶対ダメってことではないのです。
元々の素の音が悪いんだから、せめて、ホントにせめて音源ぐらいは
もう少し良くしてやりたいのですよ・・・・切実。



s-IMG_3319.jpg
だからといって嘆いてばかりいてもなんも解決しないのも事実。

ならば、共に進もうぞ!いばらの道をッ!!


そんなわけで、まずはスピーカー交換からはじめましょ、そうしましょ。
当店の弩定番、DLS・RCS6.2を取り付けましたー。

取り付け車種を選ばない薄型ユニットですが、
その低音は超本格的。
インナーバッフルで設置できるのでコストも抑えられて、
財布にも家族にも優しいのです( ̄ー ̄)



s-IMG_3321.jpg
トゥィーターはミラー裏に埋め込み加工。

これは専門店ならではの施工なので、友達にも自慢できちゃいます(^^♪
ダッシュボード上にポン置きでの設置と比べて、圧倒的な差があるのか?
と言われれば、そんなに差はありません。

じゃ、何故?
決まってます。
カッコイイからです。

クルマはカッコイイほうがエエに決まってるやないですか!!
何を今さら( ̄ー ̄)

拘りのクルマ選び、次に拘るべきは??

そりゃぁもちろん、オーディオっしょ???( `ー´)ノ

純正のくっそへぼい音(失礼)なんて、何を聴いても苦痛でしかないのです。
せめてヘッドユニットぐらいは変更しとかないと!!です。

できれば、パナソニックでなければ、もっとイイんですけどね(-_-;)



s-IMG_3312.jpg
純正オプション扱いですし、市販品とはいろいろと違うのですが、
社外品相当のヘッドユニット装着率高めなのが、スバル。

今回のクルマも純正装着のサウンドナビを利用しての
音質向上プログラムですー( ̄ー ̄)



s-IMG_3309.jpg
サウンドナビのリミテッドモデルが、それにあたります。
純正品とはいえ、伊達にサウンドナビの名を冠していません。

楽ナビ的、BIG-X的、クラリオン的、勿論、パナ的なヘッドとは
一線を画すサウンドが楽しめます。

んが。
問題がないわけでもありません。
スバル専用のチューニングブリッジなので、プレミ的な調整が不可能・・・。
EQは左右共通(これは問題ないけどね)になり、バンド数も大幅減。
最大の不満はネットワークレスにできないところ。

アライメントはちゃんと調整できるのが救いですねー( ̄ー ̄)



s-IMG_3311.jpg
今回はスピーカーのみの交換ですので、バツグンの相性を誇るDLSを選択。

DLS・RC6.2のウーファーは結構大型なので、
インナーバッフルで施工できるクルマは限られています。

最近のインプレッサ系のクルマは、どれでも取り付け可能。
スピーカー選びの幅が広がるのは嬉しいですねー。



s-IMG_3310.jpg
せっかくなので、トゥィーターをAピラーに埋込加工。

純正位置でも、まぁOKっちゃぁOKなんですが、音の完成度は全然ちゃいます。
できれば、せめてダッシュポン置きでイイので表に出したいところです。

ここで僕は叫ぶ!!
嗚呼!!
トゥィーターに光を!!!(ばか)

や、だからず~~~っと言ってましたやん??

「いや、まいった・・・」
「冗談抜きでめちゃめちゃエエ音」

何故か、通勤時や帰宅途中に遭遇する率高めのお客様、
ランドクルーザープラドのF様。
12月~4月は、基本的に山間部に生息するという特殊な生き物です。


s-IMG_3296.jpg
まだまだ乗ることに決めたので、いろいろとリフレッシュ中のプラドさん( ̄ー ̄)

その流れを受けて、今回オーディオシステムにもメスを入れることにしました。
そうなんです。
カーオーディオがクルマの快適度に占める割合が高いコトをご存知なのです。

つまりは、だばだ~。
違いの分かる漢なのです。



s-IMG_3300.jpg
すでにサウンドナビと、何故か指名買いのJBLのスピーカー、
サブウーファーと一通りインストール済み(^^♪

今回、変更するのは、ズバリ!!スピーカーでしょう!!

「早く替えましょうよ~、スピーカー」
「結構イイ音してますよ?」

「そりゃそうですよ、どんなスピーカーでもちゃんとした音にしてますから」
「ですよね」

「全くの別物になりますよ?全然、鳴りも質も桁違いですぜ、キシシ」
「ん~~・・・・外したスピーカーも、勿体ないしなぁ・・・」

と、数年間。
遊びに来られるたび、呪文のように繰り返してたので、
もはやネタと思われていたかもしれませんが。


時は流れ。

ついに!!!
その時がやってきました!!!!
JBLの高級機から、DLS・スカンジナビア2WAYに換装でっす!!!



s-IMG_3297.jpg
アウターバッフルは既存の物を「プチ加工」でいけるだろうと、
安く見積もりしてたんですが・・・・大加工でした(T_T)

どう考えても割に合わない作業でしたが、しょうがない!!
自分で見積もってるんだから、今更とやかく言わない(゜-゜)
問題は、いかにスカンジナビアをきちんと鳴らすせるか?
これ、のみ!

いざ!!




まぁ、作業的には赤字の内容ですけどね・・・・。


くすん。



s-IMG_3299.jpg
Aピラーには巨大なトゥィーターを埋め込み加工。
スッキリと精度高い取り付けで、質感も極上であります。


さてさて、結果はと言いますと。

記事のタイトルどおりに、オーナーのF様、まさに愕然。
今までとは別物と言うか、なんというか、ほんとに同じスピーカー(という商品)??

音の世界がまるで違います。


ね??
早く替えときゃ、もっと長く楽しめたのにね( ̄▽ ̄)






やっぱりフランス車は、フランス車。

いちばん「ヘンタイ」って言葉が似合うのって、シトロエンだと思うんです。
や、超個人的に思うだけで、しかも全然悪い意味じゃないですよ??
シトロエン好きですし、特にC6とか( ̄ー ̄)

全体的に、ですけど「フランス車」って独特じゃないですか?
一切、右ハンドル作る気ねぇだろ!!って構造のシャーシとか、
メンテナンス性皆無な設計とか・・・。

そんななか、比較的マトモというか普通というか
他に比べてクセが薄いというか、ええ、プジョーですよ、プジョー。



s-IMG_3288.jpg
プジョー308SW GT

非常に完成度の高い美しいラインですねー。
嫌味がなくて、ホント好きなデザインです(^^♪

や、一番好きなのは205GTiです。これは譲れない。

んで。
その最新鋭のプジョーにオーディオインストールですー( ̄ー ̄)






・・・・・・。


・・・。

と、言っちゃうのは簡単ですが(-_-;)

まぁ、今回は色々とハードでした(T_T)



s-IMG_3292.jpg
純正オーディオシステムは、基本的にフルマルチに準じています。

フロント2WAY、リア、サブウーハー。
必要にして十分、且つレツキッカ、日本の誇るオーディオブランドである
DENONの銘を冠するプレミアムオーディオなのであります!

今回はスピーカーには手を出さずに、プロセッサーとアンプの追加を行いました。
純正アンプはやっぱりちょびっとプアですが、ユニットそのものは
意外とちゃんとしてたりします。
特にウーハーボックスはラゲッジの下半分ぐらいを占めるしっかりしたモノ。

当初の予定では、HELIX・PP86DSPを取り付ける予定でしたが、
PP86は残念ながら「6ch」入力・・・。
ファミリーカーなので、リアスピーカーも純正で操作したいので、
「8ch」入力のユニットじゃないと対応できぬ・・・ぐぬぬ・・・。

HELIXで「8ch」対応できるのって・・・・DSP-PRO(mk2もね)のみ!?
マジか・・・規模がデカクなる・・・コストがかさむ・・・。



s-IMG_3291.jpg
悩んだ挙句、往年の名機(現役だけどね!)オーディソン・BIT-ONEを取り付け。
アンプが別途必要ですがDSP-PROよりかは、それでも余裕で安くつきます。


さらに、ここから想定外がまだまだ続くとは・・・
この時は夢にも思っていませんでした・・・。

久々にいろんな汗かきました(;´Д`)
結果的には問題なくクリアしたんですが。

難問を乗り越えるたびに、スキルがアップするので
まぁ、たまにはイイですね(゜-゜)

たまに、でイイですけど、マジで。

世界で一番、CN-F1Dが似合うクルマ!

というか、基本的に似合うクルマなんて他に無いよね(゜-゜)



s-IMG_3286.jpg
新型スマート BRABUS forfour Xclusive red limited
って、長いわ名前Σ(゚Д゚)

カタカナで書くと・・・
スマート ブラバス フォーフォー エクスクルーシブ レッドリミテッド

そして、やっぱりスマートといえばナビ取り付け!!
スマートだけにスマートにナビ取り付けしたいですよね!



s-IMG_3285.jpg
純正のエスカッションパネルとデザインがほんとに良く似てるんです( ̄ー ̄)
パナソニックのCN-F1Dってば。

しかもデカイ!モニターの9ワイドモニター!!
そりゃぁ思わず「夏でもデニムが好き」とか言っちゃいますよね。

一般的なクルマに取り付けた場合は、デッキ本体からの突出が
結構気になるケースが多いのですが、このスマートでは全然気にならない。
どころか、むしろモニターが手元に近づいてる分、操作性がよかったり( ̄ー ̄)



s-IMG_3287.jpg
そして勿論、バックカメラも同時に取り付けちゃいましょう!”

このタイプのバンパーだと、カメラ自体もきちんとセンターに取り付けできますし、
ナンバープレートが見切れるので後退時の目安にもなります( ̄ー ̄)

しかも、ご覧のように純正のようなスッキリとした取り付けができます。


スマート?
カメラも
AVカンサイ

上の3行を「trivago」風に一発で読めた人とは是非仲良くなりたいものです。


あと、これが読めた人には共感してもらえると思うんですが
「ブッキング ドット ヤッター」のヤッターってなんやねん???

プロフィール

syuukichi

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
最新記事
月別アーカイブ
05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
カテゴリー
検索フォーム
リンク