今さらだけどタイトル忘れてた!

s-diatone20161210-3.jpg

まさかのDIATONEによる迫害を受けた、前回の試聴会・・・。
三菱電機のWEBサイト上で告知されていなかったなんて・・・。
あんまりだ(T_T)

いや、まぁ常日頃から無理難題吹っかけてますからねぇ( ̄ー ̄)


まぁそれはさておきですよ。
三菱電機の有名人「O草さん」曰く、

「このままでは、僕の気が済まない!
  もう一度、きちんと試聴会ヤラせてください!!」

うぅむ、熱い。
営業さんでもないのに、この熱さ。
だから、みんなついてくるんでしょうね~(*´▽`*)


そんなわけで!!
「新型サウンドナビ・200Premi試聴会 リベンジ大開催!!」

いつ??
「2016年 12月 10日 11日」

どこで??
「AV KANSAI 大阪・堺本店」

時間は??
「適当に!」

適当でいいの??
「イイんです!」

イイのか・・・
「11:00~19:00ぐらい」

答えるんかい。
「新規でお見積りいただいたお客様にUSBプレゼント!!」

やったね!!
「やったね!!」


数に限りがございますので、終了しちゃってたらゴメンなさい。

他店施工のスズキ・ハスラー、やり直し~の巻っき。

有り難い話ではあるのですが、
業界的にそれってどうなの!?と思います。

や、だから、アレですよ?あれ。

商談してる最中に、お客様によく言われるんです。
「最初からココに来とけば良かったわ」
って。

僕ら的には嬉しいお言葉なんですが・・・(゜-゜)



ハスラーaudio (1)
そんなわけで、このハスラーのオーナー様もそんな一人。

現行サイバーナビ、スピーカー前後交換、デッドニング、チューンナップウーファー・・・。
所謂、フル装備に近いインストールがすでに実施されちょります。

「音が悪くて、いろいろやってみたんですが・・・
  多少改善しても、納得できる音には程遠いんです。
    せっかくの新車が全然楽しくないんです。」

いや、これはマジで困りました(-_-;)
すでに、もう結構な金額を突っ込んじゃってますよね、どう考えても。
新車に乗るのが楽しくないって相当問題です"(-""-)"

金額に見合う(や、見合う程度じゃダメなんですが)音を造るのが
カーオーディオ屋の仕事なんですがねぇ・・・。

何度も繰り返していますが、ホームオーディオとカーオーディオは全く違う世界。
完成しているシステム(基本的な音の保証ができている)を使い、
「組み合わせ」で理想の音を求めるホームオーディオに対し、
未完成のユニットをあらゆる工夫を施し、理想の音に近づけるカーオーディオ。

理想の音は同じでもアプローチは全く違います。
カーオーディオはスタート地点で相当不利なわけですから、
調整・取り付け・技術・経験、あらゆる知識を総動員しなけりゃイカンのです。

そりゃ、ちょっと知識あれば、誰でもスピーカーの交換なんてすぐできます。
自己責任でヤルなら全然かまいません。
むしろ、やってみた方が面白いです。
苦労も判ってもらえるし(^^;

でも。
少なくともプロ(お客様からお金を頂く)なら、付けるだけとか
マジで勘弁してください(T_T)
そんなコトばっかしてるから、「カーオーディオなんて・・」って
思われちゃうんです。



ハスラーaudio (3)
最新サイバーの最上位モデル。
セキュリティ機能や通信機能に特化した高級機なんですが。

あんまりパイオニアの悪口言いたくないんですが・・・・。
これはマジでアカンやつ。
選曲してもフリーズ、地図を開いてもフリーズ、ボタン数回連打でフリーズ。
よく売ろうと思ったな?マジで。

だからと言って、これを今さら変えるとかやっぱ厳しいッス。
それでなくてもいっぱいお金使っちゃってますから(-_-;)

音調整してるだけでも、すぐにフリーズしちゃうツンドラナビなので
オーディオプロセッサーを追加しちゃいましょう( ̄ー ̄)

もうすっかりお馴染みのHELIX・PP82DSPを取り付け。
同時にスピーカーをDS-G20に変更です。



ハスラーaudio (2)
ウーファーはインナーバッフルで強固に取り付け・・・の前に。

ドアをバラしてビックリ!!
デッドニング済みと聞いていましたが・・・・これがデッドニングなのか??
材料はレアルシルトを使っていますが、圧着が一切されてないんですが・・。
サービスホールの大きさに切って、ペタって張り付けるだけ。
あと、適当にアルミテープ貼っとけ的な。

うぅぅぅむ・・・・(ーー;)


デッドニングといえば、なんと!?フロアの制振も施工してありました!!
・・・・・・カード大のレアルシルトを部分的に貼ってあるのは、まぁイイのですが
これまた圧着されていない・・・(-_-;)
しかも、端部の処理をしていないので、ザクザク手が切れます。
手が切れるのは、まぁどうでもイイんですが、そんなデンジャラスな
ところに平気で電源ケーブルとか配線するのは勘弁してくれ~ぃ!



ハスラーaudio (4)
トゥィーターはAピラーに埋込加工でスッキリと取り付け。

画像で見るのと、実際に自分のクルマに施工されたの見るのとでは
イメージが全然違いますよ??
皆さん、一様に喜ばれます(^^♪
加工賃4万円(左右でね)と少々コストがかかりますが、
満足度の非常に高い加工です。



結果的に、前回のオーディオ作業と同じぐらいの費用になっちゃいました(-_-;)

ですが。
オーナー様の喜びようは、桁違い。
試聴した瞬間、大声で笑いだしちゃうほど。
「なんやこれ!?別物すぎて笑いが止まらん!」
「あかん、ニヤけてまう」

すぐさま、次のバージョンアップの御依頼を頂きました(^^♪

高価な買い物です、カーオーディオって。
でも、必ず満足させます。

否、満足するまで付き合わせてもらいます。


上から読んでも「アクア」 下から読んでも「アクア」

って、コトに今ナウ気づきました( ̄▽ ̄)
他にあるのかな??こんな名前のクルマ。


s-IMG_2799.jpg
所謂、普通のめっちゃアクアっぽいアクア。

めっちゃ燃費イイんですよね・・・。
いや、まぁ燃費気にするならクルマ乗るなって話なんですけどもね・・・。

僕の以前所有してたAUDI A4(B6)は3.6Km/Lだったもんで・・・(T_T)
しかも当たり前のようにハイオクだしね・・・ちょっとヒドイよね。
今乗ってる、アルファロメオ・ミトQVも6Km/Lぐらい。

アクアとか30kmとか走るんですよね。
まさにミラクルです( ゚Д゚)



s-IMG_2796.jpg
そんなアクアにもオーディオが大必要です、ええ。
ヘビー過ぎるシステムは、「じゃ、なんでアクア買ったの??」って
本末転倒っぷりを発揮されてしまうので、必然的にアウト。

いや、やっちゃイケないってコトではなく、
そのクルマにはそのクルマにとって相応しいシステムってあると思うのです。

そんなわけで、重量増を極力抑えたシステム代表の
サウンドナビ・MZ200PREMIの内蔵アンプシステムであります( ̄ー ̄)


100PREMIからのマイナーチェンジらしからぬ変貌っぷりに、
若干の戸惑いが隠せませんが、進化し続けるその姿勢は天晴であります!



s-IMG_2797.jpg
恐ろしいまでの能率の高さを誇る、モレル・マキシマス602。

56000円と比較的リーズナボーな価格でありながら、
しっかりと造りこまれた各ユニットの仕上がりに、
箱を開けた瞬間から、いやが上にも期待が高まるってもんです。

トゥィーターはAピラーにすっきりと埋め込み加工。
さりげなくも、他とは違う優越感をしっかりと感じられる仕上がりです( ̄ー ̄)



s-IMG_2795.jpg
ウーファーはドアインナーでの取り付け。

アクアの場合、お手軽なアウターバッフルも選択可能ですので、
大型スピーカーの設置の場合でも比較的低コストで実現できます。

ただし、トヨタのハイブリッド全般なんですが、金属がペラい。
もうね、一反木綿よりもペッラペラ。
下手したら、日本橋・「鯛ふじ」の大将のかつらむきより薄いかもしれない。

当然ながら、デッドニングは割とヘビー目にお願いしたいところです(^^;
重量増との兼ね合いもあるので、音に悪影響を及ぼさない程度な
絶妙なさじ加減がモノを言いますね!

スバル・フォレスターにDIATONE スーパープラン!

やっぱりスバル車の施工が多い今日子のゴロー。
皆様イカがお過ごしでしょうか??

寒いわ、雨は降るわ、しかも駐車スペースがまるで無いぐらい
預かり車が多いわで嬉しい悲鳴を上げつつも、
毎日を慎ましやかに過ごしております。


s-IMG_2794.jpg
そして、クルマはスバル・フォレスターXT。

高い4駆性能に加え、優れた居住性を誇るこのクルマ。
そりゃぁ売れるってモンです( ̄ー ̄)

ですが!!!
純正オーディオはやっぱりと言うか当然のように
イマイチどころの話ではありません。
必然的にオーディオの交換は必須であります!
いや、マジで頼むよ!



s-IMG_2793.jpg
実はこのフォレスターのオーナー様はすでにサウンドナビ90プレミを取り付け済み。

そりゃそうです。
音楽が好きでこだわりがあるなら、ノーマルのままって・・・・ねぇ?

今回は200プレミを使ってのスーパープラン。
すなわち、90プレミを取り外して!200プレミに大交換。

内蔵アンプ機最強説も取りざたされるこのユニットですが、
そこはそれ。
最新のサウンドナビこそが最強なのは間違いありません。
音質面での大幅すぎる向上もさることながら、
その操作性の激変っぷりに思わず涙ちょちょ切れるコト必然。



s-IMG_2792.jpg
大好評、DIATONEスパープランのスピーカーは、
ARC AUDIOのBLACK6&1.0の2WAY。

あまりおおっピラにはされていませんが、超一流ブランドの
スキャンスピークが製作しているという、密かすぎる名機なのです( ̄ー ̄)

伸びやかな低域、スムーズな高域と相まって非常に芳醇なサウンドを聴かせてくれます。
しかも、サウンドナビとの相性も良く、ウーファーもしっかりと鳴ってくれます。
ヴォーカルに僅かながらキャラクターが乗りますが、
ハイエンドを自称するスピーカーなら、それも当然のこと。

ひたすらにスムーズ、原音に忠実、それは大いに結構ですが
それってハイエンドとはちょっと違う気がします。
それこそ「俺の音を聴け!!」ってぐらいの自己主張あるユニットこそが
ハイエンドと名乗る資格をもってるのかなぁ・・・とか。



s-IMG_2791.jpg
スパープランはアウターバッフルでの施工が基本。

ARC・BLACK6は結構巨大なユニットですので、
インナーバッフルでは厳しいクルマが多いのです。

それに、ほら、こんないいユニットを取り付けて
インナーバッフルってのもちょいと寂しくやないですかい??
ここは拘りで、きっちりとアウターバッフルで施工いたしましょう!!


あんまりここで値段書かないんですが、
DIATONE・スーパープラン。

200PREMIにARC・BLACK2WAYをアウターバッフル&ピラー加工で
取り付けしデッドニング、M&Mのスピーカーケーブルに引き直して
全て込みの50万円(税込)での作業です。

通常ですと大体56万円(税込)なので、
大幅なお買い得感じゃないですか!?

カーオーディオの更なる高みと完成度を目指してみませんか??




悪名高い、マツコネだってなんとかなりますよっと。

新車購入時はそれほど意識してなかったのに、いざ、
納車されてみると・・・・

「あれれ??なんか、このクルマ・・・音、悪くね??」
「・・・なんだか、ナビ、使いにくくね??」

うんうん。
ありますあります。
なんでも純正が一番間違いないって思いますもんね。
気持ちはわかります。

まぁ、マツコネに関しては他に選択肢がないという、
なんともクルマ選びをバカにした仕様になってます。

このクルマが欲しい!・・・でも、ナビが・・・。
いや、マジでなんとかせい!マツダ!



s-IMG_2782.jpg
後期型になり、さらに洗練されたマツダ・CX-5。

だがしかし!
決定的にダメになったのが、悪名高いマツコネの採用。
オーディオ回りのカスタムが一気に制限されちゃいました・・・。

オーディオ屋だから言うんじゃなくて、みんな喜んでないと思うんですけど、マツコネ。


だからといって、下を向いてばかりじゃいられませんぜ、旦那!
そう、そこの旦那!
いや、あなたじゃない、そう、そこの右の旦那!、そう、あなた!!

マツコネだってだってちゃんと音質改善できちゃいます!!
純正とは別次元の音質に生まれ変えれちゃいます!
自分の好みの音質に大幅に近づけるコトができちゃいます!



s-IMG_2785.jpg
これね、お馴染みのCX-5のマツコネモニター。

まぁ、マイナー前のCX-5はこの場所に2DINデッキがあったんですから、
加工次第で2DINデッキの取り付けは可能なんですが(^^;

せっかくなので、そこまでの加工せずに大幅に音質向上できるなら
それに越したコトぁないのです。

それを実現するのが、やっぱりって言うな!オーディオプロセッサーなのです!
今回は将来のハイレゾ対応も見越して、HELIX・P-SIX DSPを取り付け。

今回のCX-5は純正BOSEシステムなので、
P-SIXじゃないとダメなんですけどね、実際は。
勿論、BOSEじゃなければ、お馴染みのPP82DSPでも大丈夫!



s-IMG_2783.jpg
CX-5のドア内は樹脂が多用されているので、
加工は手間ですがスピーカー取り付けの環境としては優秀( ̄ー ̄)

純正でもでっかいスピーカー付いてたりしますが、
そこはやっぱり、所詮純正BOSE・・・。
ボヨボヨモヤモヤのなんとも締りの無いサウンド。

今回取り付けるスピーカーは、コスパ最強のBLAM・165.100。
相当に奥行きの大きなウーファーなので、インナーでの設置は
車種限定になるのですが、勿論、CX-5は全く問題ありません(^^♪



s-IMG_2784.jpg
トゥィーターはミラー裏にスッキリ・・・・いや、スッキリじゃないな。
存在感ありすぎのデカイトゥィーター(-_-;)

CX-5のミラー裏部は結構小ぶりなので、
このサイズのトゥィーターはちょっと大げさ感がでちゃいます。

とはいえ、やはり大型トゥィーターの魅力には抗えませぬ(*´▽`*)


純正とは比較にならない音質向上を果たした、このCX-5。
近所で見かけるCX-5とは、快適度も爽快度も桁違いにも程がある!!

どうです??
マツコネでも、ちゃんとした音になります。
好みのスピーカーを取り付けて、自分の好きな音楽を、
好きな音質で、誰にも邪魔されずに浸れるんですよ??

やらないなんてどうかしてますぜ!?
プロフィール

Author:syuukichi
老体に鞭打ち、深夜まで
作業を続ける哀れな40代で
「こんな大人にはなりたくない」の
代名詞的存在。
オーディオ業界に身を置く、
重機萌え、航空機萌え。
と言うよりも、ど~もただの機械好き
だと最近気付いた様子。

いらっしゃいまし~
最新記事
月別アーカイブ
12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10 
カテゴリー
検索フォーム
リンク